現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

セミナー

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『各種印刷技術を活用した三次元加飾・インキ技術と各応用展開』【2018年6月28日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『各種印刷技術を活用した三次元加飾・インキ技術と各応用展開』【2018年6月28日】

スクリーンインキと印刷の特徴を解説し、スクリーン印刷で実現できる加飾表現とその応用事例を紹介する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『発泡成形における材料技術と製品・プロセスの最新技術』【2018年6月28日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『発泡成形における材料技術と製品・プロセスの最新技術』【2018年6月28日】

近年、環境的側面より軽量化ニーズが高まっており、樹脂発泡製品の適用がさらに拡がりを見せている。従来のポリプロピレン(PP)の発泡特性の課題を解消した新規高溶融張力PPの射出及び押出発泡成形性について報告する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『≪最新デバイス、パッケージ技術から見た≫半導体ウェハにおける各種ダイシングの最新技術動向と低ダメージ化・高速化』【2018年5月28日】
  • NEW
  • オススメ

『≪最新デバイス、パッケージ技術から見た≫半導体ウェハにおける各種ダイシングの最新技術動向と低ダメージ化・高速化』【2018年5月28日】

ブレードダイシング法は長らくデバイス個片化の方法として用いられてきましたが、デバイスの進化、多様化に伴い、様々な手法が開発・実用化されています。本講演では、ブレードダイシング法を中心にダイシング技術の基礎と、それらの長所短所について解説し、近年の電子デバイス、パッケージ技術動向に対してダイシング技術がどのように対応しているかを概観します。

価格(税込) 48,600円~59,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『量子ドット蛍光体の分散特性と応用』【2018年5月29日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『量子ドット蛍光体の分散特性と応用』【2018年5月29日】

近年、高精彩な画像を表示することができる4Kテレビの普及がめざましく、より高精彩な8Kテレビの開発も進んでいます。
4Kテレビの世界市場(台数)は2016年には約4,000万台に達し、2020年までに8,000万台以上に成長すると言われています。
2012年には4K、8Kテレビ等の高精細テレビ向けの新しい色域規格、BT.2020が国際電機通信連合(ITU)によって制定され、ディスプレイメーカー各社は、この規格に対応できる、より広色域のディスプレイの開発を進めています。
消費電力を大幅に増やすことなく、液晶ディスプレイの広色域化を実現する技術として、量子ドットフィルムは注目されており、従来の液晶ディスプレイでは達成することが困難であった、BT.2020色域規格の90%以上を達成するという広色域化が可能となっています。
本講では、量子ドットフィルムの技術動向及びその課題を紹介します。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『電波吸収体・シールド材の開発と応用展開 』【2018年5月31日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『電波吸収体・シールド材の開発と応用展開 』【2018年5月31日】

“塗料”の特長である形状や膜厚の高い任意性を活用することにより、これまで電磁波シールドにおいて課題とされていた複雑形状や細部に至るまでのわずかな隙間からの漏洩を効果的に抑制することができる。更に、現在広く利用されている様々な電磁波シールド技術と複合的に用いることにより、総合的にシールド効果を向上できる可能性について論じる

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『大型・曲面・高精細ディスプレイに向けた防眩・低反射加工・フィルムの開発・要求特性と車載・デジタルサイネージ応用』【2018年5月30日】
  • NEW
  • オススメ

『大型・曲面・高精細ディスプレイに向けた防眩・低反射加工・フィルムの開発・要求特性と車載・デジタルサイネージ応用』【2018年5月30日】

デイスプレイ・タッチパネルが大型化し、車載用やサイネージ用に利用されるようになると屋外や屋外に近い状況下での視認性の確保が必要となります。 その場合タッチパネル表面の反射防止や防眩性の向上、さらにタッチパネルの内部,デイスプレイとの界面での反射の低減なども課題となります。 本講演ではフィルムタッチパネルのカバー材の選択から その表面処理、あるいはデイスプレイへのダイレクトボンデイングまで幅広く説明します。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『ZEH・次世代住宅の取り組みと真空断熱材料を用いた最新技術と要望・期待』【2018年5月24日】
  • NEW
  • オススメ

『ZEH・次世代住宅の取り組みと真空断熱材料を用いた最新技術と要望・期待』【2018年5月24日】

 省エネルギーのみでなく、健康増進等、ZEHが必要とされる背景から、ZEH、NEARLY ZEH、ZEH ORIENTED等の定義、高断熱、高効率、創エネルギー等の構成要素、実例、国(3省)の補助事業について解説する。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『完全自動運転化を目指した車載センサの技術動向と今後の展望・課題』【2018年4月26日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『完全自動運転化を目指した車載センサの技術動向と今後の展望・課題』【2018年4月26日】

自動車の脆弱性事例が多数報告されており,自動車のサイバーセキュリティ強化が必要とされている.自動運転技術についても例外ではなく,様々な脅威事例が報告されている.本講演では,今後の強化のポイントを含め,既存するセキュリティ強化技術について紹介し議論する.

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『電気自動車における冷暖房技術の最新動向と将来展望』【2018年4月20日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『電気自動車における冷暖房技術の最新動向と将来展望』【2018年4月20日】

温暖化防止や資源保護の観点から、さらなる自動車燃費の改善が要望されている。自動車用ガソリンエンジンの熱効率はせいぜい40%で、大半が熱などとして捨てられている。このためよりエネルギ効率が高い電気自動車に注目が集まっている。
本セミナーでは、電気自動車の空調システムについて説明するとともに、今後、ますます重要になる自動運転化時代の空調についても解説する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『撥水・滑水技術を中心とした濡れ性制御技術の基礎・機構と応用展開』【2018年3月30日】
  • NEW
  • オススメ

『撥水・滑水技術を中心とした濡れ性制御技術の基礎・機構と応用展開』【2018年3月30日】

固体表面の濡れは身近な現象であり、様々な分野に密接に関係しています。目視でき直感的にイメージしやすい一方で、特に動的な濡れの解釈に関しては誤解が多く見受けられます。近年重要視されてきている動的濡れ性を含めて、固体表面の濡れ性を評価するために必要な知識と方法・濡れ性の制御について、実際的な問題点と解決法を絡めながら最新の知見を含めて解説します。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『車載電子機器の軽量小型化のための材料技術と熱対策』【2018年3月23日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『車載電子機器の軽量小型化のための材料技術と熱対策』【2018年3月23日】

EV化・自動運転化に伴い拡大する車載機器市場!熱対策など現状の問題と今後の課題は?普及拡大に伴い、電子機器にも求められる小型・軽量化とその技術動向について説明する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『電子レンジ用包材における最新開発事例と要求特性・応用展開』【2018年3月23日】
  • NEW
  • オススメ

『電子レンジ用包材における最新開発事例と要求特性・応用展開』【2018年3月23日】

電子レンジ調理食品は便利な反面、トラブルも多い。その包装を設計するにあたっては、電子レンジの加熱特性を知った上で、間違いのない過熱方法を検討する必要がある。本講演では、食品包装に現在求められる役割と機能を説明し、電子レンジ調理食品における過去のトラブル事例から抽出される解決すべき課題から、包装技術の将来を展望する。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【大阪開催・シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『自動車用加飾技術の最新トレンドと開発動向』【2018年3月20日】
  • NEW
  • オススメ

【大阪開催・シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『自動車用加飾技術の最新トレンドと開発動向』【2018年3月20日】

EVや自動運転の時代を迎え、これまでの自動車の「価値観」や「存在意義」そのものが大きく変わろうとしている。基本的なデザイン開発プロセスや、インテリアデザインの役割を基に、トレンドの紹介や今後の展望について予測する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
『フィルムの延伸・成形加工における配向性・構造制御・物性評価と最適化・シミュレーション』【2018年3月26日】
  • NEW
  • オススメ

『フィルムの延伸・成形加工における配向性・構造制御・物性評価と最適化・シミュレーション』【2018年3月26日】

繊維・フィルムの延伸工程は、温めて引き延ばすだけの単純な工程であるが、高分子鎖を配向・結晶化させ、製品の物性を大きく左右する重要な工程である。この講座では、延伸の基礎概念から制御原理、形成される構造、および物性との関連について解説する。

価格(税込) 43,200円~54,000 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数:
【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『食品包装用途を中心としたバリアフィルムの基礎と製造プロセス・応用展開』【2018年2月19日】
  • NEW
  • オススメ

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】『食品包装用途を中心としたバリアフィルムの基礎と製造プロセス・応用展開』【2018年2月19日】

1980年代後半から本格的に登場した透明蒸着フィルムは、脱塩素の波に乗り、急激に使用量が増加した。その後、バリア性能も向上した透明蒸着フィルムは、耐熱性などの高い性能を要求されるレトルト包材にも使用されている。それは日本国内ばかりでなく、海外の透明蒸着フィルムに比べ、格段に性能が優れていることから、輸出も盛んに行われており、海外での生産も行われている。
 本講では透明蒸着フィルムについて歴史から、構成、日本における生産の現状、用途等全般について説明する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

人数登録:
個数: