現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

バイオミメティクスの最新動向と材料開発、応用例、製品認証、今後の展開【2019年3月29日】
  • NEW
  • オススメ

バイオミメティクスの最新動向と材料開発、応用例、製品認証、今後の展開【2019年3月29日】

本セミナーでは、2011年に国際標準化機構(ISO)へのバイオミメティクスの標準化提案以降の各国バイオミメティクス製品や最近の技術開発動向。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『青果物における鮮度低下メカニズム・鮮度評価法と品質保持の最新技術・包装設計』【2019年2月25日】
  • NEW
  • オススメ

『青果物における鮮度低下メカニズム・鮮度評価法と品質保持の最新技術・包装設計』【2019年2月25日】

本講では青果物の鮮度保持技術について解説する。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『全固体リチウムイオン二次電池の基礎と最新研究動向』【2019年2月27日】
  • NEW
  • オススメ

『全固体リチウムイオン二次電池の基礎と最新研究動向』【2019年2月27日】

 不燃性の固体電解質の適用は、安全性の改善だけなく、体積エネルギー密度の向上や使用可能な温度範囲の拡大につながり、リチウム二次電池の可能性を大きく広げる。しかし、従来の電池技術だけでは、この新しい電池を実現することは難しい。本講演では、全固体電池を構成する各部材の開発から電池作製までの各段階について、最近の取り組みと課題を紹介する。また、電池の全固体化によって実現される新たな電池の用途についても言及する。

価格(税込) 27,000円~37,800 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『導電性高分子のメカニズムと高導電化のための溶媒・化合物添加技術、デバイス応用』【2019年2月28日】
  • NEW
  • オススメ

『導電性高分子のメカニズムと高導電化のための溶媒・化合物添加技術、デバイス応用』【2019年2月28日】

 導電性高分子は電解コンデンサの陰極,透明帯電防止および透明導電電極として実用化されさらに,新規な用途としてウエアラブル電極やセンサへの応用も注目を集めております。これらのいずれの用途においてもPEDOT:PSSは有力な材料ではありますが,より一層高い電気伝導度が求められています。PEDOT:PSSの高導電化に関しては、多くの手法が開発され既に、5,000 S/cmを超える高い電気伝導度を示すものも報告されております。高導電化にはキャリア数の増加と共に移動度の向上が必要です。前者には限界があり、高導電化には移動度の向上が必須ですが最近、高移動度のための新しい考え方が提案されました。本セミナーでは、PEDOT系の高導電化とウエアラブルデバイスへの応用に絞って最近の技術開発動向を分かりやすくかつ詳細に解説します。

価格(税込) 39,960円~50,760 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】高分子制振材料の開発と技術動向~制振機構・自動車・建築・船舶等への応用~』【2019年2月26日】
  • NEW
  • オススメ

『【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】高分子制振材料の開発と技術動向~制振機構・自動車・建築・船舶等への応用~』【2019年2月26日】

振動問題は、社会生活の中で生活環境の騒音対策として重要な技術である。
電気電子機器、OA機器、自動車、車両、建築、船舶、航空機等主要な産業においての騒音対策、および地震国日本における地震対策にもこの振動減衰技術が活躍している。今回は、この制振技術の基礎と技術動向を述べたい。

価格(税込) 21,600 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『HEV・EV用モータに向けた絶縁材料の開発と劣化/絶縁破壊と計測・評価技術』【2019年2月27日】
  • NEW
  • オススメ

『HEV・EV用モータに向けた絶縁材料の開発と劣化/絶縁破壊と計測・評価技術』【2019年2月27日】

本セミナーでは、高周波基板の技術動向を解説予定!

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】海洋漂流マイクロプラスチック削減を目指す生分解性高分子の現状と分解性試験・評価事例、法規制・認証規格動向』【2019年2月14日】
  • NEW
  • オススメ

『【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】海洋漂流マイクロプラスチック削減を目指す生分解性高分子の現状と分解性試験・評価事例、法規制・認証規格動向』【2019年2月14日】

本セミナーでは、海洋漂流マイクロプラスチック削減を目指す生分解性高分子の現状と分解性試験・評価事例、法規制・規格認証動向について知りたい方必見の講習会です。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【無料プレセミナー】高分子産業において待望される次世代イノベーター像~発掘の必要性、スキルと育成、問題意識と評価~【2019年3月1日】
  • NEW
  • オススメ

【無料プレセミナー】高分子産業において待望される次世代イノベーター像~発掘の必要性、スキルと育成、問題意識と評価~【2019年3月1日】

本セミナーでは、2019年4月開講予定の高分子学会主催 第2回「次世代イノベーター育成講座」の事前説明会を兼ねて、トップイノベーターとして活躍されたご経験のある高分子学会 事務局長の平坂氏(元帝人)、AndTechの顧問として、企業のコンサルティング活動を現役で行っている元住友化学の今井氏、元スリーエムジャパンの古藤氏を講師に招き、『高分子産業における待望されるイノベーター像』をテーマに、発掘の必要性、価値と育成、世界のトップイノベーター像といった3部構成で、より一層の高分子産業の発展を目指すうえで欠かせない『次世代イノベーター」の必要性をお話いただきます。無料のセミナーとなっておりますので、2019年4月開講予定の高分子学会主催「次世代イノベーター育成講座」にご関心のある方も含め、ぜひ、この機会にご参加をお待ち申し上げます。

価格(税込) 1 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『曲面・車載用タッチパネルに向けた要求と光学粘着剤の開発』【2019年1月28日】
  • NEW
  • オススメ

『曲面・車載用タッチパネルに向けた要求と光学粘着剤の開発』【2019年1月28日】

本セミナーでは、曲面・車載用タッチパネルに用いられる粘着剤について学ぶ事ができます。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】構造用接着剤の開発動向と自動車への応用』【2019年1月31日】
  • NEW
  • オススメ

『【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】構造用接着剤の開発動向と自動車への応用』【2019年1月31日】

「自動車構造接着の現状を知る」と題して、自動車構造用接着剤が何処に使用されているかを具体的に紹介して自動車の構造接着の現状を紹介する。後半では「被着材のマルチマテリアル化への対応」と題して、自動車における異種材料の接着技術がどの様に進められているかを、被着材の種類、被着材の表面処理、近年の構造用接着剤の現状および接着の具体例を紹介する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】次世代住宅の最新事例と超高性能断熱材の開発・課題と期待』【2019年1月24日】
  • NEW
  • オススメ

『【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】次世代住宅の最新事例と超高性能断熱材の開発・課題と期待』【2019年1月24日】

本セミナーでは、次世代住宅の最新事例と超高性能断熱材部材の技術動向を解説予定!

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【2019年度】次世代イノベーター育成講座~技術革新から新たな価値を創造するビジネスプロデューサーを目指して(全6回)~【2019年4月~10月】
  • NEW
  • オススメ
  • 限定品

【2019年度】次世代イノベーター育成講座~技術革新から新たな価値を創造するビジネスプロデューサーを目指して(全6回)~【2019年4月~10月】

本講座は、2017年度(第1回)に始まり、2018年度(第2回)も各参加企業から大きな評価を得た特別講座の2019年度版(第3回)となります。
講師に高分子学会フェローをはじめ企業で実際に新規事業立ち上げを指揮してきたトップマネージャーなどを迎え、講師と共にビジネスプロデューサーとしての思考を身につけ次世代のイノベーターはいかにあるべきかについて考える講座としたいと企図しております。
高分子学会としても、次世代のビジネスプロデューサーの育成が、高分子科学を基盤とした高分子産業に役立つものと考えて、人材育成を図る公益事業として実施致します。

価格(税込) 216,000円~313,200 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『MLCC向けチタン酸バリウムおよび酸化チタン粉体の粒子の超微粉化、高誘電率化技術』【2019年1月18日】
  • NEW
  • オススメ

『MLCC向けチタン酸バリウムおよび酸化チタン粉体の粒子の超微粉化、高誘電率化技術』【2019年1月18日】

本セミナーでは、MLCCチタン酸技術動向を解説予定!

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『フィルムコンデンサの開発・応用・製造と各部材・フィルムに要求される特性』【2018年11月27日】
  • NEW
  • オススメ

『フィルムコンデンサの開発・応用・製造と各部材・フィルムに要求される特性』【2018年11月27日】

今日、HEV,PHEV,EV他のECOカーに加え、電車や風力太陽光発電などのパワーエレクトロニクス分野にもフィルムコンデンサが使われており、その用途範囲が広がっている。フィルムコンデンサは、Al、Znなどの金属を蒸着したフィルムを巻回して、金属膜を対向電極、フィルムを誘電体としてコンデンサを形成している。
フィルムコンデンサは、高電圧領域を得意としてきたが、基材技術、蒸着技術、素子形成技術の進化により、大きな静電容量の要求にも応えられるようになった。本稿では、最新のフィルムコンデンサの製造工程について、真空蒸着装置を中心に紹介する。

価格(税込) 48,600円~59,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『フレキシブル・印刷有機ELの開発動向・高信頼性封止技術と求められる材料』【2018年11月30日】
  • NEW
  • オススメ

『フレキシブル・印刷有機ELの開発動向・高信頼性封止技術と求められる材料』【2018年11月30日】

本セミナーでは、近年広い分野で注目されている有機ELのフレキシブル化に必要な材料技術の中でもとくに重要であるフレキシブル基盤技術とITO代替電極技術と課題を解決する封止技術を勉強できます。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: