現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

乳酸菌・ビフィズス菌の機能・可能性と効果的な活用法 【2017年11月27日】
  • NEW
  • 限定品

乳酸菌・ビフィズス菌の機能・可能性と効果的な活用法 【2017年11月27日】

★プロバイオティクス、プレバイオティクス開発へのへの展開!
★菌の腸内環境での働き、機能性食品素材としての可能性!
★乳酸菌破砕菌体の機能と飲料への応用技術!

価格(税込) 15,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
環境・福祉分野におけるスマートセンシングの基礎と技術動向【2017年11月13日】
  • NEW
  • 限定品

環境・福祉分野におけるスマートセンシングの基礎と技術動向【2017年11月13日】

本セミナーは、新刊書籍「スマートセンシングの基礎と応用」の発刊記念セミナーです。
IoT時代の到来により、重要性を増すセンシング技術!人体・環境面など多様な方面で更なる広がりを見せるセンサとその活用事例を紹介!

価格(税込) 15,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
レドックスフロー電池に求められる材料と最新技術動向【2017年11月8日】
  • NEW
  • 限定品

レドックスフロー電池に求められる材料と最新技術動向【2017年11月8日】

★安全性が高く、大型化しやすいことから再生エネルギーの電力貯蔵用として注目を浴びるレドックスフロー電池の最新動向!
★今後の普及に向けた企業の取り組みは?
★次世代に向けた取り組み、有機レドックスフロー電池の開発状況!

価格(税込) 19,999 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『UV硬化型接着剤の設計・評価・トラブル対策と応用展開』【2017年11月28日】
  • NEW
  • オススメ

『UV硬化型接着剤の設計・評価・トラブル対策と応用展開』【2017年11月28日】

光硬化型接着剤の製品数は非常に多く、それらの機能や特徴を理解し、扱うのは難しいことが多いです。 その中で光硬化型接着剤の分類や組成をはじめとした全体像を知ることは、種々の接着剤を扱うもしくは設計する近道だと考えます。そこで、主に新任者の方や接着剤を使用したデバイスの開発設計部門の方を対象に、紫外線硬化型接着剤の分類、光源、組成、評価法、実使用におけるトラブル対策といったところを総合的に解説します。特に、接着剤の開発者として、実使用に視点を置いて解説したいと考えます。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『大容量リチウムイオンキャパシタ技術とその応用展開』【2017年11月30日】
  • NEW
  • オススメ

『大容量リチウムイオンキャパシタ技術とその応用展開』【2017年11月30日】

代表的な電気化学キャパシタであるEDLCは高入出力特性、長寿命等の優れた特性からようやく車載用途等に使用され始めてきたが、エネルギー密度が低いことが欠点でその用途は限定されているのが現状である。一方リチウムイオン二次電池に代表される蓄電池は高エネルギー密度ではあるが、高入出力特性や、長いcycle寿命などが要求される用途には限界があるため、EDLCと二次電池の特性を併せ持つハイブリッドキャパシタであるリチウムイオンキャパシタが注目を浴びている。
 本講座ではリチウムイオンキャパシタの基礎・原理、工業化に必須のリチウムイオンプレドープ技術等の基本技術を解説し、量産化での課題を検討するとともに、ハイブリッドであるのになぜ長寿命が確保できるのか、なぜ安全性が確保できるのかなどを解説してその特徴の理解を深めていきます。それにより期待される用途、応用分野を探索し、今後の蓄電デバイスのあり方を解説します。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『≪Q&A 無料相談会付き≫シランカップリング剤の基礎・応用・表面修飾やハイブリッド材料』【2017年11月29日】
  • NEW
  • オススメ

『≪Q&A 無料相談会付き≫シランカップリング剤の基礎・応用・表面修飾やハイブリッド材料』【2017年11月29日】

シランカップリング剤の使い方について、分かりやすくまとめます。前半部分では、ほとんどの参考書・教科書や論文で触れられることがなかった反応メカニズムや表面処理の解析について、詳細に解説いたします。後半では、これまでに受けたよくある質問をQ&A形式で解説いたします。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『押出機による溶融混練と フィルム・シート成形における品質不良問題と対処法』【2017年11月28日】
  • NEW
  • オススメ

『押出機による溶融混練と フィルム・シート成形における品質不良問題と対処法』【2017年11月28日】

押出成形によるフィルム・シート成形技術に関する、基礎から応用技術に至るセミナーです。
 フィルム・シート成形では単軸押出機と二軸押出機が使い分けられていますが、前半部分ではそれぞれの押出機の特徴について解析を行います。後半ではフィルム・シート成形装置に関する技術解説と、実際に品質不良問題が生じた際の対処法について解説を行います。

価格(税込) 39,960円~50,760 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【(株)住化分析センター主催】『先端車載放熱技術を支える分析技術の進展』【2017年11月8日】
  • NEW
  • オススメ

【(株)住化分析センター主催】『先端車載放熱技術を支える分析技術の進展』【2017年11月8日】

 本講座は、産学において最前線でご活躍されている技術者を講師に招き、講師と共に車載電子機器における“熱伝導性フィラーの高充填で材料がどう変わるか” “自動車メーカーの技術者の方が求められている、使いやすい放熱・熱伝導性材料とは何か” “それを支える分析評価技術はいかにあるべきか”について、時宜を得た講座を開催致します。

価格(税込) 5,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『スマートフォン発火の原因・設計上の防止と電池・筐体樹脂に求められる技術開発』【2017年11月16日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『スマートフォン発火の原因・設計上の防止と電池・筐体樹脂に求められる技術開発』【2017年11月16日】

スマホの安全性の向上のための筐体材料の難燃性向上が注目されている.が、電子機器として必要な難燃性を確認し、筺体材料の難燃剤における適正な選択技術について述べたい。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『全固体リチウムイオン二次電池の基礎と最新研究動向』【2017年11月27日】
  • NEW
  • オススメ

『全固体リチウムイオン二次電池の基礎と最新研究動向』【2017年11月27日】

不燃性の固体電解質の適用は、安全性の改善だけなく、体積エネルギー密度の向上や使用可能な温度範囲の拡大につながり、リチウム二次電池の可能性を大きく広げる。しかし、従来の電池技術だけでは、この新しい電池を実現することは難しい。本講演では、全固体電池を構成する各部材の開発から電池作製までの各段階について、最近の取り組みと課題を紹介する。また、電池の全固体化によって実現される新たな電池の用途についても言及する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『粒子・粉体表面への機能性ナノコーティングと応用』【2017年11月20日】
  • NEW
  • オススメ

『粒子・粉体表面への機能性ナノコーティングと応用』【2017年11月20日】

粉体は様々な産業に利用されているが、トラブルがあった場合には経験豊富な技術者がいないと解決しない。これは粉体にはバルクの性質に加えて粉体の性質と表面の性質があり、それらの個々の知識がないと現象を全体的に把握できないためだと思われる。
 表面に関する性質には表面積や細孔分布、表面に吸着した分子の状態などがある。さらに親水性・疎水性といった濡れに関する性質や表面電荷などが大きな影響を与える分散についても述べる。また、粉体の触媒活性はさほど強い活性がなくても共存する他の成分に影響を与え、製品の品質を劣化させる場合がある。このような場合には表面処理を行うが、まず表面の触媒活性を消失させて、その後に機能性を付与することが望ましい。粉体の表面処理というと古臭さを感じさせるが、精密なナノコーティングは「先端技術」の匂いの強いプロセスとなる。
 本講では粉体表面の性質とその表面を不活性化した後に機能性を付与する「機能性ナノコーティング」についてその応用も含めて述べる。

価格(税込) 39,960円~50,760 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『アウトガスの基礎と自動車部品、電子・電機機器のアウトガス評価技術』【2017年11月30日】
  • NEW
  • オススメ

『アウトガスの基礎と自動車部品、電子・電機機器のアウトガス評価技術』【2017年11月30日】

自動車室内には多数の樹脂製品が使用されており、樹脂からのアウトガスに含まれる揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds ; VOCs))が車室内空気質に影響をおよぼすことが知られている。自動車メーカー各社はユーザーの健康影響回避および快適性向上を目的としてVOCsの管理・低減化対策に取り組んでいる。一方、電子・電機機器についてもアウトガスに起因する動作不良や異臭クレームを防止するため、放散する化学物質の管理が重要課題となっている。
本講演ではアウトガス発生メカニズムについて解説するとともに、自動車部品からの放散ガス試験方法、異臭クレームに効果を発揮するにおい評価技術を中心に各種のアウトガス試験方法を紹介する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: