現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

書籍

企画元:日本ポリオレフィン総合研究会

『次世代ポリオレフィン総合研究 Vol.11 別冊
    世界のオレフィン・ポリオレフィン プラント要覧 2018 年版』


内容について質問のある方は下記の“お問い合わせ”をクリックして事務局へお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

書籍概要


商品番号
NP003 「プラント要覧2018」
形式
論文形式PDF資料(CD-ROM)
内容サンプル(前作2014年)はこちらをクリック

編著者
 
日本ポリオレフィン総合研究会 郷 茂夫 氏
価格

1冊につき27,000円(税込)
※ 本商品は送料無料です
※本書籍の御購入につきましてはポイントをご利用いただけません
◆海外の方は別途発送料(税込)を加算


【はじめに】
本誌は,日本ポリオレフィン総合研究会会誌「次世代ポリオレフィン総合研究 Vol. 11,2017 年11 月発行」の第7 部「統計と調査」に属する一論文記事を別冊(CD 版)という形で発行するものです.

別冊ではありますが,研究会会誌 Vol.11 に採択された調査・研究論文です.世界のエチレン,プロピレン等の化学品基礎原料とその過半を消費するPE とPPを主体とするポリオレフィンの製造設備の主要データ及び技術の展開やプロジェクト状況についての調査であり、今後の研究開発や事業活動などの参考資料として役立てていただければ幸甚です.

世界のオレフィンとポリオレフィン(PE, PP)プラントの数は一千を超え,需要増大に伴って世界の多くの地域で多数のプラントが毎年新設されています.世界中に散在するこれらの個別プラントの情報を集約するのは容易ではありませんが,できるだけ信頼のおける情報をもとにまとめました.

本誌の作成基準は従来のものと基本的には同じですが,採用情報期限は2018 年2 月(一部は3月中旬)までです. 本書のデータベースの内容は;世界国別のオレフィン(エチレン,プロピレン)メーカー,ポリオレフィン(PE,PP)のメーカー,その株主構成や親会社,プラント系列ごとの種別(オレフィンについては出発原料種別,ポリオレフィンについては樹脂種類別),プロセス採用技術,エンジニアリング受注会社,触媒やグレードの特徴,プラントの完工又はスタート時期,系列ごとのプラント能力,将来増強計画,各地域のオレフィンおよびポリオレフィン産業トピックス,企業別新増設プロジェクトの進捗,各メーカーの最新動向ニュースなどをまとめています.また,各地域別,各国別のプラント能力集計をしています.

使用データは著者の推定または考察による部分と,公開されている情報から取捨選択して編集した部分とから成っています.引用文献は本文にまとめています.なお,データの正確性についての保証は困難であることをご了解いただきたくお願い致します.

最後に,別冊の形での刊行をご許可いただいた寺野会長および運営委員の方々に深く感謝致しますとともに,日本ポリオレフィン総合研究会のますますの発展を祈念致します.

なお,以下のホームページに本研究会のイベントや活動状況,会誌や本誌に係わる案内を載せていますので,ご参照いただければと思います.
http://www.sposi.gr.jp/

2018年3月 
編著者 郷 茂夫




【内容】
1.世界の石化産業について

2.エチレン,プロピレン,PE,PPプラント設備能力の世界集計

3.データベースの注釈と文献

4.ポリオレフィンに係わる環境問題の関連ニュース

5.ポリオレフィン重合触媒とプロセス技術の関連ニュース

6.国別のオレフィン,PE,PPプラント データベース             
日本 (Japan)
韓国と台湾 (Korea & Taiwan)
中国 (China)
東南アジア (South East Asia)
オセアニア (Oceania)
インド亜大陸(パキスタンを含む) (Indian Sub-Continent)
中東 (Mid East)
アフリカ (Africa)
西ヨーロッパ (Western Europe)
東ヨーロッパ(ギリシャ,トルコを含む) (Eastern Europe)
ロシア (Russia)
CIS東部(モンゴルを含む) (East CIS & Mongol)
北アメリカ (North America) sheet 294
中南アメリカ(メキシコを含む) (South & Central America)

7.後記

【前文概要】
1.世界の石化産業について
 1-1 世界のポリオレフィン需給見通し
 1-2 北米の状況
 1-2-1 概況 1-2-1
 1-2-2 事業環境,原料,製品価格
  1-2-3 新増設,建設環境
 1-2-4 労働力
  1-2-5 立地の差,優位性
 1-2-6 ディジタル変革の波が来て,情報のも方が変わってきている.
 1-2-7 2017/8: 原油価格の影響: 数年前までは,原油価格の低落に投資継続を杞憂したが,ディジタル化によって状況は変わってきた.
 1-2-8 2017/11: 北米PE設備が本格稼働 アジア流入は2018 年夏以降とみられる.
世界市場に最も大きな影響が及ぶとみられるポリエチレン(PE)の大幅増強では

 1-3 中国の状況
  1-3-1 中国のPO 需給動向
  1-3-2 新規増設規模
  1-3-3 石炭原料
  1-3-4 環境規制
  1-3-5 化学産業の機能化
 1-4 中東地区の状況―サウジの変化について
 1-5 新増設の地域拡散
 1-6 ポリオレフィンの高機能化
 1-7 日本の石化産業
  1-7-1 需要動向
  1-7-2  設備技術動向

2.エチレン,プロピレン,PE,PPプラント設備能力の世界集計
 2-1 オレフィンプラント能力集計値
 2-2 ポリオレフィンプラント能力集計値

3.データベースの注釈

4.文献

 『次世代ポリオレフィン総合研究 Vol.11 別冊 世界のオレフィン・ポリオレフィン プラント要覧 2018年版』
商品コード: NP003

『次世代ポリオレフィン総合研究 Vol.11 別冊 世界のオレフィン・ポリオレフィン プラント要覧 2018年版』

付与ポイント(会員のみ): 0 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

冊数
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる