現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

書籍

【CM0823】『医薬品原薬・中間体製造の開発と市場』
  • NEW
  • 限定品

【CM0823】『医薬品原薬・中間体製造の開発と市場』

本書では、原薬・中間体製造の開発現場の現状と今後の取り組み、そして、関連市場、企業動向をまとめ、原薬・中間体業界の全体像を把握できる一冊となっている。
【開発編】では、原薬・中間体製造の開発において第一線でご活躍の専門家の方々に執筆していただいた。原薬・中間体製造のスケールアップ、結晶多形制御、フローケミストリーなどの連続生産、技術移転と人材育成、さらにはバイオ医薬品のスケールアップ、規格試験について詳述されている。
【市場編】では、国内および海外の主な原薬・中間体企業別、医薬品原料専門商社別、医薬品製造受託市場、加えて原薬・中間体企業の動向を左右させる国内の医薬品政策、国内および海外の主な医薬品企業の動向などを収載した。
 本書が今後の医薬品原薬・中間体業界、ひいては、製薬業界の動向を掴むための一助になれば幸いである。

価格(税込) 91,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1073 】『農薬の創製研究の動向―安全で環境に優しい農薬開発の展開―』
  • NEW
  • 限定品

【CM1073 】『農薬の創製研究の動向―安全で環境に優しい農薬開発の展開―』

本書は各種農薬開発の全般的動向とトピックス,市場動向,登録制度,ゲノム創薬,製剤技術,生物農薬とIPM,構造活性相関,農薬と天然物,遺伝子組換え作物,中国の動向など様々な角度から農薬開発の現状と将来をまとめた。本書が,新規農薬の創製に携わる研究者・技術者および農薬製品の研究開発,マーケッティング担当の方々にお役に立てば幸甚である。

価格(税込) 95,040 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1073 】『有機分子触媒の開発と工業利用』
  • NEW
  • 限定品

【CM1073 】『有機分子触媒の開発と工業利用』

本書では、金属触媒、生体触媒に続く第三の触媒として近年大きな発展を遂げている「有機分子触媒」に着目し、有機分子触媒の最新の動向、使い方のコツを、最先端で活躍中のアカデミアおよび産業界の研究者が紹介する。本書により、今後益々多くの研究者が有機分子触媒に関心をもち、有機分子触媒を用いた新たな実用的な触媒プロセスが生み出され、企業のプロセス研究、大量合成等に用いられることを期待する。

価格(税込) 88,560 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
 『次世代ポリオレフィン総合研究 Vol.11 別冊 世界のオレフィン・ポリオレフィン プラント要覧 2018年版』

『次世代ポリオレフィン総合研究 Vol.11 別冊 世界のオレフィン・ポリオレフィン プラント要覧 2018年版』

本誌は,日本ポリオレフィン総合研究会会誌「次世代ポリオレフィン総合研究 Vol. 11,2017 年11 月発行」の第7 部「統計と調査」に属する一論文記事を別冊(別冊(CD-ROM 版))という形で発行するものです.
別冊ではありますが,研究会会誌 Vol.11 に採択された調査・研究論文です.世界のエチレン,プロピレン等の化学品基礎原料とその過半を消費するPE とPP を主体とするポリオレフィンの製造設備の主要データ及び技術の展開やプロジェクト状況についての調査であり、今後の研究開発や事業活動などの参考資料として役立てていただければ幸甚です.

価格(税込) 27,000 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1071 】『二酸化炭素・水素分離膜の開発と応用』
  • NEW
  • 限定品

【CM1071 】『二酸化炭素・水素分離膜の開発と応用』

膜による気体分離は1970年代後半の水素分離膜の実用化以来、有機高分子膜が主に用いられてきたが、近年は高選択かつ高透過性の気体分離膜を得るための新しい膜材料の設計指針の探索が続けられ、オングストロームサイズの細孔による分子ふるい能を膜に導入した無機多孔体のシリカ、ゼオライト、分子ふるい炭素や金属有機構造体(MOF)などの新規な分離膜の研究開発が活発化している。膜の実用化には、膜素材の研究開発はもとより、製膜技術、モジュール化技術、分離システムの構築の各要素技術が確立されなければならない。本書にはこれらに関する重要な高分子膜と無機膜の最近の研究成果が多数盛り込まれており、あわせて、それらの実用化例についても紹介していただいている。今後、ますます重要性を増す、地球持続のための膜分離技術のレビューとして活用していただければ幸いである。さらに、これから研究開発を展開しようとする研究者にとっても多くのヒントが得られるものと確信している。

価格(税込) 84,240 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1072 】『感覚重視型技術の最前線 ~心地良さと意外性を生み出す技術~』
  • NEW
  • 限定品

【CM1072 】『感覚重視型技術の最前線 ~心地良さと意外性を生み出す技術~』

本書は、このようなアナログ情報である感覚の重要性を再認識することから出発し、工学的観点からこれを捉えようとするものである。今回は感覚の中でも特に触覚に重点を置いている。この理由は3つ挙げられる。まず、人の感覚の中で最も定義や数値化が困難な感覚であるため。次に、現在の情報通信技術においては視聴覚情報のやり取りが先行しており、それに続くものとして触覚情報のやり取りが期待されているため。最後に、人は日常の生活環境の中で、室内の温度、明るさ、音、食事、香りには配慮していても、手ざわりに気を配ることはあまりない。しかしこの触覚にこだわりを持つことで、より生活を豊かにすることができると考えられ、現在幅広い業界で注目されている分野であるためである。特に現代のストレス社会、超高齢社会では、五感のすべてに対して日常的に心地よい刺激を与えることが、快適な生活を送るうえで重要であると考えられる。デジタル情報とアナログ情報の混在した環境で心地よく、さらには楽しく生活するためにはどのような要素技術が必要かということに焦点を当て、“心地よさと意外性を生み出す技術”という副題とした。

価格(税込) 77,760 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0824】『自動運転車・ミラーレス車用カメラ・センサの技術と市場』
  • NEW
  • 限定品

【CM0824】『自動運転車・ミラーレス車用カメラ・センサの技術と市場』

自動運転車に関しては、レベル1(運転支援)およびレベル2(部分運転自動化)は、すでに実用化から普及フェーズへと移行。2017年7月にはレベル3(条件付運転自動化)の機能が市販車に搭載されることが発表され、自動運転技術は新たなフェーズへと突入した。さらに近年、機械学習技術(ディープラーニング)の進化とビッグデータの活用による第3次人工知能(AI)ブームの到来により、IT業界・地図業界などから新たなプレイヤーが自動運転市場に参入・融合し、自動運転技術はレベル4(高度運転自動化)、さらにはレベル5(完全運転自動化)の実現へと加速している。
 このように世界中で開発競争が激化し、急速な市場拡大が予想される自動運転車・ミラーレス車に関して、本書では技術開発動向および市場動向をまとめた。本書が自動運転車・ミラーレス車関連市場の動向把握・展望予測の一助となれば幸甚である。

価格(税込) 88,560 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1061】『熱膨張制御材料の開発と応用』
  • NEW
  • 限定品

【CM1061】『熱膨張制御材料の開発と応用』

本書籍は以下のように構成されている。第1章ではロードノイズや風切り音など自動車室内における騒音現象とその主な対策方法について概説いただいている。第2章では自動車室内の騒音抑制・静粛性の確保のために用いられている制振・遮音・吸音材料について、最新動向や開発動向、またCAEによる予測手法を取り扱っている。また、第3章では、自動車室内の騒音の音質を評価する手法や、防音材の適正化により制御する方法についてまとめている。最後に第4章では、遮音・吸音材料の実験的あるいは解析的な評価手法と自動車への応用事例について述べている。

価格(税込) 77,760 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1061】『自動車用制振・遮音・吸音材料の最新動向』
  • NEW
  • 限定品

【CM1061】『自動車用制振・遮音・吸音材料の最新動向』

本書籍は以下のように構成されている。第1章ではロードノイズや風切り音など自動車室内における騒音現象とその主な対策方法について概説いただいている。第2章では自動車室内の騒音抑制・静粛性の確保のために用いられている制振・遮音・吸音材料について、最新動向や開発動向、またCAEによる予測手法を取り扱っている。また、第3章では、自動車室内の騒音の音質を評価する手法や、防音材の適正化により制御する方法についてまとめている。最後に第4章では、遮音・吸音材料の実験的あるいは解析的な評価手法と自動車への応用事例について述べている。

価格(税込) 79,920 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND023】 『IoT時代のセンサ技術の仕組みと種類・課題、産業界別用途例、 周辺機器・材料動向、将来展望』
  • NEW
  • 限定品

【AND023】 『IoT時代のセンサ技術の仕組みと種類・課題、産業界別用途例、 周辺機器・材料動向、将来展望』

 本書はIoT時代が注目を浴びる現在、IOT時代のセンサ技術がどうあるのか、また、産業界でのセンサ技術の様々な用途とその課題、これからのセンサ技術のお手本とその将来像についての書籍となっている。

価格(税込) 37,800 円 詳しくはこちら

冊数:
講座セット割引:
個数:
【CM1063 】『バイオフィルム制御に向けた構造と形成過程―特徴・問題点・事例・有効利用から読み解くアプローチ―』
  • NEW
  • 限定品

【CM1063 】『バイオフィルム制御に向けた構造と形成過程―特徴・問題点・事例・有効利用から読み解くアプローチ―』

本書ではバイオフィルム研究の最前線でご活躍されている先生方に、第1章「バイオフィルム構造と形成機構」について、第2章「バイオフィルム形成が及ぼす問題点と制御・防止対策」について、ご執筆いただき、現在微生物汚染の大きな問題点であるバイオフィルム対策の一助となればと考えている。一方で、バイオフィルムには単一の微生物細胞とは異なるヒトにとって有益な機能を発揮する例も数多く報告されている。第3章「バイオフィルムの有効利用」として将来の微生物利用に向けたバイオフィルムの可能性についても議論いただいた。これらを通して微生物とヒト社会の良い距離間を保った共存が可能になればと願っている。

価格(税込) 77,760 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0825 】『機能性農業用フィルムの開発と市場』
  • NEW
  • 限定品

【CM0825 】『機能性農業用フィルムの開発と市場』

本書は、機能性農業用フィルム・被覆資材等の開発動向と、近年の市場の動向について最新の情報を解説している。TPPの実施に向け、政府は「攻めの農林水産業」を政策に打ち出し、農業が大きな転換期を迎える今、農業用フィルムの開発に携わっている企業・研究者の方、機能性農業用フィルムを利用されている方に加え、異業種から農業への進出をご検討の企業の方にもぜひ一読していただき、今後の研究開発、普及の一助となることを期待する。

価格(税込) 91,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND022】 『青果物の鮮度・栄養・品質保持技術としての各種フィルム・包装での最適設計』
  • NEW
  • 限定品

【AND022】 『青果物の鮮度・栄養・品質保持技術としての各種フィルム・包装での最適設計』

 本書は今現在、鮮度保持フィルムや容器開発においてフィルム等を用いる技術者の助けとなる書籍をめざし、企画いたしました。
 本書が鮮度保持フィルム分野の技術において技術課題や最新動向を把握する上で、参考となれば幸いでございます。

価格(税込) 54,000 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0721】『2018年版 ファインケミカル年鑑』
  • NEW
  • 限定品

【CM0721】『2018年版 ファインケミカル年鑑』

今年で45周年を迎える本書は、国内唯一のファインケミカル産業の動向や貴重な化学品の各種データをとりまとめ、変化の大きい現代の指針としてご活用いただけるものと考えております。

 業種編は、「医薬品・香粧品工業」、「既存ファインケミカル工業」、「エレクトロニクス産業とファインケミカルス」、「工業用薬剤・添加剤」の4部構成で、再生医療、バイオ医薬品など新規項目を加えた36工業を取り上げ、統計や取材から、生産・輸出入・業界動向をまとめています。また、製品編ではファインケミカル中間体や原材料など100品目に関する製法・生産・需要動向・価格などのデータを収録しています。

 本書は、報道、解説されることの少ないファインケミカル産業の動向のまとまった資料であり、変化の大きい現代の指針の一つとしてご活用いただけるものと考えております。本書が各企業の経営戦略立案に役立つことができましたら幸いです。

価格(税込) 75,600 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0822 】『リチウムイオン電池の開発と市場 2018』
  • NEW
  • 限定品

【CM0822 】『リチウムイオン電池の開発と市場 2018』

今後の成長が期待されると同時に競争激化が予想されるLiBの開発動向と市場動向について、世界が電動車の普及拡大を表明したタイミングで、分かりやすく把握できるよう本書を企画した。
【開発編】では、LiBで今後求められる技術、正極材料、負極材料、電解液、セパレータ、バインダー、安全性・性能評価、安全化技術、全固体リチウムイオン電池、車載用LiB、電動車市場の展望について、各分野の代表的な専門家の方々に解説して頂いた。
【市場編】では、LiBの生産概況、構成材料の市場動向(9部材)、用途別市場動向(小型モバイル用途・中型パワー用途・大型パワー用途・大型エネルギー用途)、ハイブリッド車(HV)・PHV・EVの市場動向、主要メーカーの動向について独自取材に基づき、図表・写真を多用して最新のマーケット情報を分かりやすく掲載している。
電池・材料・製造装置・自動車・化学メーカーなど、リチウムイオン電池に関心をお持ちの方々へ向けて、激動の開発・市場動向についての情報収集の一助となれば幸いである。

価格(税込) 91,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数: