現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

テキスト

主催・企画元:&Tech
※本セミナーは、2018年6月29日に実施したセミナー資料です

『導電性インク・ペーストに用いる
  銅微粒子・ナノ粒子の合成・コロイド化・耐酸化技術と物性評価と応用展開
~耐酸化性付与と評価・保護剤分子設計・分散安定性評価・低温焼成・電極材料展開~』


★銅ナノ粒子の耐酸化性付与としての、コーティング技術!耐酸化被膜、表面酸化層の微細構造の解析とは?
★化学法・凝集法を中心にその合成法、サイズや形状の制御に関する考え方と実践について詳細に解説!
★電子部品部材に用いるための電極材料の低温焼結法などのアイデアとは?

次回、ポイント割引が利用できる会員登録(無料)はココをクリック

テキストお申込はページ右下の“テキストのみ購入” を設定後、“カゴにいれる”ボタンをクリックすると手続き開始となります



内容について質問のある方は下記の“お問い合わせ”をクリックして事務局へお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

テキスト概要


商品番号
AT20180604 「銅粒子」
形式
パワーポイント資料形式

著者
 
北海道大学 大学院工学研究院 材料科学部門 教授 米澤 徹 氏
価格
1冊につき27,000円(税込)



【対応できること】
・こちらの内容の著者(講師)を貴社の社内研修講師として派遣することも可能です
・貴社の社内研修用テキストとしてご利用いただきます。数量が多い場合は御値引した価格でご提供可能です。
・こちらで扱っている内容をベースに、最近の動向などまとめたカスタマイズしたテキストをご希望の場合はTech-Zone事務局までお問い合わせください。



【専門】
ナノ粒子科学・電子顕微鏡学
【活動】
イギリス王立化学会フェロー (2016~)
北京大学訪問教授(2014)
チュラロンコン大学訪問教授(2016)
日本化学会 コロイドおよび界面化学部会 役員
日本化学会 新領域研究グループ「分散凝集の学理構築への科学と技術戦略」メンバー
ナノ学会 幹事

【講演キーワード】
1.銅ナノ粒子・銅微粒子の化学合成法
2.銅ナノ粒子・銅微粒子のサイズ制御法、形状制御法
3.耐酸化性の付与
4.保護剤分子の設計
5.銅ナノ粒子・微粒子の微細構造解析法
6.分散安定化の基礎
7.ペースト化の機器、添加剤選択の指針
8.銅ナノ粒子・微粒子の焼結指針の獲得法

【講演主旨】
 現在研究が展開される銅ナノ粒子・微粒子について短時間で俯瞰して、理解する半日コースです。当研究室のこれまでの研究成果を十分にわかりやすく皆様にご紹介します。化学法・凝集法を中心にその合成法、サイズや形状の制御に関する考え方と実践について述べます。さらに、耐酸化性の付与の手法についても議論したいと思います。また、耐酸化被膜、表面酸化層の微細構造の解析ついても紹介します。また、当研究室独自のナノ粒子に対する考え方や解析手法などについても一緒に議論しましょう。こうしてナノ粒子の獲得手法を心得ていただいた後、その応用について例を挙げてご紹介。特に、電子部品部材に用いるための低温焼結法などについても、当研究室のものだけではなく、いくつかの例について、その原理や考え方を含めて解説します。

【プログラム】 
1.金属ナノ粒子 微粒子の設計と合成
 1.1 金属ナノ粒子の歴史と基礎
 1.2 金属ナノ粒子材料の設計戦略
 1.3 金属ナノ粒子・微粒子材料の合成
  1.4.1 銀
  1.4.2 銅
  1.4.3 金
  1.4.4 導電性材料に向けた合成
 1.5 化学還元法のまとめ
 1.6 銅微粒子材料の低コスト化戦略
 1.7 粒子径をそろえる
  1.7.1 合成手段の工夫
  1.7.2 保護剤の工夫
 1.8 緻密なコートで耐酸化性を加える
  1.8.1 耐酸化性を加える
  1.8.2 耐酸化性を評価する
 1.9銅ナノ粒子・微粒子の構造評価
  1.9.1 ナノ粒子金属コアの構造評価
  1.9.2 表面酸化の評価
  1.9.3 表面吸着物の評価

2.銅ナノ粒子・微粒子材料設計のポイント
 2.1 銅ナノ粒子・微粒子の回収方法
  2.1.1 化学還元法からの回収
  2.1.2 凝集させないで回収できるか
 2.2 分散安定化
  2.2.1 小ロットでの分散
  2.2.2 分散安定性の簡易評価
 2.3 銅ナノ粒子・微粒子の粉末化と媒体への再分散
 2.4 実験でのペースト作製
 2.5 少量試作から大量合成へ
 2.6 より低コストな合成法の確立

3.分散安定化評価
 3.1 銅ナノ粒子・微粒子の分散安定化の評価
 3.2 有機物の表面コーティング構造
 3.3 分子設計指針

4.銅ペーストの合成・評価・焼結
 4.1 銅子ペーストの合成・評価
 4.2 低温焼結銅微粒子の極意
 4.3 焼結挙動の直接観察法
  4.3.1 SEMによる焼結の観察
  4.3.2 一歩進んだその観察
 4.4 ガス条件
 4.5 実際に観察した結果

5.応用と将来
 5.1 低温焼成
 5.2 電極材料
 5.3 将来

【AT20180604 技術テキスト】 『導電性インク・ペーストに用いる銅微粒子・ナノ粒子の合成・コロイド化・耐酸化技術と物性評価と応用展開』
  • NEW
  • 限定品
商品コード: AT20180604

【AT20180604 技術テキスト】 『導電性インク・ペーストに用いる銅微粒子・ナノ粒子の合成・コロイド化・耐酸化技術と物性評価と応用展開』

付与ポイント(会員のみ): 2000 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

テキスト形式
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる

テキスト購入をご検討されているお客様へ

1.こちらで掲載しているセミナーテキストは著者(講師)の許可を頂いた内容のみ掲載しています。ご購入にあたって、著者と弊社の許可なく、ほか著作物等への転載・二次利用などはご遠慮ください。

2.こちらで扱っている内容について、最近の動向などまとめたカスタマイズしたテキストをご希望の場合はTech-Zone事務局までお問い合わせください。

3.業務においてお困り事(技術開発、新規事業、マーケティングetc)がございましたら、何でもご相談ください。お客様フォローもしっかり努めます。