現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

テキスト

主催・企画元:(株)&Tech
このテキストは過去に実施したセミナー【2017年5月25日】の資料をオリジナルとしています

『全固体リチウムイオン二次電池の基礎・構造と各構成材料の選択・界面設計技術
~新材料としてのバインダー~』


★全固体リチウムイオン二次電池の基礎と最新研究動向を解説!
★全固体電池の最も有望な展開先とは?

テキストお申込はページ右下の“テキストのみ購入” を設定後、“カゴにいれる”ボタンをクリックすると手続き開始となります

内容について質問のある方は下記の“お問い合わせ”をクリックして事務局へお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

テキスト概要


商品番号
AT20170502 「全固体リチウムイオン二次電池」
形式
パワーポイント資料形式

著者
 
第1部 首都大学東京 都市環境学部 分子応用化学コース 都市環境科学研究科 分子応用化学域 助教 棟方 裕一 氏

第2部 アルケマ(株) 京都テクニカルセンター シニアビジネスディベロップメントマネージャー 鈴木 孝典 氏
価格

1冊につき30,240円(税込)→ 8/30まで15,120円(税込)


第1部 全固体リチウムイオン二次電池の基礎と最新研究動向

講師:首都大学東京 都市環境学部 分子応用化学コース 都市環境科学研究科 分子応用化学域 助教 棟方 裕一 氏


【講演主旨】
 不燃性の固体電解質の適用は、安全性の改善だけなく、体積エネルギー密度の向上や使用可能な温度範囲の拡大につながり、リチウム二次電池の可能性を大きく広げる。しかし、従来の電池技術だけでは、この新しい電池を実現することは難しい。本講演では、全固体電池を構成する各部材の開発から電池作製までの各段階について、最近の取り組みと課題を紹介する。また、電池の全固体化によって実現される新たな電池の用途についても言及する。

【プログラム】
1.リチウム二次電池の基礎
 1-1 電池の構成部材
 1-2 充放電反応とは

2.全固体リチウム二次電池
 2-1 現行の電池における課題
 2-2 全固体化のメリット

3.全固体リチウム二次電池の構成材料
 3-1 様々な固体電解質
 3-2 電解液との比較
 3-3 電極材料の選択

4.界面設計技術
 4-1 電気化学界面とは
 4-2 固体同士の接合
 4-3 助剤の適用

5. 固体電解質の特徴を活かした電池設計
 5-1 構造化のメリット
 5-2 バイポーラ型とは

6. 今後の展望と課題




第2部 PVDF系材料の特性と全固体電池のバインダーへの応用

講師: アルケマ(株) 京都テクニカルセンター シニアビジネスディベロップメントマネージャー 鈴木 孝典 氏

【プログラム】
1.全固体電池の種類とバインダー
 1-1 固体電解質系リチウムイオン電池
 1-2 金属空気電池
 1-3 金属硫黄電池

2.バインダー選定
 2-1 固体電解質系リチウムイオン電池のバインダー
 2-2 2金属空気電池のバインダー
 2-3 金属硫黄電池のバインダー
 2-4 金属系負極材料の可能性とバインダー

3.固体電解質のバインダー

【AT20170502 技術テキスト】『全固体リチウムイオン二次電池の基礎・構造と各構成材料の選択・界面設計技術』
  • オススメ
商品コード: AT20170502

【AT20170502 技術テキスト】『全固体リチウムイオン二次電池の基礎・構造と各構成材料の選択・界面設計技術』

付与ポイント(会員のみ): 2240 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

テキスト形式
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる

テキスト購入をご検討されているお客様へ

1.こちらで掲載しているセミナーテキストは著者(講師)の許可を頂いた内容のみ掲載しています。ご購入にあたって、著者と弊社の許可なく、ほか著作物等への転載・二次利用などはご遠慮ください。

2.こちらで扱っている内容について、最近の動向などまとめたカスタマイズしたテキストをご希望の場合はTech-Zone事務局までお問い合わせください。

3.業務においてお困り事(技術開発、新規事業、マーケティングetc)がございましたら、何でもご相談ください。お客様フォローもしっかり努めます。