現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

『自動車を中心とした塗装代替・フィルム加飾・印刷・成型技術と要求特性・応用展開』【2017年5月29日】
  • NEW
  • オススメ

『自動車を中心とした塗装代替・フィルム加飾・印刷・成型技術と要求特性・応用展開』【2017年5月29日】

自動車の燃費改善、衝突安全(特に歩行者安全)、意匠改善及びリサイクル性等の見地から車体外板の材料転換、塗装不要外板および塗装代替技術が注目されている。本講習会は次世代自動車における塗装代替技術を中心に、代替外板材料、塗装代替フィルムの可能性と外板に求められる特性を紹介する。

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『イージーピールフィルムの開発動向・製品・市場と要求特性』【2017年5月31日】
  • NEW
  • オススメ

『イージーピールフィルムの開発動向・製品・市場と要求特性』【2017年5月31日】

食品・医薬品包装において、現在プラスチックを用いた包装が多くなっている。プラスチックのフィルム包装や容器包装において、通常ヒートシールによる密封が行われているが、密封を完全な状態にした場合、内容品を取り出すための容易な機構が必要となる。最近では、ヒートシール部をイージーピールにすることによる方法が普及している。本講演では、イージーピール技法の種類とそのメカニズムおよびイージーピール材の製造技法、適用事例について述べる。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『全固体リチウムイオン二次電池の基礎・構造と各構成材料の選択・界面設計技術』【2017年5月25日】
  • NEW
  • オススメ

『全固体リチウムイオン二次電池の基礎・構造と各構成材料の選択・界面設計技術』【2017年5月25日】

本講演では、全固体電池を構成する各部材の開発から電池作製までの各段階について、最近の取り組みと課題を紹介する。また、電池の全固体化によって実現される新たな電池の用途についても言及する。

価格(税込) 48,600円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『導電性接着剤の設計・評価・最新開発動向と車載・IoT実装材への期待』【2017年5月25日】
  • NEW
  • オススメ

『導電性接着剤の設計・評価・最新開発動向と車載・IoT実装材への期待』【2017年5月25日】

電気的機能を付与するフレキシブルなデバイスを創ってために、新たな機能を有する接続材料-導電性接着剤の設計・開発・評価と実装への最新応用展開について、解説します。

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
次世代イノベーター育成講座~技術革新から新たな価値を創造するビジネスプロデューサーを目指して(全6回)~【2017年4月~10月】
  • NEW
  • オススメ
  • 限定品

次世代イノベーター育成講座~技術革新から新たな価値を創造するビジネスプロデューサーを目指して(全6回)~【2017年4月~10月】

本講座は、講師に高分子学会フェローをはじめ企業で実際に新規事業立ち上げを指揮してきたトップマネージャーなどを迎え、講師と共にビジネスプロデューサーとしての思考を身につけ次世代のイノベーターはいかにあるべきかについて考える講座としたいと企図しております。高分子学会としても、次世代のビジネスプロデューサーの育成が、高分子科学を基盤とした高分子産業に役立つものと考えて、人材育成を図る公益事業として実施致します。

価格(税込) 259,200円~313,200 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『CFRP材料における サイジング剤の機能と成形品への影響について』【2017年5月31日】
  • NEW
  • オススメ

『CFRP材料における サイジング剤の機能と成形品への影響について』【2017年5月31日】

CFRP材料における サイジング剤の機能と成形品への影響について解説します

価格(税込) 27,000円~32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『自己ドープ型導電性高分子の高導電化と課題』【2017年5月30日】
  • NEW
  • オススメ

『自己ドープ型導電性高分子の高導電化と課題』【2017年5月30日】

自己ドープ型導電性高分子(SDP)は水溶性の導電性高分子で,電子線リソグラフィー用帯電防止材料として事業化されています。また,SDPは通常の導電性高分子とは異なり,外部ドーパントと必要としないので,耐熱性に優れる等の特長を持っています。しかし,その電気伝導度は100 S/cmに届かず,用途が帯電防止などに限定されていることから,より高い電気伝導度を持ったSDPの開発が望まれています。電気伝導度はキャリア数(ドーピング率)と移動度の積で表され,キャリア数を増やし,移動度を向上させることにより,より高い電気伝導度を有するSDPの開発がです。本講座では,SDPの高導電化に的を絞って,その現状とより高い電気伝導度を持ったSDP開発の考え方を紹介します。 

価格(税込) 27,000円~32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『ゴム・高分子材料の摩擦・摩耗試験方法とその評価・国際動向』【2017年5月26日】
  • NEW
  • オススメ

『ゴム・高分子材料の摩擦・摩耗試験方法とその評価・国際動向』【2017年5月26日】

 ゴム及び高分子材料の摩耗のメカニズムと摩擦のメカニズムについて述べた後、この2つの根本的な違いについて説明する。またゴム及び高分子材料の各種摩耗試験方法、摩擦試験方法について述べ、これらの試験で得たデータベースで、どういう用途でどういう試験方法が有効かの相関、解析結果、また試験実施の注意点についても述べる。次にゴムの製品別の摩耗評価、摩擦評価の実態、高分子材料の摩耗評価、摩擦評価について述べ、最後にゴム試験方法のISO国際会議に毎年出席している講師の知見より、世界的な摩耗試験、摩擦試験の最近の動向についてもふれる。

価格(税込) 27,000円~32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『高周波対応インダクタの基礎・部材開発と小型化、高性能化の要求』【2017年5月24日】
  • NEW
  • オススメ

『高周波対応インダクタの基礎・部材開発と小型化、高性能化の要求』【2017年5月24日】

インダクタは電気エネルギー用の高圧タイプから、高周波信号用の小型タイプまで各種あります。今回は高周波信号用インダクタの技術者を対象として、無線通信から高周波の基礎知識を解説し、電子部品(受動部品)の役割や課題を解説します。

価格(税込) 27,000円~32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『高粒子濃度・多成分粒子を中心としたスラリーの分散・凝集状態の制御と評価~濃厚系スラリーをいかに分散・評価し、製品の品質向上を目指すか~』【2017年5月29日】
  • NEW
  • オススメ

『高粒子濃度・多成分粒子を中心としたスラリーの分散・凝集状態の制御と評価~濃厚系スラリーをいかに分散・評価し、製品の品質向上を目指すか~』【2017年5月29日】

液中での粒子分散・凝集状態を評価する手法を,実際の測定例も交えながら,解説します.特に評価が難しい濃厚系(高粒子濃度)のスラリーや多成分の粒子からなるスラリーについて,粒子集合状態をいかに評価し,実プロセスに応用していくかを解説します。さらに,粒子集合状態を制御する方法についていくつかの例を紹介します。

価格(税込) 27,000円~32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: