現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

会場:川崎市  主催・企画元:(株)&Tech
※当セミナー企画は講師と主催会社の発案によるセミナー企画であるため内容の無断転載を禁ずる

『白色LED用を中心とした蛍光体の高輝度・長寿命化』

ー合成技術での高輝度化、劣化機構解明・長寿命化対策ー


★LED用材料としての蛍光体最新動向を解説。信頼性・高輝度化技術についてのお話いただきます
★蛍光体の劣化機構を学び、長寿命の機能性付与技術を把握する!
★LEDの高演色性を確保するための蛍光体からのアプローチとは!
【事前内容リクエスト、個別相談会も対応可!】

次回、ポイント割引が利用できる会員登録(無料)はココをクリック

※セミナーお申込はページ右下の項目(人数登録)を設定後、“カゴにいれる”でお申し込み手続きに進みます。【要注意 ”人数(冊数)”は1のままでお願いいたします】

セミナー番号
S10517

講 師
 
第1部 新潟大学大学院 自然科学研究科 准教授 戸田 健司 氏
第2部 東北大学 多元物質科学研究所 教授 垣花 眞人 氏
対 象蛍光体の合成、選択、使い方に関心のある担当者など
会 場
川崎市教育文化会館 第2学習室
【神奈川・川崎】JR・京急「川崎駅」下車徒歩12分
日 時
平成23年5月31日(火) 10:30-16:30
定 員20名 ※お申込みが殺到する場合もございますので早めにお申込みください。
聴講料

1社2名まで54,600円(税込、昼食、テキスト費用を含む) ⇒ 2名ご参加の場合、請求書2分割(1名分27,300円)いたします

※5月17日までに初めてお申込いただいた新規会員様は早期割引価格⇒49,350円
◆早期割引:お申込の際に口数登録で“1口2名:早期割引”をご選択ください


◆同一法人より追加でお申込みの場合、1名につき12,600円加算
◆セミナーの受講料に関する助成金制度について


第1部 長寿命化を実現する蛍光体技術と劣化機構


【10:30-12:00】

講師:新潟大学大学院 自然科学研究科 准教授 戸田 健司 氏


【ご経歴】
昭和63年 長岡技術科学大学大学院材料開発工学専攻修士課程修了 昭和63-平成4年 ニッポン高度紙工業株式会社    平成4-7年 新潟大学大学院自然科学研究科物質科学専攻博士課程
平成8年 日本学術振興会(大阪大学工学部), 日本学術振興会研究員(リサーチ・アソシエイト)         
平成9-10年 新潟大学工学部化学システム工学科助手      
平成10-12年 新潟大学工学部化学システム工学科助教授 平成12年10月より新潟大学大学院自然科学研究科助教授

研究関連受賞
"IDW '10 Outstanding Poster Paper Award", Tadashi Ishigaki, Kenji Toda, Tatsuya Sakamoto, Kazuyoshi Uematsu, Mineo Sato, 第18回ディスプレイ国際ワークショップ(2010)
"IDW/AD '05 Outstanding Poster Paper Award", Kenji Toda, Yoshitaka Kawakami, Shinichiro Kousaka, Yutaka Ito, Akira Komeno, Kazuyoshi Uematsu, Mineo Sato, 第12回ディスプレイ国際ワークショップ/アジアディスプレイ2005(2005)

【講演主旨】

 白色LEDを用いるLED電球が身近な存在となって以来、その中で使用されている蛍光体にも注目が集まっている。

LED用蛍光体の発光原理は、短波長の光で励起して長波長の光を発する光ルミネセンス(フォトルミネセンス)という現象であり、過去に主流であった高エネルギー電子線で励起するブラウン管テレビ用蛍光体などとはその設計思想が大きく異なる。また、同じ光ルミネセンスであっても、蛍光ランプ用蛍光体とは励起エネルギーが異なり、その材料選択には違いがある。一般的な書籍や講演で取り扱われる材料は当該研究者が開発したものに集中しており、幅広い開発状況をフォローしにくい状況にある。

本講演では、現行蛍光体の長所と欠点、そしてそれを解決するための新規蛍光体への取り組みなどの最先端での開発を幅広く、かつ深く解説し、将来の開発動向や希土類問題に対する取り組みについて論じる。

【キーワード】
1.蛍光体
2.劣化
3.希土類
4.LED照明

【プログラム】

1.蛍光体の設計に必須の基礎知識
 1-1 蛍光体とは何か?
 1-2 万能蛍光体が存在しない理由は?
 1-3 結晶学の重要性がわからない蛍光体研究者はこれから生き残れない!
 1-4 なぜほとんどの蛍光体は粉なのか?

2.蛍光ランプおよびCCFLバックライト用蛍光体
 2-1 色の違いは何によるのか?
 2-2 希土類蛍光体の劣化機構

3.PDP用蛍光体
 3-1 青色蛍光体BaMgAl10O17:Eu(BAM)の劣化機構
 3-2 劣化に強い(Sr,Ca)MgSi2O6:Eu(CMS)蛍光体
 3-3 3Dで蛍光体は変わるか?

4.LED用蛍光体
4-1 (Ba,Sr)2SiO4:Eu(BOS)蛍光体の劣化機構
4-2 窒化物蛍光体は本当に劣化に強いのか?
 4-3 βサイアロンにささやかれる劣化問題
 4-4 次世代のLED用蛍光体は何か?

5.世界の研究開発動向
 5-1 日本
5-2 韓国
5-3 ヨーロッパ
5-4 蛍光体におけるビジネスチャンスはあるか?

 【質疑応答 名刺交換】





第2部 各種無機材料合成技術を用いた
           新規蛍光体開発と高機能化


【13:00-16:30】(小休憩挟む)

講師:東北大学 多元物質科学研究所 教授 垣花 眞人 氏

【ご略歴】
  1983年3月 東京工業大学大学院総合理工学研究科エネルギー科学専攻修了(理学博士)
  1991年4月 東京工業大学工業材料研究所・助教授
  1996年5月 東京工業大学応用セラミックス研究所・助教授
  2004年4月 東北大学多元物質科学研究所・教授
【受賞歴】
  平成14年度 文部科学大臣賞・第28回研究功績者
   『水溶性チタン化合物の研究』
  平成18年度 粉体粉末冶金協会研究功績賞
   『錯体重合法による酸化物粉体の精密化学合成と高機能化』
  平成19年度 日本化学会学術賞
   『水溶性金属錯体を活用したナノフォトセラミックスの水溶液からの合成』
  平成19年度 日本セラミックス協会学術賞

【キーワード】
1.白色LED用蛍光体
2.コンビナトリアル並列合成
3.溶液合成法

【講座の課題と狙い】
  白色LED用蛍光体など、蛍光体分野において、効果的に新規材料を探索し、高機能化の達成を可能にする普遍的な無機材料合成技術を紹介する。材料探索に適合する信頼性の高い様々な溶液合成法の原理と適用例を解説し、ついで並列合成による材料探索および高機能化の実際を紹介し、同分野に関わる研究者・技術者への便宜を図ることを趣旨とする。強調すべきポイントは、本講座受講により、『(ユビキタス)いつでも・どこでも・誰もが』行うことの出来る無機材料探索技術と高機能化技術を取得できることである。

1.はじめに
 1-1 蛍光体合成技術の現状と問題点
 1-2 新規蛍光体を探索するには?飛躍的に機能を高めるには?

2.蛍光体を合成するための基礎(根本原理)
 2-1 高温固相法(従来法)はなぜ高温が必要なのか?
 2-2 沈殿法・共沈法と高温固相法の類似点と相違点
2-3 ゾル・ゲル法の本質:均一な多成分系ゲルは作製できるか?
2-4 超均一蛍光体材料合成を可能にする錯体重合法

3.溶液合成法による無機材料の高機能化
 3-1 高機能化を実現するキーアプローチ:溶液法の位置づけ
 3-2 様々な溶液合成法による蛍光体材料合成例
 3-3 硫化物・酸窒化物系無機材料合成例
 3-3-1 複合無機化学的手法による高性能硫化物系蛍光体合成
 3-3-2 アンモニア窒化法による酸窒化物系蛍光体合成
3-4水溶性ケイ素化合物を用いた水溶液からのケイ素含有蛍光体合成

4.溶液法を基礎とする並列合成による蛍光体の探索及び高機能化
4-1 実験室でのセミコンビナトリアル:ユビキタス並列合成
4-2 新規蛍光体発見への近道(最低必要条件)
 4-3 命題設定の実例および並列合成

5.LED用高効率蛍光体としての応用・新展開とさらなる高機能化
 5-1 青色励起黄色蛍光体の高輝度化
 5-2 新規近紫外励起青緑蛍光体の開発
 5-3 自然な色合いを再現するために~蛍光体からのアプローチ
 5-4 蛍光体の耐湿化~蛍光体表面修飾技術について

6. 新規材料探索と高機能化へのシナリオ
 6-1 新規材料探索に向けた戦略
 6-1-1 新規材料探索の手段に求められる要素
 6-1-2 結晶構造に応じた合理的な元素の組み合わせ
 6-1-3 酸硫化物・硫化物・酸窒化物・窒化物は新規材料・新機能の宝庫
6-2 高機能化に向けた戦略
 6-2-1 組成制御及びドーパント均一分散の重要性
   蛍光体をホスト材(封止材料)などに均一分散させるには
 6-2-2 無機系未来材料分野において鍵となる構想

【質疑応答】

【5月31日】『白色LED用を中心とした蛍光体の高輝度・長寿命化』
  • NEW
  • オススメ
商品コード: S10517

【5月31日】『白色LED用を中心とした蛍光体の高輝度・長寿命化』

付与ポイント(会員のみ): 5200~6400 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

人数登録
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる