現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

テキスト

主催・企画元:(株)&Tech
このテキストは2014年12月に実施したセミナーで販売許可を得た資料をオリジナルとしています

『各種レーザー技術の技術動向・将来展望と照明分野への応用』
~明るさ・演色性・消費電力・安全基準・レーザーライトの技術動向~


★照明応用に向けた各種レーザー技術の動向および安全性・効率化技術!
★白色レーザーライト、半導体レーザーなど各種レーザーの照明応用と課題とは!?

内容について質問のある方は下記の“お問い合わせ”をクリックして事務局へお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

テキスト概要


商品番号
AT122 「レーザー照明」
形式
パワーポイント資料形式

著者
 

第1部 (独)産業技術総合研究所 電子光技術研究部門インターコネクトフォトニクスグループ 研究グループ長 理学博士 佐々木 史雄 氏

第2部 レーザー学会レーザー照明・ディスプレイ専門委員会 工学博士 石野 正人 氏
  (パナソニック)
価格

1冊につき30,240円(税込)

◆海外の方は別途発送料(税込)を加算


第1部 各種レーザーの技術動向と照明への応用

講師: (独)産業技術総合研究所 電子光技術研究部門インターコネクトフォトニクスグループ 研究グループ長 理学博士 佐々木 史雄 氏

【講演主旨】
 近年発展しつつある、レーザーを使った表示・照明用デバイスの特性や、技術動向、今後の展望などについて概観する。内容としては、各種レーザーの発展、分類及び電力効率などについての現状を紹介し、各種照明用光源の現状と比較する。次にLED照明関連の技術的・安全関連の基礎知識について概観し、その技術的理解を深める。さらにこれらを元に今後発展が期待されるレーザー照明分野の各種要求特性について整理し、その技術動向や将来展望について概観する。


【プログラム】
1. レーザー、照明用光源の発展
 1.1レーザーの発展
 1.2レーザーの分類
 1.3各種レーザーの発振効率
 1.4半導体レーザーの原理・発展
 1.5各種照明用光源

2.照明の基礎
 2.1明るさの単位
 2.2演色性と色度図
 2.3演色性と明るさ
 2.4LEDからLD励起ランプへ
 2.5各種光源の消費電力
 2.6レーザー関連の安全基準

3.各種レーザーライトの現状と今後の展望
 3.1GaN系半導体レーザー
 3.2RGBレーザー
 3.3色素レーザー、有機EL
 3.4白色LED光源から白色レーザーライトへ
 3.5有機半導体レーザーへの展開
 3.6レーザーヘッドライトの将来展望




第2部 可視光半導体レーザーの開発動向と新規アプリケーション

講師:レーザー学会レーザー照明・ディスプレイ専門委員会 工学博士 石野 正人 氏(パナソニック)

【ご経歴】
1981年4月 松下電器産業(株)(現パナソニック(株))入社.
以降2000年まで本社及びの分社ぼ研究開発部門で化合物半導体のエピタキシャル成長技術,半導体レーザおよび光集積デバイスの研究に従事.
1998年「大容量光通信用光変調器およびDFBレーザの研究」で東京大学大学院工学研究科電子工学専攻より工学博士取得.
2001年10月~2003年3月 半導体事業部門で半導体レーザー等の事業化開発後,
2003年4月~2008年6月  映像機器事業部門でケーブルテレビ用光伝送機器商品開発に従事.
2008年7月~2012年5月 パナソニック本社R&D部門で有機EL評価技術開発.
2012年6月以降、本社先端技術研究所で光とナノテクノロジーの境界領域の研究
に従事後、現在事業部門技術本部に

【講演主旨】
 ノーベル賞受賞となったGaN系発光材料技術は、LED照明の普及だけでなく、可視光半導体レーザーの波長域拡大を実現し、レーザー照明・ディスプレイの普及の可能性を高めるものとなった。本講座では可視光半導体レーザー開発動向と、照明・ディスプレイを中心にその新規アプリケーションについて解説する。

【プログラム】
1.レーザー照明・ディスプレイの進展と基本構成
 1-1 技術開発の歴史と応用商品の現状
 1-2 基本構成と技術応用の現状

2.可視光半導体レーザーの基本構成
 2-1 可視光半導体レーザの各種材料
 2-2 半導体レーザー構造

3.可視光半導体レーザーの開発動向
 3-1 赤色半導体レーザー
 3-2 青紫半導体レーザー
 3-3 青色半導体レーザー
 3-4 緑色半導体レーザー

4.可視光半導体レーザー応用動向
 4-1 レーザーディスプレイ開発の現状
 4-2 レーザー照明開発の現状
 4-3 可視光レーザーモジュール
 4-3 照明用光ファイバー

5. レーザー照明・ディスプレイの新規アプリケーション
 5-1 ディスプレイ応用新規アプリケーション
 5-2 照明応用新規アプリケーション
 5-3 応用分野の更なる展開

6.まとめ

【AT122 技術テキスト】『各種レーザー技術の技術動向・将来展望と照明分野への応用』
  • NEW
  • オススメ
商品コード: AT122

【AT122 技術テキスト】『各種レーザー技術の技術動向・将来展望と照明分野への応用』

付与ポイント(会員のみ): 2800 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

テキスト形式
テキスト
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる

テキスト購入をご検討されているお客様へ

1.こちらで掲載しているセミナーテキストは著者(講師)の許可を頂いた内容のみ掲載しています。ご購入にあたって、著者と弊社の許可なく、ほか著作物等への転載・二次利用などはご遠慮ください。

2.こちらで扱っている内容について、最近の動向などまとめたカスタマイズしたテキストをご希望の場合はTech-Zone事務局までお問い合わせください。

3.業務においてお困り事(技術開発、新規事業、マーケティングetc)がございましたら、何でもご相談ください。お客様フォローもしっかり努めます。