現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

会場:東京都 主催・企画元:&Tech

『知って得するソフトウェア特許の基本知識と
 権利の使い方、権利から考えた出願戦略【進歩性演習付き】』



★ソフトウェアにおける特許出願の考え方を把握し、身につけることができる!
★スマートフォン用アプリと特許! 知らないと損するパッケージソフト・組込ソフトウエア出願戦略の常識・非常識!
★書籍「知って得する ソフトウェア特許・著作権 改訂五版 」の著者の解説によるソフトウエア特許活用術!好評につき、再度開講いたします!

★★★このセミナーは“事前予約可能セミナー”です★★★

※7月13日までにお申込される会員登録された方は定価より3,150円割引
次回、ポイント割引が利用できる会員登録(無料)はココをクリック

※セミナーお申込はページ右下の項目(人数登録)を設定後、“カゴにいれる”でお申し込み手続きに進みます

セミナー概要


セミナー番号
S20724

講 師
 

古谷国際特許事務所 所長 弁理士 古谷 榮男 氏

大阪電気通信大学 客員教授(元日本弁理士会ソフトウエア委員会委員長)
対 象ソフトウエア特許・組み込みソフトウェアに関心のある技術者・知財担当者・初心者・技術管理担当者など
会 場
東京中央区立産業会館 4F 第4集会室【東京・中央区】
都営新宿線 馬喰横山駅 地下通路経由  B4出口 5分 (道案内2)
JR総武快速線 馬喰町駅 東口改札経由  C1出口 5分 (道案内3) ほか
日 時
平成24年7月27日(金) 13:30-16:30
定 員20名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料

【早期割引価格】1社2名につき39,900円(税込、テキスト費用を含む)
※但し7月13日までにお申込いただいたTech-Zone会員に限る。会員登録は無料


※7月13日を過ぎると【定価】1社2名につき43,050円(税込、テキスト費用を含む) となります

◆早期割引にてお申込する際は人数登録で“1名(早割)”または”2名(早割)”をご選択ください
◆同一法人より3名でお申込みの場合、63,000円
◆早期割引価格からのポイント割引は適用外の価格となります。ポイント割引サービスをご利用される際は通常価格からの申込みでのみ適用されます


講師の事務所ホームページ



【講演主旨】
現在、世界では、頭脳を提供する国と安価な労働力を提供する国との二分化が進んでおり、日本は、頭脳を提供する側に回らなければ生きて行けないのですが、そのために必要な特許の活用が充分ではありません。日本にとって最も重要な知識産業であるソフトウエア業界にとって、特許の活用は大きな課題です。今回のセミナーでは、ソフトウエア特許の基礎から活用までを解説いたします。

【講座の狙い】
 開発者は、特許権の権利範囲の考え方について、基本的な理解をお持ちでないことも多いと感じております。(これはソフトウエア特許特有のことではありませんが) そこで、まず、特許の権利範囲はどのように判断するのか、具体的には、どの程度、類似した製品を販売すると侵害になるのか、部品を販売しただけでも侵害になるのかなどについての法的な基本事項を説明したいと考えています。
 これを知ることで、これから開発しようとするシステムが他社特許を侵害する可能性があるのか、どのようにシステムを変更すれば他社特許の侵害を免れるのか、他社が類似のシステムを実施しているがこれが自社特許の侵害として追求できるのか等を判断することができるようになります。




【キーワード】
1.ソフトウエア特許
2.ビジネスモデル特許
3.組込ソフトウエア



【プログラム】

1.ディジタル時代の特許の使い方
 1-1 情報革命と特許の重要性の高まり
 1-2 製品のディジタル化と特許の使い方の変化

2.ソフトウエア特許をとるための要件
 2-1 発明としての成立性(門前払いを食わないように)
 2-2 新規性(発表の前に出願をする)
 2-3 新規性喪失の例外(発表した後でも出願できる制度を使うべきか)
 2-4 進歩性(特許がとれるかどうかの重要な分岐点)
 2-5 進歩性演習(ソフトウエア発明を例として皆さんに演習をしていただきます)

3.ソフトウエア特許の力
 3-1 差止請求と損害賠償請求
 3-2 権利範囲の考え方(直接侵害)
 3-3 間接侵害

4.ソフトウエア特許の活用
 4-1 他社の参入を防ぐ(特許権による牽制)
 4-2 他社の参入を防ぐ(出願による牽制)
 4-3 営業広告活動に利用する
 4-4 他社にライセンスをする
 4-5 標準規格の特許をとる

5.権利から考えた出願の戦略
 5-1 クラウド化の影響
 5-2 ユーザインターフェイスと内部処理
 5-3 スマートフォン用アプリと特許
 5-4 ユーザの依頼によるシステム開発と特許
 5-5 パッケージソフトと特許
 5-6 組込ソフトウエアと特許
 5-7 ビジネスモデル特許

 【質疑応答 名刺交換】



新サービス
『事前予約可能セミナー』

★今後、気になるテーマにつき、「とりあえず」の席の確保が可能となる「無料の事前予約サービス」を開始いたしました!
●「事前予約」で申し込みをしても、10日前まではキャンセル可能。
●予約申し込み時点の日付で、早期割引も適用。席の確保が可能。
●予約の時点では、支払義務は発生しません(開催10日前を過ぎると発生)
●下記「カートに入れる」より、お手続きくださいませ。

⇒仮申込扱いですので、社内申請中の方でご参加を予定されている方にお勧めです。ぜひご利用ください。
※開催日の10日前までにキャンセルのご連絡なければ、正式なお申込みとして受講票・請求書を事務局より発送させていただきます。ご留意ください

【7月27日】『知って得するソフトウェア特許の基本知識と権利の使い方、権利から考えた出願戦略【進歩性演習付き】』
  • NEW
  • オススメ
商品コード: S20724

【7月27日】『知って得するソフトウェア特許の基本知識と権利の使い方、権利から考えた出願戦略【進歩性演習付き】』

付与ポイント(会員のみ): 3800~6000 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

人数登録
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる