現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『自動車内外装における加飾技術の最新動向』【2018年12月13日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『自動車内外装における加飾技術の最新動向』【2018年12月13日】

自動車内外装における加飾技術の最新動向

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『自動車用ウィンドウ・窓部材の最新開発動向と周辺部材・課題克服』~高機能性ガラス・調光ミラー・スマートガラスの市場、技術動向~【2018年12月20日】
  • NEW
  • オススメ

『自動車用ウィンドウ・窓部材の最新開発動向と周辺部材・課題克服』~高機能性ガラス・調光ミラー・スマートガラスの市場、技術動向~【2018年12月20日】

本セミナーでは、自動車用ウィンドウについて学ぶことができます。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『大型ディスプレイ・タッチパネルに向けた 防眩・低反射フィルムの開発・評価と各種サイネージ応用・将来展望』【2018年12月21日】
  • NEW
  • オススメ

『大型ディスプレイ・タッチパネルに向けた 防眩・低反射フィルムの開発・評価と各種サイネージ応用・将来展望』【2018年12月21日】

本セミナーでは、デジタルサイネージと反射防止について学ぶことができます。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『5G・ミリ波対応に向けた高周波対応基板の基礎・材料開発と誘電特性評価』【2018年12月20日】
  • NEW
  • オススメ

『5G・ミリ波対応に向けた高周波対応基板の基礎・材料開発と誘電特性評価』【2018年12月20日】

本セミナーでは、高周波基板の技術動向を解説予定!

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『熱電変換モジュールの開発動向・新規応用展開と課題・今後の展望』【2018年12月14日】
  • NEW
  • オススメ

『熱電変換モジュールの開発動向・新規応用展開と課題・今後の展望』【2018年12月14日】

本セミナーでは、熱電変換素子に軽量性、フレキシブル性などの利便性を付与した研究や最新モジュール技術について紹介します。

価格(税込) 48,600円~59,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【無料プレセミナー】高分子産業において待望される次世代イノベーター像~発掘の必要性、スキルと育成、問題意識と評価~【2018年12月18日】
  • NEW
  • オススメ

【無料プレセミナー】高分子産業において待望される次世代イノベーター像~発掘の必要性、スキルと育成、問題意識と評価~【2018年12月18日】

本セミナーでは、2019年4月開講予定の高分子学会主催 第2回「次世代イノベーター育成講座」の事前説明会を兼ねて、トップイノベーターとして活躍されたご経験のある高分子学会 事務局長の平坂氏(元帝人)、AndTechの顧問として、企業のコンサルティング活動を現役で行っている元住友化学の今井氏、元スリーエムジャパンの古藤氏を講師に招き、『高分子産業における待望されるイノベーター像』をテーマに、発掘の必要性、価値と育成、世界のトップイノベーター像といった3部構成で、より一層の高分子産業の発展を目指すうえで欠かせない『次世代イノベーター」の必要性をお話いただきます。無料のセミナーとなっておりますので、2019年4月開講予定の高分子学会主催「次世代イノベーター育成講座」にご関心のある方も含め、ぜひ、この機会にご参加をお待ち申し上げます。

価格(税込) 1 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『フィルムコンデンサの開発・応用・製造と各部材・フィルムに要求される特性』【2018年11月27日】
  • NEW
  • オススメ

『フィルムコンデンサの開発・応用・製造と各部材・フィルムに要求される特性』【2018年11月27日】

今日、HEV,PHEV,EV他のECOカーに加え、電車や風力太陽光発電などのパワーエレクトロニクス分野にもフィルムコンデンサが使われており、その用途範囲が広がっている。フィルムコンデンサは、Al、Znなどの金属を蒸着したフィルムを巻回して、金属膜を対向電極、フィルムを誘電体としてコンデンサを形成している。
フィルムコンデンサは、高電圧領域を得意としてきたが、基材技術、蒸着技術、素子形成技術の進化により、大きな静電容量の要求にも応えられるようになった。本稿では、最新のフィルムコンデンサの製造工程について、真空蒸着装置を中心に紹介する。

価格(税込) 48,600円~59,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『フレキシブル・印刷有機ELの開発動向・高信頼性封止技術と求められる材料』【2018年11月30日】
  • NEW
  • オススメ

『フレキシブル・印刷有機ELの開発動向・高信頼性封止技術と求められる材料』【2018年11月30日】

本セミナーでは、近年広い分野で注目されている有機ELのフレキシブル化に必要な材料技術の中でもとくに重要であるフレキシブル基盤技術とITO代替電極技術と課題を解決する封止技術を勉強できます。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『次世代自動車における電動化戦略・パワートレインの最新動向と部材への要求』【2018年11月22日】
  • NEW
  • オススメ

『次世代自動車における電動化戦略・パワートレインの最新動向と部材への要求』【2018年11月22日】

温暖化防止や資源保護の観点から、さらなる自動車燃費の改善が要望されている。自動車用ガソリンエンジンの熱効率はせいぜい40%で、大半が熱などとして捨てられている。このためよりエネルギ効率が高い電気自動車などの次世代駆動源自動車に注目が集まっている。
 本セミナーでは、次世代駆動源,その熱マネジメント,および空調システムについて説明するとともに、今後、ますます重要になる自動運転化時代の空調についても解説する。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『食品の消費期限延長/品質鮮度保持/おいしさを実現するフィルム・包装の開発とフードロス低減への最新技術展開』【2018年11月28日】
  • NEW
  • オススメ

『食品の消費期限延長/品質鮮度保持/おいしさを実現するフィルム・包装の開発とフードロス低減への最新技術展開』【2018年11月28日】

Save Food, Food Loss削減が世界的にも大きな広がりを見せている。更にSDGs及びESG対応は企業活動の根幹となってきている。世界の人々が裕福になるに伴い、より美味しいものを求め、更には自分の好みの味をも求めてきている。いわゆるパーソナル化対応は、食品分野でも対応が必要となってきている。鮮度保持及び品質保持の最近の動きを紹介する。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『自動車用吸音・遮音・制振材料の開発と今後の展望』【2018年11月29日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『自動車用吸音・遮音・制振材料の開発と今後の展望』【2018年11月29日】

遮音・吸音の基礎をわかりやすく紹介し、その事例として、エンジンで発生した音がエンジンルーム内で音響増 幅、さらに一重壁パネル、内装材を透過し、車室内に侵入するメカニズムと対策について解説します。さらに、 車室内に侵入した音の拡散を吸音シートにより防止し、車内騒音低減に成功した事例を紹介します。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『シランカップリングの選択基準・効果的な使用法と応用技術~反応・作用機構、ナノ粒子の表面修飾、有機無機ハイブリッド材料応用』【2018年11月21日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『シランカップリングの選択基準・効果的な使用法と応用技術~反応・作用機構、ナノ粒子の表面修飾、有機無機ハイブリッド材料応用』【2018年11月21日】

 近年、シランカップリング剤は飛躍的に応用分野が広がり、多種多様な工業分野で使用されている。従来は界面の制御による接着・密着性や異種材料の親和性・相溶性の向上などに使用されていたが、さらに新規機能材料として盛んに研究され、既に塗料やコーティング剤として実用化されている有機-無機ハイブリッド材料の開発において、ハイブリッド化に不可欠な薬品として使用され重要な役割を果たしている。本講座では、シランカップリング剤の反応、反応機構、作用機構、選択基準、効果的使用法、処理効果と有機-無機ハイブリッド材料への応用についてやさしく概説する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【ブルカージャパン(株) ナノ表面計測事業部 主催】『次世代二次電池及び部材の開発動向と最先端測定技術、今後の市場展開』【2018年11月21日】
  • NEW
  • オススメ

【ブルカージャパン(株) ナノ表面計測事業部 主催】『次世代二次電池及び部材の開発動向と最先端測定技術、今後の市場展開』【2018年11月21日】

本講座では、産学において最前線でご活躍されている研究者・技術者を講師に招き、業界が注目する“全固体電池、部材の最新研究動向”、“電解質の技術・市場動向”、“二次電池用正極材料開発の方向性””EV超急速充電規格””二次電池部材の最先端測定手法、世界の分析ニーズ”について、時宜を得た講座を開催致します。本講座が皆様の研究開発の一助になれば幸いです。

価格(税込) 5,000円~10,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『自己修復性ポリマーの基礎と最先端研究、材料への多機能性付与、評価、応用』~将来展開・可逆的な共有結合の利用・ポリウレタン塗料への耐擦り傷性付与・イオンゲル~【2018年10月31日】
  • NEW
  • オススメ

『自己修復性ポリマーの基礎と最先端研究、材料への多機能性付与、評価、応用』~将来展開・可逆的な共有結合の利用・ポリウレタン塗料への耐擦り傷性付与・イオンゲル~【2018年10月31日】

本セミナーでは、近年注目されている自己修復材料の基礎から最先端の研究、応用まで勉強できます。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『帯電防止剤における基礎・設計・高機能化とフィルム・パッケージへの応用展開』【2018年10月30 日】
  • NEW
  • オススメ

『帯電防止剤における基礎・設計・高機能化とフィルム・パッケージへの応用展開』【2018年10月30 日】

帯電防止付与技術は従来から行われている技術ではあるが、界面活性剤などの低分子系帯電防止剤は帯電防止機能の持続性が低く永久帯電防止性の付与が望まれている。
帯電防止材料の付与方法や種類はいくつかあるが本講演では高分子タイプの4級アンモニウム塩含有ポリマーを中心にコーティング用で設定した、パッケージ向け及びディスプレイ用光学フィルムで開発した性能例を紹介する。

価格(税込) 48,600円~59,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: