現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

会場:東京・文京区   主催・企画元:株式会社エヌ・ティー・エス


セミナーお申込はページ右下の項目を設定後、“カゴにいれる”で手続き開始となります
※共催セミナーの為、本セミナーでのポイント利用はできませんが1%ポイント付与がございます


テーマ
ディーゼル排気触媒システムの最新開発動向
セミナー番号
N1505

講 師
 
ジョンソン・マッセイ・ジャパン 喜連川テクニカルセンター
        自動車触媒技術部 テクニカルアドバイザー 柴田 正仁 氏
会 場
全国家電会館 会議室【東京・文京区本郷】
日 時
2011年5月27日(金) 13:00~16:30
聴講料
39,060円[税込・資料代含む]/1名
※共催セミナーのためポイントによる割引利用はご遠慮ください

※お支払は原則、銀行振込にてお願い致します


【講演趣旨】
大型自動車、作業機械(建機、農機)、船舶のディーゼルエンジンの排気規制、およびそれに対応する技術開発の動向、触媒システムについて、現状および将来を展望する。 
そこで用いられる、酸化触媒、ディーゼルパティキュレートフィルタ(DPF)、選択還元型NOx触媒(SCR)などについて、触媒の基本特性、耐久性、開発の動向、および適用上の留意点について解説する。

1.ディーゼル排気規制と対策技術
 ・大型ディーゼル
 ・ノンロードディーゼル(特殊自動車)
 ・船舶
2.触媒システムの基礎
 ・DOC
 ・連続再生式DPF
 ・強制再生式DPF
 ・SCR(NOx選択還元)システム
 ・SCRシステムの耐久性
3.触媒とシステムの開発動向
 ・酸化触媒(DOC)
 ・DOCパーシャルフイルタ
 ・SCRの改良
4.触媒システムの適用条件と計画
 ・燃料
 ・排気温度
 ・触媒サイズ
 ・触媒の耐久性(熱劣化、被毒)


【講師プロフィール】
1976年 北海道大学大学院 修士課程、機械工学専攻 修了
1976年 トヨタ自動車工業(当時)入社
     ディーゼルエンジンの研究開発に従事
2003年 ジョンソン・マッセイ・ジャパン入社
     ディーゼル排気触媒システムの開発に従事
2003年 技術士(機械部門)
2011年1月~ 現職

【5月27日】『ディーゼル排気触媒システムの最新開発動向』
  • NEW
  • オススメ
商品コード: N1505

【5月27日】『ディーゼル排気触媒システムの最新開発動向』

付与ポイント(会員のみ): 372~744 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

人数登録
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる