現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

テキスト

主催・企画元:(株)&Tech
※本セミナーは、2017年7月28日に実施したセミナー資料です

『R&D戦略におけるロードマップ(TRM、MRM、PRM)の考え方と
   策定、事例に学ぶシナリオプランニングのポイント』


★研究開発戦略を明確にするための社内ロードマップ作成に
 必要なシナリオプランニング、TRM、MRM、PRMを元トップマネージャーが直々に解説!
★ロードマップをテーマとした受講者によるグループ発表・討論会を予定!
★従来の長期固定型のロードマップ戦略から、
より社会課題解決を目的としたバックキャスト的な事業開発戦略を解説!

テキストお申込はページ右下の“テキストのみ購入” を設定後、“カゴにいれる”ボタンをクリックすると手続き開始となります

内容について質問のある方は下記の“お問い合わせ”をクリックして事務局へお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

テキスト概要


商品番号
AT20170705 「ロードマップ」
形式
パワーポイント資料形式

著者
 
第1部 滋賀医科大学 バイオメディカル・イノベ-ションセンター 特任教授 小笠原 敦 氏

第2部 (株)AndTech 顧問 兼 経営アドバイザー 古藤 健二郎 氏(元スリーエムジャパン(株) カスタマーテクニカルセンター長、元スリーエムジャパンヘルスケアカンパニー(株) 代表取締役)
価格

1冊につき30,240円(税込)


第1部 R&D戦略、事業戦略に寄与する予測手法
~技術ロードマップ、技術予測、シナリオプランニング、ホライズン・スキャニング~


講師:滋賀医科大学 バイオメディカル・イノベ-ションセンター 特任教授 小笠原 敦 氏
   (元科学技術動向研究センター長)

【ご経歴】
1988年ソニー株式会社 超LSI研究所入所。SOI-MOSデバイス、SRAMの研究に従事。その後CD、MD用AlGaAs系半導体レーザ、DVD用AlInGaP系半導体レーザの研究・開発、Photo IC/LSIの研究・開発等を経て本社R&D戦略部シニアR&Dマネジャー、CTO補佐を歴任。2000年より科学技術庁に転じ、科学技術政策研究所第一研究グループ、第四調査グループ、文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センターを経て、2004年~2011年経済産業省/独立行政法人産業技術総合研究所ナノ電子デバイス研究センター主任研究員、イノベーション推進本部総括主幹、つくばイノベーションアリーナ推進部総括主幹、2005年~2008年立命館大学大学院理工学研究科/テクノロジー・マネジメント研究科/経営学部 教授、2011年~2012年独立行政法人理化学研究所研究コーディネーター、2012年~2015年文部科学省文部科学事務官、科学技術政策研究所科学技術動向研究センター長。2015年12月1日より国立大学法人滋賀医科大学特任教授、現在に至る。

【キーワード】
1. ロードマップ、技術予測、ホライズン・スキャニング
2. AI、IoT、ロボット
3. R&D戦略、経営戦略、イノベーション戦略

【講演主旨】
R&D戦略、事業戦略立案に寄与する技術ロードマップ、技術予測、シナリオプランニング、ホライズン・スキャニングの手法を、国レベルの戦略から企業レベルの戦略まで具体的にお話しする。
現在は従来の長期固定型のロードマップ戦略から、より社会課題解決を目的としたバックキャスト的な戦略、ビジョンオリエンテッドな戦略に変化しており、それに対応した新世代のホライズン・スキャニングの手法、シナリオプランニングの手法等、最新の予測手法を含め網羅し、実践的なR&D閃絡、企業戦略の構築につながる手法を修得する。

【プログラム】
1.R&Dの現状と将来
 なぜ今イノベーションが求められるのか、日本企業のR&Dの問題はどこにあるのか?
 ・日本を巡るR&Dの現状
 ・国際競争力の推移
 ・交易条件指数の推移
 ・経済システムの大きな変化
 ・2020年、2030年に向けての技術の進展
 ・Industry4.0、Industrial Internet
 ・AIとIoT、ロボット時代への対応

2.技術予測とロードマップ
 中長期R&D戦略の基本となるロードマップ策定の考え方とポイントについて、具体的な事例をもとに学びます。
 ・ビジョン戦略とロードマップの必要性
 ・技術予測
 ・技術予測のロードマップへの展開
 ・技術戦略マップ
 ・ロードマップの具体例

3.ロードマップとビジョン
 ・ロードマップとは
 ・ロードマップの基礎
 ・技術戦略マップへの展開
 ・ビジョン立案の重要性
 ・ビジョンに立脚したロードマップの作成
 ・IBM GTO(Global Technology Outlook)に見るビジョンとロードマップの統合

4.技術予測とシナリオプランニング
 ・技術予測とは
 ・日本の技術予測
 ・技術予測からシナリオプランニングへ
 ・分野別のシナリオ戦略

5.不確実な時代を予測するホライズン・スキャニング
 ・ホライズン・スキャニングとは
 ・微弱な変化(Weak Signals)、予期せぬ変化(Wild Card)の概念
 ・その把握の仕方

6.イノベーションへの展開
・まとめ




第2部 技術ロードマップを踏まえた市場ロードマップの作成と世界R&D企業の事例

講師: (株)AndTech 顧問 兼 経営アドバイザー 古藤 健二郎 氏
(元スリーエムジャパン(株) カスタマーテクニカルセンター長、元スリーエムジャパンヘルスケアカンパニー(株) 代表取締役)

【キーワード】
1.イノベーション戦略
2.コア技術

【講演主旨】
未来の顧客ニーズは不確実である。経産省の委託調査では、5年先までの顧客ニーズを把握している日本企業は、600社のうち、15%に過ぎない。将来ニーズが見えないなかでのロードマップの作成は困難を極める。グローバル企業としての取り組みはどのようになされているかについて事例紹介する。

【プログラム】
1.グローバル企業1000社のR&D活動動向
 1-1 イノベーション戦略
 1-2 イノベーティブカンパニー
 1-3 イノベーションを起こす為になすべきこと

2.イノベーションケーススタディー
 2-1 ビジネスモデルとイノベーション
 2-2 イノベーションロードマップパターン
 2-2-1 コア技術のロードマップ
 2-2-2 要素技術のロードマップ
 2-2-3 アプリケーションロードマップ

3.ロードマップの活用事例
 3-1 ロードマップの役割
 3-2 コア技術ロードマップの公開、開示
 3-3 コア技術の公開・開示による効果実績

4.まとめ

【AT20170705 技術テキスト】『R&D戦略におけるロードマップの考え方と 策定、事例に学ぶシナリオプランニングのポイント』
  • オススメ
商品コード: AT20170705

【AT20170705 技術テキスト】『R&D戦略におけるロードマップの考え方と 策定、事例に学ぶシナリオプランニングのポイント』

付与ポイント(会員のみ): 2240 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

テキスト形式
発送費
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる

テキスト購入をご検討されているお客様へ

1.こちらで掲載しているセミナーテキストは著者(講師)の許可を頂いた内容のみ掲載しています。ご購入にあたって、著者と弊社の許可なく、ほか著作物等への転載・二次利用などはご遠慮ください。

2.こちらで扱っている内容について、最近の動向などまとめたカスタマイズしたテキストをご希望の場合はTech-Zone事務局までお問い合わせください。

3.業務においてお困り事(技術開発、新規事業、マーケティングetc)がございましたら、何でもご相談ください。お客様フォローもしっかり努めます。