現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

テキスト

主催・企画元:(株)&Tech
このテキストは過去に実施したセミナーの資料をオリジナルとしています

『水素バリアフィルム・材料の開発と水素透過機構およびバリア性の評価
~高圧水素タンク・表面コーティング・ポリマーアロイ・水素耐性樹脂~』


★金属表面への機能性バリアコーティング、高圧水素用多層ホース、超高圧ガス用複合材料容器用バリア材など
★水素透過率の測定法、水素透過機構の考え方を詳解!!
★ポリマーアロイ化による水素バリア性の向上!

テキストお申込はページ右下の“テキストのみ購入” を設定後、“カゴにいれる”ボタンをクリックすると手続き開始となります

内容について質問のある方は下記の“お問い合わせ”をクリックして事務局へお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

テキスト概要


商品番号
AT130 「水素バリア」
形式
パワーポイント資料形式

著者
 
第1部 国立研究開発法人産業技術総合研究所 化学プロセス研究部門 首席研究員 クレイチーム 会長 蛯名 武雄 氏

第2部 日本合成化学工業株式会社 中央研究所コアテクノロジー研究室長 兼 イノベーションセンター長 渋谷 光夫 氏
価格

1冊につき30,240円(税込) ◆海外の方は別途発送料(税込)を加算


【対応できること】
・こちらの内容の著者(講師)を貴社の社内研修講師として派遣することも可能です
・貴社の社内研修用テキストとしてご利用いただきます。数量が多い場合は御値引した価格でご提供可能です。
・こちらで扱っている内容をベースに、最近の動向などまとめたカスタマイズしたテキストをご希望の場合はTech-Zone事務局までお問い合わせください。




第1部 粘度膜利用によるバリア技術の開発と水素バリア性

講師:国立研究開発法人産業技術総合研究所 化学プロセス研究部門 首席研究員 クレイチーム 会長 蛯名 武雄 氏

【講座概要】
 本講演では、ガスバリア材料の構造を解説し、産総研で開発された、厚さ約1nmの粘土薄板結晶を緻密に配向積層させてハンドリング可能な厚みに成型した膜「クレースト」の紹介を行う。クレーストはプラスチックフィルムを超える耐熱性と、優れたガスバリア性を有する。特に、水素等の小さな気体分子に対しても高いガスバリア性があることを確認している。本講演ではまた、水素バリア性と耐熱性を併せ持つ膜について、その構成、製法、特性、応用などを紹介する。さらに水素タンクへの応用などいくつかの具体的用途、大量生産に向けての開発動向についても触れる。

【プログラム】
1.水素バリアフィルムの開発
 1-1.バリアフィルムの構造
 1-2.水素バリア性の評価

2.粘土膜の製造
 2-1.粘土と成膜性
 2-2.製膜プロセス

3.特性
 3-1.ガスバリア性
 3-2.耐熱性
 3-3.自己修復性
 3-4.不燃性

4.応用例
 4-1.産業用シール材
 4-2.ガスバリア性炭素繊維強化プラスチック
 4-3.燃料電池車用水素タンク

5.産業化スキーム




第2部 高圧水素ガスバリア材の開発と今後の課題

講師:日本合成化学工業(株) 中央研究所 コアテクノロジー研究室長 兼 イノベーションセンター長 渋谷 光夫 氏

【ご経歴】
1987年に日本合成化学中央研究所に配属。                                       
1987年~1992年:EVOHの新規製造法、ポリマーアロイによるEVOHの機能化を担当。
1993年     :知的財産部に所属。 
1994年~2001年:塩ビ懸濁重合、乳化重合用の高分子保護コロイド剤開発に従事
2002年~2010年:PVAの高次構造の制御による新規アモルファスビニルアルコール
系樹脂など機能性PVAの開発を担当。 
2011年~2014年 :コアテクノロジー研究室長として水素インフラ関係材料開発、その他、電池関連部材の開発に取り組んでいる。
         特許出願件数は、ビニルアルコール系樹脂関連を中心に約168件。
2015年1月よりイノベーションセンター長兼務

【講演趣旨】
 アモルファスビニルアルコール系樹脂やエチレンビニルアルコール系樹脂は、PEの20万倍~7000倍ものガスバリア性を示す機能性材料であるが、高圧下(70MPa~)水素環境下で使用するにあたり結晶領域と併せて非晶領域の理解が不可欠である。今回、ガスバリア材の分子空隙サイズを支配する各因子の一般的考察と併せて、水素透過度と固体NMR13C核スピン-格子緩和時間T1Cによる分子運動性の調査及び水素耐性と柔軟性を付与するためのポリビニルアルコール系樹脂のポリマーアロイ化検討例やナイロン系樹脂評価例などを紹介する。

【プログラム】
1.はじめに
 (1)水素耐性を有する樹脂開発に関わる留意ポイント
 (2)水素バリア性及び耐ブリスタについて

2.樹脂の水素透過度と分子運動性の関係
 (1)酸素透過度と自由体積空孔サイズの関係
 (2)高性能ガスバリア材の設計思想
 (3)アモルファスビニルアルコール系樹脂

3.高圧水素ガス溶解量及び耐ブリスタ性を有するポリマーアロイの設計
 (1)水素耐性を有するバリア樹脂の選定      
 (2)ポリマーアロイの設計                 
 (3)70MPa曝露試験前後のポリマーアロイの分子運動性と水素バリア性への影響
 (4)SSRT(水素脆化感受性)、形態観察

4.高圧水素ガスバリア性の検証
 (1)高圧水素用多層ホースでの検討例 
 (2)超高圧ガス用複合材料容器用バリア材試験片による性能評価

5.まとめと課題 

【AT130 技術テキスト】 『水素バリアフィルム・材料の開発と水素透過機構および水素バリア性の評価』
  • 限定品
商品コード: AT130

【AT130 技術テキスト】 『水素バリアフィルム・材料の開発と水素透過機構および水素バリア性の評価』

付与ポイント(会員のみ): 2240~2800 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

テキスト形式
発送費
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる

テキスト購入をご検討されているお客様へ

1.こちらで掲載しているセミナーテキストは著者(講師)の許可を頂いた内容のみ掲載しています。ご購入にあたって、著者と弊社の許可なく、ほか著作物等への転載・二次利用などはご遠慮ください。

2.こちらで扱っている内容について、最近の動向などまとめたカスタマイズしたテキストをご希望の場合はTech-Zone事務局までお問い合わせください。

3.業務においてお困り事(技術開発、新規事業、マーケティングetc)がございましたら、何でもご相談ください。お客様フォローもしっかり努めます。