現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

テキスト

主催・企画元:(株)&Tech
このテキストは過去に実施したセミナーの資料をオリジナルとしています

『医療機器開発のための
  バイオフィルムの基礎・形成過程』
~臨床現場のバイオフィルムの問題点・新規医療機器への要望と期待~


Biofilm Problems on Medical Equipments: the Formation and Requests for the Materials

テキストお申込はページ右下の“テキストのみ購入” を設定後、“カゴにいれる”ボタンをクリックすると手続き開始となります



内容について質問のある方は下記の“お問い合わせ”をクリックして事務局へお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

テキスト概要


商品番号
AT067 「バイオフィルム」
形式
パワーポイント資料形式

著者
 

第1部 麻布大学 生命・環境科学部 教授 博士(獣医学) 古畑 勝則 氏

第2部 京セラメディカル(株) フェロー/研究開発統括部 研究技術調査部 部長 山脇 昇 氏
価格

1冊につき30,240円(税込)

◆海外の方は別途発送料(税込)を加算

【対応できること】
・こちらの内容の著者(講師)を貴社の社内研修講師として派遣することも可能です。
・貴社の社内研修用テキストとしてご利用いただきます。数量が多い場合は御値引した価格でご提供可能です。
・こちらで扱っている内容をベースに、最近の動向などまとめたカスタマイズしたテキストをご希望の場合はTech-Zone事務局までお問い合わせください。




第1部 『医療用材料の開発に向けたバイオフィルムの基礎・形成過程とその対策』
~医療機器を開発する人に向けたバイオフィルムの必須知識~


講師: 麻布大学 生命・環境科学部 教授 博士(獣医学) 古畑 勝則 氏

【プログラム】
1.バイオフィルムとはなにか
 1-1 バイオフィルムの発生事例

2.バイオフィルムの組成
 2-1 肉眼的所見
 2-2 顕微鏡的所見
 2-3 培養所見 

3.バイオフィルムの構造と形成過程
 3-1 電子顕微鏡所見
 3-2 形成過程

4.製造環境分離菌の細菌学的特性と除去対策に関する一考察
 4-1 分離菌の同定
 4-2 分離菌の増殖特性
 4-3 分離菌のバイオフィルム形成能と付着特性
 4-4 分離菌の除去効果試験

5.バイオフィルムによる消毒効果の減少
 5-1 浮遊細胞の殺菌実験
 5-2 バイオフィルムの殺菌実験




第2部 医療用プラスチックの材料技術と成形加工・適用例とバイオフィルムへの見解

講師: 京セラメディカル(株) フェロー/研究開発統括部 研究技術調査部 部長 山脇 昇 氏

【著作・受賞】
環境調和型新材料シリーズ「生体材料」・共著・日刊工業新聞社(2008)、他
日本バイオマテリアル学会 学会技術賞(2012),他

【キーワード】
1. プラスチック材料、助剤
2. ラミネート加工、易剥離加工、潤滑性
3. 放射線加工、架橋、MPC、紫外線照射
4. 抗菌、バイオフィルム

【講演主旨】
超高齢社会のわが国において医薬品と医療機器は必須のものである。医療機器には多くのプラスチックが利用されているが、その主な理由は、優れた物性と成形加工性にある。その製造方法にも一般産業分野で実用化されたさまざまな成形加工方法が適用されている。多くのプラスチック製医療機器はコスト面からディスポーザブル化されており、今後もこの傾向はますます進むものと思われる。また、重篤な副作用である感染症への対策として近年は抗菌技術の開発も進められている。本講では実際の医療機器へ適用されている材料と成形加工技術の現状を解説するとともに、抗菌技術についても触れてみたい。

【プログラム】
1.医療機器に用いられるプラスチック材料
 1-1 素材としてのプラスチック
 1-2 成形加工に必要な助剤について

2.汎用医療機器(成形加工方法、素材への工夫など)
 2-1 医療品保存容器
 2-2 輸液製剤容器
 2-3 輸液チューブ

3.表面処理技術(生体との相互作用)
 3-1 医療機器における表面処理技術
 3-2 生体分子などの表面固定化技術(機能化)
 3-3 潤滑性の付与

4.生体内での摩耗の低減(整形外科分野の事例)
 4-1 放射線加工(架橋技術)
 4-2 潤滑性の付与(生体模倣技術/治験事例の紹介)

5.技術課題
 5-1 材料選定時に考慮すべき点
 5-2 バイオフィルムと抗菌技術について

6.まとめ


【技術テキスト】『医療機器開発のためのバイオフィルムの基礎・形成過程』 ~臨床現場のバイオフィルムの問題点・新規医療機器への要望と期待~
  • 限定品
商品コード: AT067

【技術テキスト】『医療機器開発のためのバイオフィルムの基礎・形成過程』 ~臨床現場のバイオフィルムの問題点・新規医療機器への要望と期待~

付与ポイント(会員のみ): 2800~3500 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

テキスト形式
発送費
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる

テキスト購入をご検討されているお客様へ

1.こちらで掲載しているセミナーテキストは著者(講師)の許可を頂いた内容のみ掲載しています。ご購入にあたって、著者と弊社の許可なく、ほか著作物等への転載・二次利用などはご遠慮ください。

2.こちらで扱っている内容について、最近の動向などまとめたカスタマイズしたテキストをご希望の場合はTech-Zone事務局までお問い合わせください。

3.業務においてお困り事(技術開発、新規事業、マーケティングetc)がございましたら、何でもご相談ください。お客様フォローもしっかり努めます。