現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『食品包装用途を中心としたバリアフィルムの基礎と製造プロセス・応用展開』【2018年2月19日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『食品包装用途を中心としたバリアフィルムの基礎と製造プロセス・応用展開』【2018年2月19日】

1980年代後半から本格的に登場した透明蒸着フィルムは、脱塩素の波に乗り、急激に使用量が増加した。その後、バリア性能も向上した透明蒸着フィルムは、耐熱性などの高い性能を要求されるレトルト包材にも使用されている。それは日本国内ばかりでなく、海外の透明蒸着フィルムに比べ、格段に性能が優れていることから、輸出も盛んに行われており、海外での生産も行われている。
 本講では透明蒸着フィルムについて歴史から、構成、日本における生産の現状、用途等全般について説明する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『ポリイミドの基礎・フィルム化技術とフレキシブルディスプレイ基板を中心とした応用展開』【2018年2月21日】
  • NEW
  • オススメ

『ポリイミドの基礎・フィルム化技術とフレキシブルディスプレイ基板を中心とした応用展開』【2018年2月21日】

ポリイミドは耐熱性や機械特性に優れた高機能樹脂として電気・電子材料分野を中心に幅広く使用され重要な工業材料となっています。また近年、ナノテクノロジーやオプトエレクトロニクスの著しい進展に伴って、さまざまな機能を有する高性能なポリイミドがその要求に応じて開発されています。本講演では、機能化・フィルム化へ向けた機能性ポリイミドをどのように開発していくかを分子・材料設計の観点から、合成、特性、機能化および加工性(フィルム化)について分かりやすく述べる。また、機能向上のための種々の物性制御の考え方、方法などポリイミドを活用するための高機能化技術についてやさしく解説します。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『自動車における内外装意匠部品の加飾技術の開発と部材への要求』【2018年2月28日】
  • NEW
  • オススメ

『自動車における内外装意匠部品の加飾技術の開発と部材への要求』【2018年2月28日】

電自動車の燃費改善、衝突安全(特に歩行者安全)、意匠改善及びリサイクル性等の見地から車体外板の材料転換、塗装不要外板および塗装代替技術が注目されている。本講習会は次世代自動車における塗装代替技術を中心に、代替外板材料、塗装代替フィルムの可能性と外板に求められる特性を紹介する。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『定置用途に向けた大容量蓄電デバイスの開発動向』【2018年2月26日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『定置用途に向けた大容量蓄電デバイスの開発動向』【2018年2月26日】

東日本大震災から7年、この間の日本のエネルギーインフラの変遷は、想像を絶するものがあった。原子力発電の全面停止、再生可能エネルギー利用への大転換、更には地球環境への対応のために、自動車がZEVへの方向転換を図るなどである。
 相次ぐメガ・ソーラとメガ・ウインドの建設、それに伴う電力系統連系の拡大。エコロジーの住宅への延長と,ホームソーラシステムの普及更にはZEHomeなどなど。国の政策もFIT(固定価格買取制度)で支援し、短期間に一定の成果があった。
 エネルギーの問題は、厳しい経済評価の課題でもある。エコを取るか、経済の繁栄を選ぶか、そこには国際的な競争も含めて、希望的な見通しなどを吹き飛ばす要素がある。
  2019年のFITの全面見直しはその好例であり、単に発電しただけでは無用の存在になり、蓄電システムによる機能強化が必須となっている。二次電池による蓄電システムは、時間的に、空間的に不安定な大陽光と風力発電を、バックアップして有効利用を図る有力な手段である。
 本セミナーでは可能な限りデータを定量化して、上記の課題を解説したい。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『シュリンクフィルムにおける基礎・応用展開とフィルム収縮率・評価』【2018年2月27日】
  • NEW
  • オススメ

『シュリンクフィルムにおける基礎・応用展開とフィルム収縮率・評価』【2018年2月27日】

シュリンクフィルムは、集合包装、シュリンクラベル、キャップシールなどに広く適用されている。本セミナーでは、シュリンクフィルムに適用されているフィルムの収縮原理をまず説明し、その製法、および種類と用途について解説する。

価格(税込) 34,560円~45,360 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『粉体製造プロセスにおける粒子径評価と分級技術のポイント』【2018年2月23日】
  • NEW
  • オススメ

『粉体製造プロセスにおける粒子径評価と分級技術のポイント』【2018年2月23日】

粉体の製造現場で粒子径測定を実施する場合の注意点、画像法や沈降法の測定原理および校正用の検定粒子について解説します。
望み通りの機能を持つ材料を作る。あるいは粉体を希望通りに処理するには、それに適した粉を選ぶことが大切です。なぜ分級操作が必要か、微粉体を対象として選ぶ手法(分級)の原理、乾式及び湿式分級装置、最近の分級に関する話題、実操作の評価法や留意点などについて解説します。特にサイクロンの高性能化技術に関して、実験とシミュレ-ション及び可視化実験の動画などを含めて説明します。また湿式の遠心分離機による分級原理についても解説します。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『レジスト材料におけるトラブルの発生メカニズムと対策・高品質化』【2018年2月2日】
  • NEW
  • オススメ

『レジスト材料におけるトラブルの発生メカニズムと対策・高品質化』【2018年2月2日】

現在、フォトレジストは、産業の様々な分野で広く利用されています。しかし、その高度化に伴い、フォトレジストの品質が製品に与える影響も深刻化しています。また、フォトレジストユーザーの要求も幅広くなり、フォトレジスト材料および装置メーカー側は対応に追われる状況です。本セミナーでは、これからレジスト材料を使用するユーザー、レジスト材料開発、処理装置開発、リソグラフィでトラブルを抱えている方々を対象に、フォトレジスト材料の特性、プロセスの最適化、付着・濡れ・欠陥といった各種トラブルに注目し、評価・解決のアプローチを丁寧に説明します。また、研究開発・トラブルフォローといった実務上での取り組み方について、豊富な実例を交えながら解説します。初心者にも分かりやすく、基礎から学べる内容となっています。また、最近の傾向として、レジスト材料メーカーおよび装置メーカーにおいても、デバイス作製のノウハウと知識が求められてきています。レジストユーザーの視点とは何かを講師の経験も含めて詳述します。受講者が抱えている日々のトラブルやノウハウ相談にも個別に応じます。

価格(税込) 39,960円~50,760 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『二軸押出機における混練・分散実用技術』【2018年2月20日】
  • NEW
  • オススメ

『二軸押出機における混練・分散実用技術』【2018年2月20日】

1.プラスチック製品は多種多様な分野で使用されており、各種ニ-ズに対応した樹脂特性、複合化技術、混練・分散技術等が求められている。他方、省エネ、省人・省工程、コンパクト化、リサイクル性等も合わせて要求されているので、これらの市場ニ-ズを考慮した二軸押出機による混練分散実用技術を説明する。
2.同方向と異方向二軸の構造特性と基本押出特性について比較検討し、その特性を活かした混練・分散技術について説明する。混練分散技術については、具体的なスクリュウ形状モデルについて、その形状特性に基づく混練・分散作用と狙いについて述べる。
3.装置のコンパクト化、押出安定性向上、混練・分散性向上等の対策には、供給フイ-ダ、ろ過装置(メッシュ)、ギアポンプ、制御技術等の周辺機器・技術の適正化、システム化等が重要となるので、これらについても具体例をあげて説明する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: