現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

書籍


『自動車を中心とした
  ヘッドアップディスプレイの最新技術・市場動向と高機能化・将来展望』
~投影先のWS・コンバイナ・各種光学ユニットの最適設計・視認性向上・自動車の要求~



★安全運転支援技術の一つとして、今後ますまず市場の広がりが予想されるヘッドアップディスプレイの技術書籍!
★投影先としてのフィルム、コンバイナの技術的課題は?視認性向上のための表面処理技術、裏面反射対策、求められる要件とは?
★ウィンドシールドの技術的課題、中間膜、二重像などの課題は?平面鏡、凸面鏡などの反射ミラー、調光、視認性評価の方法は?太陽光入射
★ヘッドアップディスプレイの光学系は?プロジェクションタイプ、DMD、LCOS、どの方式が有力視されているのか?
★レーザー系ユニットでの課題とは?車載信頼性、スペックルの課題は解決されているのか?
★重要な課題である広画角化、小型化を図るための最適なユニットとは?HUD車両搭載スペースの考え方のキーポイントは?
★ADASとITSシステム、インフラとの連携、自動車メーカーが求めるHUDの将来像とは?



番号
AND012
ISBNコード
978-4-9907931-1-1
Cコード
C3058
対象
ヘッドアップディスプレイに携わる全ての関係者
発刊元
株式会社AndTech
発行年月
2014年8月29日
在庫要確認
体裁A4判,109ページ
定価
64,800円(本体60,000円+税8%)→ 7/31まで32,400円(税込)
執筆者

株式会社テクノ・システム・リサーチ 木村 隼一
日本精機株式会社 中原 剛
株式会社デンソー 金森 直人
大阪大学 山本 和久
MicroVision, Inc 新澤 滋 
日本テキサス・インスツルメンツ株式会社 本澤 剛
船井電機株式会社 長島 賢治 
株式会社JVCケンウッド 松村 智美
セントラル硝子株式会社 高松 敦
Eastman Chemical Company Matt Rose
Eastman Chemical Company John J. D’Errico
Eastman Chemical Company Jeffrey Hurlbut 
イーストマンケミカルジャパン株式会社 高頭 健一
旭化成イーマテリアルズ株式会社 生田目 卓治
山根健オフィス 代表 ビー・エム・ダブリュー株式会社 山根 健 
電気通信大学 野嶋 琢也
新潟医療福祉大学 魚里 博
北里大学 川守田 拓志



【内容】

第1章 自動車用ヘッドアップディスプレイの市場動向と将来展望

はじめに
1. ヘッドアップディスプレイの市場動向
 1-1 ヘッドアップディスプレイ普及シナリオ
 1-2 ヘッドアップディスプレイの地域別需要と普及セグメント
2. ヘッドアップディスプレイ技術動向
 2-1 プロジェクター技術を応用した新たなヘッドアップディスプレイの登場
3. 表示コンテンツの変遷
4. ヘッドアップディスプレイの外部環境
 4-1 Euro NCAP
 4-2 関連法規制
5. 将来のヘッドアップディスプレイに搭載検討されている新技術・新機能
 5-1 広画角ヘッドアップディスプレイの将来展望と現状課題
 5-2 AR 機能搭載ヘッドアップディスプレイの将来展望
おわりに
1. ヘッドアップディスプレイのポジション変化
2. これからのヘッドアップディスプレイに求められること

第2章 自動車用ヘッドアップディスプレイの最新技術動向

第1節 ヘッドアップディスプレイの現在までの技術動向と事例
はじめに
1. HUD の一般的な構成
 1-1 HUD光学系
  1-1-1 コンバイナ
   (1) コンバイナの表面処理
   (2) コンバイナの形状
   (3) コンバイナに求められる要件
  1-1-2 凹面鏡
  1-1-3 ウィンドシールド
 1-2 PGU(Picture Generation Unit)
  1-2-1 自発光表示器:VFD
  1-2-2 光源と表示器で構成されたPGU
   (1) LED+LCD
   (2) プロジェクションPGU
おわりに

第2節 車両用ヘッドアップディスプレイ
はじめに
1. 車両用ヘッドアップディスプレイ
 1-1 ヘッドアップディスプレイの特徴
 1-2 ヘッドアップディスプレイの役割
 1-3 ヘッドアップディスプレイの規制
 1-4 ヘッドアップディスプレイの難しさ
2. ヘッドアップディスプレイの変遷と市場動向
 2-1 ヘッドアップディスプレイの変遷
 2-2 ヘッドアップディスプレイの市場動向
 2-3 コンバイナー式ヘッドアップディスプレイ
3. ヘッドアップディスプレイの構成部品
 3-1 ディスプレイASSY
 3-2 コンピュータASSY
 3-3 光学部品
 3-4 外装ケース 他
4. ヘッドアップディスプレイの進化
 4-1 AR 表示に必要な画面サイズ
 4-2 大画面を達成するキーデバイス
おわりに

第3節 レーザー光源技術動向と自動車用ヘッドアップディスプレイへの応用
はじめに
1. レーザー光源関係技術動向
 1-1 可視光レーザー光源
 1-2 レーザーを用いたディスプレイ技術
2. レーザーディスプレイへの応用
3. 課題と展望

第4節 小型レーザスキャナとヘッドアップディスプレイへの応用
はじめに
1. レーザスキャン方式ディスプレイ
 1-1 レーザスキャン方式ディスプレイの原理
 1-2 MEMS マイクロミラー
 1-3 レーザ光源
 1-4 レーザスキャン方式プロジェクタ
2. 車載用ヘッドアップディスプレイ(HUD)
 2-1 HUD の動作原理
 2-2 レーザ走査型HUD
おわりに

第5節 DLP 方式を用いた自動車ヘッドアップディスプレイ
はじめに
1. DLP 技術を使用したヘッドアップディスプレイの特徴
 2-1 Pattern Generation Unit(PGU) の構成
 2-2 ヘッドアップディスプレイシステム全体の構成
3.DLP ヘッドアップディスプレイの将来
 3-1 光源の進化
 3-2 DMD パネルの進化
 3-3 ヘッドアップディスプレイのコンテンツの進化
 3-4 DLP チップ(DMD)

第6節 レーザー・ピコ・プロジェクタ・モジュールの開発
1. レーザーを用いたピコ・プロジェクタの特徴
 1-1 各種レーザー式ピコ・プロジェクタの特徴比較
 1-2 スキャン型レーザー・プロジェクタの概略構成図と動作原理
 1-3 レーザーを用いたプロジェクタの色再現性とその特徴
 1-4 レーザーのスペックルノイズに関して
2. レーザーの自動車用モジュールとしての応用
 2-1 ヘッドアップディスプレイへの応用
 2-2 ユーザーインターフェイスへの応用
 2-3 レーザースキャン型ディスプレイの空中投影型の入力装置への応用

第7節 LCOS・MEMS を用いたヘッドアップディスプレイ
はじめに
1. HUD の構成
2. LCOS - HUD
 2-1 D-ILA
 2-2 設計目標
 2-3 第1 世代プロトタイプ光学設計
 2-4 第2 世代プロトタイプ光学設計
3. MEMS レーザースキャンHUD
 3-1 レーザースキャン方式の原理
 3-2 レーザーを光源としたHUD の特徴
 3-3 CES プロトタイプ LSM-HUD
おわりに

第8節 自動車用窓ガラスとヘッドアップディスプレイ
はじめに
1. 自動車用窓ガラスについて
 1-1 ガラスの組成と板状ガラスの製造方法
 1-2 自動車用の窓ガラスの種類
 1-3 自動車用の窓ガラスに求められる特性
2. 自動車用窓ガラスとヘッドアップディスプレイ
 2-1 ヘッドアップディスプレイとは
 2-2 初期の自動車用ヘッドアップディスプレイ
 2-3 現在のダイレクトタイプヘッドアップディスプレイ用のウィンドシールド
おわりに

第9節  ヘッドアップディスプレイ中間膜
はじめに
1. ヘッドアップディスプレイ(HUD)とは?
2. 経緯
3. 技術要件
4. 中間膜仕様
まとめ

第10節 ワイヤグリッド偏光フィルム(WGFTM)の開発と応用
はじめに
1. ワイヤグリッド偏光子とは
2. 旭化成のワイヤグリッド偏光フィルム(WGFTM)
3. ワイヤグリッド偏光フィルムの特徴
 3-1 広帯域での良好な偏光分離性能
 3-2 非透過偏光の反射による温度上昇抑制効果
 3-3 高耐熱性
 3-4 容易な形状加工
4. ヘッドアップディスプレイ(HUD)におけるWGFTMの役割
 4-1 高輝度化によるバックライト熱対策
 4-2 高画角化による外光熱対策
おわりに

第3章 ヘッドアップディスプレイへの要求・要望・期待と将来展望

第1節 自動車用ヘッドアップディスプレイに求めるもの~自動車メーカの期待~
はじめに
1. 自動車のメータ
 1-1 初期の自動車用メータパネル
 1-2 自動車用メータに関わる法規
 1-3 自動車用メータの課題
2. 自動車のディスプレイ
 2-1 表示が必須な情報、表示法
 2-2 自動車の前方視界
 2-3 ITS と自動車
3. ヘッドアップディスプレイ
 3-1 航空機用ヘッドアップディスプレイ
 3-2 初期の自動車のヘッドアップディスプレイ
 3-3 後付けヘッドアップディスプレイ
 3-4 今日のヘッドアップディスプレイ
 3-5 今後の可能性
4. ヘッドアップディスプレイへの期待と今後
 4-1 運転者への適切な情報提供
 4-2 ITS 他のインフラとの連携
 4-3 今後の展望

第2節 再帰性投影ヘッドアップディスプレイと各種応用

第3節 自動車用ヘッドアップディスプレイに求める生理的観点から見た安全性・実験
はじめに
1. ヘッドアップディスプレイの有効性・実験
 1-1 ヘッドアップディスプレイの視線と視認時間に関する実験
 1-2 ヘッドアップディスプレイの虚像提示位置と調節・瞳孔反応に関する実験
2. ヘッドアップディスプレイの生理的観点から見た安全性
3. 視覚の観点からヘッドアップディスレイに今後求められるもの
おわりに


このページを見た方がご覧になった他の関連商品を最下部に紹介しております

【AND012】 『自動車を中心としたヘッドアップディスプレイの最新技術・市場動向と高機能化・将来展望』
  • NEW
  • 限定品
商品コード: AND012

【AND012】 『自動車を中心としたヘッドアップディスプレイの最新技術・市場動向と高機能化・将来展望』

付与ポイント(会員のみ): 4800 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

冊数
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる