現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

テキスト

主催・企画元:(株)&Tech
このテキストは2014年4月21日(月)に実施したセミナーの資料をオリジナルとしています

『光学透明樹脂の基礎・開発と高耐熱性・寸法安定性・屈折率向上
〜PMMA・COP・ポリカーボネートの高機能化・耐熱高屈折率樹脂の設計〜』


★先着3冊に限り定価の50%オフ!定価32,400円→16,200円(税込)にて販売中
★半額キャンペーンでのご購入は本ページ下部の「テキスト形式」のタブで「キャンペーン価格」をご選択ください。
★半額キャンペーンは在庫がなくなり次第終了します。
★半額キャンペーンでご購入時に弊社ポイントのご利用はできません。
★タッチパネル・自動車材料など、ガラス代替としての開発が進む光学ポリマー・透明樹脂!そのフィルムやシート、樹脂窓用途の最新技術!
★ガラス転移温度の向上、寸法安定性、十分な光学特性の確保とフィルム・シート化、、、。多様な機能性を、どういうアプローチで付与するか?
★事業性や製品性能レベルで、透明樹脂は「ガラス代替」になりえるのか?設計、加工、製品性能、、、立場の異なる一流技術者の見解!

テキストお申込はページ右下の“テキストのみ購入” を設定後、“カゴにいれる”ボタンをクリックすると手続き開始となります



内容について質問のある方は下記の“お問い合わせ”をクリックして事務局へお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

テキスト概要


商品番号
AT086 「光学透明樹脂」

著者
 
第1部 神奈川大学 工学研究所 岩手大学 工学部 客員教授 工学博士 山田 保治 氏

第2部 帝人(株) プラスチックステクニカルセンター開発第二グループ グループリーダー 博士(工学) 三宅 利往 氏

第3部 岩手大学 工学部 応用化学 生命工学科 准教授 芝崎 祐二 氏
価格
1冊につき32,400円(税込)→5/26まで16,200円(税込)


【テキストで理解できること】
・光学透明樹脂の基礎・開発と高耐熱性・寸法安定性・屈折率向上などについてPPTスライドを掲載しております。

【対応できること】
・こちらの内容の著者(講師)を貴社の社内研修講師として派遣することも可能です
・貴社の社内研修用テキストとしてご利用いただきます。数量が多い場合は御値引した価格でご提供可能です。
・こちらで扱っている内容をベースに、最近の動向などまとめたカスタマイズしたテキストをご希望の場合はTech-Zone事務局までお問い合わせください。




第1部 光学透明樹脂の基礎とハイブリット化による高機能化・高耐熱化

講師: 神奈川大学 工学研究所 岩手大学 工学部 客員教授 工学博士 山田 保治 氏

【職歴】
1973.4住友化学工業株式会社, 研究員
1981.4ダウケミカル日本株式会社, 主任研究員
1982.7新日鐵化学株式会社, 研究開発部 統括部長
2000.7名古屋工業大学, 教授
2007.10京都工芸繊維大学, 教授
2013.4 神奈川大学客員教授、岩手大学客員教授、中部TLO技術アドバイザー、日本工学アカデミー会員

【受賞】
日本接着学会論文賞(1997.6)

【最近の技術論文,著書等】
・アロイ化・複合化によるポリイミドの機能制御,「ポリイミドの高機能化と応用技術」 第1章,2. サイエンス&テクノロジー (2008)
・ナノポア構造を制御した多孔性ポリイミドフィルム, コンバーテッ, 2009(7), 76 (2009)
・シランカップリング剤の界面での処理効果, 技術情報協会 (2010)
・UV硬化型有機-無機ハイブリッドハードコート技術自動車窓ガラスの樹脂化≪樹脂グレージング≫-樹脂の改質・成形加工・ハードコート・耐久性評価・法規制-技術情報協会(書籍) (2010)
・Physical and Gas Transport Properties of Hyperbranched Polyimide–Silica Hybrid Membranes Membrane Gas Separation、(Wiley & Sons Ltd) (2010) 
・高機能ポリ乳酸の開発-環境低負荷型コーティング剤の開発-,塗装工学, 49, pp.366-371, 2012
・界面制御による高熱伝導性材料の開発,日本ゴム協会誌,86, pp.133-139, 2013 他 多数

【キーワード】
1.屈折率
2.シランカップリング剤
3.ハイブリッド材料

【講演主旨】
 アクリル樹脂(PMMA)、ポリカードネート(PC)や環状ポリオレフィン樹脂(COP、COC)などの透明樹脂はプラスチックレンズ、液晶ディスプレイ、光ディスク、光ファイバーなど包装、光学、光通信分野で広く使われている。また近年、自動車軽量化のためのガラス代替材料として注目され、実用化が期待されている。
 本講座では、透明樹脂の概要、分子設計や反射、吸収、散乱、屈折率、透明性の制御など透明材料開発のための基礎およびアクリル樹脂を中心にシリカなど無機材料とのハイブリット化による高機能化・高耐熱化について分かりやすく解説します。

【プログラム】
1.透明樹脂の概要
 1-1 透明樹脂の分子設計
 1-2 樹脂の透明性(光の3要素(反射、吸収、散乱)、
 1-3 屈折率の制御(屈折率、複屈折)
 1-4 透明樹脂の概要
  (1) アクリル樹脂(PMMA)
  (2) ポリカードネート(PC)
  (3) 環状ポリオレフィン樹脂(COP、COC)

2. シリカおよびシランカップリング剤の概要
 2-1 シリカの種類と特徴
 2-2 シランカップリング剤の種類、反応と使用法
 2-3 シリカの表面修飾法

3.無機材料との複合(ハイブリッド)化による高機能化・高耐熱化
 3-1 複合材料の合成法(シリカとの複合化手法)
  (1)層間挿入法(層剥離法)           
  (2)ゾル-ゲル法
  (3)In situ重合法
  (4)コアシェル構造型ハイブリッド材料
 3-2 複合化効果-シリカとの複合化でどんな効果が得られるか?  
 3-3 複合材料の特性
  (1)透明性 
  (2)熱特性 
  (3)機械的特性 
  (4)寸法安定性(熱膨張率)-熱膨張率の制御
  (5)表面硬度

【質疑応答・名刺交換】




第2部 ポリカーボネート樹脂の高機能化・製法と応用展開

講師: 帝人(株) プラスチックステクニカルセンター開発第二グループ グループリーダー 博士(工学) 三宅 利往 氏

【講演主旨】
 透明エンジニアリングプラスチックであるポリカーボネート樹脂の最近の開発トピックスを中心に、情報エレクトロニクス、自動車、環境エネルギー分野等に向けたあらたな素材開発と市場展開について紹介する。ポリマーデザイン、コンパウンドテクノロジーをプラットホームとしたスマートフォンレンズ等に採用が拡大している光学レンズ用ポリカーボネート、LED照明器具の市場拡大に伴う透明・光拡散性ポリカーボネートの特性とグレードラインナップのほか、透明共重合ポリカーボネートの開発状況について述べる。

【プログラム】
1.透明プラスチック ポリカーボネートの特性と用途例

2.透明ポリカーボネートの高機能化と用途展開  
 2-1 ポリマーデザインとコンパウンドテクノロジー
 2-2 光学レンズ用
 2-3 LED照明用  光拡散、透明・難燃

3.共重合ポリカーボネートの開発  

【質疑応答 名刺交換】




第3部 耐熱性高屈折率光学樹脂の設計と合成

講師: 岩手大学 工学部 応用化学 生命工学科 准教授 芝崎 祐二 氏

【著作・受賞・経歴】
1995.3 東京工業大学工学部有機材料工学科 卒業(学士)    2000.3 同大学大学院総合理工学研究科電子化学専攻(博士)
2000.4 東京工業大学大学院理工学研究科 助手
2006.3-2007.3ミネソタ大学客員研究員
2007.6 岩手大学工学部 准教授(現職)

【講演主旨】
軽量で加工性の優れた高透明樹脂の需要は日増しに募っています。本講演では特に耐熱性高透明樹脂の基礎から最近のトピックまで幅広く紹介いたします。

【プログラム】
1.ポリマーの物性における透明性の位置づけ
 1-1 ポリマーの加工性
 1-2 化学的および物理的耐熱性、加工性、透明性、屈折率

2.高耐熱性ポリマー
 2-1 連鎖重合系ポリマー
 2-2 縮合系ポリマー

3.高耐熱性を有する透明樹脂の開発
 3-1 高透明汎用エンプラ
 3-2 高透明スーパーエンプラ
 3-3 最近の事例(特許から読み取れること)

≪50%オフキャンペーン≫【AT086 技術テキスト】『光学透明樹脂の基礎・開発と高耐熱性・寸法安定性・屈折率向上』
  • 限定品
商品コード: AT086

≪50%オフキャンペーン≫【AT086 技術テキスト】『光学透明樹脂の基礎・開発と高耐熱性・寸法安定性・屈折率向上』

付与ポイント(会員のみ): 1500 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

テキスト形式
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる

テキスト購入をご検討されているお客様へ

1.こちらで掲載しているセミナーテキストは著者(講師)の許可を頂いた内容のみ掲載しています。ご購入にあたって、著者と弊社の許可なく、ほか著作物等への転載・二次利用などはご遠慮ください。

2.こちらで扱っている内容について、最近の動向などまとめたカスタマイズしたテキストをご希望の場合はTech-Zone事務局までお問い合わせください。

3.業務においてお困り事(技術開発、新規事業、マーケティングetc)がございましたら、何でもご相談ください。お客様フォローもしっかり努めます。