現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

会場:東京 主催・企画元:(株)&Tech

『ジェネリック医薬品の業界動向と特許の基礎知識・特許戦略』

★ジェネリック医薬品の差別化としての特許の活用!
★事業戦略としてのジェネリック医薬品企業による無効審判をどう考える?

※11月7日までにお申込される会員は定価より3,150円割引
次回、ポイント割引が利用できる会員登録(無料)はココをクリック

※セミナーお申込はページ右下の項目(人数登録)を設定後、“カゴにいれる”でお申し込み手続きに進みます

セミナー概要


セミナー番号
S11113

講 師
 
長沢特許事務所/東京丸の内法律事務所 弁理士 田坂 一朗 氏
対 象ジェネリック開発戦略、特許分析法などに興味のある技術者・研究者など
会 場
RYUKA知財ホール 22F セミナールーム【東京・新宿】
JR・小田急小田原線・京王線・東京メトロ丸の内線「新宿」駅より徒歩3分
日 時
平成23年11月21日(月) 13:30-16:30
定 員30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料

【早期割引価格】1名につき19,950円(税込、テキスト費用を含む)
※但し11月7日までにお申込いただいたTech-Zone会員に限る。会員登録は無料


※11月7日を過ぎると【定価】1名につき23,100円(税込、テキスト費用を含む) となります

◆早期割引にてお申込する際は人数登録で“1名(早割)”または”2名(早割)”をご選択ください

◆早期割引価格からのポイント割引は適用外の価格となります。ポイント割引サービスをご利用される際は通常価格からの申込みでのみ適用されます
◆同一法人より3名でお申込みの場合、59,850円
◆セミナーの受講料に関する助成金制度について


【ご講演趣旨】
ジェネリック医薬品産業は、政府の推進策の下、その規模を着実に拡大している。外資企業、他産業企業、及び新薬企業が相次いで参入し、専業企業を含めたジェネリック市場における競争は激化している。この状況下ジェネリック医薬品を巡る特許の活用は、受け身から事業展開的な無効審判及びジェネリック医薬品の差別化のための特許取得等にみられるように進化を続けている。本セミナーでは、このあたりのお話を中心に講演する。

【プログラム】
1. ジェネリック医薬品産業の動向
 1-1.大型新薬の特許切れ問題
 1-2.ジェリック医薬品企業の多様化
 1-3.業界再編の動き
 1-4.ジェネリック医薬品企業の舵取りと特許戦略

2. 新薬とジェネリック医薬品
 2-1.新薬と独占権
 2-2.ジェネリック医薬品の市場化
 2-3.平成21年6月5日付厚労省通知

3.ジェネリック医薬品の承認と特許

4.ジェネリック医薬品を巡る特許問題
 4-1 基本特許と周辺特許
  4-1-1 基本特許
  4-1-2 周辺特許
 4-2 特許の存続期間延長制度
  4-2-1 本制度の意義
  4-2-2 知財高裁平成20年(行ケ)10458号酢酸リュープロレリン―閉経前乳癌事件
 4-3 無効審判
  4-3-1 侵害訴訟におけるジェネリック医薬品企業の対抗策
  4-3-2 事業戦略としてのジェネリック医薬品企業による無効審判申立て
  4-3-3 特許の存続期間延長登録の無効審判

5.ジェネリック医薬品企業の特許戦略
 5-1 ジェネリック医薬品企業の経営戦略
 5-2 ジェネリック医薬品ビジネスの特許戦略

 【質疑応答 名刺交換】

【11月21日】『ジェネリック医薬品の業界動向と特許の基礎知識・特許戦略』
  • オススメ
商品コード: S11113

【11月21日】『ジェネリック医薬品の業界動向と特許の基礎知識・特許戦略』

付与ポイント(会員のみ): 2200~5700 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

人数登録
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる