現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

書籍

【CT1052】『フレキシブル熱電変換材料の開発と応用』
  • NEW
  • 限定品

【CT1052】『フレキシブル熱電変換材料の開発と応用』

熱電変換素子には、19世紀前半の有名なオームの実験に使われたことでもわかるように、100年以上の長い歴史があります。しかし、有機あるいは有機無機ハイブリッド材料を中心とするフレキシブル熱電変換素子に向けた研究が盛んになってきてからまだ10年経っておらず、本書「フレキシブル熱電変換材料の開発と応用」も、まだ研究途上の新材料や新技術が多数掲載されています。このようなホットな内容をお届けすることで、少しでも多くの研究者の方々に、フレキシブル熱電変換素子を世に送り出す研究に参加して頂く一助となれば幸いです。

価格(税込) 82,080 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CS0816】『最先端の有機EL ―基礎物理・材料化学・デバイス応用と解析技術―』
  • NEW
  • 限定品

【CS0816】『最先端の有機EL ―基礎物理・材料化学・デバイス応用と解析技術―』

2007年に『有機ELのデバイス物理・材料化学・デバイス応用』を出版してから10年が経過した。本書ではOLEDの過去10年間の進展を中心に取りまとめている。材料面では熱活性化遅延蛍光材料(TADF)という第三世代の革新的な発光材料が、デバイス物理では素子の劣化機構の解析が、プロセス関連ではフレキシブル化に関する研究開発が著しく進展してきた。出口に実用化というゴールがあると科学技術に誤魔化しが効かないことがOLEDの進化をさらに加速してきたように感じる。学問的にもいよいよSi半導体に匹敵するような有機半導体の学理が確立されようとしている。本書が次の10年間のOLEDの科学技術の発展の方向性を与えることができれば編集者としては大変嬉しく思う。

2017年3月
安達千波矢、藤本 弘 

価格(税込) 97,200 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【SP0001】『農業IT化・スマート農業の現状と将来展望 2016年版』
  • NEW
  • 限定品

【SP0001】『農業IT化・スマート農業の現状と将来展望 2016年版』

このレポートでは、農業ICTの製品概要や活用事例動向について、主要企業の取り組み、先進的な事例を紹介しました。 本調査では、現在取組まれている農業IT 化の動向について、分野別に最新動向を調査し、今後の農業IT 化の市場性と将来性を明らかにしました。

価格(税込) 135,000 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【NB309】『再生可能エネルギー開発・運用にかかわる法規と実務ハンドブック』
  • NEW
  • オススメ

【NB309】『再生可能エネルギー開発・運用にかかわる法規と実務ハンドブック』

改正電気事業法対応、電力自由化戦略、COP21目標達成、新エネルギー事業創出へ向けてこの1冊!

価格(税込) 41,040 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【NB308】『表面・界面技術ハンドブック ~材料創製・分析・評価の最新技術から先端産業への適用、環境配慮まで~』
  • NEW
  • オススメ

【NB308】『表面・界面技術ハンドブック ~材料創製・分析・評価の最新技術から先端産業への適用、環境配慮まで~』

「表面」「界面」の形成技術、分析・評価技術、予測技術、日本発の先端技術との関わり、安全や環境配慮を網羅して編纂。

価格(税込) 62,640 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【NB307】『インプラント型電子メディカルデバイス』
  • NEW
  • オススメ

【NB307】『インプラント型電子メディカルデバイス』

欧米で認可が進む主力のインプラント型電子メディカルデバイスについて、最新のテクノロジーやデザイン技術を中心にわかりやすく解説。
人体の部位毎に章立てされ、デバイスやアプリケーションに関わる解剖学的・生理学的根拠についても言及。

価格(税込) 37,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【NB306】『カーボンナノチューブ・グラフェンの応用研究最前線 ~製造・分離・分散・評価から半導体デバイス・複合材料の開発、リスク管理まで~』
  • NEW
  • オススメ

【NB306】『カーボンナノチューブ・グラフェンの応用研究最前線 ~製造・分離・分散・評価から半導体デバイス・複合材料の開発、リスク管理まで~』

カーボンナノチューブの発見から四半世紀、グラフェンが注目されて10年の節目に、今後の進展につながる用途開発と基礎的な分野を概観する1冊。

価格(税込) 64,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【NB305】『油脂のおいしさと科学 ~メカニズムから構造・状態、調理・加工まで~』
  • NEW
  • オススメ

【NB305】『油脂のおいしさと科学 ~メカニズムから構造・状態、調理・加工まで~』

アクチュエータやセンサを開発・作成するための実務用手引書。

詳細な説明はもちろん、材料選定方法から、実用化にあたって課題となっていた問題点の解決方法、流用できる回路図などに加え、形状記憶合金の「変形・変態挙動解析ソフト」をダウンロードして活用できる、実務のための一冊。

幅広い利用価値のある形状記憶合金は、使いこなせればそこには明るい未来がある。

価格(税込) 38,880 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【NB304】『形状記憶合金 産業利用技術  ~基礎およびセンサ・アクチュエータの設計技法~』
  • NEW
  • オススメ

【NB304】『形状記憶合金 産業利用技術  ~基礎およびセンサ・アクチュエータの設計技法~』

アクチュエータやセンサを開発・作成するための実務用手引書。

詳細な説明はもちろん、材料選定方法から、実用化にあたって課題となっていた問題点の解決方法、流用できる回路図などに加え、形状記憶合金の「変形・変態挙動解析ソフト」をダウンロードして活用できる、実務のための一冊。

幅広い利用価値のある形状記憶合金は、使いこなせればそこには明るい未来がある。

価格(税込) 42,120 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【NA0003】『2017 車載カメラ徹底解説』
  • NEW
  • 限定品

【NA0003】『2017 車載カメラ徹底解説』

ぶつからない機能ADAS、スマホが自動車につながる機能が世界中に広がり自動運転が間近になっている。そして、AI技術の進歩により全ての「もの」の知性が高まりIoTが本格化する兆しが見えてきた。本書ではこれら動向・技術を詳述する。

価格(税込) 29,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【NA0002】『2016 カメラモジュール徹底解説』
  • NEW
  • 限定品

【NA0002】『2016 カメラモジュール徹底解説』

Smartphone向けでは、カスタマイズ化による少量多品種生産に伴い、レンズをはじめとする部品の低コスト化が不可欠で、カメラモジュールの標準化も必要となっています。また、Smartphoneの低背化の進展にともない超薄型Lensが実現可能なCasting WLOの話題性が高まっています。Casting WLOはリフローカメラモジュール用として開発されたものですが、その耐熱性の高さから車載用のLensとしても期待が高まっています。さらにADAS、自動運転、そしてその先のIoT本格化に向けた流れが活性化しており、それらの機器では「眼の機能」としてのカメラモジュールの役割がますます高まり、巨大な市場の形成が期待されています。こうしたカメラモジュールにおける現状と動向、市場動向、事業戦略、設計技術、製造技術、部品の技術動向などについて、徹底解説しました。

価格(税込) 24,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【NA0001】『2016 車載カメラ徹底解説』
  • NEW
  • 限定品

【NA0001】『2016 車載カメラ徹底解説』

本書では、車載カメラを取り巻く環境の変化の様子、自動運転に向けた自動車業界の動向、車載カメラの市場・技術動向、そして将来的にIoTに向かう市場の流れ、IoT時代には最適なWLOを使用したカメラモジュールなど、多面的に徹底解説しました。

価格(税込) 24,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0994】『電波吸収材およびシールド材の開発とその応用』
  • NEW
  • 限定品

【CM0994】『電波吸収材およびシールド材の開発とその応用』

本書は最近の電波吸収技術とシールド技術をまとめたもので、この分野に興味を持たれる方々や、この分野に実際に携わっている方々の役に立てて頂きたいと考えている。

価格(税込) 71,280 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0993】『燃料電池自動車の開発と材料・部品』
  • NEW
  • 限定品

【CM0993】『燃料電池自動車の開発と材料・部品』

本書はFCVおよびFCの発展を支える材料や部品に着目し、開発動向や技術課題を各分野の第一線でご活躍中の方々にご執筆いただいた。更に水素ステーションや水素製造・貯蔵に関わる材料や部品についても解説いただいた。
燃料電池および水素エネルギーに興味をお持ちの方々に本書をお勧めします。

価格(税込) 75,600 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND018】 『フィルム成形のプロセス技術』
  • NEW
  • オススメ

【AND018】 『フィルム成形のプロセス技術』

本書はフィルム成形の成形技術を中心に、この分野を専門にしている方々にフィルムの基礎技術を修得できるように、押出機、ダイ、Tダイキャスト法、インフレーション法、二軸延伸法であるテンター法およびチューブラー法、さらに二次加工、添加剤や物性を考える上で重要な高次構造の解析に関する内容について、各部門の一線で活躍されている方々に執筆をお願いした。フィルム成形の基本的な考え方と実際の製品を製造するための成形技術・材料の両方を理解することにより、さらに興味と理解が深まると思っているので、これらの観点から本書を活用してもらえたら、幸いである。

価格(税込) 64,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数: