現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

『電波吸収体・遮蔽シールド材の最新技術開発・設計と応用展開』【2018年9月26日】
  • NEW
  • オススメ

『電波吸収体・遮蔽シールド材の最新技術開発・設計と応用展開』【2018年9月26日】

“塗料”の特長である形状や膜厚の高い任意性を活用することにより、これまで電磁波シールドにおいて課題とされていた複雑形状や細部に至るまでのわずかな隙間からの漏洩を効果的に抑制することができる。更に、現在広く利用されている様々な電磁波シールド技術と複合的に用いることにより、総合的にシールド効果を向上できる可能性について論じる

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『各種ラミネート包装における基礎・開発動向・トラブル対策と材料開発への要望』~ラミネート加工の小ロット対応・ラミネート接着剤のバリア化・サーマルラミ~【2018年9月25日】
  • NEW
  • オススメ

『各種ラミネート包装における基礎・開発動向・トラブル対策と材料開発への要望』~ラミネート加工の小ロット対応・ラミネート接着剤のバリア化・サーマルラミ~【2018年9月25日】

本セミナーでは、ラミネート技術の基礎と応用、各種トラブルから見る開発課題と包装材料におけるラミネート技術の各種対応のための国内外での変化の動きを勉強できる講習会です。

価格(税込) 34,560円~45,360 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『超親水・超撥水化のメカニズムとフィルム・コーティング剤への応用』【2018年9月27日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『超親水・超撥水化のメカニズムとフィルム・コーティング剤への応用』【2018年9月27日】

本講演では、今もなお市場が拡大し続けている高吸水性樹脂を取り上げてその開発の歴史を振り返り、主要用途である紙おむつを中心に市場動向ならびに他の応用用途について、最近の開発トピックスも交えて概説する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『高吸水性樹脂の開発・応用・要求特性と生分解性付与 』【2018年9月21日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『高吸水性樹脂の開発・応用・要求特性と生分解性付与 』【2018年9月21日】

本講演では、今もなお市場が拡大し続けている高吸水性樹脂を取り上げてその開発の歴史を振り返り、主要用途である紙おむつを中心に市場動向ならびに他の応用用途について、最近の開発トピックスも交えて概説する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『イノベーション戦略における企業展示場(イノベーションセンター)のコンセプトと運用上の課題、運用事例、比較検討【個別相談会附】』【2018年9月19日】
  • NEW
  • オススメ

『イノベーション戦略における企業展示場(イノベーションセンター)のコンセプトと運用上の課題、運用事例、比較検討【個別相談会附】』【2018年9月19日】

本セミナーでは、イノベーション戦略における企業展示場・イノベーションセンターのコンセプトと運用上の課題、運用事例、比較検討をテーマに企業展示場について造詣が深い講師に解説いただきます。また講義終了後に個別相談会を実施いたします。

価格(税込) 30,000円~40,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『PVC(塩ビ樹脂)における樹脂設計の基礎と機能性・成形加工性向上、物性評価、応用例、国内外の市場動向』【2018年9月21日】
  • NEW
  • オススメ

『PVC(塩ビ樹脂)における樹脂設計の基礎と機能性・成形加工性向上、物性評価、応用例、国内外の市場動向』【2018年9月21日】

本セミナーでは、PVCにおける樹脂設計の基礎と機能性・成形加工性向上、物性評価、用途例、国内外の市場動向について勉強できる講習会です。物性面の各種機能化について知りたい方必見の講習会です。

価格(税込) 34,560円~45,360 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【(株)住化分析センター主催】『パワーモジュールにおける開発動向と信頼性評価および材料分析』【2018年10月26日】
  • NEW
  • オススメ

【(株)住化分析センター主催】『パワーモジュールにおける開発動向と信頼性評価および材料分析』【2018年10月26日】

本講座では、産学において最前線でご活躍されている技術者を講師に招き、講師と共に“車載用パワーモジュールの信頼性に関する求められる課題”、“構成部材(封止材、はんだ)の開発動向”、“デバイス内部の故障モニタリング技術~各種物性評価”について、時宜を得た講座を開催致します。本講座が皆様の研究開発の一助になれば幸いです。

価格(税込) 10,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
懇親会:
個数:
【第3回】『ビジネスソリューション(BS)研究会』【2018年8月10日】
  • NEW
  • オススメ

【第3回】『ビジネスソリューション(BS)研究会』【2018年8月10日】

本研究会は、高分子学会主催「次世代イノベーター養成講座」(2017年4月開講)に参加したメンバー有志の発起により発足した勉強会です。異業種・他社メンバーとの交流、普段なかなか自分の会社では聞くことのできない他業界の技術の話、技術を世の中に出すために必要なマーケティング論等、毎回、参加メンバーや、その仲間が話題を提供しながら、3~4か月に1回のペースでワイワイ勉強する会です。勉強会が終わった後は、懇親会で更なる熱い議論も。「次世代イノベーター養成講座」への参加を機に知り合った人たちとの輪をさらに広げ、深めてみませんか?お気軽にご参加ください。       

価格(税込) 1円~4,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
懇親会:
個数:
『形状記憶性ポリマー/シートの開発動向と機能性、用途例、今後の展開』【2018年8月27日】
  • NEW
  • オススメ

『形状記憶性ポリマー/シートの開発動向と機能性、用途例、今後の展開』【2018年8月27日】

本セミナーでは、形状記憶性ポリマー(スマートポリマー)・シートの開発動向と機能性、用途例、今後の展開について勉強できる講習会です。実用上の課題と各種機能化について知りたい方必見の講習会です。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『自動車用ウィンドウ・樹脂グレージングの最新開発動向と周辺部材・課題克服』【2018年8月29日】
  • NEW
  • オススメ

『自動車用ウィンドウ・樹脂グレージングの最新開発動向と周辺部材・課題克服』【2018年8月29日】

本セミナーでは、自動車軽量化の一つとして期待されるPC樹脂グレージングの現状、課題と最新の高機能化技術について勉強できる講習会です。実用上の課題と各種機能化について知りたい方必見の講習会です。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『電気自動車・EVにおける超急速充電・非接触給電技術の国内外最新技術動向と今後の課題』【2018年8月30日】
  • NEW
  • オススメ

『電気自動車・EVにおける超急速充電・非接触給電技術の国内外最新技術動向と今後の課題』【2018年8月30日】

電動車の普及に伴い、インフラとして必須である急速充電器。公共性の高い急速充電器の規格について説明し、現在の普及状況をグローバルに説明する。また、中国、欧州を中心とした電動車普及の急激な進捗に対して、充電の高出力化に代表される多様化、非接触充電などの新技術対応、グリッドへの給電を含めたV2X対応といった今後の課題を踏まえたうえで、チャデモ協議会としての今後の取り組みを説明する。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『化学蓄熱材料の開発・高性能化と応用展開 』【2018年8月24 日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『化学蓄熱材料の開発・高性能化と応用展開 』【2018年8月24 日】

本講座では、燃料電池自動車・水素ステーションを中心とした高圧水素ガスタンクの開発と要求特性・今後の課題について解説する。具体的には、高圧水素容器の要求仕様、関連する技術基準、各種高圧容器の製造方法、各種高圧容器の開発のトレンドと技術課題について解説する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『次世代自動車コクピットに求められるHMI機能とディスプレイ・デバイスおよびフィルム/素材への要望 』【2018年8月29日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『次世代自動車コクピットに求められるHMI機能とディスプレイ・デバイスおよびフィルム/素材への要望 』【2018年8月29日】

自動車におけるフィルム素材に求められる本質機能を自動車の取り巻くグローバルな社会環境から求められる機能から割り付け、車体内外装に採用されているフィルム事例や競合技術事例を交え、今後の自動車や次世代自動車に求められる機能について展開する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『イージーピール・フィルム包装の開発動向と製品・市場と要求』【2018年7月23日】
  • NEW
  • オススメ

『イージーピール・フィルム包装の開発動向と製品・市場と要求』【2018年7月23日】

食品・医薬品包装において、現在プラスチックを用いた包装が多くなっている。プラスチックのフィルム包装や容器包装において、通常ヒートシールによる密封が行われているが、密封を完全な状態にした場合、内容品を取り出すための容易な機構が必要となる。最近では、ヒートシール部をイージーピールにすることによる方法が普及している。本講演では、イージーピール技法の種類とそのメカニズムおよびイージーピール材の製造技法、適用事例について述べる。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『水素貯蔵材料・技術の開発動向と普及に向けた取り組み 』【2018年7月30日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『水素貯蔵材料・技術の開発動向と普及に向けた取り組み 』【2018年7月30日】

本講座では、燃料電池自動車・水素ステーションを中心とした高圧水素ガスタンクの開発と要求特性・今後の課題について解説する。具体的には、高圧水素容器の要求仕様、関連する技術基準、各種高圧容器の製造方法、各種高圧容器の開発のトレンドと技術課題について解説する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: