現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

次世代イノベーター育成講座~技術革新から新たな価値を創造するビジネスプロデューサーを目指して(全6回)~【2017年4月~10月】
  • NEW
  • オススメ
  • 限定品

次世代イノベーター育成講座~技術革新から新たな価値を創造するビジネスプロデューサーを目指して(全6回)~【2017年4月~10月】

本講座は、講師に高分子学会フェローをはじめ企業で実際に新規事業立ち上げを指揮してきたトップマネージャーなどを迎え、講師と共にビジネスプロデューサーとしての思考を身につけ次世代のイノベーターはいかにあるべきかについて考える講座としたいと企図しております。高分子学会としても、次世代のビジネスプロデューサーの育成が、高分子科学を基盤とした高分子産業に役立つものと考えて、人材育成を図る公益事業として実施致します。

価格(税込) 259,200円~313,200 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『次世代スマート農業(農業IoT)におけるセンサー技術の現状とIoT活用の進展、実証試験例、課題、将来予測』【2016年9月2日】
  • NEW
  • オススメ

『次世代スマート農業(農業IoT)におけるセンサー技術の現状とIoT活用の進展、実証試験例、課題、将来予測』【2016年9月2日】

本セミナーは、次世代スマート農業(農業IoT)におけるセンサー技術の現状とIoT活用の進展、実証試験例、課題、将来予測の観点で、各講師に詳しく解説いただく予定です。≪事前内容リクエスト受付中≫

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【2014年11月25日】『エポキシ樹脂の基礎・分子設計技術と耐熱性向上』
  • NEW
  • オススメ

【2014年11月25日】『エポキシ樹脂の基礎・分子設計技術と耐熱性向上』

本講座においては電材向けエポキシ樹脂の一般的な耐熱性向上技術の紹介とその課題を基礎物性理論と硬化物データを関連付けながら解説したうえで、高耐熱性と相反関係にある物性を両立する分子デザインとその合成技術について解説する。これら分子デザインを応用した最新の特殊エポキシ樹脂およびエポキシ樹脂硬化剤を紹介する。

価格(税込) 46,440円~68,040 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【2014年8月27日】『分析・センシングのためのテラヘルツ波技術の基礎と応用技術』
  • NEW
  • オススメ

【2014年8月27日】『分析・センシングのためのテラヘルツ波技術の基礎と応用技術』

本セミナーは、産業分野においてテラヘルツ波を実際に活用してみたいとお考えの方々に、テラヘルツ波の基礎から応用までを肩を張らずに知っていただけるように配慮する。また、産業の様々な分野の方々にテラヘルツ技術を身近に感じていただけるように応用面の話題を多く取り上げる。テラヘルツ波の研究は、エレクトロニクスとオプトエレクトロニクスの両側からのアプローチがあるが、すべての発生・検出素子を網羅できないので、この十年で急速に発展を遂げたレーザー工学的な側面からの発生・検出素子の話題に集中する。本セミナーによって、テラヘルツ波の基礎と応用について知っていただければ幸いである。

価格(税込) 46,440円~68,040 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【2013年1月23日】バイナリー発電の基礎・展望と導入時のチェックポイント~各種要素技術・関連法規から最新動向までを解説~
  • NEW

【2013年1月23日】バイナリー発電の基礎・展望と導入時のチェックポイント~各種要素技術・関連法規から最新動向までを解説~

本セミナーでは、 無線通信を用いたM2Mについて紹介し、基盤技術である様々なワイヤレスネットワーク技術について詳解する。さらに、応用事例について講師等が研究・開発テーマを中心に解説を行う。

価格(税込) 44,280円~59,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【2012年12月18日】プリント基板への部品内蔵技術・標準化動向
  • NEW

【2012年12月18日】プリント基板への部品内蔵技術・標準化動向

高密度実装技術における部品内蔵技術

価格(税込) 37,800円~56,160 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【2012年12月20日】デマンドレスポンスと再生可能エネルギーを含む分散型大規模電力ネットワークの最適運用
  • NEW

【2012年12月20日】デマンドレスポンスと再生可能エネルギーを含む分散型大規模電力ネットワークの最適運用

デマンドレスポンス(DR:Demand Response)とは…

 「卸市場価格の高騰時または系統信頼性の低下時において、電気料金価格の設定またはインセンティブの支払に応じて、需要家側が電力の使用を抑制するよう電力消費パターンを変化させること」を指す。

価格(税込) 37,800円~56,160 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【2012年12月26日】“2012”無線ネットワーク技術の最新動向
  • NEW

【2012年12月26日】“2012”無線ネットワーク技術の最新動向

統計的モデリングと画像認識の融合

価格(税込) 46,440円~59,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【12月4日】『【演習付き】知って得するソフトウェア特許の進歩性・新規性の判断と特許の生み出し方~ワークショップ形式でソフトウェア特許出願の考え方を実体験する~』
  • NEW
  • オススメ

【12月4日】『【演習付き】知って得するソフトウェア特許の進歩性・新規性の判断と特許の生み出し方~ワークショップ形式でソフトウェア特許出願の考え方を実体験する~』

今日、ITC 技術の発達により、新しいサービスが顧客に提供されてます。例えば、検索キーワードからお勧め広告を表示するサービス、地下鉄の乗り換え案内サービス、デジタルサイネージ制御サービス、企業活動におけるフロントオフィス、バックオフィスのサポートサービス、等です。
 このようなサービスについて、特許をとる場合に一番問題となるのが、どのようなものであれば特許になるのかが分からないことです。このような状況だと、相談に行くための資料も適切なものが準備できません。また、特許要件を満たしていないので、特許まで至らない場合もあります。これらの場合に、どのようなものが特許になるのか、現状ではダメでも、どのような観点で改良を考えていけば、特許がとれるか、これらについては、個別ケースで学んでいくしかありません。
 この講座では、仮想ケースの新サービスについて、どのようなものが特許になるのか、どのようにバージョンアップすれば特がとれるのかについて、ワークショップ形式で体験いただき、ソフトウエア特許についての知識を身につけるため、優しく丁寧に解説いたします。

価格(税込) 1 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【2012年11月30日】『距離画像センサ/カメラの基礎と応用・ジェスチャー認識技術、トラブル対策、開発動向』~各距離画像計測、産業応用例、障害物回避、雑音・ぶれ・誤差・外乱光・干渉、ソフトウエア~
  • 限定品

【2012年11月30日】『距離画像センサ/カメラの基礎と応用・ジェスチャー認識技術、トラブル対策、開発動向』~各距離画像計測、産業応用例、障害物回避、雑音・ぶれ・誤差・外乱光・干渉、ソフトウエア~

本講演では、距離画像センサの基礎と産業応用例、ジェスチャー認識技術、市場動向について、紹介します。 ≪事前内容リクエスト受付中≫

価格(税込) 47,520円~77,760 円 詳しくはこちら

人数登録:
昼食の有無:
個数:
【2012年12月14日】マルチユーザMIMO無線システムの技術動向
  • NEW

【2012年12月14日】マルチユーザMIMO無線システムの技術動向

無線技術の新しいパラダイムとして、マルチユーザMIMO技術がLTEや次世代無線LAN規格IEEE802.11acに採用された。同じ時間・周波数で信号を多重化できるビームフォーミング技術であり、伝送レートの高速化すなわちチャネル容量の飛躍的な増大が図れる。本セミナーでは、幾つかの国際規格動向を踏まえて、マルチユーザMIMO技術の基礎からチップ設計の現状まで分かりやすく解説する。

価格(税込) 48,600円~59,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【10月17日】画像認識のための機械学習入門
  • NEW

【10月17日】画像認識のための機械学習入門

画像認識のための機械学習入門として、現在の画像認識において、必須の知識、“機械学習”を基礎から学ぶ講座である。

価格(税込) 46,440円~59,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【10月5日】材料の破壊メカニズムと溶接継手、ボルト締結部の強度設計法
  • NEW

【10月5日】材料の破壊メカニズムと溶接継手、ボルト締結部の強度設計法

機械や構造物は、主として溶接やボルトで接合して組立てられるが、これらは応力集中部であるため、破壊の起点となることが多いのが実状である。したがって、接合部は製品の寿命設計上重要な部分であるが、これらの強度設計には通常の部材の場合とは異なる方法が必要となりる。
 本セミナーでは、まず材料の各種破壊メカニズムを述べ、それに基づいて溶接継手とボルト締結部特有の強度設計手法をやさしく解説する。さらに、実務にすぐ役立つように、最新の強度設計基準と強度増大法の例を多数紹介する。

価格(税込) 46,440円~59,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【9月24日】コンピュテーショナルフォトグラフィ~基礎から応用、最新の話題まで~
  • NEW

【9月24日】コンピュテーショナルフォトグラフィ~基礎から応用、最新の話題まで~

 ディジタルカメラの性能はいまや十二分なものとなりましたが、カメラの機能や使い方は従来からあまり大きく変わっていません。なぜならディジタルカメラは基本的に、フィルムを撮像素子に置き換えただけのもので、その上に像を形成するレンズの働きや役割はさほど変化していないからです。そこで光学系を含むカメラ全体の設計を情報処理の観点から見直すことで、画像からブレやボケを除去したり、ピントを合わせる位置を撮影後に自在に変更するなど、従来のカメラでは不可能だった機能を持つ未来のカメラを実現する技術をコンピュテーショナルフォトグラフィと呼びます。

価格(税込) 48,600円~59,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【10月3日】画像認識の新技術:HLAC(高次局所自己相関)とその応用
  • NEW

【10月3日】画像認識の新技術:HLAC(高次局所自己相関)とその応用

近年、画像認識(コンピュータ・ビジョン)への期待は益々高まっている。セキュリティ分野での監視カメラ、生産分野での各種外観検査、医療分野での組織検査や各種画像認識、スポーツ分野での動作解析や評価、インターネットでの画像検索、さらにはロボットの視覚など、多岐の分野にわたっている。これらのニーズに呼応して画像認識の研究が盛んに行われているが、個別のアドホックな手法や専用の高価なシステムとなっていて、未だ自動化や実用化は難しく、実際の現場では依然として人の能力に頼っているのが現状である。そのため、PCベースでの簡便で安価な、しかも高速で汎用性の高い柔軟な視覚システムの実現と普及が強く望まれている。講師らは、これまで高次局所自己相関(HLAC)特徴と多変量解析手法を合わせた並列学習型の汎用認識方式を提案し、画像や動画像等の種々の認識課題に応用してきた。本セミナーでは、その概説とともに、基礎としてのパターン認識の基本的な枠組、画像認識への一般的なアプローチ、具体的な応用事例について、わかりやすく解説する。

価格(税込) 46,440円~59,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: