現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

乳酸菌・ビフィズス菌の機能・可能性と効果的な活用法 【2017年11月27日】
  • NEW
  • 限定品

乳酸菌・ビフィズス菌の機能・可能性と効果的な活用法 【2017年11月27日】

★プロバイオティクス、プレバイオティクス開発へのへの展開!
★菌の腸内環境での働き、機能性食品素材としての可能性!
★乳酸菌破砕菌体の機能と飲料への応用技術!

価格(税込) 15,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
環境・福祉分野におけるスマートセンシングの基礎と技術動向【2017年11月13日】
  • NEW
  • 限定品

環境・福祉分野におけるスマートセンシングの基礎と技術動向【2017年11月13日】

本セミナーは、新刊書籍「スマートセンシングの基礎と応用」の発刊記念セミナーです。
IoT時代の到来により、重要性を増すセンシング技術!人体・環境面など多様な方面で更なる広がりを見せるセンサとその活用事例を紹介!

価格(税込) 15,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
レドックスフロー電池に求められる材料と最新技術動向【2017年11月8日】
  • NEW
  • 限定品

レドックスフロー電池に求められる材料と最新技術動向【2017年11月8日】

★安全性が高く、大型化しやすいことから再生エネルギーの電力貯蔵用として注目を浴びるレドックスフロー電池の最新動向!
★今後の普及に向けた企業の取り組みは?
★次世代に向けた取り組み、有機レドックスフロー電池の開発状況!

価格(税込) 19,999 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
微細藻類の大量培養技術とバイオ燃料・機能性製品への展開 【2017年10月24日】
  • NEW
  • 限定品

微細藻類の大量培養技術とバイオ燃料・機能性製品への展開 【2017年10月24日】

★燃料・プラスチックへの応用が期待され、さらなる大量培養技術の確立に向けた屋外培養の最新動向は?

価格(税込) 15,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
高感度・高選択性を目指した生体ガスの計測技術とその応用 【2017年10月17日】
  • NEW
  • 限定品

高感度・高選択性を目指した生体ガスの計測技術とその応用 【2017年10月17日】

★呼気・皮膚ガスから非侵襲で計測を行うことで、利用者の負担なく手軽に行えるセンシング技術!
★医療・ヘルスケアへの応用に向けた対象成分だけを検出できる高感度センサの開発動向!

価格(税込) 25,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
環境・福祉分野におけるスマートセンシングの基礎と技術動向【2017年11月13日】
  • NEW
  • 限定品

環境・福祉分野におけるスマートセンシングの基礎と技術動向【2017年11月13日】

本セミナーでは、環境・福祉分野におけるスマートセンシングの基礎と技術動向を解説予定!

価格(税込) 15,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
フレキシブル熱電変換素子の原理・材料探索・応用展開 【2017年10月27日】
  • NEW
  • 限定品

フレキシブル熱電変換素子の原理・材料探索・応用展開 【2017年10月27日】

本セミナーでは、ウエアラブルデバイスの電源として期待される”曲がる熱電変換”の技術動向を解説予定!

価格(税込) 15,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『微細加工技術を用いた機能性フィルムの基礎・作成・製造技術と応用・課題』【2017年12月7日】
  • NEW
  • オススメ

『微細加工技術を用いた機能性フィルムの基礎・作成・製造技術と応用・課題』【2017年12月7日】

サイズの均一な細孔が規則配列したナノホールアレー構造である陽極酸化ポーラスアルミナをナノインプリント用モールドに適用し,ポリマーや無機材料からなるナノ規則構造形成フィルムを効率的に形成するプロセス,あるいは,得られた微細構造体形成フィルムの機能的応用について我々の最近の研究成果の紹介を行う。

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『フィルムコンデンサの開発・応用と各種部材・製造工程と要求される部材特性』【2017年12月8日】
  • NEW
  • オススメ

『フィルムコンデンサの開発・応用と各種部材・製造工程と要求される部材特性』【2017年12月8日】

今日、HEV,PHEV,EV他のECOカーに加え、電車や風力太陽光発電などのパワーエレクトロニクス分野にもフィルムコンデンサが使われており、その用途範囲が広がっている。フィルムコンデンサは、Al、Znなどの金属を蒸着したフィルムを巻回して、金属膜を対向電極、フィルムを誘電体としてコンデンサを形成している。
フィルムコンデンサは、高電圧領域を得意としてきたが、基材技術、蒸着技術、素子形成技術の進化により、大きな静電容量の要求にも応えられるようになった。本稿では、最新のフィルムコンデンサの製造工程について、真空蒸着装置を中心に紹介する。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【(株)住化分析センター主催】『先端車載放熱技術を支える分析技術の進展』【2017年11月8日】
  • NEW
  • オススメ

【(株)住化分析センター主催】『先端車載放熱技術を支える分析技術の進展』【2017年11月8日】

 本講座は、産学において最前線でご活躍されている技術者を講師に招き、講師と共に車載電子機器における“熱伝導性フィラーの高充填で材料がどう変わるか” “自動車メーカーの技術者の方が求められている、使いやすい放熱・熱伝導性材料とは何か” “それを支える分析評価技術はいかにあるべきか”について、時宜を得た講座を開催致します。

価格(税込) 5,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『スマートフォン発火の原因・設計上の防止と 電池・筐体樹脂に求められる技術開発』【2017年11月16日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『スマートフォン発火の原因・設計上の防止と 電池・筐体樹脂に求められる技術開発』【2017年11月16日】

スマホの安全性の向上のための筐体材料の難燃性向上が注目されている.が、電子機器として必要な難燃性を確認し、筺体材料の難燃剤における適正な選択技術について述べたい。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『半導体洗浄の基礎・プロセス・要素技術と最新市場動向・機能水の活用』【2017年10月31日】
  • NEW
  • オススメ

『半導体洗浄の基礎・プロセス・要素技術と最新市場動向・機能水の活用』【2017年10月31日】

半導体の製造ライン及び製造プロセスでの汚染を如何に少なくして歩留りを上げるかが課題となっている。新材料系のメタルの導入も盛んに行われてきている。微細化が進んで高アスペクト比のトレンチ構造や3D構造が製品化され始めている。そこで、今までのクリーン化とは違う視点が必要になってきている。一方で各デバイスメーカーは半導体製品のコストを下げる施策を打ち出している。以上のことを踏まえて、汚染制御の必要性について講演する。

価格(税込) 34,560円~39,960 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『リチウムイオン二次電池用正極材・バインダーの開発動向と合材としての高性能化・分散・塗布・乾燥のポイント』【2017年10月27日】
  • NEW
  • オススメ

『リチウムイオン二次電池用正極材・バインダーの開発動向と合材としての高性能化・分散・塗布・乾燥のポイント』【2017年10月27日】

リチウムイオン電池のキーマテリアルの一つである正極材を、ビジネス戦略から市場動向を、技術戦略から材料の選定のポイント解説します。特に、正極材がリチウムイオン電池特性(容量、安全性、信頼性等)に及ぼす影響を考察することは、リチウムイオン電池開発や正極材料開発する上で重要になってきます。さらに、正極材を量産する上での重要なポイントを、電池の製造プロセスの観点から解説します。

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『自動車用ヘッドランプの最新技術動向・各種部材への要求・信頼性向上』【2017年10月31日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『自動車用ヘッドランプの最新技術動向・各種部材への要求・信頼性向上』【2017年10月31日】

近年LED照明の急激な普及に伴い、白色LEDの高信頼性、低コスト化、特に発光効率の著しい伸びが際だっている。自動車は信号灯系(赤、アンバー)のLED化が本格化し約10年が達とうとしている。前照灯系(白色)に関しては、それに遅れDRLやポジションランプ等が量産された。H/Lは更に数年遅れ最近少しずつ量産車が増え始めた状況である。
 本セミナーに於いて自動車用LEDランプの変遷をはじめLED H/Lの用件、課題、今後の新技術や展望について説明する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『ハードコートの基礎・最適材料設計・各種高機能化と評価・応用展開』【2017年10月25日】
  • NEW
  • オススメ

『ハードコートの基礎・最適材料設計・各種高機能化と評価・応用展開』【2017年10月25日】

これからハードコートを研究開発しようと計画されている方、あるいは現在保有のハードコート技術をさらにブラッシュアップして課題解決および高性能化・高機能化を図ろうとされている方に基礎から実用化までを分かり易く概説する。
本講演では、ハードコート材料設計の考え方、とくに分子内および分子間有機/無機ハイブリッド材料について技術習得をしていただけると考える。また、ハードコート分野に関する今後の動向についても紹介する。

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: