現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

書籍

【CM1081】『有機フッ素化合物の最新動向』
  • NEW
  • 限定品

【CM1081】『有機フッ素化合物の最新動向』

広範な範囲を網羅した本書ではあるが、それぞれのトピックは、極めて専門的かつ最新であり、今後の有機フッ素化学の第二次成長の糧になることに疑いはなく、読者の皆様に有意義な情報を数多く提供できるものと確信している。

価格(税込) 88,560 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1085】『βグルカンの基礎研究と応用・利用の動向』
  • NEW
  • 限定品

【CM1085】『βグルカンの基礎研究と応用・利用の動向』

βグルカン研究は、長い歴史を有し、免疫増強に関する研究をけん引してきた。βグルカン研究にはこれからも同様の使命が課せられている。本書では、基礎研究ならびに応用研究について第一線で活躍している方々に執筆していただいた。本書が基礎ならびに応用研究の発展に貢献できれば幸いである。

価格(税込) 84,240 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1081】『空中ディスプレイの開発と応用展開』
  • NEW
  • 限定品

【CM1081】『空中ディスプレイの開発と応用展開』

本書を通じて,空中ディスプレイは,今や夢の技術ではなく,産業に結びつく現実の技術であることを理解いただけることと思う。読者や執筆者の皆様とともに新しい産業の隆盛を迎えられればと願っている。

価格(税込) 84,240 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND024】 『次世代デジタル印刷の仕組みと技術的特長、軟包装・容器への応用・採用例、将来展望』
  • NEW
  • オススメ

【AND024】 『次世代デジタル印刷の仕組みと技術的特長、軟包装・容器への応用・採用例、将来展望』

日本もやっと軟包装印刷にデジタル印刷の時代が到来した感じである。ここに来るまでに相 当の時間がかかった。株式会社AndTechより本書の発刊企画の話があり、包装関係者がデジタル印刷を理解するために役立てばと思い、多くの業界の専門家に 御執筆頂いた書籍である。御執筆頂いた方々には、ご多忙の中、執筆の時間を割いて頂き紙面をお借りし てお礼を申し上げる次第である。最後に、当書が多くの包装関係者が本書でデジタル印刷を理解して実用化し、70億人分の1 億人の日本市場から70億人分の69億人の世界市場に向かって、包装ビジネスを展開される一 助になれば幸いである。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1079】『ドラッグデリバリーシステム-バイオ医薬品創成に向けた組織、細胞内、核内送達技術の開発-』
  • NEW
  • 限定品

【CM1079】『ドラッグデリバリーシステム-バイオ医薬品創成に向けた組織、細胞内、核内送達技術の開発-』

本書では、再生医療、創薬スクリーニングに資する立体的組織・臓器の調製技術ならびにその活用について、「3次元細胞培養技術」、「周辺材料」、「装置・システム構築」、「応用展開」に分け、基礎から応用まで広く紹介し、「立体的生体構造物を創る技術」の指南書として、ご活用いただければと願っております。

価格(税込) 84,240 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1080 】『スマートセルインダストリー -微生物細胞を用いた物質生産の展望-』
  • NEW
  • 限定品

【CM1080 】『スマートセルインダストリー -微生物細胞を用いた物質生産の展望-』

 バイオテクノロジーは急速な技術革新が進んでいる分野であり、人々や社会が抱える問題の解決、新市場創出の実現に大きな可能性を有する技術領域であり、Society5.0で実現する社会にも貢献するものと考えられる。そのためには、本領域における研究開発から市場投入までの一連の流れを、複数の関係機関が有機的に連携しながら進める必要があり、スマートセルインダストリー構築においても、これまで以上に、産学官連携や異分野融合等を促進しなければいけない。

価格(税込) 79,920 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1077】『再生医療・創薬のための3次元細胞培養技術』
  • NEW
  • 限定品

【CM1077】『再生医療・創薬のための3次元細胞培養技術』

本書では、再生医療、創薬スクリーニングに資する立体的組織・臓器の調製技術ならびにその活用について、「3次元細胞培養技術」、「周辺材料」、「装置・システム構築」、「応用展開」に分け、基礎から応用まで広く紹介し、「立体的生体構造物を創る技術」の指南書として、ご活用いただければと願っております。

価格(税込) 75,600 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0827】『高分子添加剤の技術と市場2018』
  • NEW
  • 限定品

【CM0827】『高分子添加剤の技術と市場2018』

プラスチックの物性低下や外観不良などを抑える安定剤と,プラスチックの用途に応じて物性,性能などを改善するための改質剤とに大別できる。これらの添加剤は,プラスチックの種類や用途によって異なるが,プラスチック材料やプラスチックフィルム,成形品などの製品の需要・生産動向に大きく左右される。
 2017年のプラスチック材料の生産高は,前年比3%増の1,107万4,508トンとなった。
 本書は高分子添加剤の技術と市場をまとめ,添加剤メーカーや樹脂メーカーの方々に最新の情報を提供することを目的とした。技術編は各分野の第一線でご活躍中の方々にご執筆いただいた。市場編は弊社で統計資料や各種記事を収集し,さらに関連メーカーの方々にご教示いただきまとめた。
 本書が高分子添加剤やプラスチックおよびプラスチック加工関連の方々のお役に立てれば幸甚に存じます。

価格(税込) 91,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0209】『機能性食品容器・包装材料の開発と市場』
  • NEW
  • 限定品

【CM0209】『機能性食品容器・包装材料の開発と市場』

機能性容器・包装材料の国内市場は、近年の中食市場の拡大に伴って食品向けの需要が拡大している。高齢世帯や単身世帯の増加、女性の社会進出による共働き世帯の増加を背景に、レトルト食品・チルド食品向けの容器や包装材料が好調である。とりわけ電子レンジに対応した高付加価値製品の需要が高まっている。また、食品の長期保存を可能にするバリアフィルム、品質保持を高める脱酸素フィルム、環境に配慮したバイオプラスチック容器など、技術革新はめまぐるしく進み、豊かな食生活の提供に貢献している。
 本書は機能性食品容器・包装材料について、メーカーの開発動向や法規性・表示や市場動向について、最新情報をまとめている。開発に携わっている企業・研究者の方、利用されている方にもぜひ一読していただき、今後の研究開発の一助となることを期待する。

価格(税込) 91,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1073 】『農薬の創製研究の動向―安全で環境に優しい農薬開発の展開―』
  • NEW
  • 限定品

【CM1073 】『農薬の創製研究の動向―安全で環境に優しい農薬開発の展開―』

本書は各種農薬開発の全般的動向とトピックス,市場動向,登録制度,ゲノム創薬,製剤技術,生物農薬とIPM,構造活性相関,農薬と天然物,遺伝子組換え作物,中国の動向など様々な角度から農薬開発の現状と将来をまとめた。本書が,新規農薬の創製に携わる研究者・技術者および農薬製品の研究開発,マーケッティング担当の方々にお役に立てば幸甚である。

価格(税込) 95,040 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1073 】『有機分子触媒の開発と工業利用』
  • NEW
  • 限定品

【CM1073 】『有機分子触媒の開発と工業利用』

本書では、金属触媒、生体触媒に続く第三の触媒として近年大きな発展を遂げている「有機分子触媒」に着目し、有機分子触媒の最新の動向、使い方のコツを、最先端で活躍中のアカデミアおよび産業界の研究者が紹介する。本書により、今後益々多くの研究者が有機分子触媒に関心をもち、有機分子触媒を用いた新たな実用的な触媒プロセスが生み出され、企業のプロセス研究、大量合成等に用いられることを期待する。

価格(税込) 88,560 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
 『次世代ポリオレフィン総合研究 Vol.11 別冊 世界のオレフィン・ポリオレフィン プラント要覧 2018年版』

『次世代ポリオレフィン総合研究 Vol.11 別冊 世界のオレフィン・ポリオレフィン プラント要覧 2018年版』

本誌は,日本ポリオレフィン総合研究会会誌「次世代ポリオレフィン総合研究 Vol. 11,2017 年11 月発行」の第7 部「統計と調査」に属する一論文記事を別冊(別冊(CD-ROM 版))という形で発行するものです.
別冊ではありますが,研究会会誌 Vol.11 に採択された調査・研究論文です.世界のエチレン,プロピレン等の化学品基礎原料とその過半を消費するPE とPP を主体とするポリオレフィンの製造設備の主要データ及び技術の展開やプロジェクト状況についての調査であり、今後の研究開発や事業活動などの参考資料として役立てていただければ幸甚です.

価格(税込) 27,000 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1071 】『二酸化炭素・水素分離膜の開発と応用』
  • NEW
  • 限定品

【CM1071 】『二酸化炭素・水素分離膜の開発と応用』

膜による気体分離は1970年代後半の水素分離膜の実用化以来、有機高分子膜が主に用いられてきたが、近年は高選択かつ高透過性の気体分離膜を得るための新しい膜材料の設計指針の探索が続けられ、オングストロームサイズの細孔による分子ふるい能を膜に導入した無機多孔体のシリカ、ゼオライト、分子ふるい炭素や金属有機構造体(MOF)などの新規な分離膜の研究開発が活発化している。膜の実用化には、膜素材の研究開発はもとより、製膜技術、モジュール化技術、分離システムの構築の各要素技術が確立されなければならない。本書にはこれらに関する重要な高分子膜と無機膜の最近の研究成果が多数盛り込まれており、あわせて、それらの実用化例についても紹介していただいている。今後、ますます重要性を増す、地球持続のための膜分離技術のレビューとして活用していただければ幸いである。さらに、これから研究開発を展開しようとする研究者にとっても多くのヒントが得られるものと確信している。

価格(税込) 84,240 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM1072 】『感覚重視型技術の最前線 ~心地良さと意外性を生み出す技術~』
  • NEW
  • 限定品

【CM1072 】『感覚重視型技術の最前線 ~心地良さと意外性を生み出す技術~』

本書は、このようなアナログ情報である感覚の重要性を再認識することから出発し、工学的観点からこれを捉えようとするものである。今回は感覚の中でも特に触覚に重点を置いている。この理由は3つ挙げられる。まず、人の感覚の中で最も定義や数値化が困難な感覚であるため。次に、現在の情報通信技術においては視聴覚情報のやり取りが先行しており、それに続くものとして触覚情報のやり取りが期待されているため。最後に、人は日常の生活環境の中で、室内の温度、明るさ、音、食事、香りには配慮していても、手ざわりに気を配ることはあまりない。しかしこの触覚にこだわりを持つことで、より生活を豊かにすることができると考えられ、現在幅広い業界で注目されている分野であるためである。特に現代のストレス社会、超高齢社会では、五感のすべてに対して日常的に心地よい刺激を与えることが、快適な生活を送るうえで重要であると考えられる。デジタル情報とアナログ情報の混在した環境で心地よく、さらには楽しく生活するためにはどのような要素技術が必要かということに焦点を当て、“心地よさと意外性を生み出す技術”という副題とした。

価格(税込) 77,760 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【CM0824】『自動運転車・ミラーレス車用カメラ・センサの技術と市場』
  • NEW
  • 限定品

【CM0824】『自動運転車・ミラーレス車用カメラ・センサの技術と市場』

自動運転車に関しては、レベル1(運転支援)およびレベル2(部分運転自動化)は、すでに実用化から普及フェーズへと移行。2017年7月にはレベル3(条件付運転自動化)の機能が市販車に搭載されることが発表され、自動運転技術は新たなフェーズへと突入した。さらに近年、機械学習技術(ディープラーニング)の進化とビッグデータの活用による第3次人工知能(AI)ブームの到来により、IT業界・地図業界などから新たなプレイヤーが自動運転市場に参入・融合し、自動運転技術はレベル4(高度運転自動化)、さらにはレベル5(完全運転自動化)の実現へと加速している。
 このように世界中で開発競争が激化し、急速な市場拡大が予想される自動運転車・ミラーレス車に関して、本書では技術開発動向および市場動向をまとめた。本書が自動運転車・ミラーレス車関連市場の動向把握・展望予測の一助となれば幸甚である。

価格(税込) 88,560 円 詳しくはこちら

冊数:
個数: