現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

会場:大阪・北区 主催・企画元:&Tech

『【演習付き】知って得するソフトウェア特許の進歩性・新規性の判断と特許の生み出し方
~ワークショップ形式でソフトウェア特許出願の考え方を実体験する~』 


★秋・冬の関西(京都・大阪)開催セミナー!
★ソフトウェアにおける特許出願の考え方を把握し、身につけることができる!
★「ソフトウェア」で特許を取るとはどういうことを指すのか?ハード?ソフト?どこに新規性・進歩性を見いだせるのか?
★ワークショップや事例から「ソフトウェア特許」とは何を指すのかをじっくり学べます!

★★★このセミナーは“事前予約可能セミナー”です★★★

※11月20日までにお申込される会員登録された方は定価より3,150円割引
次回、ポイント割引が利用できる会員登録(無料)はココをクリック

※セミナーお申込はページ右下の項目(人数登録)を設定後、“カゴにいれる”でお申し込み手続きに進みます

セミナー概要


セミナー番号
SK21223 「ソフトウェア特許」
 (※本セミナーにお問い合わせの際は、セミナー番号と略称でお尋ねください)

講 師
 

古谷国際特許事務所 所長 弁理士 古谷 榮男 氏
 大阪電気通信大学 客員教授(元日本弁理士会ソフトウエア委員会委員長)

古谷国際特許事務所 弁理士 松下 正 氏
 アジア弁理士協会(APAA)日本部会コピーライト委員会委員
対 象ソフトウエア特許・組み込みソフトウェアに関心のあるITシステム提供者、営業、企画、技術者・知財担当者など
会 場
メビック扇町 交流スペース会議室2【大阪・北区】
地下鉄堺筋線「扇町」駅 2号出口・JR環状線「天満」駅 西へ徒歩約3分
日 時
平成24年12月4日(火) 14:00-16:45
定 員20名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料

【早期割引価格】1社2名につき39,900円(税込、テキスト費用を含む)
※但し11月20日までにお申込いただいたTech-Zone会員に限る。会員登録は無料


※11月20日を過ぎると【定価】1社2名につき43,050円(税込、テキスト費用を含む) となります

◆早期割引にてお申込する際は人数登録で“1名(早割)”または”2名(早割)”をご選択ください
◆同一法人より3名以上でお申込みを追加する場合、1名につき、23,100円(税込、テキスト費用を含む)加算
◆早期割引価格からのポイント割引は適用外の価格となります。ポイント割引サービスをご利用される際は通常価格からの申込みでのみ適用されます


講師の事務所ホームページ



【講演主旨】
今日、ITC 技術の発達により、新しいサービスが顧客に提供されてます。例えば、検索キーワードからお勧め広告を表示するサービス、地下鉄の乗り換え案内サービス、デジタルサイネージ制御サービス、企業活動におけるフロントオフィス、バックオフィスのサポートサービス、等です。
 このようなサービスについて、特許をとる場合に一番問題となるのが、どのようなものであれば特許になるのかが分からないことです。このような状況だと、相談に行くための資料も適切なものが準備できません。また、特許要件を満たしていないので、特許まで至らない場合もあります。これらの場合に、どのようなものが特許になるのか、現状ではダメでも、どのような観点で改良を考えていけば、特許がとれるか、これらについては、個別ケースで学んでいくしかありません。
 この講座では、仮想ケースの新サービスについて、どのようなものが特許になるのか、どのようにバージョンアップすれば特がとれるのかについて、ワークショップ形式で体験いただけます。
 このような体験は、新サービスのシステムについて、提案型ビジネスを行う企業にとっては、ますます重要視される知識といえます。今回のセミナーでは、このあたりのソフトウエア特許についての知識を身につけるため、優しく丁寧に解説いたします。



【キーワード】
1.ソフトウエア特許
2.ビジネスモデル特許
3.組込ソフトウエア



【プログラム】

1.ディジタル時代の特許の使い方
 1-1 情報革命と特許の重要性の高まり
 1-2 製品のディジタル化と特許の使い方の変化

2.ソフトウエア特許をとるための要件
 2-1 発明としての成立性(門前払いを食わないように。システムにする)
 2-2 新規性(発表の前に出願をする)
 2-3 新規性喪失の例外(発表した後でも出願できる制度を使うべきか)
 2-4 進歩性(特許がとれるかどうかの重要な分岐点)

3.ソフトウェア発明(特許)演習編(ソフトウエア発明を例とした演習)
 仮想事例について、進歩性があるのか、なければどのように改良すればよいか?
 受講者同士、グループで討論を予定いたします。

4.ソフトウェア発明(特許)調査編
 調査の意義、やり方の基本的説明をしたあと、演習編で完成させた発明を実際、調査します。

 【質疑応答 名刺交換】



新サービス
『事前予約可能セミナー』

★今後、気になるテーマにつき、「とりあえず」の席の確保が可能となる「無料の事前予約サービス」を開始いたしました!
●「事前予約」で申し込みをしても、10日前まではキャンセル可能。
●予約申し込み時点の日付で、早期割引も適用。席の確保が可能。
●予約の時点では、支払義務は発生しません(開催10日前を過ぎると発生)
●下記「カートに入れる」より、お手続きくださいませ。

⇒仮申込扱いですので、社内申請中の方でご参加を予定されている方にお勧めです。ぜひご利用ください。
※開催日の10日前までにキャンセルのご連絡なければ、正式なお申込みとして受講票・請求書を事務局より発送させていただきます。ご留意ください

【12月4日】『【演習付き】知って得するソフトウェア特許の進歩性・新規性の判断と特許の生み出し方~ワークショップ形式でソフトウェア特許出願の考え方を実体験する~』
  • NEW
  • オススメ
商品コード: SK21223

【12月4日】『【演習付き】知って得するソフトウェア特許の進歩性・新規性の判断と特許の生み出し方~ワークショップ形式でソフトウェア特許出願の考え方を実体験する~』

付与ポイント(会員のみ): 0 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

人数登録
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる