現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

テキスト

主催・企画元:(株)&Tech

このセミナーは終了しました。テキスト販売のみ承ります

『顔料分散基礎Q&A講座 ~微粒子化・分散安定化・分散剤選定~』

★分散機などのハード面と分散剤の利用などソフト面の両立に向けて!!
 ★30年以上顔料分散剤の合成技術開発 、料分散プロセス開発、
           分散評価技術開発、塗料生産技術開発などに従事してきた講師が語る!!

テキストお申込はページ右下の“テキストのみ購入” を設定後、“カゴにいれる”ボタンをクリックすると手続き開始となります



内容について質問のある方は下記の“お問い合わせ”をクリックして事務局へお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

テキスト概要


商品番号
AT069

著者
 

郷司技術士事務所 郷司 春憲 氏(元日本ペイント(株))

価格
1冊につき27,000円(税込)→5/26まで13,500円(税込)


【講演趣旨】

よい分散を達成するには分散機などのハード面と分散剤の利用などソフト面の両立が不可欠である。
本講座ではこの両面から最近の進歩をわかりやすく解説したい。

【プログラム】



1.基礎・設計編

 1-1 顔料にはどのようなものがあり、どう使われるのか?
 1-2 顔料分散プロセスとは?
 1-3 顔料粒子を安定化するにはどうしたら良いのか?
 

2.分散剤編

 2-1 分散剤の種類にはどのようなものがあるのか?
 2-2 分散剤はどのように設計されているのか?
 2-3 分散剤を正しく選定するには?
 2-4 分散剤を使った配合設計はどのように行うのか?

3.分散機編

 3-1 分散機の種類と使い分けの基準は?
 3-2 ビーズミルの最適な運転方法とは?
 3-3 過分散とは何か?

4.評価編

 4-1 分散度を正しく評価するには?
 4-2 分散安定性を評価するには?
 4-3 顔料表面の性質はどう評価するのか?
 4-4 分散剤の特性はどう評価するのか?

5.応用・トラブル編

 5-1 色の発色や安定性を向上するには?
 5-2 色別れとは何か その原因と対策は?
 5-3 ゼータ電位は塗料の性能にどう影響するのか?
 5-4 顔料沈降とその防止策は?
 5-5 顔料分散工程の生産性を向上させるには?

【AT069 技術テキスト】 『顔料分散基礎Q&A講座 ~微粒子化・分散安定化・分散剤選定~』
  • 限定品
商品コード: AT069

【AT069 技術テキスト】 『顔料分散基礎Q&A講座 ~微粒子化・分散安定化・分散剤選定~』

付与ポイント(会員のみ): 2500 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

テキスト形式
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる