現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

『軟包装におけるデジタル印刷の高速化・低コスト化への技術的取り組みと採用例、インキ規制動向、今後の展望』【2017年9月27日】
  • NEW
  • オススメ

『軟包装におけるデジタル印刷の高速化・低コスト化への技術的取り組みと採用例、インキ規制動向、今後の展望』【2017年9月27日】

本セミナーでは軟包装におけるデジタル印刷の高速化・低コスト化への技術的取り組みと採用例、インキ規制動向、今後の展望について紹介します

価格(税込) 48,600円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『バリアフィルムの基礎・バリア性評価と製造プロセス・有機EL・食品包装への応用展開』【2017年9月25日】
  • NEW
  • オススメ

『バリアフィルムの基礎・バリア性評価と製造プロセス・有機EL・食品包装への応用展開』【2017年9月25日】

食品包装に使用されるバリア性フィルムについてのその付与技術、さまざまなフィルムのガス・水蒸気透過度ならびに用途例などを概説する。シリカ透明蒸着フィルムのバリア膜の変形に伴うクラックとガス透過性の関連について、実例を紹介する。有機ELの性能維持のための超防湿性のスーパーバリアフィルムが求められている。その開発状況と形成方法並びにさまざまなスーパーバリアフィルムの水蒸気透過度について紹介する。


価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『自動運転・コネクテッドカーの最新技術動向とセキュリティ課題・応用展開・将来展望』【2017年9月28日】
  • NEW
  • オススメ

『自動運転・コネクテッドカーの最新技術動向とセキュリティ課題・応用展開・将来展望』【2017年9月28日】

MAP・鮮度保持包装の開発動向と今後の課題についてじっくり学べる講座でございます。

価格(税込) 48,600円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『CMOSイメージセンサ技術における高画質・高機能化とシステム複合化・応用展開』【2017年9月28日】
  • NEW
  • オススメ

『CMOSイメージセンサ技術における高画質・高機能化とシステム複合化・応用展開』【2017年9月28日】

著しく発展するCMOSイメージセンサもはや成熟期を迎えつつある。カメラ自体も主力は部品化(カメラモジュール化)した。新しい撮像技術の開発軸はセンサ単体からシステム融合へと移行し、性能進化から機能進化への様相を呈している。本講ではシステム融合、例えばセンサとコンピューティングの融合や異種センサとの融合などにより実現される撮像の機能進化を紹介する。現在の主力商品であるスマホカメラと、成長が期待される自動車やロボット等の要求に沿う新しい撮像機能、即ち空間計測や物体認知などの機能進化である。Key WordはComputational Imaging、機械の眼=Computer Vision、3D撮像、画像のDeep LearningそしてEmbedded Visionである。

価格(税込) 48,600円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『光学透明樹脂の分子設計・最適調整と高機能化・応用展開』【2017年9月27日】
  • NEW
  • オススメ

『光学透明樹脂の分子設計・最適調整と高機能化・応用展開』【2017年9月27日】

本講演では、高屈折率ポリマーの分子設計の基礎について述べた後、最近の高屈折率ポリマーの研究例を紹介し、さらにトリアジン環を導入することによる高屈折率化技術について解説する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『燃料電池自動車における高圧水素ガスタンクの開発と要求特性・今後の課題』【2017年8月30日】
  • NEW
  • オススメ

『燃料電池自動車における高圧水素ガスタンクの開発と要求特性・今後の課題』【2017年8月30日】

本講座では、燃料電池自動車・水素ステーションを中心とした高圧水素ガスタンクの開発と要求特性・今後の課題について解説する。具体的には、高圧水素容器の要求仕様、関連する技術基準、各種高圧容器の製造方法、各種高圧容器の開発のトレンドと技術課題について解説する。

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『導電性高分子を中心としたアルミ電解コンデンサの開発・部材への要求特性と低ESR化・高耐電圧化・耐熱性向上』【2017年8月28日】
  • NEW
  • オススメ

『導電性高分子を中心としたアルミ電解コンデンサの開発・部材への要求特性と低ESR化・高耐電圧化・耐熱性向上』【2017年8月28日】

本セミナーでは低ESR化に寄与する導電性高分子の高導電化および高耐電圧化に対する材料面からのアプローチについて最近の技術開発状況を詳細に紹介します

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『次世代自動車に向けた断熱材料の開発と熱マネジメント技術 』【2017年8月23日】
  • NEW
  • オススメ

『次世代自動車に向けた断熱材料の開発と熱マネジメント技術 』【2017年8月23日】

これまで自動車には十分な熱源があることもあり、冷暖房効率改善のための断熱は注目されていなかった。高い熱効率を実現する次世代自動車では断熱技術が重要となってきている。電気自動車を例に車室の冷暖房に要するエネルギーと走行エネルギーを対比してその重要性を解説する。車室以外の自動車各部の断熱技術も紹介する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『発泡成形における基礎・成形プロセスと応用展開』【2017年7月27日】
  • NEW
  • オススメ

『発泡成形における基礎・成形プロセスと応用展開』【2017年7月27日】

発泡成形における基礎・成形プロセスと応用展開を中心に述べる。

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『フォトレジスト材料における基礎・技術動向・高感度化と各添加剤の選定』【2017年7月28日】
  • NEW
  • オススメ

『フォトレジスト材料における基礎・技術動向・高感度化と各添加剤の選定』【2017年7月28日】

光酸発生剤および光塩基発生剤を用いた感光性樹脂(レジスト、UV硬化)の基礎について述べる。さらに、酸増殖剤や塩基増殖剤を用いた高感度化の手法、硬化不良対策について筆者らの研究を中心に述べる。

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『誘電エラストマ人工筋肉の実用化について』【2017年8月30日】
  • NEW
  • オススメ

『誘電エラストマ人工筋肉の実用化について』【2017年8月30日】

 エレクトロアクティブポリマー(EAP)は、電界等を利用して伸長し、かつ力や電気を発生するソフトアクチュエータのため、近年、世界中で研究・開発が激化している。その中でも、誘電エラストマは、特に有望で、ヨーロッパでは、その標準化を狙っているし、米国では、小型アクチュエータの販売を開始した。
 しかし、その応用範囲が大変広いため、数多くの素材が必要とされ、またそれを用いたデバイスの開発も急務であり、今が最大のビジネスチャンスである!!EAPの中で一番有望なのが誘電エラストマである。

価格(税込) 37,800円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『MA包装/鮮度保持フィルム・部材を用いた青果物の鮮度保持パッケージ技術の基礎・最新動向と青果物の生理現象』【2017年6月28日】
  • NEW
  • オススメ

『MA包装/鮮度保持フィルム・部材を用いた青果物の鮮度保持パッケージ技術の基礎・最新動向と青果物の生理現象』【2017年6月28日】

MAP・鮮度保持包装の開発動向と今後の課題についてじっくり学べる講座でございます。

価格(税込) 48,600円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『各種フィラー・樹脂を用いた高熱伝導・放熱材料における設計・開発動向と応用展開』【2017年6月28日】
  • NEW
  • オススメ

『各種フィラー・樹脂を用いた高熱伝導・放熱材料における設計・開発動向と応用展開』【2017年6月28日】

放熱材料の開発動向と今後の課題についてじっくり学べる講座でございます。

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『次世代半導体ウェハにおける各種ダイシング技術とテープ技術への要望』【2017年7月26日】
  • NEW
  • オススメ

『次世代半導体ウェハにおける各種ダイシング技術とテープ技術への要望』【2017年7月26日】

コージェネレーション機器の普及に伴いパワーIC需要が拡大し、ワイドギャップ半導体、中でもSiC デバイスの市場ニーズが高まっている。SiCウェーハの抱える技術的・価格的課題も解消されつつあり、大口径化を含め量産設備の検討が始まった。ダイシングの原理から最新技術動向と応用例を、実例を交えて紹介する。

価格(税込) 39,960円~43,200 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『セルロースナノファイバーの基礎・製造課題・応用展開と産業用途別の市場動向』【2017年6月30日】
  • NEW
  • オススメ

『セルロースナノファイバーの基礎・製造課題・応用展開と産業用途別の市場動向』【2017年6月30日】

本セミナーは、基礎から製造課題、セルロースナノファイバーの樹脂複合化と染色・着色技術、自動車・産業応用上の課題の観点で、各講師に詳しく解説いただく予定です。

価格(税込) 43,200円~48,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: