現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

『青果物における鮮度低下メカニズム・鮮度評価法と品質保持の最新技術・包装設計』【2019年2月25日】
  • NEW
  • オススメ

『青果物における鮮度低下メカニズム・鮮度評価法と品質保持の最新技術・包装設計』【2019年2月25日】

本講では青果物と農畜産物の鮮度保持技術について解説する。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『UV硬化塗料の材料設計とトラブル対策Q&A講座(個別相談会付)』【2019年2月20日】
  • NEW
  • オススメ

『UV硬化塗料の材料設計とトラブル対策Q&A講座(個別相談会付)』【2019年2月20日】

本セミナーでは、UV硬化塗料の材料設計とトラブル対策について、Q&A形式で講座を開講する。

価格(税込) 32,400円~43,200 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『全固体リチウムイオン二次電池の基礎と最新研究動向』【2019年2月27日】
  • NEW
  • オススメ

『全固体リチウムイオン二次電池の基礎と最新研究動向』【2019年2月27日】

 不燃性の固体電解質の適用は、安全性の改善だけなく、体積エネルギー密度の向上や使用可能な温度範囲の拡大につながり、リチウム二次電池の可能性を大きく広げる。しかし、従来の電池技術だけでは、この新しい電池を実現することは難しい。本講演では、全固体電池を構成する各部材の開発から電池作製までの各段階について、最近の取り組みと課題を紹介する。また、電池の全固体化によって実現される新たな電池の用途についても言及する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『導電性高分子のメカニズムと高導電化のための溶媒・化合物添加技術、デバイス応用』【2019年2月28日】
  • NEW
  • オススメ

『導電性高分子のメカニズムと高導電化のための溶媒・化合物添加技術、デバイス応用』【2019年2月28日】

 導電性高分子は電解コンデンサの陰極,透明帯電防止および透明導電電極として実用化されさらに,新規な用途としてウエアラブル電極やセンサへの応用も注目を集めております。これらのいずれの用途においてもPEDOT:PSSは有力な材料ではありますが,より一層高い電気伝導度が求められています。PEDOT:PSSの高導電化に関しては、多くの手法が開発され既に、5,000 S/cmを超える高い電気伝導度を示すものも報告されております。高導電化にはキャリア数の増加と共に移動度の向上が必要です。前者には限界があり、高導電化には移動度の向上が必須ですが最近、高移動度のための新しい考え方が提案されました。本セミナーでは、PEDOT系の高導電化とウエアラブルデバイスへの応用に絞って最近の技術開発動向を分かりやすくかつ詳細に解説します。

価格(税込) 39,960円~50,760 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】高分子制振材料の開発と技術動向~制振機構・自動車・建築・船舶等への応用~』【2019年2月26日】
  • NEW
  • オススメ

『【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】高分子制振材料の開発と技術動向~制振機構・自動車・建築・船舶等への応用~』【2019年2月26日】

振動問題は、社会生活の中で生活環境の騒音対策として重要な技術である。
電気電子機器、OA機器、自動車、車両、建築、船舶、航空機等主要な産業においての騒音対策、および地震国日本における地震対策にもこの振動減衰技術が活躍している。今回は、この制振技術の基礎と技術動向を述べたい。

価格(税込) 21,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『HEV・EV用モータに向けた絶縁材料の開発と劣化/絶縁破壊と計測・評価技術』【2019年2月27日】
  • NEW
  • オススメ

『HEV・EV用モータに向けた絶縁材料の開発と劣化/絶縁破壊と計測・評価技術』【2019年2月27日】

本セミナーでは、高周波基板の技術動向を解説予定!

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】海洋漂流マイクロプラスチック削減を目指す生分解性高分子の現状と分解性試験・評価事例、法規制・認証規格動向』【2019年2月14日】
  • NEW
  • オススメ

『【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】海洋漂流マイクロプラスチック削減を目指す生分解性高分子の現状と分解性試験・評価事例、法規制・認証規格動向』【2019年2月14日】

本セミナーでは、海洋漂流マイクロプラスチック削減を目指す生分解性高分子の現状と分解性試験・評価事例、法規制・規格認証動向について知りたい方必見の講習会です。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『EV向け超急速充電の概要と車両側から見たバッテリシステムへの要求』【2019年2月26日】
  • NEW
  • オススメ

『EV向け超急速充電の概要と車両側から見たバッテリシステムへの要求』【2019年2月26日】

電気自動車の普及に向け、航続距離の伸長、充電時間の短縮、車両価格の低減が求められている。これに伴い、車載バッテリの大容量化が進行しているが、充電時間とは相反する関係があり、安易な大容量化は商品性、利便性を損なう結果を招いてしまう。そこで検討されているのが、超急速充電である。本セミナーでは超急速充電を実現するための、主として車両側の課題と対応について解説する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『分子接合技術の基礎と接合事例および応用展開』【2019年2月21日】
  • NEW
  • オススメ

『分子接合技術の基礎と接合事例および応用展開』【2019年2月21日】

分子接合技術は,材料Aと化学反応する官能基と,材料Bと化学的に反応する官能基から構成された2 官能性化合物X(分子接合剤)を用いて,材料Aと材料B間を共有結合で接合する技術である。材料や接合条件への依存性を低減でき,高分子やセラミックス,金属などの材料を接合できる。グローバル化が進展し,環境変化が激しい今日のものづくりにおいて,プロセスを変革することで工程の効率化と製品の品質を高めるプロセスイノベーションだけでなく,これまでとは違った独創的かつ先進的な新しい製品を生み出すことによって,競争力の向上を図るプロダクトイノベーションが求められている。分子接合技術は,すべてのものづくりに共通する接合技術の中でも革新的な技術であり、みなさまの製品においてイノベーションを起こすことを期待して説明する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『医療・医薬向け軟包装技術の最新動向と応用・国内外市場~今後より求められていくSDGs対策の模索~』【2019年2月27日】
  • NEW
  • オススメ

『医療・医薬向け軟包装技術の最新動向と応用・国内外市場~今後より求められていくSDGs対策の模索~』【2019年2月27日】

 SDGs対応が企業で着々と進みつつある中で、包装も対応が必要である。今までの延長線上での対応だけでは十分でない。包装素材、インキ、接着剤、印刷、ラミネート加工、包装形態、小ロット対応、インタラクティブ、チャイルドレジスタント、偽造防止、開封性、再封性、2室配合シール、内面非吸着性など多くの面で包装設計対応を考えなくてはいけない。どのように対応すべきか事例をあげて説明し方向性を模索する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『シュリンクフィルムの基礎とフィルム収縮率・収縮仕上り性と応用展開』【2019年2月25日】
  • NEW
  • オススメ

『シュリンクフィルムの基礎とフィルム収縮率・収縮仕上り性と応用展開』【2019年2月25日】

シュリンクフィルムは、集合包装、シュリンクラベル、キャップシールなどに広く適用されている。本セミナーでは、シュリンクフィルムに適用されているフィルムの収縮原理をまず説明し、その製法、および種類と用途について解説する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: