現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

テキスト

主催・企画元:(株)&Tech
このテキストは2014年8月26日(火)に実施したセミナーで販売許可を得た資料をオリジナルとしています

『国内・アジア・欧米における食品包装・容器の規制動向と安全性評価・実務対応のポイント』
~食品衛生法・ポジティブリスト・安全性試験のすすめ方・適合確認の方法・容器包装、原材料の安全性評価~


★先着3冊に限り定価の50%オフ!定価30,240円→15,120円(税込)にて販売中
★半額キャンペーンでのご購入は本ページ下部の「テキスト形式」のタブで「キャンペーン価格」をご選択ください。
★半額キャンペーンは在庫がなくなり次第終了します。
★半額キャンペーンでご購入時に弊社ポイントのご利用はできません。
★食品容器、包装材料用添加剤使用衛生標準GB 9685-2008
☆総括規則 Regulation (EC) 1935/2004およびGMP規則 Regulation (EC) 2023/2006
★プラスチック施行規則(PIM)Regulation (EU) No.10/2011
☆適合確認の方法、各種材料の規制など徹底詳解!!

テキストお申込はページ右下の“テキストのみ購入” を設定後、“カゴにいれる”ボタンをクリックすると手続き開始となります



内容について質問のある方は下記の“お問い合わせ”をクリックして事務局へお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

テキスト概要


商品番号
AT104 「食品包装規制」
形式
パワーポイント資料形式

著者
 
第1部 塩ビ食品衛生協議会 常務理事 石動 正和 氏

第2部 三井化学(株) 安全・環境企画管理部 化学品安全センター 安全性評価グループ 中田 功太 氏
価格

1冊につき30,240円(税込)

◆海外の方は別途発送料(税込)を加算


【対応できること】
・こちらの内容の著者(講師)を貴社の社内研修講師として派遣することも可能です
・貴社の社内研修用テキストとしてご利用いただきます。数量が多い場合は御値引した価格でご提供可能です。
・こちらで扱っている内容をベースに、最近の動向などまとめたカスタマイズしたテキストをご希望の場合はTech-Zone事務局までお問い合わせください。




第1部 国内・アジアにおける食品包装材料の規制動向と実務対応のポイント

講師:塩ビ食品衛生協議会 常務理事 石動 正和 氏

【キーワード】
1.食品包装材料
2.ポジティブリスト
3.食品衛生法

【講演主旨】
 米国及び欧州で長年に亘り開発された食品包装材料の法制度は、認可物質リスト(ポジティブリスト)が柱となっている。中国は2008年関連の国家標準を大幅に改正強化した。本講演では、このポジティブリストに注目し日本とアジアの最新状況を紹介する。

【プログラム】
1.国内の食品包装材料規制
 1-1 食品安全基本法
 1-2 食品衛生法
 1-3 厚生省告示第370号(食品・添加物等の規格基準)
 1-4 食品安全委員会食品健康影響評価技術研究

2.中国の食品包装材料規制
 2-1 食品安全法
 2-2 国家標準
 2-3 食品容器、包装材料用添加剤使用衛生標準GB 9685-2008
 2-4 食品関連製品新品種申請受理規定

3.台湾の食品包装材料規制

4.韓国の食品包装材料規制
 4-1 食品衛生法
 4-2 食品公典

5. ASEANの食品包装材料規制
 5-1 タイ
 5-2 シンガポール
 5-3 フィリッピン
 5-4 マレーシア
 5-5 インドネシア
 5-6 ヴェトナム




第2部 欧米における食品容器包装・原材料の法規制動向と安全性評価

講師:三井化学(株) 安全・環境企画管理部 化学品安全センター 安全性評価グループ 中田 功太 氏

【キーワード】
1.欧州プラスチック施行規則, PIM
2.米国食品包装材料規制
3.FDA申請

【講演主旨】
 消費者の食品に対する安全意識の向上に伴い、食品と接触する「容器」および「包装」に関しても、その安全性に対する要求は、ますます厳しいものとなってきている。 このため、製造メーカーにおいては、食品容器・包装に関する規制を知ることで、顧客および消費者に対して安全・安心な製品を提供するためのマーケティング・ツールとなり得る。 本講演では、食品容器・包装の欧州、米国の法規制および申請方法の基礎を習得する。 さらに、安全・安心な製品を提供するにあたり、法規制対応のほか、企業として取るべき対応について、実例を挙げて紹介する。

【プログラム】
1.EU域内の食品接触材料規制の現状
 1-1 欧州食品包装材料規制の法体系
   ・概要
   ・総括規則 Regulation (EC) 1935/2004およびGMP規則 Regulation (EC) 2023/2006
   ・プラスチック施行規則(PIM)Regulation (EU) No.10/2011
 1-2 適合確認の方法
   ・適合宣言書と説明資料
   ・適合性の判断
   ・適合性に関するまとめ

2.米国の食品接触材料規制の現状
 2-1 米国の食品包装材料規制
   ・法体系
   ・免除規定
   ・接着剤の規制
   ・コーティング材料の規制
   ・樹脂の規制

 2-2 米国における新規物質の申請
   ・はじめに
   ・申請物質の特定
   ・安全性試験の進め方
   ・申請資料作成

3.企業が取るべき対応 -企業での食品容器包装、原材料の安全性評価
   ・自社内リスク評価の必要性
   ・リスク評価の手順
   ・評価例

≪50%オフキャンペーン≫【AT104 技術テキスト】 『国内・アジア・欧米における食品包装・容器の規制動向と安全性評価・実務対応のポイント』
  • 限定品
商品コード: AT104

≪50%オフキャンペーン≫【AT104 技術テキスト】 『国内・アジア・欧米における食品包装・容器の規制動向と安全性評価・実務対応のポイント』

付与ポイント(会員のみ): 2800~3500 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

テキスト形式
発送費
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる

テキスト購入をご検討されているお客様へ

1.こちらで掲載しているセミナーテキストは著者(講師)の許可を頂いた内容のみ掲載しています。ご購入にあたって、著者と弊社の許可なく、ほか著作物等への転載・二次利用などはご遠慮ください。

2.こちらで扱っている内容について、最近の動向などまとめたカスタマイズしたテキストをご希望の場合はTech-Zone事務局までお問い合わせください。

3.業務においてお困り事(技術開発、新規事業、マーケティングetc)がございましたら、何でもご相談ください。お客様フォローもしっかり努めます。