現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

主催・企画元:&Tech
※当セミナー企画は講師と主催会社の発案によるセミナー企画であるため内容の無断転載を禁ずる

『導電性高分子を中心とした
  アルミ電解コンデンサの開発・部材への要求と低ESR化・高耐電圧化・耐熱性向上』
~ハイブリッド型コンデンサの構造・特性・材料・製造と耐ショート性・低漏れ電流化~


★アルミ電解コンデンサのさらなる高機能化技術!
★耐熱性などの要求特性や、信頼性をいかに確保するのか?低ESR化のレベルは?
★導電性高分子を使用したアルミ電解コンデンサ、高性能化を進めるにあたり、効果的な材料設計を行うにはどうすべきか?

★事前内容リクエストサービス実施中! お客様の実務課題の持ち込み大歓迎です!

次回、ポイント割引が利用できる会員登録(無料)はココをクリック

※セミナーお申込はページ右下の項目(人数登録)を設定後、“カゴにいれる”でお申し込み手続きに進みます

セミナー概要


セミナー番号
S70826 「アルミ電解コンデンサ」
 (※本セミナーにお問い合わせの際は、セミナー番号と略称でお尋ねください)
対 象アルミ電解コンデンサ技術に関心・課題のある事業企画担当者、研究者、マーケッターなど

講 師
 

第1部 NPO サーキットネットワーク (理事 コンサルタント) 梶田 栄 氏(元村田製作所)

第2部 サン電子工業(株) 技術本部顧問 鹿熊 健二 氏

第3部 小林技術士事務所 所長 小林 征男 氏(元昭和電工)

会 場
台東区民会館 8F  第3会議室 【東京・台東区】
 東京メトロ 銀座線浅草駅7番出口から徒歩約5分
 東武伊勢崎線 浅草駅から徒歩約5分
 都営浅草線 浅草駅A5出口から徒歩約8分
※ 諸般の事情により、会場の変更となります(8月17日)。ご容赦いただきたく存じます。
日 時
2017年8月28日(月) 12:30-16:30 
※都合により、当初より講演順序を入れ替えました
定 員25名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料

【1名の場合】43,200円(税込、テキスト費用を含む)

【2名の場合】48,600円(税込、テキスト費用を含む)

【3名以上の場合は一名につき、5,400円加算】(税込、テキスト費用を含む)
※3名以上ご要望の場合は2名を選択し、備考欄にその旨お書きくださいませ



※ 弊社講座は、複数でのご参加を希望される場合、サービスとして1名につき、5,400円で何名でも追加の申し込みができますが、同一部署に限ります。なお、別途でのお申し込みは正規料金になります。ご了承ください。 

※ AndTechの講習会は、特別割引とポイント割引など、2種類以上の割引は、同時には適用されません。誤って、2種類以上の割引を同時にご利用された方には、後程、事務局より割引選択のための確認連絡をいたします



第1部 アルミ電解コンデンサの基礎と高性能化へ向けた課題~他のコンデンサと比較した本技術への期待~
【12:30-13:45】

講師: NPO サーキットネットワーク (理事 コンサルタント) 梶田 栄 氏(元村田製作所)

【著作・受賞・経歴】
 1987年に鉄道車両関係の企業より㈱村田製作所へ転職。㈱村田製作所には通算27年間勤務。内訳はドイツ村田[ニュルンベルク]を含め小松村田製作所、金沢村田製作所など工場経営を通算10年間担当。また高周波モジュールを中心に商品経営を通算10年間担当。残り7年間は渉外業務で業界活動を行い、2014年6月に退職。現在はNPOサーキットネットワークに所属して活動する傍ら、企業コンサルタントや電子部品に関する講演活動を中心に活動中。

【キーワード】
 コンデンサ、アルミ電解コンデンサ、低ESL、低ESR、低インピーダンス、長寿命化

【講演趣旨】
 アルミ電解コンデンサにつき、構造から使用上の注意点など全般と、今度の技術動向を解説します。

【プログラム】
1.コンデンサの基本
 1-1 コンデンサの基本性質
 1-2 コンデンサの働き
 1-3 コンデンサの種類

2.アルミ電解コンデンサ
 2-1 アルミ電解コンデンサの構造と原理
 2-2 アルミ電解コンデンサの外形形状
 2-3 アルミ電解コンデンサの製造工程
 2-4 アルミ電解コンデンサの特徴

3.アルミ電解コンデンサの技術課題
 3-1 仕様上の注意事項
 3-2 技術課題

4.アルミ電解コンデンサの動向
 4-1 小型化
 4-2 低インピーダンス化
 4-3 長寿命化
 4-4 電気的性能および機械的性能向上
 4-5 安全性向上 その他

5. まとめ

【質疑応答 名刺交換】



第2部 導電性高分子ハイブリッドタイプのアルミ電解コンデンサの特徴
【13:55-15:10】

講師: サン電子工業(株) 技術本部顧問 鹿熊 健二 氏

【キーワード】 
1.電子機器の小型化・薄型化・軽量化に貢献
2.電子機器の高性能化・高信頼性化に貢献
3.高密度実装化・基板面積の縮小化に貢献

【講演主旨】 
 近年、自動車の自動運転技術の進歩やEV化に伴い、それに使用されるコンデンサには小型、大容量で低ESR、長寿命化の要求が益々強くなっています。そのようなコンデンサとして固体コンデンサが知られていますが、固体コンデンサでは陽極箔上に誘電体皮膜の修復に乏しい導電性高分子が使用されているため、漏れ電流が高くなりやすく、ショートに至るものもありました。本セミナーでは低ESRと耐ショート性の優れたコンデンサであるハイブリッド型コンデンサの開発背景、製造方法、各方面からのアプローチについて最近の技術開発状況を紹介します。

【プログラム】
1.開発の背景
 1-1 各種コンデンサの特徴
 1-2 市場の要求

2.ハイブリッド型コンデンサの製造方法
 2-1 ポリピロール素子内重合法
 2-2 PEDOT:PSS素子内重合法
 2-3 PEDOT:PSS分散液含浸法

3.ハイブリッド型コンデンサの特性
 3-1 高耐圧化
 3-2 低漏れ電流化
 3-3 低ESR化

4.今後の展望
 4-1 開発トレンド
 4-2 生産実績および今後の需要予測

【質疑応答 名刺交換】



第3部 アルミ電解コンデンサの低ESR化・高耐電圧化および耐熱性向上
【15:15-16:30】

講師: 小林技術士事務所 所長 小林 征男 氏(元昭和電工)

【講演趣旨】
 近年、デジタル電子機器の高周波数化、CPUの高速化などを背景にコンデンサには低いESRおよび高い耐電圧が求められ,さらに車載用には一層の高耐熱性が要求されています。導電性高分子を陰極材料として用いた固体アルミ電解コンデンサにもより一層の低ESR化と高耐電圧化および耐熱性の向上が要求されています。本セミナーではPEDOT系を中心に導電性高分子の高導電化と高耐電圧化および耐熱性の向上に関する技術開発動向を詳細に紹介します。

【プログラム】
1. 導電性高分子コンデンサの特性と課題

2. 導電性高分子の導電機構

3. PEDOT:PSSの高導電化とそのメカニズム

4. 気相重合法によるPEDOT系の高導電化とそのメカニズム

5. 導電性高分子コンデンサの高耐電圧化とそのメカニズム
 5-1 高作用電圧下での漏れ電流の要因
 5-2 in situ重合系
 5-3 スラリー系
 5-4 溶液系

6. 導電性高分子の耐熱性の向上

7. まとめ

【質疑応答 名刺交換】




新サービス
『事前予約可能セミナー』

★今後、気になるテーマにつき、「とりあえず」の席の確保が可能となる「無料の事前予約サービス」を開始いたしました!
●「事前予約」で申し込みをしても、14日前まではキャンセル可能。
●予約申し込み時点の日付で、早期割引も適用。席の確保が可能。
●予約の時点では、支払義務は発生しません(開催14日前を過ぎると発生)
●下記「カートに入れる」より、お手続きくださいませ。

⇒仮申込扱いですので、社内申請中の方でご参加を予定されている方にお勧めです。ぜひご利用ください。
※開催日の14日前までにキャンセルのご連絡なければ、正式なお申込みとして受講票・請求書を事務局より発送させていただきます。ご留意ください

『導電性高分子を中心としたアルミ電解コンデンサの開発・部材への要求特性と低ESR化・高耐電圧化・耐熱性向上』【2017年8月28日】
  • NEW
  • オススメ
商品コード: S70826

『導電性高分子を中心としたアルミ電解コンデンサの開発・部材への要求特性と低ESR化・高耐電圧化・耐熱性向上』【2017年8月28日】

付与ポイント(会員のみ): 3200~3600 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

人数登録
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる