現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

『微細加工技術を用いた機能性フィルムの基礎・作成・製造技術と応用・課題』【2017年12月7日】
  • NEW
  • オススメ

『微細加工技術を用いた機能性フィルムの基礎・作成・製造技術と応用・課題』【2017年12月7日】

サイズの均一な細孔が規則配列したナノホールアレー構造である陽極酸化ポーラスアルミナをナノインプリント用モールドに適用し,ポリマーや無機材料からなるナノ規則構造形成フィルムを効率的に形成するプロセス,あるいは,得られた微細構造体形成フィルムの機能的応用について我々の最近の研究成果の紹介を行う。

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『フィルムコンデンサの開発・応用と各種部材・製造工程と要求される部材特性』【2017年12月8日】
  • NEW
  • オススメ

『フィルムコンデンサの開発・応用と各種部材・製造工程と要求される部材特性』【2017年12月8日】

今日、HEV,PHEV,EV他のECOカーに加え、電車や風力太陽光発電などのパワーエレクトロニクス分野にもフィルムコンデンサが使われており、その用途範囲が広がっている。フィルムコンデンサは、Al、Znなどの金属を蒸着したフィルムを巻回して、金属膜を対向電極、フィルムを誘電体としてコンデンサを形成している。
フィルムコンデンサは、高電圧領域を得意としてきたが、基材技術、蒸着技術、素子形成技術の進化により、大きな静電容量の要求にも応えられるようになった。本稿では、最新のフィルムコンデンサの製造工程について、真空蒸着装置を中心に紹介する。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『自動運転・コネクテッドカーの最新技術動向とセキュリティ課題・応用展開・将来展望』【2017年12月11日】
  • NEW
  • オススメ

『自動運転・コネクテッドカーの最新技術動向とセキュリティ課題・応用展開・将来展望』【2017年12月11日】

自動車の脆弱性事例が多数報告されており,自動車のサイバーセキュリティ強化が必要とされている.自動運転技術についても例外ではなく,様々な脅威事例が報告されている.本講演では,今後の強化のポイントを含め,既存するセキュリティ強化技術について紹介し議論する.

価格(税込) 48,600円~59,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: