現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

主催・企画元:&Tech
※当セミナー企画は講師と主催会社の発案によるセミナー企画であるため内容の無断転載を禁ずる

『形状記憶性ポリマー/シートの開発動向と機能性、用途例、今後の展開』

★新しい応用展開が広がる形状記憶性ポリマー/シートの今と今後について解説!
★最近注目されているメカノバイオロジー分野を中心に生体環境下でも高い形状記憶能を有するポリマーの設計論と医療応用について解説(第1部)
★新規に開発した室温付近にガラス転移温度を有する材料について、特異な特徴(形状記憶性、応力緩和性等)と用途事例について解説(第2部)
★植物油脂をベースとする精密ダブルネットワーク型の形状記憶ポリマー、トチュウが産出するエラストマーの側鎖修飾や架橋による形状記憶特性の発現について解説(第3部)

★事前内容リクエストサービス実施中! お客様の実務課題の持ち込み大歓迎です!

次回、ポイント割引が利用できる会員登録(無料)はココをクリック

※セミナーお申込はページ右下の項目(人数登録)を設定後、“カゴにいれる”でお申し込み手続きに進みます

セミナー概要


セミナー番号
S80810 「形状記憶性ポリマー」
 (※本セミナーにお問い合わせの際は、セミナー番号と略称でお尋ねください)
対 象形状記憶性ポリマー技術に関心・課題のある事業企画担当者、研究者、マーケッターなど

講 師
 

第1部 国立研究開発法人 物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点
MANA准主任研究者 荏原 充宏 氏

第2部 三井化学株式会社 モビリティ事業本部 エラストマー事業部 新製品開発グループ 博士(工学)、技術士(化学部門) 植草 貴行 氏

第3部 大阪大学大学院工学研究科 応用化学専攻 教授 宇山 浩 氏

会 場
CMC+AndTech FORUM【東京都・千代田区】
東京メトロ 大手町駅下車 C1出口から徒歩5分、神田駅下車 西口から徒歩10分
日 時
2018年8月27日(月) 12:30-16:35
定 員30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料

【1名の場合】43,200円(税込、テキスト費用を含む)

【2名の場合】54,000円(税込、テキスト費用を含む)

【3名以上の場合は一名につき、10,800円加算】(税込、テキスト費用を含む)
※3名以上ご要望の場合は2名を選択し、備考欄にその旨お書きくださいませ。

※ 弊社講座では、同一部署に限り申込者のご紹介があれば、何名でもお1人10,800円で追加申し込みいただけます。(申込者は正規料金、お二人目以降は10,800円となります)。追加の際は、申し込まれる方が追加の方を取り纏いただくか、申込時期が異なる場合は紹介者のお名前を備考欄にお書きくださいますよう、お願いいたします。

※ AndTechの講習会は、特別割引とポイント割引など、2種類以上の割引は、同時には適用されません。誤って、2種類以上の割引を同時にご利用された方には、後程、事務局より割引選択のための確認連絡をいたします。

申込後
※ お申し込み後、受講票と請求書を郵送しますので、請求書記載の銀行口座に沿って、お振り込みをお願いします
※ 受講券、請求書は、2名以上でお申し込みをされた場合は、代表者様にご郵送いたします
※ 請求書および領収書の発行形式への要望があれば、申込時、備考欄へ記載ください
※ 参加者は、途中変更も可能です。参加時に名刺をご持参ください
※ ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせいただくことがございます


第1部 医療応用を目指した形状記憶性ポリマーの開発
【12:30-13:45】

講師:国立研究開発法人 物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点
MANA准主任研究者 荏原 充宏 氏

講師の研究活動

【略歴】
2004年 早稲田大学大学院理工学研究科応用化学専攻 博士後期課程修了
2004年 米国ワシントン大学バイオエンジニアリング学部 博士研究員
2007年 大阪大学医学部附属病院未来医療センター 特任助教
2009年 独立行政法人 物質・材料研究機構 主任研究員
2016年 国立研究開発法人 物質・材料研究機構 MANA准主任研究者
【併任】
2015年 東京理科大学大学院基礎工学研究科 准教授
2016年 筑波大学大学院数理物質科学研究科 准教授
2017年 米国ワシントン大学バイオエンジニアリング学部 客員研究員

【受賞】抜粋
2003年 文部科学大臣賞(学生部門)
2012年 Young Scientist Award (World Biomaterials Congress)
2015年 科学奨励賞(日本バイオマテリアル学会)
2016年 NIMS理事長賞
2016年 つくば科学教育マイスター
2018年 文部科学大臣賞(理解増進部門)

【キーワード】
1. スマートポリマー
2. メカノバイオロジー
3. 形状記憶ポリマー

【講演主旨】
本講演では、医療応用を目指した形状記憶ポリマーの開発について概説する。一般的に、医療応用を目指した場合、生体環境(温度など)で駆動させるなど、その材料設計には制限が生じる。また生体適合性も求められる。そこで生体環境下でも高い形状記憶能を有するポリマーの設計論についてまずは説明する。また、応用例に関しては最近注目されているメカのバイオロジー分野を中心に説明する。さらに、形状記憶現状を界面に応用した形状記憶表面についても紹介する。

【プログラム】
1. 形状記憶ポリマーの歴史

2.形状記憶ポリマーの分類
 2-1 架橋構造の違い
 2-2 形状記憶原理の違い

3.形状記憶ポリマーの評価
 3-1 力学的評価
 3-2 熱的評価

4.形状記憶ポリマーの医療応用
 4-1 手術用デバイス
 4-2 メカノバイオロジー
 4-3 マイクロ流路
 4-4 ナノ表面

5.まとめ

【質疑応答 名刺交換】



第2部 形状記憶性ポリマー及びシートの開発と特性、用途例
【13:55-15:10】

講師:三井化学(株) モビリティ事業本部 エラストマー事業部 新製品開発グループ 植草 貴行 氏
 (博士(工学)、技術士(化学部門))

講師のご活動

【講演キーワード】
1. ポリオレフィン(αオレフィン共重合体)
2. 形状記憶ポリマー、シート
3. 応力緩和性
4.形状追従性

【講演趣旨】
メタロセン触媒により合成されたポリオレフィンは、従来のチーグラ・ナッタ触媒に比べて様々なモノマーとの共重合性や立体規則性等が制御できるようになった。これにより融点やガラス転移温度、結晶化度などの材料物性を精密に制御したポリオレフィンを得ることができ、新たな用途での展開が期待できる。本講演では、三井化学(株)が新規に開発した室温付近にガラス転移温度を有する材料について、特異な特徴(形状記憶性、応力緩和性等)と用途事例について紹介する。

【プログラム】 
1.ポリオレフィン材料とは 
 1-1 ポリオレフィンの歴史と用途
 1-2 重合触媒と分子設計
 1-3 分子設計と得られる物性 -ガラス転移温度、ゴム弾性-

2.形状記憶ポリマーとは 
 2-1 形状記憶ポリマーの特徴
 2-2 熱的、力学的性質
 2-3 メカニズムと支配因子

3.オレフィン系共重合体『ABSORTOMER(アブソートマー)』とは 
 3-1 開発コンセプト
 3-2 材料物性紹介と特徴
 3-3 ポリマーブレンドによるガラス転移温度のシフト

4.『ABSORTOMER(アブソートマー)』の用途展開事例について 
 4-1 フィルム・シート
 4-2 発泡体

5.まとめと今後の展開 

【質疑応答 名刺交換】



第3部 新規分子設計に基づく形状記憶バイオベースポリマーの開発
【15:20-16:35】

講師:大阪大学 大学院工学研究科 応用化学専攻 教授 宇山 浩 氏

講師のご活動

【講演キーワード】
1. 形状記憶
2. バイオベースポリマー
3. 植物油脂
4 トチュウエラストマー

【講演趣旨】
 形状記憶ポリマーには様々な潜在的な用途があり、機能材料として注目されている。また、石油を用いないバイオベース材料はSDGsに貢献する環境調和性から、今後の普及が期待されている。本講演ではバイオベースポリマーを基盤とする形状記憶ポリマーについて概説する。植物油脂をベースとする精密ダブルネットワーク型の形状記憶ポリマー、トチュウが産出するエラストマーの側鎖修飾や架橋による形状記憶特性の発現について述べ、形状記憶ポリマーの設計指針例を提示する。

【プログラム】 
1.バイオベースポリマー
 1-1 再生可能資源の利用意義
 1-2 バイオベースポリマーの開発動向

2.植物油脂を基盤とするバイオベースポリマー
 2-1 エポキシ化植物油脂をベースとするネットワークポリマー
 2-2 エポキシ化植物油脂ポリマーの機能化例

3.ダブルネットワーク型形状記憶ポリマー
 3-1 植物油脂ポリマー/ポリカプロラクトン
 3-2 植物油脂ポリマー/ポリ乳酸
 3-3 アクリル樹脂モノリスとの複合化
 3-4 酸無水物硬化による形状記憶機能の発現
 3-5 汎用エポキシ樹脂への展開

4.トチュウエラストマーを基盤とする形状記憶ポリマー
 4-1 トチュウエラストマーの特徴
 4-2 トチュウエラストマーの側鎖修飾方法
 4-3 トチュウエラストマーへの形状記憶機能の付与

5. まとめ

【質疑応答 名刺交換】


『形状記憶性ポリマー/シートの開発動向と機能性、用途例、今後の展開』【2018年8月27日】
  • NEW
  • オススメ
商品コード: S80810

『形状記憶性ポリマー/シートの開発動向と機能性、用途例、今後の展開』【2018年8月27日】

付与ポイント(会員のみ): 3200~4000 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

人数登録
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる