現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

書籍

【CM1089】『ベンゾオキサジン樹脂の新しい設計と応用展開』
  • NEW
  • 限定品

【CM1089】『ベンゾオキサジン樹脂の新しい設計と応用展開』

 ベンゾオキサジンに関する日本語での総説や解説記事は多くあったが、成書はなかった。今回、シーエムシー出版からお話をいただき、佐世保工業高等専門学校の古川信之先生と近畿大学分子工学研究所の遠藤 剛先生に共同監修者になっていただき、発刊に向けて協議した。幅広い分野をカバーするため、できる限り多くの研究者の方々に協力をお願いした。外国からも、米国の石田先生を始め、親日家でもあるトルコのYusuf Yagci先生とタイのSarawut Rimdusit先生のグループにご協力いただいた。
 本書が新たなきっかけとなって、次世代ネットワークポリマーとしての実用化が大きく展開することを願っている。

価格(税込) 86,400 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CZ0210】『電動車・電池構成材料の市場動向』
  • NEW
  • 限定品

【CZ0210】『電動車・電池構成材料の市場動向』

自動車・電池・材料・製造装置・電機・化学メーカーなど、電動車および車載用電池に関心をお持ちの方々へ向けて、激動の開発・市場動向についての情報収集の一助となれば幸いである。

価格(税込) 108,000 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1090】『プリンテッドエレクトロニクス実用化最前線』
  • NEW
  • 限定品

【CM1090】『プリンテッドエレクトロニクス実用化最前線』

プリンテッドエレクトロニクスがまだプリンタブルエレクトロニクスと言われていた頃に始まった材料やプロセスなどの基礎研究から,実用化を目指した技術開発のフェイズへと進展してきたこの技術分野は,今まさに製品を生み出そうというところにまで達している。そこで今回,実用化の最前線に立つ方々に各章をご執筆頂くことで,眼前に迫ったプリンテッドエレクトロニクスの実現する社会を予見して頂ければ幸いである。

価格(税込) 86,400 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1087】『耐熱性高分子材料の最新技術動向』
  • NEW
  • 限定品

【CM1087】『耐熱性高分子材料の最新技術動向』

本書は,上記の多様な分野における耐熱性高分子材料の最新の技術動向について俯瞰できる充実した内容となっているが,これもひとえにご多忙な中にもかかわらずご執筆を快諾くださり,貴重な原稿をお寄せいただいた先生方のおかげであり,厚く御礼申し上げる次第である。本書が耐熱性高分子材料の研究者・技術者,および耐熱性高分子材料の知識を必要とされている方々にとっての一助となることを期待している。

価格(税込) 82,080 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1088】『機能性ポリウレタンの進化と展望』
  • NEW
  • 限定品

【CM1088】『機能性ポリウレタンの進化と展望』

ポリウレタンの合成、構造、物性の基礎から応用展開までの最新の考え方と研究開発動向が専門家方々の執筆によりなされている本書を、研究者・技術者皆様の側に置いて頂き、今後のポリウレタンの進化に貢献できれば幸いである。

価格(税込) 90,720 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1081】『有機フッ素化合物の最新動向』
  • NEW
  • 限定品

【CM1081】『有機フッ素化合物の最新動向』

広範な範囲を網羅した本書ではあるが、それぞれのトピックは、極めて専門的かつ最新であり、今後の有機フッ素化学の第二次成長の糧になることに疑いはなく、読者の皆様に有意義な情報を数多く提供できるものと確信している。

価格(税込) 88,560 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1085】『βグルカンの基礎研究と応用・利用の動向』
  • NEW
  • 限定品

【CM1085】『βグルカンの基礎研究と応用・利用の動向』

βグルカン研究は、長い歴史を有し、免疫増強に関する研究をけん引してきた。βグルカン研究にはこれからも同様の使命が課せられている。本書では、基礎研究ならびに応用研究について第一線で活躍している方々に執筆していただいた。本書が基礎ならびに応用研究の発展に貢献できれば幸いである。

価格(税込) 84,240 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1081】『空中ディスプレイの開発と応用展開』
  • NEW
  • 限定品

【CM1081】『空中ディスプレイの開発と応用展開』

本書を通じて,空中ディスプレイは,今や夢の技術ではなく,産業に結びつく現実の技術であることを理解いただけることと思う。読者や執筆者の皆様とともに新しい産業の隆盛を迎えられればと願っている。

価格(税込) 84,240 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND024】 『次世代デジタル印刷の仕組みと技術的特長、軟包装・容器への応用・採用例、将来展望』
  • NEW
  • オススメ

【AND024】 『次世代デジタル印刷の仕組みと技術的特長、軟包装・容器への応用・採用例、将来展望』

日本もやっと軟包装印刷にデジタル印刷の時代が到来した感じである。ここに来るまでに相 当の時間がかかった。株式会社AndTechより本書の発刊企画の話があり、包装関係者がデジタル印刷を理解するために役立てばと思い、多くの業界の専門家に 御執筆頂いた書籍である。御執筆頂いた方々には、ご多忙の中、執筆の時間を割いて頂き紙面をお借りし てお礼を申し上げる次第である。最後に、当書が多くの包装関係者が本書でデジタル印刷を理解して実用化し、70億人分の1 億人の日本市場から70億人分の69億人の世界市場に向かって、包装ビジネスを展開される一 助になれば幸いである。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1079】『ドラッグデリバリーシステム-バイオ医薬品創成に向けた組織、細胞内、核内送達技術の開発-』
  • NEW
  • 限定品

【CM1079】『ドラッグデリバリーシステム-バイオ医薬品創成に向けた組織、細胞内、核内送達技術の開発-』

本書では、再生医療、創薬スクリーニングに資する立体的組織・臓器の調製技術ならびにその活用について、「3次元細胞培養技術」、「周辺材料」、「装置・システム構築」、「応用展開」に分け、基礎から応用まで広く紹介し、「立体的生体構造物を創る技術」の指南書として、ご活用いただければと願っております。

価格(税込) 84,240 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1080 】『スマートセルインダストリー -微生物細胞を用いた物質生産の展望-』
  • NEW
  • 限定品

【CM1080 】『スマートセルインダストリー -微生物細胞を用いた物質生産の展望-』

 バイオテクノロジーは急速な技術革新が進んでいる分野であり、人々や社会が抱える問題の解決、新市場創出の実現に大きな可能性を有する技術領域であり、Society5.0で実現する社会にも貢献するものと考えられる。そのためには、本領域における研究開発から市場投入までの一連の流れを、複数の関係機関が有機的に連携しながら進める必要があり、スマートセルインダストリー構築においても、これまで以上に、産学官連携や異分野融合等を促進しなければいけない。

価格(税込) 79,920 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1077】『再生医療・創薬のための3次元細胞培養技術』
  • NEW
  • 限定品

【CM1077】『再生医療・創薬のための3次元細胞培養技術』

本書では、再生医療、創薬スクリーニングに資する立体的組織・臓器の調製技術ならびにその活用について、「3次元細胞培養技術」、「周辺材料」、「装置・システム構築」、「応用展開」に分け、基礎から応用まで広く紹介し、「立体的生体構造物を創る技術」の指南書として、ご活用いただければと願っております。

価格(税込) 75,600 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0827】『高分子添加剤の技術と市場2018』
  • NEW
  • 限定品

【CM0827】『高分子添加剤の技術と市場2018』

プラスチックの物性低下や外観不良などを抑える安定剤と,プラスチックの用途に応じて物性,性能などを改善するための改質剤とに大別できる。これらの添加剤は,プラスチックの種類や用途によって異なるが,プラスチック材料やプラスチックフィルム,成形品などの製品の需要・生産動向に大きく左右される。
 2017年のプラスチック材料の生産高は,前年比3%増の1,107万4,508トンとなった。
 本書は高分子添加剤の技術と市場をまとめ,添加剤メーカーや樹脂メーカーの方々に最新の情報を提供することを目的とした。技術編は各分野の第一線でご活躍中の方々にご執筆いただいた。市場編は弊社で統計資料や各種記事を収集し,さらに関連メーカーの方々にご教示いただきまとめた。
 本書が高分子添加剤やプラスチックおよびプラスチック加工関連の方々のお役に立てれば幸甚に存じます。

価格(税込) 91,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0209】『機能性食品容器・包装材料の開発と市場』
  • NEW
  • 限定品

【CM0209】『機能性食品容器・包装材料の開発と市場』

機能性容器・包装材料の国内市場は、近年の中食市場の拡大に伴って食品向けの需要が拡大している。高齢世帯や単身世帯の増加、女性の社会進出による共働き世帯の増加を背景に、レトルト食品・チルド食品向けの容器や包装材料が好調である。とりわけ電子レンジに対応した高付加価値製品の需要が高まっている。また、食品の長期保存を可能にするバリアフィルム、品質保持を高める脱酸素フィルム、環境に配慮したバイオプラスチック容器など、技術革新はめまぐるしく進み、豊かな食生活の提供に貢献している。
 本書は機能性食品容器・包装材料について、メーカーの開発動向や法規性・表示や市場動向について、最新情報をまとめている。開発に携わっている企業・研究者の方、利用されている方にもぜひ一読していただき、今後の研究開発の一助となることを期待する。

価格(税込) 91,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1073 】『農薬の創製研究の動向―安全で環境に優しい農薬開発の展開―』
  • NEW
  • 限定品

【CM1073 】『農薬の創製研究の動向―安全で環境に優しい農薬開発の展開―』

本書は各種農薬開発の全般的動向とトピックス,市場動向,登録制度,ゲノム創薬,製剤技術,生物農薬とIPM,構造活性相関,農薬と天然物,遺伝子組換え作物,中国の動向など様々な角度から農薬開発の現状と将来をまとめた。本書が,新規農薬の創製に携わる研究者・技術者および農薬製品の研究開発,マーケッティング担当の方々にお役に立てば幸甚である。

価格(税込) 95,040 円 詳しくはこちら

冊数:
個数: