現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

『イージーピール・フィルム包装の開発動向と製品・市場と要求』【2018年7月23日】
  • NEW
  • オススメ

『イージーピール・フィルム包装の開発動向と製品・市場と要求』【2018年7月23日】

食品・医薬品包装において、現在プラスチックを用いた包装が多くなっている。プラスチックのフィルム包装や容器包装において、通常ヒートシールによる密封が行われているが、密封を完全な状態にした場合、内容品を取り出すための容易な機構が必要となる。最近では、ヒートシール部をイージーピールにすることによる方法が普及している。本講演では、イージーピール技法の種類とそのメカニズムおよびイージーピール材の製造技法、適用事例について述べる。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『水素貯蔵材料・技術の開発動向と普及に向けた取り組み 』【2018年7月30日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『水素貯蔵材料・技術の開発動向と普及に向けた取り組み 』【2018年7月30日】

本講座では、燃料電池自動車・水素ステーションを中心とした高圧水素ガスタンクの開発と要求特性・今後の課題について解説する。具体的には、高圧水素容器の要求仕様、関連する技術基準、各種高圧容器の製造方法、各種高圧容器の開発のトレンドと技術課題について解説する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『食品用途を中心とした品質保持に関わる各種のフィルム技術・包装・新技術設計』【2018年7月31日】
  • NEW
  • オススメ

『食品用途を中心とした品質保持に関わる各種のフィルム技術・包装・新技術設計』【2018年7月31日】

Save Food, Food Loss削減が世界的にも大きな広がりを見せている。更にSDGs及びESG対応は企業活動の根幹となってきている。世界の人々が裕福になるに伴い、より美味しいものを求め、更には自分の好みの味をも求めてきている。いわゆるパーソナル化対応は、食品分野でも対応が必要となってきている。鮮度保持及び品質保持の最近の動きを紹介する。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『車載/曲面用途タッチパネル・透明導電センサの開発動向・要求特性・信頼性向上』【2018年7月23日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『車載/曲面用途タッチパネル・透明導電センサの開発動向・要求特性・信頼性向上』【2018年7月23日】

ITOに代表される透明導電膜は、高い可視光透過率, 10-4 Ω・cmオーダーの比抵抗, 良好なパターニング特性を併せ持つことから、ディスプレイの透明電極をはじめ幅広い分野でキーマテリアルとして用いられ、今後更に市場拡大すると予測されている。本報告では、高信頼性ディスプレイ&太陽電池に欠かせない透明導電膜技術について具体的事例を示しながらわかり易く解説する。また、近年提案されているCNT, メタルメッシュ, AgNW, 導電性ポリマー等のPros/Consについても触れ、用途と目的に合致した材料選択について考察する。更に、車載用曲面ガラスへの展開についても触れる。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『自動車用遮音・吸音材料の適用方法と車室内における騒音対策』【2018年7月31日】
  • NEW
  • オススメ

『自動車用遮音・吸音材料の適用方法と車室内における騒音対策』【2018年7月31日】

遮音・吸音の基礎理論をわかりやすく紹介し、その事例として、エンジンで発生した音がエンジンルーム内で音響増幅、さらに一重壁、遮音材を透過し、車室内に侵入するメカニズムと対策について解説する。さらに、車室内に侵入した音の拡散を吸音シート、吸音天井の開発により防止し、車内騒音低減に成功した事例を紹介する。つぎに、エンジン本体、電気自動車のモーター改良、その他車内騒音対策事例について、その原理をわかりやすく紹介する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『放熱樹脂材料における 熱伝導性フィラーの基礎・高充填・機能複合化』【2018年7月27日】
  • NEW
  • オススメ

『放熱樹脂材料における 熱伝導性フィラーの基礎・高充填・機能複合化』【2018年7月27日】

フィラーの表面処理の理論と実際、熱伝導性フィラーの表面処理のポイントを説明する。さらにポリマーとフィラーの混練・混合の概要と熱伝導性コンポジットのポイントであるフィラー髙充塡についての方法と考え方を解説する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『フレキシブル化と塗布・印刷技術活用を中心とした有機ELの研究・開発動向と求められる材料』【2018年7月31日】
  • NEW
  • オススメ

『フレキシブル化と塗布・印刷技術活用を中心とした有機ELの研究・開発動向と求められる材料』【2018年7月31日】

有機ELはスマホなどのモバイルディスプレイ分野、テレビなどの大型ディスプレイ分野を中心に急速に事業発展しつつある。また、有機EL照明も着実に技術進展している。今後の有機EL技術において、フレキシブル化、塗布・印刷技術活用は極めて重要な要素技術であり、デバイスメーカーのみならず、基材、材料、部材、装置などの関連技術を持つメーカーも事業拡大や新規事業創出に向けて取り組みを活発化させつつある。
本講座では、有機ELの歴史、基礎技術、技術動向、市場動向を概説すると供に、有機ELにおけるフレキシブル化技術及び塗布・印刷技術活用について説明する。それぞれ、世の中の最新動向を紹介すると供に、我々の産学連携研究で取り組んできた研究成果も交えて説明する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: