現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

『微細加工技術を用いた機能性フィルムの基礎・作成・製造技術と応用・課題』【2017年12月7日】
  • NEW
  • オススメ

『微細加工技術を用いた機能性フィルムの基礎・作成・製造技術と応用・課題』【2017年12月7日】

サイズの均一な細孔が規則配列したナノホールアレー構造である陽極酸化ポーラスアルミナをナノインプリント用モールドに適用し,ポリマーや無機材料からなるナノ規則構造形成フィルムを効率的に形成するプロセス,あるいは,得られた微細構造体形成フィルムの機能的応用について我々の最近の研究成果の紹介を行う。

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『フィルムコンデンサの開発・応用と各種部材・製造工程と要求される部材特性』【2017年12月8日】
  • NEW
  • オススメ

『フィルムコンデンサの開発・応用と各種部材・製造工程と要求される部材特性』【2017年12月8日】

今日、HEV,PHEV,EV他のECOカーに加え、電車や風力太陽光発電などのパワーエレクトロニクス分野にもフィルムコンデンサが使われており、その用途範囲が広がっている。フィルムコンデンサは、Al、Znなどの金属を蒸着したフィルムを巻回して、金属膜を対向電極、フィルムを誘電体としてコンデンサを形成している。
フィルムコンデンサは、高電圧領域を得意としてきたが、基材技術、蒸着技術、素子形成技術の進化により、大きな静電容量の要求にも応えられるようになった。本稿では、最新のフィルムコンデンサの製造工程について、真空蒸着装置を中心に紹介する。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【(株)住化分析センター主催】『先端車載放熱技術を支える分析技術の進展』【2017年11月8日】
  • NEW
  • オススメ

【(株)住化分析センター主催】『先端車載放熱技術を支える分析技術の進展』【2017年11月8日】

 本講座は、産学において最前線でご活躍されている技術者を講師に招き、講師と共に車載電子機器における“熱伝導性フィラーの高充填で材料がどう変わるか” “自動車メーカーの技術者の方が求められている、使いやすい放熱・熱伝導性材料とは何か” “それを支える分析評価技術はいかにあるべきか”について、時宜を得た講座を開催致します。

価格(税込) 5,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『スマートフォン発火の原因・設計上の防止と 電池・筐体樹脂に求められる技術開発』【2017年11月16日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『スマートフォン発火の原因・設計上の防止と 電池・筐体樹脂に求められる技術開発』【2017年11月16日】

スマホの安全性の向上のための筐体材料の難燃性向上が注目されている.が、電子機器として必要な難燃性を確認し、筺体材料の難燃剤における適正な選択技術について述べたい。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『半導体洗浄の基礎・プロセス・要素技術と最新市場動向・機能水の活用』【2017年10月31日】
  • NEW
  • オススメ

『半導体洗浄の基礎・プロセス・要素技術と最新市場動向・機能水の活用』【2017年10月31日】

半導体の製造ライン及び製造プロセスでの汚染を如何に少なくして歩留りを上げるかが課題となっている。新材料系のメタルの導入も盛んに行われてきている。微細化が進んで高アスペクト比のトレンチ構造や3D構造が製品化され始めている。そこで、今までのクリーン化とは違う視点が必要になってきている。一方で各デバイスメーカーは半導体製品のコストを下げる施策を打ち出している。以上のことを踏まえて、汚染制御の必要性について講演する。

価格(税込) 34,560円~39,960 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『リチウムイオン二次電池用正極材・バインダーの開発動向と合材としての高性能化・分散・塗布・乾燥のポイント』【2017年10月27日】
  • NEW
  • オススメ

『リチウムイオン二次電池用正極材・バインダーの開発動向と合材としての高性能化・分散・塗布・乾燥のポイント』【2017年10月27日】

リチウムイオン電池のキーマテリアルの一つである正極材を、ビジネス戦略から市場動向を、技術戦略から材料の選定のポイント解説します。特に、正極材がリチウムイオン電池特性(容量、安全性、信頼性等)に及ぼす影響を考察することは、リチウムイオン電池開発や正極材料開発する上で重要になってきます。さらに、正極材を量産する上での重要なポイントを、電池の製造プロセスの観点から解説します。

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『自動車用ヘッドランプの最新技術動向・各種部材への要求・信頼性向上』【2017年10月31日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『自動車用ヘッドランプの最新技術動向・各種部材への要求・信頼性向上』【2017年10月31日】

近年LED照明の急激な普及に伴い、白色LEDの高信頼性、低コスト化、特に発光効率の著しい伸びが際だっている。自動車は信号灯系(赤、アンバー)のLED化が本格化し約10年が達とうとしている。前照灯系(白色)に関しては、それに遅れDRLやポジションランプ等が量産された。H/Lは更に数年遅れ最近少しずつ量産車が増え始めた状況である。
 本セミナーに於いて自動車用LEDランプの変遷をはじめLED H/Lの用件、課題、今後の新技術や展望について説明する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『ハードコートの基礎・最適材料設計・各種高機能化と評価・応用展開』【2017年10月25日】
  • NEW
  • オススメ

『ハードコートの基礎・最適材料設計・各種高機能化と評価・応用展開』【2017年10月25日】

これからハードコートを研究開発しようと計画されている方、あるいは現在保有のハードコート技術をさらにブラッシュアップして課題解決および高性能化・高機能化を図ろうとされている方に基礎から実用化までを分かり易く概説する。
本講演では、ハードコート材料設計の考え方、とくに分子内および分子間有機/無機ハイブリッド材料について技術習得をしていただけると考える。また、ハードコート分野に関する今後の動向についても紹介する。

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『自動運転・コネクテッドカーの最新技術動向とセキュリティ課題・応用展開・将来展望』【2017年12月11日】
  • NEW
  • オススメ

『自動運転・コネクテッドカーの最新技術動向とセキュリティ課題・応用展開・将来展望』【2017年12月11日】

自動車の脆弱性事例が多数報告されており,自動車のサイバーセキュリティ強化が必要とされている.自動運転技術についても例外ではなく,様々な脅威事例が報告されている.本講演では,今後の強化のポイントを含め,既存するセキュリティ強化技術について紹介し議論する.

価格(税込) 48,600円~59,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『CMOSイメージセンサ技術における高画質・高機能化とシステム複合化・応用展開』【2017年9月28日】
  • NEW
  • オススメ

『CMOSイメージセンサ技術における高画質・高機能化とシステム複合化・応用展開』【2017年9月28日】

著しく発展するCMOSイメージセンサもはや成熟期を迎えつつある。カメラ自体も主力は部品化(カメラモジュール化)した。新しい撮像技術の開発軸はセンサ単体からシステム融合へと移行し、性能進化から機能進化への様相を呈している。本講ではシステム融合、例えばセンサとコンピューティングの融合や異種センサとの融合などにより実現される撮像の機能進化を紹介する。現在の主力商品であるスマホカメラと、成長が期待される自動車やロボット等の要求に沿う新しい撮像機能、即ち空間計測や物体認知などの機能進化である。Key WordはComputational Imaging、機械の眼=Computer Vision、3D撮像、画像のDeep LearningそしてEmbedded Visionである。

価格(税込) 48,600円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『光学透明樹脂の分子設計・最適調整と高機能化・応用展開』【2017年9月27日】
  • NEW
  • オススメ

『光学透明樹脂の分子設計・最適調整と高機能化・応用展開』【2017年9月27日】

本講演では、高屈折率ポリマーの分子設計の基礎について述べた後、最近の高屈折率ポリマーの研究例を紹介し、さらにトリアジン環を導入することによる高屈折率化技術について解説する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『燃料電池自動車における高圧水素ガスタンクの開発と要求特性・今後の課題』【2017年8月30日】
  • NEW
  • オススメ

『燃料電池自動車における高圧水素ガスタンクの開発と要求特性・今後の課題』【2017年8月30日】

本講座では、燃料電池自動車・水素ステーションを中心とした高圧水素ガスタンクの開発と要求特性・今後の課題について解説する。具体的には、高圧水素容器の要求仕様、関連する技術基準、各種高圧容器の製造方法、各種高圧容器の開発のトレンドと技術課題について解説する。

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『導電性高分子を中心としたアルミ電解コンデンサの開発・部材への要求特性と低ESR化・高耐電圧化・耐熱性向上』【2017年8月28日】
  • NEW
  • オススメ

『導電性高分子を中心としたアルミ電解コンデンサの開発・部材への要求特性と低ESR化・高耐電圧化・耐熱性向上』【2017年8月28日】

本セミナーでは低ESR化に寄与する導電性高分子の高導電化および高耐電圧化に対する材料面からのアプローチについて最近の技術開発状況を詳細に紹介します

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『フィルム製法(溶液製膜)の基礎とスケールアップ手法、その技術的キーポイント』【2017年10月20日】
  • NEW
  • オススメ

『フィルム製法(溶液製膜)の基礎とスケールアップ手法、その技術的キーポイント』【2017年10月20日】

本セミナーにおいては、TAC溶液製膜のプロセスについて、歴史的経緯と基礎技術を紹介する。併せてプロセス開発、設計、生産性向上などに必要なスケールアップ技術のキーポイントも言及する。
【8月29日→ 10月20日に変更】

価格(税込) 27,000円~32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『次世代自動車に向けた断熱材料の開発と熱マネジメント技術 』【2017年8月23日】
  • NEW
  • オススメ

『次世代自動車に向けた断熱材料の開発と熱マネジメント技術 』【2017年8月23日】

これまで自動車には十分な熱源があることもあり、冷暖房効率改善のための断熱は注目されていなかった。高い熱効率を実現する次世代自動車では断熱技術が重要となってきている。電気自動車を例に車室の冷暖房に要するエネルギーと走行エネルギーを対比してその重要性を解説する。車室以外の自動車各部の断熱技術も紹介する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: