現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

会場:川崎市 主催・企画元:(株)&Tech

『戦略的海外販路拡大の手法と海外進出する際の心構え、
       市場価値の見極め、リスク対策、成功・失敗事例』


★戦略的海外販路拡大の手法海外進出する際の心構えとポイント
☆海外進出の戦略マップとは?★与信管理で注意しておきたいこと。タイにおける失敗事例
☆海外リスクと日本でも発生するリスクの違いは?★新興国:BRICs VISTA NEXT11
★海外ビジネス要員の育成方法

※10月7日までに初めてお申込される新規会員登録者は定価より3150円割引
次回、ポイント割引が利用できる会員登録(無料)はココをクリック

※セミナーお申込はページ右下の項目(人数登録)を設定後、“カゴにいれる”でお申し込み手続きに進みます

セミナー概要


セミナー番号
S11015

講 師
 

第1部 フォワード・インターナショナル 代表 山本 利彦 氏
(元日商岩井、元ソニー・ピクチャーズエンタテイメント 事業開発部長、オーストラリア Bond大学 MBA)

第2部 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社 上席主席研究員 茂木 寿 氏

対 象海外事業に関心のある海外事業担当・リスクマネジメント担当・営業・商社・管理部門など
会 場
川崎市教育文化会館 第2学習室【神奈川・川崎】
JR・京急「川崎駅」下車徒歩12分、バス5分
日 時
平成23年10月21日(金) 13:00-16:15
定 員30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料

【早期割引価格】1名につき19,950円(税込、テキスト費用を含む)
※但し10月7日までにお申込いただいたTech-Zone会員に限る。会員登録は無料


※10月7日を過ぎると【定価】1名につき23,100円(税込、テキスト費用を含む) となります

◆早期割引にてお申込する際は人数登録で“1名(早割)”または”2名(早割)”をご選択ください

◆早期割引価格からのポイント割引は適用外の価格となります。ポイント割引サービスをご利用される際は通常価格からの申込みでのみ適用されます
◆同一法人より3名でお申込みの場合、59,850円
◆セミナーの受講料に関する助成金制度について


第1部 戦略的海外販路拡大の手法と海外進出する際の心構えとポイント
【13:15-14:45】

講師:フォワード・インターナショナル 代表 山本 利彦 氏
   元日商岩井、元ソニー・ピクチャーズエンタテイメント 事業開発部長

【講師事務所HP】http://toshihiko-yamamoto.net/top/

【ご経歴】
・1987年 総合商社 日商岩井(株)(現 双日(株))に入社。主に砂糖、コーヒーなどの食品原料などを取り扱う。29歳で日商岩井の英国法人に赴任、5年半駐在。駐在時代に海外大手穀物メジャーとの取引でグローバルビジネスの厳しさを肌で経験。

・2000年 日系大手ゲームソフト会社に転じ海外事業部長を務める。

・2002年 (株)ソニー・ピクチャーズエンタテイメントに入社。企画管理部長、事業開発部長などを歴任した後、独立、フォワードインターナショナルを設立、同社代表。日本企業の海外事業支援、エンターテインメント企業の海外進出サポートなどの実践型 海外ビジネスプロデューサー業務を手がける。

【キーワード】
1.海外進出
2.海外ビジネス
3.海外展開
4.中国進出
5.海外セミナー
6.海外営業

【講演主旨】
震災後日本経済は更に景気が悪化し超円高も進行、先行きはますます不透明です。
こういった背景のため活路を海外市場に求めることは自然な流れです。しかし電気、自動車といった業界のように海外ビジネスに長年携わってきた業界以外の企業では意外に基本的な情報、知識が不足しているケースも散見されます。この講演では製造業を念頭におきながら海外販路拡大に関する基本的な知識、リスク、その対処法をお伝えし体験談をもとに海外ビジネスを成功に導くポイントを一緒に考えていきます。

【プログラム】

1.なぜ今海外か
 1-1 リーマンショック後の世界経済
 1-2 世界経済における日本の地位

2. 海外展開における典型的な課題
 2-1 よくある典型的な課題
 2-2 典型的課題に対する対処法

3. 海外進出における戦略的な取り組み
 3-1 海外進出の戦略マップ
 3-2 海外進出の戦略的プロセス

4.海外ビジネスにおけるリスクとその対処法
 4-1 国内取引と海外取引との違い
 4-2 リスクとデインジャーの違い
 4-3 リスクをゼロにすることは必要か
 4-4 与信リスク
    与信管理で注意しておきたいこと。タイにおける失敗事例の紹介
 4-5 為替リスクの回避方法
 4-6 物流などの取引リスク

5.海外ビジネスで求められる人材
 5-1 経験に基づく求められる人材のスペック
 5-2 海外ビジネス要員の育成方法

 【質疑応答 名刺交換】




第2部 成功・失敗事例に学ぶ新興市場進出におけるリスク分析とその対策
【15:00-16:30】

講師:東京海上日動リスクコンサルティング株式会社 上席主席研究員 茂木 寿 氏

【著書】
•「リスクマネジメント構築マニュアル」かんき出版(2007年9月)
•「リスクマネジメント規程集」かんき出版(2009年2月)
•「取締役ノウハウ大辞典」日本実業出版社(共著)(2005年8月)
•「’06 国内・海外 出張・赴任・滞在便連」産労総合研究所(共著)(2006年9月)
•「クライシスマネジメント」ビジネスリスク経営研究所GRM(Global Risk Management)講座(2008年10月) 他

【プログラム】
1.海外ビジネスとビジネスリスク
 1.1 リスクとは ~個人が考えるリスクと企業が考えるビジネスリスクの違いは~
 1.2 組織を取り巻くリスクとは?
 1.3 海外進出の目的ってそもそも何? ~なぜ日本の企業は海外進出するのか~
 1.4 グローバル展開している企業の強み
 1.5 海外におけるリスクと日本でも発生するリスクの違いは?
 1.6 海外へのビジネスチャンス VS 海外でのビジネスビジネスリスク ~判断の分かれ目~

2.海外ビジネス環境の変化とその対応
 2.1 近年における国際情勢の変化
  2.1.1 民族・宗教問題の高揚  2.1.2 グローバリゼーションの進展
  2.1.3 国際機関等の機能の低下 2.1.4 地域・国間の貧富格差の拡大
  2.1.5 欧米における右傾化の傾向 2.1.6 リスク評価が困難
 2.2 主要国経済成長率
 2.3 海外進出における検討・準備項目

3.新興国におけるリスクの特徴
 3.1 新興国の規模:BRICs VISTA NEXT11
 3.2 新興国におけるリスクの特徴(1)
  3.2.1 自然災害:地震・津波・噴火・台風・竜巻・水災・洪水ほか
 3.3 新興国におけるリスクの特徴(2)
  3.3.1 火災・爆発等の産業事故
  3.3.2 感染症
  3.3.3 インフラに関わる問題
 3.4 新興国におけるリスクの特徴(3)
  3.4.1 環境リスク、交通事故、治安問題
 3.5 新興国におけるリスクの特徴(4)
  3.5.1 労務管理、知的財産権、経済構造、政治問題、社会問題・その他

4.新興国のカントリーリスク
 4.1 カントリーリスクとは
 4.2 主なカントリーリスク
 4.3 指標等
 4.4 望ましいカントリーリスク管理とは?
 
5.アジア・ASEANにおけるリスクの特徴
 5.1 新興国の規模
 5.2 中国におけるリスクの特徴
 5.3 インドにおけるリスクの特徴
 5.4 ASEANにおけるリスクの特徴(1)インドネシア
 5.5 ASEANにおけるリスクの特徴(2)マレーシア
 5.6 ASEANにおけるリスクの特徴(3)カンボジア

6.リスクマネジメントのポイント
 6.1 リスクマネジメントのポイント(1)
 6.2 リスクマネジメントのポイント(2)

7.今後予想される新興国での新たなリスクとは?

【質疑応答】

【10月21日】『戦略的海外販路拡大の手法と海外進出する際の心構え、市場価値の見極め、リスク対策、成功・失敗事例』
  • NEW
  • オススメ
商品コード: S11015

【10月21日】『戦略的海外販路拡大の手法と海外進出する際の心構え、市場価値の見極め、リスク対策、成功・失敗事例』

付与ポイント(会員のみ): 2200~5700 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

人数登録
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる