現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『自動車用吸音・遮音・制振材料の開発と今後の展望』【2018年11月29日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『自動車用吸音・遮音・制振材料の開発と今後の展望』【2018年11月29日】

遮音・吸音の基礎をわかりやすく紹介し、その事例として、エンジンで発生した音がエンジンルーム内で音響増 幅、さらに一重壁パネル、内装材を透過し、車室内に侵入するメカニズムと対策について解説します。さらに、 車室内に侵入した音の拡散を吸音シートにより防止し、車内騒音低減に成功した事例を紹介します。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『自己修復性ポリマーの基礎と最先端研究、材料への多機能性付与、評価、応用』~将来展開・可逆的な共有結合の利用・ポリウレタン塗料への耐擦り傷性付与・イオンゲル~【2018年10月31日】
  • NEW
  • オススメ

『自己修復性ポリマーの基礎と最先端研究、材料への多機能性付与、評価、応用』~将来展開・可逆的な共有結合の利用・ポリウレタン塗料への耐擦り傷性付与・イオンゲル~【2018年10月31日】

本セミナーでは、近年注目されている自己修復材料の基礎から最先端の研究、応用まで勉強できます。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『帯電防止剤における基礎・設計・高機能化とフィルム・パッケージへの応用展開』【2018年10月30 日】
  • NEW
  • オススメ

『帯電防止剤における基礎・設計・高機能化とフィルム・パッケージへの応用展開』【2018年10月30 日】

帯電防止付与技術は従来から行われている技術ではあるが、界面活性剤などの低分子系帯電防止剤は帯電防止機能の持続性が低く永久帯電防止性の付与が望まれている。
帯電防止材料の付与方法や種類はいくつかあるが本講演では高分子タイプの4級アンモニウム塩含有ポリマーを中心にコーティング用で設定した、パッケージ向け及びディスプレイ用光学フィルムで開発した性能例を紹介する。

価格(税込) 48,600円~59,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『軟包装向けデジタル印刷の技術開発とその応用、グローバル市場動向、将来予測』【2018年10月30日】
  • NEW
  • オススメ

『軟包装向けデジタル印刷の技術開発とその応用、グローバル市場動向、将来予測』【2018年10月30日】

本セミナーでは、ビジネス成長が期待される軟包装向けデジタル印刷の技術的進展とグローバル動向について、業界有識者、メーカー担当者による解説。

価格(税込) 40,000円~58,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『中国を中心とした二次電池の市場動向と国際規制(中国NEV規制等)・規格の動きとその対応、ビジネスへの影響』【2018年10月30日】
  • NEW
  • オススメ

『中国を中心とした二次電池の市場動向と国際規制(中国NEV規制等)・規格の動きとその対応、ビジネスへの影響』【2018年10月30日】

本セミナーでは、EVシフトを提唱し世界の業界各社に大きな影響を与える
中国の電池規制・規格とビジネスへのリスクなど専門家が解説する予定です。

価格(税込) 34,560円~45,360 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『衣服型ウェアラブルデバイスの開発最前線』【2018年10月17日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『衣服型ウェアラブルデバイスの開発最前線』【2018年10月17日】

衣服型ウェアラブルデバイスの開発事例を紹介し、標準化の必要性、標準化の異議、国際標準化活動に於ける日本国内の活動について解説する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『ハードコートの基礎・材料設計と高機能化』【2018年10月31日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『ハードコートの基礎・材料設計と高機能化』【2018年10月31日】

 これからハードコートを研究開発しようと計画されている方、あるいは現在保有のハードコート技術をさらにブラッシュアップして課題解決および高性能化・高機能化を図ろうとされている方に基礎から実用化までを分かり易く概説する。本講演では、ハードコート材料設計の考え方、とくに分子内および分子間有機/無機ハイブリッド材料について技術習得をしていただけると考える。また、ハードコート分野に関する今後の動向についても紹介する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『粘着剤・粘着テープの基礎とメカニズムおよび設計・評価技術』【2018年10月18日】
  • NEW
  • オススメ

『粘着剤・粘着テープの基礎とメカニズムおよび設計・評価技術』【2018年10月18日】

本講座では、粘着剤・粘着テープを開発する若手技術者・或いはユーザーの方を対象に、粘着剤・粘着テープの基礎と設計・選定のポイント等を、最近のトピックスも含め、わかりやすく解説します。

価格(税込) 39,960円~61,560 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『MLCCの大容量小型化・薄層化に向けた加工プロセス技術と電極を中心とした印刷ペースト材料技術の課題』【2018年10月12日】
  • NEW
  • オススメ

『MLCCの大容量小型化・薄層化に向けた加工プロセス技術と電極を中心とした印刷ペースト材料技術の課題』【2018年10月12日】

本セミナーでは,MLCCの課題と各種機能化について知りたい方必見の講習会です。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『医用高分子材料の基本設計~高分子系バイオマテリアル、要求特性、創製、応用展開、課題~』【2018年10月31日】
  • NEW
  • オススメ

『医用高分子材料の基本設計~高分子系バイオマテリアル、要求特性、創製、応用展開、課題~』【2018年10月31日】

 現在、再生医療、ドラッグデリバリーなど先進医学の骨格を材料が支えるようになってきています。本講座では、バイオ・医療の分野で用いられている高分子材料について、医用材料としての設計と作製からはじめて、高分子独自の特性と機能について解説します。これを通して、生体と材料との関係についてのイメージを持ち、その上で新規の医用高分子材料を設計できるようになることを目指しています。

価格(税込) 27,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『国内・海外の食品包装規制の最新動向と企業対応の留意点~樹脂PL化(樹脂、添加剤、色材)、印刷インキ規制動向、中国及びアジア諸国動向~』【2018年10月29日】
  • NEW
  • オススメ

『国内・海外の食品包装規制の最新動向と企業対応の留意点~樹脂PL化(樹脂、添加剤、色材)、印刷インキ規制動向、中国及びアジア諸国動向~』【2018年10月29日】

食品の交易増加に伴い、国内外で食品包装規制の整備が進展している。日本では本年6月の食品衛生法改正によりHACCPとGMPの制度化と共に漸く樹脂のPL化が決まり、施行は2020年4月頃が有望である。一方、レトルト想定の溶出試験条件の改正、乳等省令統合等は審議時期未定であり、国際的には大きく後れを取っている。EUはプラスチック規則が略完成し、本年中にも印刷インキの規制を公表予定であり、今や国際標準になったと言える。米国は独自の製品登録制度が定着し、中国はEU類似の国家標準へ転換中である。韓国、台湾、加はPL審議中、ASEANは共同基準化を検討中である。本講では国内外法規制の最新動向、及び企業の対応に関し解説する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『ウェブ搬送のしわ防止と巻取りにおけるトラブルの原因と対策』~トライボロジーから考えるマクロスリップの発生条件と抑止方法・ウェブの巻取り張力の最適化~【2018年10月26日】
  • NEW
  • オススメ

『ウェブ搬送のしわ防止と巻取りにおけるトラブルの原因と対策』~トライボロジーから考えるマクロスリップの発生条件と抑止方法・ウェブの巻取り張力の最適化~【2018年10月26日】

フィルム、紙、不織布などのウェブを製造する過程において、搬送時には折れしわやスリップ、巻取り時には巻き締り、スリップ、ゲージバンドなどの予期せぬ不具合が生じることが多々あると思います。これを防止する手法としては、経験と勘を基に製造条件を試行錯誤的に検討していると耳にすることが多くあります。これらの不具合は製品の品質と直結することであり、不具合防止は極めて重要な課題です。本セミナーでは、上記不具合の原因・対策案について学問的な立場からアプローチして、不具合の未然の防止を図る知識を養うことを目的としています。本セミナーを受講したからといって全ての問題を解決することができるとは限りませんが、解決の糸口を見つけることができるでしょう。

価格(税込) 39,960円~50,760 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『5G革命に対応するFPC新技術とその市場動向~高速化への対応、配線微細化への対応、伸縮性など新機能対応~』【2018年10月30日】
  • NEW
  • オススメ

『5G革命に対応するFPC新技術とその市場動向~高速化への対応、配線微細化への対応、伸縮性など新機能対応~』【2018年10月30日】

2020年には5Gが商用化され44ZBものコミュニケーションデータが処理される予測がある。この5Gシフトによりスマートフォン、自動車、メディカル (ヘルスケア) への種々のサービスや製品が大変革し創生される。それらに採用されるFPCも「高周波対応」、「高精細化」、「伸縮性」などFPC機能向上のための材料・プロセス開発が急務になっている。
 本講演では、これらのFPC機能向上に対する技術課題と技術開発動向を解説する

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: