現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

会場:東京都・千代田区  主催・企画元:シーエムシー出版

『食品機能性成分の安定化技術と生体利用率の向上』

★食品の機能性成分は外的要因により分解や劣化が起こりやすく、不安定な物が多くあります。機能性を損なうことなく生体内への吸収を効率的に行うための安定化技術を本セミナーでは紹介いたします。

次回、ポイント割引が利用できる会員登録(無料)はココをクリック

※セミナーお申込はページ右下の項目(人数登録)を設定後、“カゴにいれる”でお申し込み手続きに進みます

セミナー概要


セミナー番号
V1056 「食品機能」
 (※本セミナーにお問い合わせの際は、セミナー番号と略称でお尋ねください)

講 師
 

第1部 日油(株) 食品事業部 食品研究所 第3グループ 上岡勇輝 氏

第2部 理研ビタミン(株) ヘルスケア事業部 企画開発室 開発第1グループ 飯塚正男 氏

第3部 神戸大学大学院医学研究科 客員教授 寺尾啓二 氏((株)シクロケム 代表取締役社長)

対 象「食品機能性成分の安定化技術」に関心のある企業の方々
会 場
CMC+AndTech FORUM セミナールーム【東京・千代田区】
・東京メトロ 大手町駅下車 C1出口から徒歩5分
・東京メトロ 竹橋駅下車 1番出口から徒歩10分
・都営新宿線 小川町駅下車 B6出口から徒歩10分
・【JR】神田駅下車 西口から徒歩10分ほか
日 時
2017年6月14日(水) 13:20-16:40
定 員25名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料
15,000円/1名(税込,テキスト代込)


第1部 油脂コーティング・可溶化技術による機能性成分の生体利用率向上
【13:20-14:20】

講師:日油(株) 食品事業部 食品研究所 第3グループ 上岡勇輝 氏

<概要>
独自の油脂加工技術を生理活性物質に応用することにより、成分安定性や生体利用率を高める効果を確認している。その加工技術は、油脂を被膜とした「油脂コーティング技術」、油脂をナノスケールの微粒子として水に分散させる「可溶化技術」である。これらの内容について、いくつかのデータにより紹介する。


<目次>

1.粉体コーティング技術について
 1.1.油脂コーティング技術
 1.2.マルチコーティング技術
 1.3.球形コーティング技術
 1.4.コーティングによる生体利用率の向上
 1.5.コーティング品の食品への応用

2.可溶化技術について
 2.1.可溶化技術の概要
 2.2.脂溶性ビタミン可溶化液の安定性と生体利用率の向上
 2.3.脂溶性機能脂質可溶化液の安定性と生体利用率の向上




第2部 マイクロカプセル化による機能性成分の安定化技術
【14:30-15:30】

講師:理研ビタミン(株) ヘルスケア事業部 企画開発室 開発第1グループ 飯塚正男 氏

<概要>
多くの機能性成分は熱、光、酸素等の外的要因により分解や劣化が起こることが知られている。このような機能性成分の製剤化手法として代表的なものにカプセル化技術があげられる。本講座では、特にマイクロカプセル化技術による機能性成分の安定化技術について紹介する。

<目次>

1. マイクロカプセル概要
 1.1.マイクロカプセルの定義
 1.2.マイクロカプセルの用途
 1.3.マイクロカプセルの種類と構造

2.安定化のデータ・事例の紹介
 2.1.ビタミン類(A、D3)の安定化
 2.2.カロテノイド類(β-カロテン、ルテインエステル)の安定化
 2.3.メントールのウィスカー抑制
 2.4.2成分接触による配合変化防止

3.各種製剤への適用例




第3部 シクロデキストリンによる食品機能性成分の安定化
【15:40-16:40】

講師:神戸大学大学院医学研究科 客員教授 寺尾啓二 氏((株)シクロケム 代表取締役社長)

<概要>
食品機能性成分には光や熱によって分解する物質、空気酸化する物質、他成分との不可逆反応で変性する物質など不安定な物質が存在する。そのような不安定物質のシクロデキストリン包接による安定化について紹介する。

<目次>
1.α-シクロデキストリンによる不安定物質の安定化
 1.1.α-シクロデキストリンの特性
 1.2.α-シクロデキストリンによる揮発性イソチオシアネート類の安定化
 1.3.α-シクロデキストリンによるタンパク分解酵素の安定化
 1.4.α-シクロデキストリンによる緑イ貝の酸化安定性の改善

2.γ-シクロデキストリンによる不安定物質の安定化
 2.1.γ-シクロデキストリンによるコエンザイムQ10の安定化
 2.2.γ-シクロデキストリンによるR-αリポ酸の安定化
 2.3.γ-シクロデキストリンによるω3-PUFA類の酸化防止効果
 2.4.γ-シクロデキストリンによる抗酸化物質の安定化

食品機能性成分の安定化技術と生体利用率の向上 【2017年6月14日】
  • NEW
  • 限定品
商品コード: V1056

食品機能性成分の安定化技術と生体利用率の向上 【2017年6月14日】

付与ポイント(会員のみ): 1111 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

人数登録
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる