現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

『有機ELの開発に向けた各種部材・素材の開発動向・評価と要求特性』【2017年12月20日】
  • NEW
  • オススメ

『有機ELの開発に向けた各種部材・素材の開発動向・評価と要求特性』【2017年12月20日】

スマートフォン, タブレット, PC, 車載, AR/VR, ウェアラブル, デジタルサイネージ用ディスプレイへの有機EL搭載が進展する中,高い信頼性確保が極めて重要となっています。これを具現化するには、デバイス構成材料自身の更なる信頼性向上に加え、各用途に適した封止実現がポイントとなります。本セミナーでは,気密性に優れる無機シール技術を例に,どうすれば高信頼化・長寿命化が経済合理的プロセスで達成できるか,そのポイントについて解説します。また、企業の成長において、新規事業創出は必須と言われて久しいが、現状どの日本企業も大変悩ましい状況です。こうした中、新商品・新技術を持続的に生み出していくためにはどのようなアプローチが効果的か、イノベーティブ企業の成功要因を例に考察します。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『次世代自動車(EV)・車載二次電池技術の取り組みと市場動向・今後の展開』【2017年12月19日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『次世代自動車(EV)・車載二次電池技術の取り組みと市場動向・今後の展開』【2017年12月19日】

スマホの安全性の向上のための筐体材料の難燃性向上が注目されている.が、電子機器として必要な難燃性を確認し、筺体材料の難燃剤における適正な選択技術について述べたい。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『量子ドットの基礎・表面修飾・分散技術とディスプレイへの応用』【2017年12月21日】
  • NEW
  • オススメ

『量子ドットの基礎・表面修飾・分散技術とディスプレイへの応用』【2017年12月21日】

高解像度8kの新しい放送規格で広がる色域を実現するために、量子ドットが注目されている。量子ドットとはどのようなものだろうか。ディスプレイにはどのように応用するのであろうか。本講演では、量子ドットの概要を紹介し、これまでの蛍光体や有機ELとの違いについて解説する。また、液晶ディスプレイや量子ドットLEDとしてどのように使われるのか様々な応用方法について説明する。さらに量子ドットの問題点や現在の課題を紹介し、将来を展望する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『フィルム/包装のラミネート技術講座~基礎と応用、各トラブルとその対策~』【2017年12月22日】
  • NEW
  • オススメ

『フィルム/包装のラミネート技術講座~基礎と応用、各トラブルとその対策~』【2017年12月22日】

基本理論を押さえた上で、実用的なラミネート技術とトラブル対策を分かり易く解説する。
ラミネート技術は、ロールtoロールで複数の材料を積層化させる技術として包装材料では勿論のこと、産業資材や工業材料分野でも利用される展開性の高い加工技術である。ラミネート技術を理解するには、何故ラミネートが必要なのかという基本に立ち返り、接着の基礎やラミネートで使われる材料を知った上で、ラミネートプロセスの特徴を理解していく必要がある。また、実生産上ラミネートでは様々な問題が発生するが、トラブル事例を知って予防する必要がある。これらラミネート技術の基本と応用を初心者でも分かり易いよう解説する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【無料プレセミナー】高分子産業において待望されるイノベーター像~発掘の必要性、スキルと育成、問題意識と評価~【2017年12月14日】
  • NEW
  • オススメ

【無料プレセミナー】高分子産業において待望されるイノベーター像~発掘の必要性、スキルと育成、問題意識と評価~【2017年12月14日】

本セミナーでは、2018年4月開講予定の高分子学会主催 第2回「次世代イノベーター育成講座」の事前説明会を兼ねて、トップイノベーターとして活躍されたご経験のある高分子学会 事務局長の平坂氏(元帝人)、AndTechの顧問として、企業のコンサルティング活動を現役で行っている元住友化学の今井氏、元スリーエムジャパンの古藤氏を講師に招き、『高分子産業における待望されるイノベーター像』をテーマに、発掘の必要性、価値と育成、世界のトップイノベーター像といった3部構成で、より一層の高分子産業の発展を目指すうえで欠かせない『次世代イノベーター」の必要性をお話いただきます。無料のセミナーとなっておりますので、2018年4月開講予定の高分子学会主催「次世代イノベーター育成講座」にご関心のある方も含め、ぜひ、この機会にご参加をお待ち申し上げます。

価格(税込) 1 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『欧州プラスチック・BPA(ビスフェノールA)の最新規制動向と実務対応のポイント』【2017年12月19日】
  • NEW
  • オススメ

『欧州プラスチック・BPA(ビスフェノールA)の最新規制動向と実務対応のポイント』【2017年12月19日】

 欧州の化学品規制において多くの分野で注目されているBPAについて、EFSAのリスク評価、ECHAの分類評価(生殖毒性、内分泌かく乱作用)の最新動向とともに、欧州委員会のプラスチック規則(食品接触材料製品)、REACH(認可、制限ルート)、おもちゃ指令、医療デバイス規則などに係るリスク管理の最新動向を総括的に紹介し、実務対応上のポイントを整理する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『微細加工技術を用いた機能性フィルムの基礎・作成・製造技術と応用・課題』【2017年12月7日】
  • NEW
  • オススメ

『微細加工技術を用いた機能性フィルムの基礎・作成・製造技術と応用・課題』【2017年12月7日】

サイズの均一な細孔が規則配列したナノホールアレー構造である陽極酸化ポーラスアルミナをナノインプリント用モールドに適用し,ポリマーや無機材料からなるナノ規則構造形成フィルムを効率的に形成するプロセス,あるいは,得られた微細構造体形成フィルムの機能的応用について我々の最近の研究成果の紹介を行う。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『フィルムコンデンサの開発・応用と各種部材・製造工程と要求される部材特性』【2017年12月8日】
  • NEW
  • オススメ

『フィルムコンデンサの開発・応用と各種部材・製造工程と要求される部材特性』【2017年12月8日】

今日、HEV,PHEV,EV他のECOカーに加え、電車や風力太陽光発電などのパワーエレクトロニクス分野にもフィルムコンデンサが使われており、その用途範囲が広がっている。フィルムコンデンサは、Al、Znなどの金属を蒸着したフィルムを巻回して、金属膜を対向電極、フィルムを誘電体としてコンデンサを形成している。
フィルムコンデンサは、高電圧領域を得意としてきたが、基材技術、蒸着技術、素子形成技術の進化により、大きな静電容量の要求にも応えられるようになった。本稿では、最新のフィルムコンデンサの製造工程について、真空蒸着装置を中心に紹介する。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『高周波ワイヤレス給電の設計手法と最新動向』【2017年12月14日】
  • NEW
  • オススメ

『高周波ワイヤレス給電の設計手法と最新動向』【2017年12月14日】

 ワイヤレス給電は、IEEEでは「世界を変える7つの技術」に選ばれ、新たな電源手段として展開が進んでいます。高周波共鳴ワイヤレス給電は、小型軽量化が可能であり、モバイル機器だけでなく、IoT機器、ウェアラブル機器、ペースメーカーなどの医療機器など、様々な用途にて、端子レスや防水などの新しい価値を提供します。総務省より2016年に電波法にて6.78MHz帯の省令が改正され、国内制度化も進んでいます。
本講座では、ワイヤレス給電の開発推進を目的に、直流共鳴ワイヤレス給電の基礎から応用、具体的な設計手法を丁寧に解説します。直流共鳴技術は、直流電源から共鳴を起こして空間を通して給電するシンプルな技術です。様々な応用が可能です。見えない共鳴フィールドを実験や解析により見える化し、直感的な理解を深めます。受講者皆さんが第一線でご活躍されるのを応援し、テクニカルネットワークを広げます。

価格(税込) 39,960円~50,760 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『自動運転・コネクテッドカーの最新技術動向とセキュリティ課題・応用展開・将来展望』【2017年12月11日】
  • NEW
  • オススメ

『自動運転・コネクテッドカーの最新技術動向とセキュリティ課題・応用展開・将来展望』【2017年12月11日】

自動車の脆弱性事例が多数報告されており,自動車のサイバーセキュリティ強化が必要とされている.自動運転技術についても例外ではなく,様々な脅威事例が報告されている.本講演では,今後の強化のポイントを含め,既存するセキュリティ強化技術について紹介し議論する.

価格(税込) 48,600円~59,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: