現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

会場:神奈川・川崎市  主催・企画元:&Tech
※当セミナー企画は講師と主催会社の発案によるセミナー企画であるため内容の無断転載を禁ずる

『高分子光導波路・光ファイバーの
  基礎・開発動向と高速大容量・低ノイズ・低消費電力化技術』
~光配線への転換技術の最新動向/低損失・耐熱性樹脂の展開~


★全フッ素化樹脂・PMMAを用いた光導波路・光ファイバーの最新動向!電気配線から光配線への展開は今後進んでいくのか?
★伝送損失をいかに低減できるか?省エネをいかに実現するか?信頼性の確保は?

★事前内容リクエストサービス実施中! お客様の実務課題の持ち込み大歓迎です!

★★★このセミナーは“事前予約可能セミナー”です★★★

※7月15日までにお申込される会員登録された方は定価より3,240円割引
次回、ポイント割引が利用できる会員登録(無料)はココをクリック

※セミナーお申込はページ右下の項目(人数登録)を設定後、“カゴにいれる”でお申し込み手続きに進みます

セミナー概要


セミナー番号
S40721 「光導波路」
 (※本セミナーにお問い合わせの際は、セミナー番号と略称でお尋ねください)

講 師
 

第1部 慶応義塾大学 理工学部 物理情報工学科 准教授 石榑 崇明 氏

第2部 旭硝子(株) 電子C 技術開発本部/開発企画部 技術企画G 主幹 武信 省太郎 氏

対 象光導波路・ファイバー配線技術に関心のある企業の方々
会 場
川崎市産業振興会館 10F 第1会議室【神奈川・川崎】
JRまたは京急線 川崎駅 下車 徒歩10分
※ 当初より、会場を移動いたしました
日 時
2014年7月29日(火) 13:30-16:15
定 員30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料

【早期割引価格:1名または2名の場合】43,200円(税込、テキスト費用を含む)
⇒5月13日以降のお申込は46,440円(税込、テキスト費用を含む) となります

【3名の場合】68,040 円(税込、テキスト費用を含む)

※弊社負担にて御飲物を用意させていただきます


第1部 屈折率分布型ポリマー光導波路による高機能化・応用展開
【13:30-14:45】

講師: 慶応義塾大学 理工学部 物理情報工学科 准教授 石榑 崇明 氏

【著作・受賞・経歴】
2001年 安藤博記念学術奨励賞 受賞 2008年 丸文学術奨励賞など.
慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 卒業
慶應義塾大学大学院 理工学研究科 後期博士課程修了 
慶應義塾大学 理工学部 物理情報工学科 助手,専任講師を経て現在に至る.2005年 米国ニューヨーク市 コロンビア大学 工学部 電気工学科 訪問研究員

【キーワード】
1.チップ間光配線
2.ポリマー光導波路
3.モスキート法

【講演主旨】
プリント配線板上のチップ間配線の高速・高密度化を実現する「屈折率分布(GI)型ポリマー光導波路」を紹介します.従来,ポリマー光導波路の作製法は,フォトマスクを使用する方法が一般的でしたが,GI型ポリマー光導波路の作製手法として,我々は,フォトマスク不要の新規作製法(モスキート法)を提案しています.このモスキート法の詳細及び作製されたGI型ポリマー光導波路の特性をお示しします.加えて,住友ベークライト社との共同研究にて実現されたフォトアドレス法によるGI型ポリマー光導波路をご紹介します.フォトアドレス法は,プリント配線板上の光回路構成に必要な交差導波路の作製を可能とし,得られたGI型交差導波路は,従来の交差導波路に比べ,過剰損失を1/10以下に低減できることをご紹介します.

【プログラム】
1.高性能コンピューティングに必要とされる光インターコネクト技術
 1-1 スーパーコンピュータの性能向上
 1-2 スーパーコンピュータのみる光配線

2.ポリマー光導波路
 2-1 SI型矩形コアポリマー光導波路
 2-2 GI型円形コアポリマー光導波路

3.GI型コアポリマー光導波路の作製法
 3-1 ソフトリソグラフィ法
 3-2 モスキート法

4.GI型円形コアポリマー光導波路の特性
 4-1 伝搬損失,挿入損失
 4-2 ファイバとの接続特性と並列ピッチの制御
 4-3 コア間クロストーク
 4-4 曲げ導波路
 4-5 シングルモード化と3次元配線

5.GI型矩形コアポリマー光導波路
 5-1 フォトアドレス法
 5-2 フォトアドレス法により作製されたポリマー光導波路の特性
 5-3 ポリマー交差導波路

【質疑応答 名刺交換】




第2部 光配線向け耐熱性・長波長・低損失フッ素化ポリマー光導波路の開発
【15:00-16:15】

講師: 旭硝子(株) 電子C 技術開発本部/開発企画部 技術企画G 主幹 武信 省太郎 氏

【講演主旨】
 高速大容量、低ノイズ、低消費電力等の観点から電気配線を光配線へ置換える動きがある。光配線の候補としてポリマー光導波路があり、使用波長は850nm、マルチモードタイプが一般的である。光配線向けポリマー光導波路は低損失かつ耐熱性のニーズが高い。本稿では、1310/1550nmの長波長向け光配線、特に最近注目されているシリコンフォトニクスをメインターゲットとして、伝搬損失(dB/cm)、フィルム化された曲げの機械特性、半田リフロー試験、その他各種信頼性試験を行ったのでその報告を行う。

【プログラム】
0.はじめに

1.全フッ素ポリマー光導波路(single mode)
 1-1 全フッ素ポリマー材料(サイトップ)
 1-2 全フッ素ポリマー光導波路 伝搬損失、光学特性
 1-3 1x32 splitter、アサーマルAWG

2.耐熱性フッ素化ポリマー光導波路(multi mode)
 2-1 耐熱性フッ素化ポリマー材料コンセプト
 2-2 耐熱性フッ素化ポリマー光導波路(multi mode)伝搬損失、光学特性
 2-3 耐熱性フッ素化ポリマー 各種信頼性(multi mode)
 2-4 耐熱性フッ素化フィルムポリマー 各種機械的特性(multi mode)

3.耐熱性フッ素化ポリマー光導波路(single mode)
 3-1 耐熱性フッ素化ポリマー光導波路(single mode)伝搬損失、光学特性
 3-2 耐熱性フッ素化ポリマー 各種信頼性(single mode)
 3-3 耐熱性フッ素化ポリマー 半田リフロー試験(single mode)

4 まとめ

【質疑応答 名刺交換】




新サービス
『事前予約可能セミナー』

★今後、気になるテーマにつき、「とりあえず」の席の確保が可能となる「無料の事前予約サービス」を開始いたしました!
●「事前予約」で申し込みをしても、10日前まではキャンセル可能。
●予約申し込み時点の日付で、早期割引も適用。席の確保が可能。
●予約の時点では、支払義務は発生しません(開催10日前を過ぎると発生)
●下記「カートに入れる」より、お手続きくださいませ。

⇒仮申込扱いですので、社内申請中の方でご参加を予定されている方にお勧めです。ぜひご利用ください。
※開催日の10日前までにキャンセルのご連絡なければ、正式なお申込みとして受講票・請求書を事務局より発送させていただきます。ご留意ください

【2014年7月29日】『高分子光導波路・光ファイバーの基礎・開発動向と高速大容量・低ノイズ・低消費電力化技術』
  • NEW
  • 限定品
商品コード: S40721

【2014年7月29日】『高分子光導波路・光ファイバーの基礎・開発動向と高速大容量・低ノイズ・低消費電力化技術』

付与ポイント(会員のみ): 4000~6300 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

人数登録
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる