現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

書籍

【NB303】『人と協働するロボット革命最前線 ~基盤技術から用途、デザイン、利用者心理、ISO13482、安全対策まで~』
  • NEW
  • オススメ

【NB303】『人と協働するロボット革命最前線 ~基盤技術から用途、デザイン、利用者心理、ISO13482、安全対策まで~』

 再生医療の基盤技術となる、ティッシュエンジニアリングの最新技術動向を追う。

価格(税込) 45,360 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0823】『医薬品原薬・中間体製造の開発と市場』
  • NEW
  • 限定品

【CM0823】『医薬品原薬・中間体製造の開発と市場』

本書では、原薬・中間体製造の開発現場の現状と今後の取り組み、そして、関連市場、企業動向をまとめ、原薬・中間体業界の全体像を把握できる一冊となっている。
【開発編】では、原薬・中間体製造の開発において第一線でご活躍の専門家の方々に執筆していただいた。原薬・中間体製造のスケールアップ、結晶多形制御、フローケミストリーなどの連続生産、技術移転と人材育成、さらにはバイオ医薬品のスケールアップ、規格試験について詳述されている。
【市場編】では、国内および海外の主な原薬・中間体企業別、医薬品原料専門商社別、医薬品製造受託市場、加えて原薬・中間体企業の動向を左右させる国内の医薬品政策、国内および海外の主な医薬品企業の動向などを収載した。
 本書が今後の医薬品原薬・中間体業界、ひいては、製薬業界の動向を掴むための一助になれば幸いである。

価格(税込) 91,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1061】『熱膨張制御材料の開発と応用』
  • NEW
  • 限定品

【CM1061】『熱膨張制御材料の開発と応用』

本書籍は以下のように構成されている。第1章ではロードノイズや風切り音など自動車室内における騒音現象とその主な対策方法について概説いただいている。第2章では自動車室内の騒音抑制・静粛性の確保のために用いられている制振・遮音・吸音材料について、最新動向や開発動向、またCAEによる予測手法を取り扱っている。また、第3章では、自動車室内の騒音の音質を評価する手法や、防音材の適正化により制御する方法についてまとめている。最後に第4章では、遮音・吸音材料の実験的あるいは解析的な評価手法と自動車への応用事例について述べている。

価格(税込) 77,760 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1061】『自動車用制振・遮音・吸音材料の最新動向』
  • NEW
  • 限定品

【CM1061】『自動車用制振・遮音・吸音材料の最新動向』

本書籍は以下のように構成されている。第1章ではロードノイズや風切り音など自動車室内における騒音現象とその主な対策方法について概説いただいている。第2章では自動車室内の騒音抑制・静粛性の確保のために用いられている制振・遮音・吸音材料について、最新動向や開発動向、またCAEによる予測手法を取り扱っている。また、第3章では、自動車室内の騒音の音質を評価する手法や、防音材の適正化により制御する方法についてまとめている。最後に第4章では、遮音・吸音材料の実験的あるいは解析的な評価手法と自動車への応用事例について述べている。

価格(税込) 79,920 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1063 】『バイオフィルム制御に向けた構造と形成過程―特徴・問題点・事例・有効利用から読み解くアプローチ―』
  • NEW
  • 限定品

【CM1063 】『バイオフィルム制御に向けた構造と形成過程―特徴・問題点・事例・有効利用から読み解くアプローチ―』

本書ではバイオフィルム研究の最前線でご活躍されている先生方に、第1章「バイオフィルム構造と形成機構」について、第2章「バイオフィルム形成が及ぼす問題点と制御・防止対策」について、ご執筆いただき、現在微生物汚染の大きな問題点であるバイオフィルム対策の一助となればと考えている。一方で、バイオフィルムには単一の微生物細胞とは異なるヒトにとって有益な機能を発揮する例も数多く報告されている。第3章「バイオフィルムの有効利用」として将来の微生物利用に向けたバイオフィルムの可能性についても議論いただいた。これらを通して微生物とヒト社会の良い距離間を保った共存が可能になればと願っている。

価格(税込) 77,760 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0825 】『機能性農業用フィルムの開発と市場』
  • NEW
  • 限定品

【CM0825 】『機能性農業用フィルムの開発と市場』

本書は、機能性農業用フィルム・被覆資材等の開発動向と、近年の市場の動向について最新の情報を解説している。TPPの実施に向け、政府は「攻めの農林水産業」を政策に打ち出し、農業が大きな転換期を迎える今、農業用フィルムの開発に携わっている企業・研究者の方、機能性農業用フィルムを利用されている方に加え、異業種から農業への進出をご検討の企業の方にもぜひ一読していただき、今後の研究開発、普及の一助となることを期待する。

価格(税込) 91,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0721】『2018年版 ファインケミカル年鑑』
  • NEW
  • 限定品

【CM0721】『2018年版 ファインケミカル年鑑』

今年で45周年を迎える本書は、国内唯一のファインケミカル産業の動向や貴重な化学品の各種データをとりまとめ、変化の大きい現代の指針としてご活用いただけるものと考えております。

 業種編は、「医薬品・香粧品工業」、「既存ファインケミカル工業」、「エレクトロニクス産業とファインケミカルス」、「工業用薬剤・添加剤」の4部構成で、再生医療、バイオ医薬品など新規項目を加えた36工業を取り上げ、統計や取材から、生産・輸出入・業界動向をまとめています。また、製品編ではファインケミカル中間体や原材料など100品目に関する製法・生産・需要動向・価格などのデータを収録しています。

 本書は、報道、解説されることの少ないファインケミカル産業の動向のまとまった資料であり、変化の大きい現代の指針の一つとしてご活用いただけるものと考えております。本書が各企業の経営戦略立案に役立つことができましたら幸いです。

価格(税込) 75,600 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0822 】『リチウムイオン電池の開発と市場 2018』
  • NEW
  • 限定品

【CM0822 】『リチウムイオン電池の開発と市場 2018』

今後の成長が期待されると同時に競争激化が予想されるLiBの開発動向と市場動向について、世界が電動車の普及拡大を表明したタイミングで、分かりやすく把握できるよう本書を企画した。
【開発編】では、LiBで今後求められる技術、正極材料、負極材料、電解液、セパレータ、バインダー、安全性・性能評価、安全化技術、全固体リチウムイオン電池、車載用LiB、電動車市場の展望について、各分野の代表的な専門家の方々に解説して頂いた。
【市場編】では、LiBの生産概況、構成材料の市場動向(9部材)、用途別市場動向(小型モバイル用途・中型パワー用途・大型パワー用途・大型エネルギー用途)、ハイブリッド車(HV)・PHV・EVの市場動向、主要メーカーの動向について独自取材に基づき、図表・写真を多用して最新のマーケット情報を分かりやすく掲載している。
電池・材料・製造装置・自動車・化学メーカーなど、リチウムイオン電池に関心をお持ちの方々へ向けて、激動の開発・市場動向についての情報収集の一助となれば幸いである。

価格(税込) 91,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1061】『自動車用加飾技術の最新動向』
  • NEW
  • 限定品

【CM1061】『自動車用加飾技術の最新動向』

超臨界流体が何に使えるのか、どのように使えば良いのかを示す有機・無機合成、材料加工の事例には、それぞれの基本原理の説明と共に最新の研究成果が紹介されている。
 編集方針どおりに、本書が超臨界流体を使っている方だけでなく、これから超臨界流体を使ってみたい方々が最初に手に取る本になれば幸いである。

価格(税込) 77,760 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1060】『超臨界流体を用いる合成と加工』
  • NEW
  • 限定品

【CM1060】『超臨界流体を用いる合成と加工』

超臨界流体が何に使えるのか、どのように使えば良いのかを示す有機・無機合成、材料加工の事例には、それぞれの基本原理の説明と共に最新の研究成果が紹介されている。
 編集方針どおりに、本書が超臨界流体を使っている方だけでなく、これから超臨界流体を使ってみたい方々が最初に手に取る本になれば幸いである。

価格(税込) 82,080 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1057】『最新フォトレジスト材料開発とプロセス最適化技術』
  • NEW
  • 限定品

【CM1057】『最新フォトレジスト材料開発とプロセス最適化技術』

IoTに対応する半導体プロセス微細化や3次元微細構造の採用により需要が高まるフォトレジスト材料および露光技術の特長を最大限に発揮させるためのレジストプロセス技術の最適化を徹底解説!
(監修:河合 晃)

価格(税込) 88,560 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0821】『再生医療用培養容器とケミカルス2017 ~技術と市場~』
  • NEW
  • 限定品

【CM0821】『再生医療用培養容器とケミカルス2017 ~技術と市場~』

平成25年(2013年)に、通称「再生医療推進法」、「再生医療等安全性確保法」、「医薬品医療機器等法」が成立した。これらの法律の施行により再生医療の研究開発や普及、安全性確保が加速している。

価格(税込) 91,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1056】『レドックスフロー電池の開発動向』
  • NEW
  • 限定品

【CM1056】『レドックスフロー電池の開発動向』

レドックスフロー電池研究をまとめた初の成書!電解液、電極、双極板などの部材から評価手法、トレンドの有機レドックスフロー電池まで網羅!
(監修:野﨑 健、佐藤 縁)

価格(税込) 79,920 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CT1052】『フレキシブル熱電変換材料の開発と応用』
  • NEW
  • 限定品

【CT1052】『フレキシブル熱電変換材料の開発と応用』

熱電変換素子には、19世紀前半の有名なオームの実験に使われたことでもわかるように、100年以上の長い歴史があります。しかし、有機あるいは有機無機ハイブリッド材料を中心とするフレキシブル熱電変換素子に向けた研究が盛んになってきてからまだ10年経っておらず、本書「フレキシブル熱電変換材料の開発と応用」も、まだ研究途上の新材料や新技術が多数掲載されています。このようなホットな内容をお届けすることで、少しでも多くの研究者の方々に、フレキシブル熱電変換素子を世に送り出す研究に参加して頂く一助となれば幸いです。

価格(税込) 82,080 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CT1051】『高分子微粒子ハンドブック』
  • NEW
  • 限定品

【CT1051】『高分子微粒子ハンドブック』

本書籍はシーエムシー出版が発行するゾル-ゲル法に関する書籍シリーズの5冊目にあたる。ゾル-ゲル法にかかわる最新の学術・技術情報を提供していただくべく、今回も第一線で活躍しておられる国内の研究者の方々に執筆をお願いした。その結果、大学から31件、企業から7件、公的研究機関から4件(大学との共著1件を含む)、計41件の記事を集録することができた。

価格(税込) 88,560 円 詳しくはこちら

冊数:
個数: