現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

研修・オーダーセミナー

こちらは出張研修・オーダーセミナー・セミナーサービスの専用ページです

『欧州プラスチック・BPA(ビスフェノールA)の最新規制動向と実務対応のポイント』

 ★セミナーは首都圏開催で、なかなかアクセスが難しい!自社で開催できないか?
 ★もう少し受講者の要望を受け入れて、内容をカスタマイズしてほしい!
 ★過去に受けた内容だが、良い講座なので、社内に紹介し、社内教育としてもう少し多人数で受講したい!
 ★業務都合や教育をしたい時期もあるので、もうちょっと良いタイミングで開催時期を決めれないか?

 上記のご要望にお応えする、出張研修・オーダーセミナーサービス!

内容・料金等について質問のある方は下記の“お問い合わせ”をクリックして事務局へお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

研修概要


社内研修 番号
MK0013

講 師
 

塩ビ食品衛生協議会 常務理事 石動 正和 氏

対 象欧州プラスチック・BPA(ビスフェノールA)に関心のある技術者・担当者
社内研修会場
研修実施企業の会議室またはご希望により弊社で会場もご準備致します
定 員お客様のご要望により内容を調整するため定員はございません
研修料
応相談
弊社に一度、お問い合わせください。担当より目安となる研修料・サービスプランをご提案させていただきます
オーダーセミナー 基本の流れ
1.サービスのお申し込み

2.セミナー内容の決定
 本テーマの内容をベースにお客様から個別要求の有無をヒアリング。(より具体的な内容を希望の際には、この際ご相談ください)
  金額に変動はありますが、紹介している講師とは異なる方や複数講師の要請も可能です。

3.ヒアリング後、弊社が調整

4.実施時期や会場、講師が正式に決定後、お客様へご連絡。
 講師のプロフィール等の参考書類が必要であれば、準備いたします。

5.契約締結

6.契約締結後、本サービス内容の再確認、スケジュール調整後、サービスを開始

7.講師から資料を弊社に提供後、データ(PDF)としてご提供
 弊社で資料を作成し、貴社へ送付(弊社会場手配の場合は弊社でテキストをデリバリー)

8.当日講演

9.アンケート分析結果提出


概要


欧州の化学品規制において多くの分野で注目されているBPAについて、EFSAのリスク評価、ECHAの分類評価(生殖毒性、内分泌かく乱作用)の最新動向とともに、欧州委員会のプラスチック規則(食品接触材料製品)、REACH(認可、制限ルート)、おもちゃ指令、医療デバイス規則などに係るリスク管理の最新動向を総括的に紹介し、実務対応上のポイントを整理する。

【プログラム】


1.はじめに(BPA問題とは何か)

2.リスク評価
 2-1 EFSAのリスク評価
 2-2 ECHAの分類評価(生殖毒性作用)
 2-3 ECHAの分類評価(内分泌かく乱作用)

3.欧州委員会のリスク管理
 3-1 プラスチック規則(食品接触材料製品:PC製哺乳瓶、BPAを含むコーティング)
 3-2 REACH(SVHC、認可ルート)
 3-3 REACH(制限ルート:感熱紙用途)
 3-4 おもちゃ指令
 3-5 医療デバイス規則

4.EU以外の動向(WHO、US(EPA・NIEHS・FDA)、フランス、日本)

5.おわりに(実務対応上のポイント)

【社内研修】 『欧州プラスチック・BPA(ビスフェノールA)の最新規制動向と実務対応のポイント』
  • オススメ
商品コード: MK0013

【社内研修】 『欧州プラスチック・BPA(ビスフェノールA)の最新規制動向と実務対応のポイント』

付与ポイント(会員のみ): 20000 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

研修
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる

社内研修をご検討されているお客様へ

1.研修費用はお客様のご要望・人数等によっても価格が変わってくるため、一度、弊社事務局までお問い合わせください。

 研修費の目安(リーズナブルプラン) ⇒ 200,000円~

2.上記は一般の目安となる費用ですがお客様のご予算によって、よりリーズナブルな研修費用もご提案いたします。

3.専門教育研修とあわせ、一般社員向けの研修(ビジネスマナー、幹部研修、マーケティング研修、海外進出研修など豊富)も対応可能です。何でもご相談ください。

4.専門教育研修、一般社員向け研修ともに内容案などご提案いたします