現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

テキスト

主催・企画元:(株)&Tech
※本セミナーは、2018年9月27日に実施したセミナー資料です

『超親水・超撥水化のメカニズムとフィルム・コーティング剤への応用』
~超撥水耐候性評価・超撥水フィルム・表面改質での親水性・疎水性制御~


★透明性と超撥水性を兼ね備えたフィルムの開発とその応用技術!
★親水化機能による防汚性の発現とその活用法!

テキストお申込はページ右下の“テキストのみ購入” を設定後、“カゴにいれる”ボタンをクリックすると手続き開始となります

内容について質問のある方は下記の“お問い合わせ”をクリックして事務局へお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ

テキスト概要


商品番号
AT20180904 「超親水・超撥水」
形式
パワーポイント資料形式

著者
 
第1部 宇都宮大学 大学院工学研究科 物質環境化学専攻 准教授 佐藤 正秀 氏

第2部 南保技術研究所 所長 南保 幸男 氏
価格
1冊につき30,240円(税込)


第1部 材料表面への 「(超) 撥水性」「(超) 親水性」の付与技術と制御および評価・応用技術

講師: 宇都宮大学 大学院工学研究科 物質環境化学専攻 准教授 佐藤 正秀 氏

【キーワード】
 ぬれ性、表面張力、接触角、親水化、撥水

【講演趣旨】
 ぬれ現象の把握と制御は、塗工・乾燥工程に関連する各種工業操作のみならず、マイクロエレクトロニクス、バイオ・再生医工学など、一見無関係に思える先端的工業操作においても重要な要素を占めています。ここではぬれ現象の基礎である接触角・表面張力に関する理論、これらに影響を及ぼす諸因子や測定・評価法の解説と、シランカップリング、チオール、ホスホン酸および光触媒酸化チタン、親水性ポリマーなどによる固体表面の撥水化・親水化などのぬれ性制御方法および材料表面の超撥水化・超親水化に関連した工業的応用例について解説します。

【プログラム】 
1.ぬれ性、表面張力の基礎と測定方法
 1-1 接触角とその測定方法
 1-2 表面張力とその測定方法
1-3 動的ぬれ特性評価

2.材料表面の親水性・疎水性に影響する諸因子
 2-1 表面官能基と親水性・疎水性の関係
 2-2 表面ラフネスと親水性・疎水性の関係

3.親水性・疎水性評価のための材料表面分析
 3-1 XPS
 3-2 AFM

4.化学的表面改質による親水性・疎水性制御
 4-1 シランカップリング剤処理
 4-2 ホスホン酸処理
 4-3 チオール処理
 4-4 薄膜化・厚膜化
 4-5 長時間保持できるぬれ性・超親水/油・超撥水/油制御方法

5.材料表面の親水性・疎水性の工学的応用例
 5-1 表面へのぬれ性パターン付与方法
 5-2 インクジェット回路印刷プロセスへの応用
 5-3 伝熱促進技術への応用
 5-4 最近の話題(セルフクリーニング、油水分離技術への応用




第2部 超親水・超撥水コーティング剤による加工技術

講師: 南保技術研究所 所長 南保 幸男 氏

【講演趣旨】
 各種材料での表面改質技術として、機能性コーティング加工について紹介する。特に超撥水、超親水機能を持つナノシリカ系コーティング剤による耐指紋性、防汚性、及びコーティングでの粉塵、指紋等の汚染物質に対する付着機構、評価技術について説明し、最近の応用実例についても合わせて紹介する。

【プログラム】 
1.ナノシリカ系コーティングによる表面改質について
 1-1 疎水性ナノシリカの特徴とその働き
 1-2 表面観察、汚れはじき、フラクタル形態での防汚効果
 1-3 超撥水での耐候性の評価

2.超親水コーティングによる表面改質について
 2-1 親水化ポリマーの原理とその働き
 2-2 親水化機能による防汚効果
 2-3 セルフクリーニングと持続性、外観の変化

3.機能性コーティング剤について
 3-1 機能性膜成分の評価
 3-2 機能性塗膜の評価
 3-3 要求される機能の評価
 3-4 耐指紋性評価の考え方について
 3-5 汚れ防止機能の持続性の評価

4.防汚性の評価について
 4-1 防汚性について
 4-2 防汚性の評価方法について
 4-3 防汚性の基準化について

5.耐指紋性の評価について
 5-1 各種汚染物によるスポット試験
 5-2 耐久性、耐候性試験での評価
 5-3 実使用条件との汚れ具合の相関性、まとめ

6.使用時想定での加速・促進試験とその試験装置について

7.実際の塗膜での防汚機能の劣化と保証に関するまとめ

8.その他の応用実例

【AT20180904 技術テキスト】『超親水・超撥水化のメカニズムとフィルム・コーティング剤への応用
  • オススメ
商品コード: AT20180904

【AT20180904 技術テキスト】『超親水・超撥水化のメカニズムとフィルム・コーティング剤への応用

付与ポイント(会員のみ): 2240 Pt
≪ポイント利用例≫
  5000ptを¥54000(消費税8%込)の商品購入時にご利用いただくと
  ¥54000(消費税8%込)-5000pt ⇒ ¥49000(消費税8%込)のお支払いとなります。

テキスト形式
発送費
口数選択(※1口の場合は、1のままでご入力ください)

カゴに入れる

テキスト購入をご検討されているお客様へ

1.こちらで掲載しているセミナーテキストは著者(講師)の許可を頂いた内容のみ掲載しています。ご購入にあたって、著者と弊社の許可なく、ほか著作物等への転載・二次利用などはご遠慮ください。

2.こちらで扱っている内容について、最近の動向などまとめたカスタマイズしたテキストをご希望の場合はTech-Zone事務局までお問い合わせください。

3.業務においてお困り事(技術開発、新規事業、マーケティングetc)がございましたら、何でもご相談ください。お客様フォローもしっかり努めます。