現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

全商品

『粉体製造プロセスにおける粒子径評価と分級技術のポイント』【2018年2月23日】
  • NEW
  • オススメ

『粉体製造プロセスにおける粒子径評価と分級技術のポイント』【2018年2月23日】

望み通りの機能を持つ材料を作る。あるいは粉体を希望通りに処理するには、それに適した粉を選ぶことが大切です。なぜ分級操作が必要か、微粉体を対象として選ぶ手法(分級)の原理、乾式及び湿式分級装置、最近の分級に関する話題、実操作の評価法や留意点などについて解説します。特に回転流を利用したサイクロンの高性能化技術に関して、実験とシミュレ-ション及び可視化実験の動画などを含めて説明する。さらに最近の標準粒子の国内外の動向に関して解説致します。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『食品包装の規制動向と国内のポジティブリスト制度化の動き ~欧州・米国・アジア最新事情・求められる社内管理体制構築&遵守ポイントは~』【2018年1月29日】
  • NEW
  • オススメ

『食品包装の規制動向と国内のポジティブリスト制度化の動き ~欧州・米国・アジア最新事情・求められる社内管理体制構築&遵守ポイントは~』【2018年1月29日】

食品の交易増加に伴い、世界中で食品包装規制の整備が進展している。日本は厚労省がPL制度化方針を決めて2018年当初に食品衛生法を改正し、数年後に施行見込みである。一方、溶出試験条件等の改正審議は時期未定であり、国際的には大きく後れを取っている。
EUはプラスチック規則が略完成し、2018年中頃に印刷インキを規制予定であり、今や国際標準となったと言える。米国は独自の製品登録制度が定着し、中国・湾岸諸国・南米南部諸国はEU規則を採用した。韓国と台湾はPL審議中、ASEANは共同基準化を検討中である。
本講では、これらの最新動向及び企業としての対応とリスク管理の進め方に関し解説する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『セルロースナノファイバの基礎・自動車用途などへの応用展開と製造・産業応用上の課題』【2018年1月30日】
  • NEW
  • オススメ

『セルロースナノファイバの基礎・自動車用途などへの応用展開と製造・産業応用上の課題』【2018年1月30日】

バイオマス系素材の利用が国全体として推進されており、その中で、木材は生育量が多くカーボンニュトラルな素材として注目されています。木材からセルロースを取り出して紙を作る製紙産業は、木材から紙以外の新素材としてセルロースナノファイバなどの開発を精力的に進めています。本講座では, 木材の構造と構成成分と、その利用の状況、特に製紙産業における現状を解説した後、セルロースナノファイバについて、その各種製造法、特徴とそれを活かした応用開発の状況、中でも使用量の拡大とCO2削減に大きな貢献が期待できる自動車の軽量化と課題、さらに世界動向を解説します。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『レジスト材料におけるトラブルの発生メカニズムと対策・高品質化』【2018年2月2日】
  • NEW
  • オススメ

『レジスト材料におけるトラブルの発生メカニズムと対策・高品質化』【2018年2月2日】

現在、フォトレジストは、産業の様々な分野で広く利用されています。しかし、その高度化に伴い、フォトレジストの品質が製品に与える影響も深刻化しています。また、フォトレジストユーザーの要求も幅広くなり、フォトレジスト材料および装置メーカー側は対応に追われる状況です。本セミナーでは、これからレジスト材料を使用するユーザー、レジスト材料開発、処理装置開発、リソグラフィでトラブルを抱えている方々を対象に、フォトレジスト材料の特性、プロセスの最適化、付着・濡れ・欠陥といった各種トラブルに注目し、評価・解決のアプローチを丁寧に説明します。また、研究開発・トラブルフォローといった実務上での取り組み方について、豊富な実例を交えながら解説します。初心者にも分かりやすく、基礎から学べる内容となっています。また、最近の傾向として、レジスト材料メーカーおよび装置メーカーにおいても、デバイス作製のノウハウと知識が求められてきています。レジストユーザーの視点とは何かを講師の経験も含めて詳述します。受講者が抱えている日々のトラブルやノウハウ相談にも個別に応じます。

価格(税込) 39,960円~50,760 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『全固体セラミック二次電池の構造と特性、研究動向』【2018年1月30日】
  • NEW
  • オススメ

『全固体セラミック二次電池の構造と特性、研究動向』【2018年1月30日】

ポストリチウムイオン電池の開発が求められる中、全固体型のリチウム電池の実現が期待されている。全固体リチウム電池は安全性、エネルギー密度に優れるデバイスとして位置付けられているが、その性能は固体電解質に強く依存する。本講座では、固体電解質材料の分類や、開発状況について説明した上で、特に高いイオン導電率を示す、Li10GeP2S12系電解質の開発状況および電池への適用例について紹介する。様々な電極を用いた全固体リチウム電池の性能や課題について、最新の動向を踏まえて講義する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『フレキシブル・ストレッチャブルセンサ部材の開発とウェアラブルデバイスへの応 用』【2018年1月31日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『フレキシブル・ストレッチャブルセンサ部材の開発とウェアラブルデバイスへの応 用』【2018年1月31日】

全てのモノがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)は我々の生活を一変させる可能性を示している。現在は、IoTサービスに関する積極的な開発が行われているものの、ものづくりの側面から見た時、その言葉通り「どこにでも・何にでも」電気的機能を付与する場合、従来の生産技術では実現できない面が出てきており、素材を選ばずフレキシブルなデバイスを創っていくには、接続材料もまた新たな機能が必要になってくる。ここでは、低温硬化が可能でかつ柔軟な導電性ペーストとその応用について紹介する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『鮮度保持フィルムを用いた青果物の鮮度保持パッケージ技術の基礎と最適設計』【2018年1月29日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『鮮度保持フィルムを用いた青果物の鮮度保持パッケージ技術の基礎と最適設計』【2018年1月29日】

近年、青果物流通に包装がされるような時代になり、スーパーだけでなくコンビニエンスストアでも青果物を積極的に置くようになった。販売網が広がったことでコールドチェーンだけでなく、青果物の呼吸を妨げないように包材の通気性を上げる取組も重要になってきている。実際、一日でも長く品質を保つことは収益に直結することになるため、各社はこの通気性コントロール技術に余念がない。一般的にフィルムに通気性を持たすためにはレーザー等の小さな穴を開ける技術が浸透しているが、本セミナーでは穴を開けずに通気性を付与した無孔通気性フィルムの原理と他社技術との違いを中心に説明する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【第2回】次世代イノベーター育成講座~技術革新から新たな価値を創造するビジネスプロデューサーを目指して(全6回)~【2018年4月~10月】
  • NEW
  • オススメ
  • 限定品

【第2回】次世代イノベーター育成講座~技術革新から新たな価値を創造するビジネスプロデューサーを目指して(全6回)~【2018年4月~10月】

本講座は、講師に高分子学会フェローをはじめ企業で実際に新規事業立ち上げを指揮してきたトップマネージャーなどを迎え、講師と共にビジネスプロデューサーとしての思考を身につけ次世代のイノベーターはいかにあるべきかについて考える講座としたいと企図しております。高分子学会としても、次世代のビジネスプロデューサーの育成が、高分子科学を基盤とした高分子産業に役立つものと考えて、人材育成を図る公益事業として実施致します。お蔭様で第1回当講座は好評を博し、本年も継続して第2回を行います。

価格(税込) 216,000円~313,200 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『二軸押出機における混練・分散実用技術』【2018年2月20日】
  • NEW
  • オススメ

『二軸押出機における混練・分散実用技術』【2018年2月20日】

1.プラスチック製品は多種多様な分野で使用されており、各種ニ-ズに対応した樹脂特性、複合化技術、混練・分散技術等が求められている。他方、省エネ、省人・省工程、コンパクト化、リサイクル性等も合わせて要求されているので、これらの市場ニ-ズを考慮した二軸押出機による混練分散実用技術を説明する。
2.同方向と異方向二軸の構造特性と基本押出特性について比較検討し、その特性を活かした混練・分散技術について説明する。混練分散技術については、具体的なスクリュウ形状モデルについて、その形状特性に基づく混練・分散作用と狙いについて述べる。
3.装置のコンパクト化、押出安定性向上、混練・分散性向上等の対策には、供給フイ-ダ、ろ過装置(メッシュ)、ギアポンプ、制御技術等の周辺機器・技術の適正化、システム化等が重要となるので、これらについても具体例をあげて説明する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『有機ELの開発に向けた各種部材・素材の開発動向・評価と要求特性』【2017年12月20日】
  • NEW
  • オススメ

『有機ELの開発に向けた各種部材・素材の開発動向・評価と要求特性』【2017年12月20日】

スマートフォン, タブレット, PC, 車載, AR/VR, ウェアラブル, デジタルサイネージ用ディスプレイへの有機EL搭載が進展する中,高い信頼性確保が極めて重要となっています。これを具現化するには、デバイス構成材料自身の更なる信頼性向上に加え、各用途に適した封止実現がポイントとなります。本セミナーでは,気密性に優れる無機シール技術を例に,どうすれば高信頼化・長寿命化が経済合理的プロセスで達成できるか,そのポイントについて解説します。また、企業の成長において、新規事業創出は必須と言われて久しいが、現状どの日本企業も大変悩ましい状況です。こうした中、新商品・新技術を持続的に生み出していくためにはどのようなアプローチが効果的か、イノベーティブ企業の成功要因を例に考察します。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『次世代自動車(EV)・車載二次電池技術の取り組みと市場動向・今後の展開』【2017年12月19日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『次世代自動車(EV)・車載二次電池技術の取り組みと市場動向・今後の展開』【2017年12月19日】

スマホの安全性の向上のための筐体材料の難燃性向上が注目されている.が、電子機器として必要な難燃性を確認し、筺体材料の難燃剤における適正な選択技術について述べたい。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『量子ドットの基礎・表面修飾・分散技術とディスプレイへの応用』【2017年12月21日】
  • NEW
  • オススメ

『量子ドットの基礎・表面修飾・分散技術とディスプレイへの応用』【2017年12月21日】

高解像度8kの新しい放送規格で広がる色域を実現するために、量子ドットが注目されている。量子ドットとはどのようなものだろうか。ディスプレイにはどのように応用するのであろうか。本講演では、量子ドットの概要を紹介し、これまでの蛍光体や有機ELとの違いについて解説する。また、液晶ディスプレイや量子ドットLEDとしてどのように使われるのか様々な応用方法について説明する。さらに量子ドットの問題点や現在の課題を紹介し、将来を展望する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『フィルム/包装のラミネート技術講座~基礎と応用、各トラブルとその対策~』【2017年12月22日】
  • NEW
  • オススメ

『フィルム/包装のラミネート技術講座~基礎と応用、各トラブルとその対策~』【2017年12月22日】

基本理論を押さえた上で、実用的なラミネート技術とトラブル対策を分かり易く解説する。
ラミネート技術は、ロールtoロールで複数の材料を積層化させる技術として包装材料では勿論のこと、産業資材や工業材料分野でも利用される展開性の高い加工技術である。ラミネート技術を理解するには、何故ラミネートが必要なのかという基本に立ち返り、接着の基礎やラミネートで使われる材料を知った上で、ラミネートプロセスの特徴を理解していく必要がある。また、実生産上ラミネートでは様々な問題が発生するが、トラブル事例を知って予防する必要がある。これらラミネート技術の基本と応用を初心者でも分かり易いよう解説する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【無料プレセミナー】高分子産業において待望されるイノベーター像~発掘の必要性、スキルと育成、問題意識と評価~【2017年12月14日】
  • NEW
  • オススメ

【無料プレセミナー】高分子産業において待望されるイノベーター像~発掘の必要性、スキルと育成、問題意識と評価~【2017年12月14日】

本セミナーでは、2018年4月開講予定の高分子学会主催 第2回「次世代イノベーター育成講座」の事前説明会を兼ねて、トップイノベーターとして活躍されたご経験のある高分子学会 事務局長の平坂氏(元帝人)、AndTechの顧問として、企業のコンサルティング活動を現役で行っている元住友化学の今井氏、元スリーエムジャパンの古藤氏を講師に招き、『高分子産業における待望されるイノベーター像』をテーマに、発掘の必要性、価値と育成、世界のトップイノベーター像といった3部構成で、より一層の高分子産業の発展を目指すうえで欠かせない『次世代イノベーター」の必要性をお話いただきます。無料のセミナーとなっておりますので、2018年4月開講予定の高分子学会主催「次世代イノベーター育成講座」にご関心のある方も含め、ぜひ、この機会にご参加をお待ち申し上げます。

価格(税込) 1 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
乳酸菌・ビフィズス菌の機能・可能性と効果的な活用法 【2017年11月27日】
  • NEW
  • 限定品

乳酸菌・ビフィズス菌の機能・可能性と効果的な活用法 【2017年11月27日】

★プロバイオティクス、プレバイオティクス開発へのへの展開!
★菌の腸内環境での働き、機能性食品素材としての可能性!
★乳酸菌破砕菌体の機能と飲料への応用技術!

価格(税込) 15,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: