現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

主催・企画元:&Tech
※当セミナー企画は講師と主催会社の発案によるセミナー企画であるため内容の無断転載を禁ずる

『発泡成形における基礎・成形プロセスと応用展開』
~化学・物理発泡剤活用・押出・射出・PPシート事例・自動車・建材・食品用展開~


★適切な樹脂と発泡剤の選択、成形法の選定とは?樹脂、発泡剤、成形という3分野からきちんと学ぶ!

★事前内容リクエストサービス実施中! お客様の実務課題の持ち込み大歓迎です!

次回、ポイント割引が利用できる会員登録(無料)はココをクリック

※セミナーお申込はページ右下の項目(人数登録)を設定後、“カゴにいれる”でお申し込み手続きに進みます

セミナー概要


セミナー番号
S70724 「発泡成形」
 (※本セミナーにお問い合わせの際は、セミナー番号と略称でお尋ねください)
対 象発泡成形技術に関心・課題のある事業企画担当者、研究者、マーケッターなど

講 師
 

第1部 高分子学会フェロー 今井 昭夫 氏
(元住友化学 研究所長、元日本エイアンドエル代表取締役社長)

第2部 住化プラステック(株) 技術開発部 機能製品チーム リーダー 寺嶋 聖二 氏

第3部 TRIZコンサルタント 福村 三樹郎 氏(元積水化成品工業(株))

会 場
滝野川会館 3F 302集会室【東京・北区】
JR京浜東北線上中里駅 徒歩 7分
JR山手線駒込駅より徒歩 10分
日 時
2017年7月27日(木) 12:30-16:20
定 員25名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料

【1名の場合】43,200円(税込、テキスト費用を含む)

【2名の場合】48,600円(税込、テキスト費用を含む)

【3名以上の場合は一名につき、5,400円加算】(税込、テキスト費用を含む)
※3名以上ご要望の場合は2名を選択し、備考欄にその旨お書きくださいませ



※ 弊社講座は、複数でのご参加を希望される場合、サービスとして1名につき、5,400円で何名でも追加の申し込みができますが、同一部署に限ります。なお、別途でのお申し込みは正規料金になります。ご了承ください。 

※ AndTechの講習会は、特別割引とポイント割引など、2種類以上の割引は、同時には適用されません。誤って、2種類以上の割引を同時にご利用された方には、後程、事務局より割引選択のための確認連絡をいたします



第1部 樹脂発泡技術開発の歴史と最近の動向
【12:30-14:00】

講師: 高分子学会フェロー 今井 昭夫 氏
(元住友化学 研究所長、元日本エイアンドエル代表取締役社長)

【キーワード】
 マイクロセル 超臨界 軽量化

【講演趣旨】
 樹脂の発泡技術は古くから開発され、多くの樹脂発泡製品が各種用途に使用されている。近年、発泡樹脂材料に特有の機能化賦与手法が見いだされており、また、材料の軽量化要求の一段の高揚にともなって、発泡樹脂原体や発泡成形技術の改良・向上が進められている。この目的のために、原点に戻った、樹脂の発泡の諸条件と泡形成構造および材料特性との相関検討も実施されている。本講では、樹脂発泡技術の基礎から開発材料事例まで俯瞰的に解説する。

【プログラム】
1.樹脂発泡技術の基礎
 1-1 発泡の原理―気相の膨張と樹脂の抗張力・強度
 1-2 樹脂発泡体の構造-独立気泡と連続気泡
 1-3 化学発泡と物理発泡

2.発泡成形体の工業的製法
 2-1 ゴム・スポンジ
 2-2 発泡体ビーズ
 2-3 押出発泡成形
 2-4 射出発泡成形

3.マイクロセル発泡と超臨界発泡技術
 3-1 発泡条件と泡径制御
 3-2 樹脂ポリマーの分子構造と泡径制御
 3-3 超臨界発泡

4.最近の技術動向
 4-1 配合・成形手法の工夫
 4-2 樹脂発泡材料の用途展開

【質疑応答 名刺交換】



第2部 発泡PPシート「スミセラー」の製品事例と特徴
【14:10-14:55】

講師: 住化プラステック(株) 技術開発部 機能製品チーム リーダー 寺嶋 聖二 氏

【キーワード】
軽量高剛性 発泡シート スミセラー

【講演趣旨】
 製造販売する発泡PPシート「スミセラー」の製法、特徴についてご紹介します。
多層化による機能付与したシートグレードも各種製品化しておりその製法、特徴についても紹介します。
後半は、自動車分野、建材分野、食品分野で使用されている製品事例を紹介。スミセラーでの通い箱事例を他の通い箱資材と比較して解説し、食品容器、医療容器の搬送事例を中心に紹介します。

【プログラム】
1.住化プラステックの会社紹介および製品紹介
 1-1 住化プラステック取扱い商品概要
 1-2 発泡PPシート「スミセラー」について

2.「スミセラー」の特徴及び製法
 2-1 製品の特徴
 2-2 製法の概要(Tダイ)押出成形

3.多層化技術他による機能付与グレードの紹介
 3-1 機能付与の手法
 3-2 帯電防止等機能付与グレードの特徴紹介

4.「スミセラー」の製品事例
 4-1 各種産業分野での採用例(自動車分野、建材分野、食品分野)
 4-2 物流分野として通い箱での採用例(食品容器、医療容器)

5.まとめ

【質疑応答 名刺交換】



第3部 発泡成形におけるプロセスの基礎・応用展開とプロセス設計の諸指標
【15:05-16:20】

講師: TRIZコンサルタント 福村 三樹郎 氏(元積水化成品工業(株))

【キーワード】
発泡成型 樹脂発泡体 発泡剤 物理発泡剤 化学発泡剤 ガス注入発泡 押出発泡 ビーズ発泡 PP発泡体 ポリオレフィン樹脂発泡体 ポリウレタン発泡体 発泡装置 発泡機

【講演趣旨】
 第1章では、
発泡体・多孔体を製作するにはどのような方法があるか、先ず基礎概念を網羅して探ってみます。そして、現実的に広く応用されている、樹脂発泡体の各種の製造プロセスに紹介します。ここでは、発泡剤や可塑剤等を含む発泡組成物と、発泡装置との関係も説明します。熱硬化性樹脂 熱可塑性樹脂 架橋樹脂(ゴム含む)によって発泡装置は大別されます。

第2章では、
PP発泡を例題として、難い樹脂材料を発泡させるためにどのような方法がこれまでに開発されたのか。これをTRIZの一理論を背景に体系的に説明します。なお、ここには熱可塑性樹脂の押出発泡、ビーズ発泡 架橋樹脂シート発泡等が登場します。
第3章では、
前章を踏まえ、更なる改良あるいは新しい発泡体のための発泡プロセス設計に係わるを諸指標について説明します。

【プログラム】
1.樹脂発泡体製造プロセスについて
 1-1 発泡体・ 多孔物質を製造する方法(基礎概念)
 1-2 熱硬化材料の発泡プロセス
 1-3 化学発泡剤を用いる発泡プロセス
 1-4 押出直接発泡プロセス
 1-5 架橋を伴う樹脂シートの発泡プロセス
 1-6 発泡剤含有ビーズを用いる発泡プロセス
 1-7 射出成型機による発泡プロセス
 1-8 ゴム・エラストマーの発泡成形

2.発泡の困難なPP樹脂等を発泡させるために
 2-1 TRIZ(発明的問題解決の手法)の適用について
 2-2 PP発泡の問題点と「物理的矛盾」則の適用について
 2-3 「空間の分離」による問題認識と発泡適正樹脂の発明
 2-4 「時間の分離」による問題認識とビーズ発泡法の発明
 2-5 「条件の分離」による問題認識と易揮発性発泡剤注入法の発明
 2-6 「システムの移行」による 問題解決  

3.発泡プロセス設計に係わる諸指標について
 3-1 樹脂または組成物の溶融粘度変化
 3-2 発泡剤ガスの樹脂または組成物に対する溶解度
 3-3 空気及び発泡剤ガスの樹脂または組成物に対する透過度
 3-4 ゲル粘度変化、架橋度等について
 3-5 その他、粘弾性、独立気泡度等について

【質疑応答 名刺交換】



新サービス
『事前予約可能セミナー』

★今後、気になるテーマにつき、「とりあえず」の席の確保が可能となる「無料の事前予約サービス」を開始いたしました!
●「事前予約」で申し込みをしても、14日前まではキャンセル可能。
●予約申し込み時点の日付で、早期割引も適用。席の確保が可能。
●予約の時点では、支払義務は発生しません(開催14日前を過ぎると発生)
●下記「カートに入れる」より、お手続きくださいませ。

⇒仮申込扱いですので、社内申請中の方でご参加を予定されている方にお勧めです。ぜひご利用ください。
※開催日の14日前までにキャンセルのご連絡なければ、正式なお申込みとして受講票・請求書を事務局より発送させていただきます。ご留意ください

『発泡成形における基礎・成形プロセスと応用展開』【2017年7月27日】
  • NEW
  • オススメ
商品コード: S70724

『発泡成形における基礎・成形プロセスと応用展開』【2017年7月27日】

付与ポイント(会員のみ): 3200~3600 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

人数登録
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる