現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

書籍

【NB303】『人と協働するロボット革命最前線 ~基盤技術から用途、デザイン、利用者心理、ISO13482、安全対策まで~』
  • NEW
  • オススメ

【NB303】『人と協働するロボット革命最前線 ~基盤技術から用途、デザイン、利用者心理、ISO13482、安全対策まで~』

 再生医療の基盤技術となる、ティッシュエンジニアリングの最新技術動向を追う。

価格(税込) 45,360 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1057】『最新フォトレジスト材料開発とプロセス最適化技術』
  • NEW
  • 限定品

【CM1057】『最新フォトレジスト材料開発とプロセス最適化技術』

IoTに対応する半導体プロセス微細化や3次元微細構造の採用により需要が高まるフォトレジスト材料および露光技術の特長を最大限に発揮させるためのレジストプロセス技術の最適化を徹底解説!
(監修:河合 晃)

価格(税込) 88,560 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0821】『再生医療用培養容器とケミカルス2017 ~技術と市場~』
  • NEW
  • 限定品

【CM0821】『再生医療用培養容器とケミカルス2017 ~技術と市場~』

平成25年(2013年)に、通称「再生医療推進法」、「再生医療等安全性確保法」、「医薬品医療機器等法」が成立した。これらの法律の施行により再生医療の研究開発や普及、安全性確保が加速している。

価格(税込) 91,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1056】『レドックスフロー電池の開発動向』
  • NEW
  • 限定品

【CM1056】『レドックスフロー電池の開発動向』

レドックスフロー電池研究をまとめた初の成書!電解液、電極、双極板などの部材から評価手法、トレンドの有機レドックスフロー電池まで網羅!
(監修:野﨑 健、佐藤 縁)

価格(税込) 79,920 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CT1052】『フレキシブル熱電変換材料の開発と応用』
  • NEW
  • 限定品

【CT1052】『フレキシブル熱電変換材料の開発と応用』

熱電変換素子には、19世紀前半の有名なオームの実験に使われたことでもわかるように、100年以上の長い歴史があります。しかし、有機あるいは有機無機ハイブリッド材料を中心とするフレキシブル熱電変換素子に向けた研究が盛んになってきてからまだ10年経っておらず、本書「フレキシブル熱電変換材料の開発と応用」も、まだ研究途上の新材料や新技術が多数掲載されています。このようなホットな内容をお届けすることで、少しでも多くの研究者の方々に、フレキシブル熱電変換素子を世に送り出す研究に参加して頂く一助となれば幸いです。

価格(税込) 82,080 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CT1051】『高分子微粒子ハンドブック』
  • NEW
  • 限定品

【CT1051】『高分子微粒子ハンドブック』

本書籍はシーエムシー出版が発行するゾル-ゲル法に関する書籍シリーズの5冊目にあたる。ゾル-ゲル法にかかわる最新の学術・技術情報を提供していただくべく、今回も第一線で活躍しておられる国内の研究者の方々に執筆をお願いした。その結果、大学から31件、企業から7件、公的研究機関から4件(大学との共著1件を含む)、計41件の記事を集録することができた。

価格(税込) 88,560 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CT1054】『ゾル-ゲルテクノロジーの最新動向』
  • NEW
  • 限定品

【CT1054】『ゾル-ゲルテクノロジーの最新動向』

本書籍はシーエムシー出版が発行するゾル-ゲル法に関する書籍シリーズの5冊目にあたる。ゾル-ゲル法にかかわる最新の学術・技術情報を提供していただくべく、今回も第一線で活躍しておられる国内の研究者の方々に執筆をお願いした。その結果、大学から31件、企業から7件、公的研究機関から4件(大学との共著1件を含む)、計41件の記事を集録することができた。

価格(税込) 92,880 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CS0818】『不織布の技術と市場』
  • NEW
  • 限定品

【CS0818】『不織布の技術と市場』

不織布が使われる用途は、衣料・インテリア、医療・衛生、土木・建築、自動車、農業、生活資材、産業資材など広範にわたる。近年は紙おむつなど医療・衛生用途での需要が世界的にも拡大、市場を牽引してきた。また、2016年は自動車向けの生産量が5万1、675トンで依然好調である。これは内装材や吸音材、外気吸入フィルターなどへの採用増が要因と考えられる。
このように市場が拡大し続ける不織布について、技術動向と市場動向の全体を把握できる書籍をまとめたいという考えから本書を企画した。

価格(税込) 91,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1050】『有機エレクトロニクス封止・バリア技術の開発』
  • NEW
  • 限定品

【CM1050】『有機エレクトロニクス封止・バリア技術の開発』

本書は3編に分かれており、第1編では、デバイスの側からの封止・バリア技術への要求事項などがわかるようになっている。第2編では、非常に高いレベルでの封止・バリア技術についての理論と最新技術、関連材料が詳解されている。第3編では、第2編で述べられた材料を評価するための技術と取り組みについて解説されている。
 最後に、本書はフレキシブル有機エレクトロニクスのエンジニアの参考になる内容を目指したが、この本をご覧になった方が、本書から新しいデバイスや製品のアイディアを得て、夢のような製品を生み出すきっかけづくりができたとすれば、望外の喜びである。

価格(税込) 82,080 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CS0816】『最先端の有機EL ―基礎物理・材料化学・デバイス応用と解析技術―』
  • NEW
  • 限定品

【CS0816】『最先端の有機EL ―基礎物理・材料化学・デバイス応用と解析技術―』

2007年に『有機ELのデバイス物理・材料化学・デバイス応用』を出版してから10年が経過した。本書ではOLEDの過去10年間の進展を中心に取りまとめている。材料面では熱活性化遅延蛍光材料(TADF)という第三世代の革新的な発光材料が、デバイス物理では素子の劣化機構の解析が、プロセス関連ではフレキシブル化に関する研究開発が著しく進展してきた。出口に実用化というゴールがあると科学技術に誤魔化しが効かないことがOLEDの進化をさらに加速してきたように感じる。学問的にもいよいよSi半導体に匹敵するような有機半導体の学理が確立されようとしている。本書が次の10年間のOLEDの科学技術の発展の方向性を与えることができれば編集者としては大変嬉しく思う。

2017年3月
安達千波矢、藤本 弘 

価格(税込) 97,200 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1044】『車載用リチウムイオン電池の高安全・評価技術』
  • NEW
  • 限定品

【CM1044】『車載用リチウムイオン電池の高安全・評価技術』

本書は2009年2月に刊行された『リチウムイオン電池の高安全技術と材料』、14年8月に刊行された『リチウムイオン電池の高安全・評価技術の最前線』に続く第3弾として企画された書籍である。中でも本書籍の特徴は、車載用に焦点を当てたところにある。前回の書籍を刊行した時点から3年が経過する中、自動車の電動化は一気に大きな波としてグローバルに伝播している。
2018年の米国ZEV(Zero Emission Vehicle)規制強化、同様に18 年から導入される中国のNEV(New Energy Vehicle)規制、そして21年から段階的に強化される欧州CO2規制が自動車の電動化を加速させている大きな要素となっている。

価格(税込) 86,400 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1046】『泡の生成メカニズムと応用展開』
  • NEW
  • 限定品

【CM1046】『泡の生成メカニズムと応用展開』

液体が空気を包んでできたものが「泡」であり、多くの場合、石けんなどの界面活性剤を添加することによって液体と空気が接する表面が安定化されている。いうまでもなく、泡は洗浄料・化粧品・食品・医薬品などさまざまな分野で、はるか昔から利用されているが、ひとつひとつの泡が生成するプロセスや、球状のバブルが集って構築するフォームの構造、レオロジーなどの物理的な特性には不明の部分が多かったこともあり、そのふるまいをコントロールすることは難しかった。ところが、この数十年の間に高速カメラなどを用いて泡ができては消えていく瞬間を観察することや物理的な解析を行うことが可能になったり、新しい起泡性界面活性剤や泡質コントロール剤が開発されたことで、起泡性製剤の処方設計の幅が広がり、商品開発上の新たな可能性が生まれてきた。そこで今回は、最新の泡関連の研究を集めた書籍を刊行することとなった。

価格(税込) 77,760 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1045】『ポリイミドの機能向上技術と応用展開』
  • NEW
  • 限定品

【CM1045】『ポリイミドの機能向上技術と応用展開』

本書はポリイミドの基礎から機能向上技術、そして将来の応用展開について網羅している。本書の著者は、いずれもその分野の第一線で活躍されている専門家であり、多くの方は日本ポリイミド・芳香族系高分子研究会のメンバーである。ご多忙中、執筆を快諾していただいたことに感謝申し上げたい。本書の第1編は基礎編であり、ポリイミドの分子設計と合成について述べられている。第2編はポリイミドの機能向上技術動向について様々な内容から構成されている。設計、処理、複合/アロイ化、ハイブリッド化、ポリイミド材料の評価など、多彩である。第3編はポリイミドの応用について述べられ、ポリイミドを直接あるいは改質してメモリー、触媒、グラファイトへの展開が図られている。
 本書が、長い歴史を持つポリイミドに新たな命を吹き込み、その発展に貢献できれば幸いである。

東京工芸大学
松本利彦

価格(税込) 77,760 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【DRK001】 『高周波用銅張積層板 技術調査』
  • NEW
  • 限定品

【DRK001】 『高周波用銅張積層板 技術調査』

 本書は今現在、高周波用銅張積層板を用いる技術者の助けとなる書籍をめざし、企画いたしました。
 とりわけ、フッ素樹脂を中心としてなどをメインに本分野に詳しい方にご解説いただいております。
 本書が高周波用銅張積層板分野の技術において技術課題や特許状況を把握する上で、参考となれば幸いでございます。

価格(税込) 64,800 円 詳しくはこちら

冊数:
講座セット割引:
個数:
【CM1039】『医療用バイオマテリアルの研究開発』
  • NEW
  • 限定品

【CM1039】『医療用バイオマテリアルの研究開発』

本書では、生体適合性を獲得の歴史から最先端の材料やデバイスまで、臨床応用されるまでの審査や規制も含めて一冊でカバーできるような内容になっている。長年の多くの研究を理解し、これまで想像できなかったような研究を開拓するためのハンドブックとして多くの若い研究者の参考にして頂きたいと切に願う次第である。(本書「刊行にあたって」より)

価格(税込) 82,080 円 詳しくはこちら

冊数:
個数: