現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

テキスト

主催・企画元:&Tech
※本セミナーは、2017年4月26日に実施したセミナー資料です

『車載用途を中心とした
  大容量フィルムコンデンサの技術・部材開発動向と市場
  ~HEV、EV・高圧電送展開・誘電体フィルムへの要望・市場が求めるコンデンサ~』


★フィルムコンデンサを中心とした市場動向、業界及び技術動向を詳しく解説し、海外企業の取り組みや関係を紹介!
★進化するHEV用途コンデンサの最新モデルの構造、仕様また、今後の要求について解説!
★蒸着技術と誘電体に対する要求などを判りやすく説明し、フィルムコンデンサの基幹技術や必要とされる材料要望などを紹介!

次回、ポイント割引が利用できる会員登録(無料)はココをクリック

テキストお申込はページ右下の“テキストのみ購入” を設定後、“カゴにいれる”ボタンをクリックすると手続き開始となります



内容について質問のある方は下記の“お問い合わせ”をクリックして事務局へお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

テキスト概要


商品番号
AT188 「フィルムコンデンサ」
形式
パワーポイント資料形式

著者
 
マシン・テクノロジー(株) 代表取締役社長 加瀬部 強 氏
価格

1冊につき27,000円(税込)
◆海外の方は別途発送料(税込)を加算



【対応できること】
・こちらの内容の著者(講師)を貴社の社内研修講師として派遣することも可能です
・貴社の社内研修用テキストとしてご利用いただきます。数量が多い場合は御値引した価格でご提供可能です。
・こちらで扱っている内容をベースに、最近の動向などまとめたカスタマイズしたテキストをご希望の場合はTech-Zone事務局までお問い合わせください。



【講演主旨】
 地球環境問題への対応が急務となる中、ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)の開発、高速鉄道、再生可能エネルギーの活用や高圧電送が世界的な潮流となって、その競争も激化しています。
 これらの基本要素技術はインバータ回路から成り立っており、いずれも小型・軽量や高効率化および低コスト化が課題となっています。こうした背景のもとで、各国の企業が着目している要素部品としてフィルムコンデンサがあります。
 従来、これらの用途ではアルミ電解コンデンサを使用されていましたが、フィルムコンデンサの技術発展によりインバータ用コンデンサ市場に大きな変化が現れました。また、最近ではフィルムコンデンサに求められる要求も進化しています。
 そのような中、本セミナーでは、フィルムコンデンサを中心とした市場動向、業界及び技術動向を詳しく解説し、海外企業の取り組みや関係を紹介いたします。

【プログラム】
1.フィルムコンデンサとは
 1-1.フィルムコンデンサの特徴について解説いたします。
 1-2.具体的なフィルムコンデンサの構造や仕様について紹介します。

2.コンデンサの市場動向
 2-1.コンデンサ市場の変化
  コンデンサの構造や各種コンデンサの特徴と市場を判りやすく解説します。
 2-2.インバータ回路への展開
  インバータ回路用のパワーキャパシタ分野に、アルミ電解コンデンサからフィルムコンデンンサに切り替えが進み、フィルムコンデンサの新たな市場が形成されています。
  本項ではこの新たな市場と、その市場の海外競合企業との関係も解説します。
 2-3.広がるパワーキャパシタ分野の市場
  自動車(HEV、EV)再生可能エネルギー、高圧電送など、フィルムコンデンサが参入できる市場は拡大しています。ここではその市場に求められるフィルムコンデンサの特徴などを解説します。

3.技術革新とトレンド
 3-1.フィルムコンデンサ技術革新とトレンド
  フィルムコンデンサの基幹要素技術として真空蒸着があります。誘電体、蒸着構造、安全機能など最新の技術にも触れながら解説していきます。
 3-2.HEV用コンデンサの事例
  HEV用途のコンデンサは進化しています。その最新モデルの構造、仕様また、今後の要求について解説します。合わせて、今後の進むべきトレンドや本業界参入
のためのプロセスも紹介いたします。

4.蒸着技術の革新と誘電体への要望
 本項では蒸着技術と誘電体に対する要求などを判りやすく説明し、フィルムコンデンサの基幹技術や必要とされる材料要望などを紹介します。
 4-1.安全膜
 4-2.蒸着の原理と装置の進化
 4-3.まとめ

【AT188 技術テキスト】 『車載用途を中心とした大容量フィルムコンデンサの技術・部材開発動向と市場』
  • NEW
  • 限定品
商品コード: AT180

【AT188 技術テキスト】 『車載用途を中心とした大容量フィルムコンデンサの技術・部材開発動向と市場』

付与ポイント(会員のみ): 1000 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

テキスト形式
発送費
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる

テキスト購入をご検討されているお客様へ

1.こちらで掲載しているセミナーテキストは著者(講師)の許可を頂いた内容のみ掲載しています。ご購入にあたって、著者と弊社の許可なく、ほか著作物等への転載・二次利用などはご遠慮ください。

2.こちらで扱っている内容について、最近の動向などまとめたカスタマイズしたテキストをご希望の場合はTech-Zone事務局までお問い合わせください。

3.業務においてお困り事(技術開発、新規事業、マーケティングetc)がございましたら、何でもご相談ください。お客様フォローもしっかり努めます。