現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

会場:東京都・千代田区  主催・企画元:シーエムシー出版

『乳酸菌・ビフィズス菌の機能・可能性と効果的な活用法』
★プロバイオティクス、プレバイオティクス開発へのへの展開!
★菌の腸内環境での働き、機能性食品素材としての可能性!
★乳酸菌破砕菌体の機能と飲料への応用技術!

次回、ポイント割引が利用できる会員登録(無料)はココをクリック

※セミナーお申込はページ右下の項目(人数登録)を設定後、“カゴにいれる”でお申し込み手続きに進みます

セミナー概要


セミナー番号
V1077 「プロバイオティクス」
 (※本セミナーにお問い合わせの際は、セミナー番号と略称でお尋ねください)

講 師
 

第1部 京都大学 大学院農学研究科 教授  小川順 先生

第2部 森永乳業㈱ 基礎研究所 清水金忠 先生

第3部 アサヒグループホールディングス㈱ コアテクノロジー研究所 専任部長 藤原茂 先生


会 場
CMC+AndTech FORUM セミナールーム【東京・千代田区】
・東京メトロ 大手町駅下車 C1出口から徒歩5分
・東京メトロ 竹橋駅下車 1番出口から徒歩10分
・都営新宿線 小川町駅下車 B6出口から徒歩10分
・【JR】神田駅下車 西口から徒歩10分ほか
日 時
2017年11月27日(月) 13:20-16:40

13:00 受付開始、名刺交換、交流会(30分程度)16:40~
定 員30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料
15,000円/1名(税込,テキスト代込)


第1部 乳酸菌による食品潜在機能の顕在化
【13:20-14:20】

講師:京都大学 大学院農学研究科 教授 小川順 先生

<概要>
食品成分は、体内で様々な化合物へと変換され吸収される。この過程には私たち自身の代謝のみならず、腸内細菌による代謝が関わっている。脂肪酸、核酸、グルコシノレートなどの腸内細菌代謝研究を例に、食・腸内細菌・健康の相互関係について考える。

<目次>
1.食・腸内細菌/乳酸菌・健康の相互関係について
2.食品成分の乳酸菌代謝の解明と代謝産物の生理機能解析
 2.1.乳酸菌による不飽和脂肪酸の代謝と代謝産物の生理機能
 2.2.乳酸菌による核酸代謝の高尿酸血症予防への応用
 2.3.乳酸菌によるグルコシノレート類の代謝
 2.4.乳細菌による食品機能成分の代謝変換(その他の事例)
3.食品生成分の乳酸菌代謝物の生産とポストバイオティクスとしての活用
 3.1.乳酸菌脂肪酸代謝産物の生産
 3.2.乳酸菌脂肪酸代謝物の活用
4.プロバイオティクス・プレバイオティクス開発への展開
5.食・腸内細菌/乳酸菌・健康の将来像



第2部 ビフィズス菌・乳酸菌の機能とその可能性
【14:30-15:30】

講師:森永乳業㈱ 基礎研究所  清水金忠 先生

<概要>
ヒトの腸内にはヒトの細胞よりも数倍数の細菌が棲んでおり、ヒトの健康に大きな影響を与えている。そのうち、ビフィズス菌や乳酸菌がヒトの健康に良い働きを有する菌として研究され、プロバイオティクスとして多く利用されている。本講義では、これらの菌のヒト腸内環境における働きおよび機能性素材としての可能性について触れたい。

<目次>
1.腸内細菌におけるビフィズス菌の存在
 1.1.ビフィズス菌の役割
 1.2.加齢に伴う腸内細菌の変動とその要因の考察
 1.3.日本人各年齢層におけるビフィズス菌菌種の分布とその生存戦略について
 1.4.ビフィズス菌の棲息環境の違いとその特徴
2.ビフィズス菌、乳酸菌の可能性
 2.1.ビフィズス菌と乳酸菌の違い
 2.2.ビフィズス菌の臨床効果との作用機序の研究
 2.3.バイオジェネックスとしての菌体素材の考え方
3.森永乳業のビフィズス菌、乳酸菌素材と製品応用技術の紹介



第3部 乳酸菌の破砕菌体摂取による体脂肪低減作用と製品応用
【15:40-16:40】

講師:アサヒグループホールディングス㈱ コアテクノロジー研究所 専任部長 藤原茂 先生
<概要>
PPARα/γデュアルアゴニスト活性を示す食品微生物を選抜し、L.amylovorus CP1563株を得た。動物試験およびヒト試験から、当該乳酸菌破砕菌体は脂質代謝改善ならびに体脂肪管理に応用し得ることが明らかとなった。これらの成績により、「体脂肪低減」を標榜した機能性表示清涼飲料を開発した。

<目次>
1. 研究の目的
2. 実験方法
 2.1.食品微生物の有機溶媒抽出物調製
 2.2.ルシフェラーゼレポーターアッセイによる選抜
 2.3.溶媒抽出に代わる食品添加用機能性素材調製法の開発 -微細化菌体素材の調製ー
 2.4.動物試験による有効性・安全性の確認
 2.5.ヒト試験による有効性評価
3.実験結果
 3.1.PPARα/γデュアルアゴニスト菌株の選抜結果
 3.2.CP1563株微細化菌体による脂質代謝改善ならびに体脂肪低減効果
 3.3.PPARα/γリガンドの単離
4.まとめと展望

乳酸菌・ビフィズス菌の機能・可能性と効果的な活用法 【2017年11月27日】
  • NEW
  • 限定品
商品コード: V1077

乳酸菌・ビフィズス菌の機能・可能性と効果的な活用法 【2017年11月27日】

付与ポイント(会員のみ): 1111 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

人数登録
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる