現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

テキスト

【AT20181101 技術テキスト】 『生分解性プラスチックの現状・市場動向と海洋問題への課題・今後の展望』
  • NEW
  • 限定品

【AT20181101 技術テキスト】 『生分解性プラスチックの現状・市場動向と海洋問題への課題・今後の展望』

本セミナーは、2018年11月27日に実施したセミナー資料です。

海外ではポリエチレンやポリプロピレン等の規制が一層強化されている。この潮流は日本にも波及し、ストロー、レジ袋等への対応が検討され始めている。この背景には、プラスチックによる深刻な海洋汚染の問題が存在する。こうした潮流の中で、“ゴミにならないプラスチック”=生分解性プラスチックが注目を浴びつつある。この講演では各国での規制と生分解性プラスチックの基礎から商品開発のヒント、更に今後の展望を予測する。

価格(税込) 27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180906 技術テキスト】 『次世代5G移動体無線通信・IoTに向けたミリ波アンテナ技術・無線・光融合技術の基礎とフィールド実験』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180906 技術テキスト】 『次世代5G移動体無線通信・IoTに向けたミリ波アンテナ技術・無線・光融合技術の基礎とフィールド実験』

本セミナーは、2018年9月28日に実施したセミナー資料です。

次世代の5G移動体無線通信・IoTの鍵を握るミリ波アンテナ技術、無線・光融合技術について解説する。5Gでは、搬送波周波数をマイクロ波帯から準ミリ波・ミリ波帯にシフトさせることが既定路線となっている。ミリ波帯においては、通常の時間多重・周波数多重に加えて、MIMO等の空間多重技術を容易に利用することができるため、超大容量化・多チャンネル化が可能である。このような高度無線通信システムを構築するためには、高性能アンテナ・ミリ波ビーム制御技術、端末位置推定技術と光ファイバー技術との融合などがポイントとなる。
本講座では、講師らが開発を進めてきた「高性能ミリ波アンテナ電極光変調器」、「高精度無線端末位置推定技術」、「光ファイバー無線(Radio-over-Fiber)技術」について紹介する。

価格(税込) 27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180905 技術テキスト】『フォトレジスト材料/リソグラフィーの基礎と光開始剤の上手な使い方、材料評価、最新微細加工技術』
  • オススメ

【AT20180905 技術テキスト】『フォトレジスト材料/リソグラフィーの基礎と光開始剤の上手な使い方、材料評価、最新微細加工技術』

本セミナーは、2018年9月18日に実施したセミナー資料です。

本セミナーでは、フォトレジスト/リソグラフィーの基礎と光開始材の上手な使い方、材料評価、最新微細加工技術について勉強できる講習会です。実用上の課題と解決策、技術動向について知りたい方必見の講習会です。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180904 技術テキスト】『超親水・超撥水化のメカニズムとフィルム・コーティング剤への応用
  • オススメ

【AT20180904 技術テキスト】『超親水・超撥水化のメカニズムとフィルム・コーティング剤への応用

本セミナーは、2018年9月27日に実施したセミナー資料です。

本講演では、今もなお市場が拡大し続けている高吸水性樹脂を取り上げてその開発の歴史を振り返り、主要用途である紙おむつを中心に市場動向ならびに他の応用用途について、最近の開発トピックスも交えて概説する。

価格(税込) 30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20180903 技術テキスト】『PVC(塩ビ樹脂)における樹脂設計の基礎と機能性・成形加工性向上、物性評価、応用例、国内外の市場動向
  • オススメ

【AT20180903 技術テキスト】『PVC(塩ビ樹脂)における樹脂設計の基礎と機能性・成形加工性向上、物性評価、応用例、国内外の市場動向

本セミナーは、2018年9月21日に実施したセミナー資料です。

本セミナーでは、PVCにおける樹脂設計の基礎と機能性・成形加工性向上、物性評価、用途例、国内外の市場動向について勉強できる講習会です。物性面の各種機能化について知りたい方必見の講習会です。

価格(税込) 30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20180902 技術テキスト】『金属・樹脂における異種材料の接合・接着の各界面形成・メカニズムと高機能化・応用展開
  • オススメ

【AT20180902 技術テキスト】『金属・樹脂における異種材料の接合・接着の各界面形成・メカニズムと高機能化・応用展開

本セミナーは、2018年9月21日に実施したセミナー資料です。

本セミナーでは、異種材料の接合・接着技術の基礎、マルチマテリアル化に向けた金属と樹脂の接合技術まで勉強できます。

価格(税込) 30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20180901 技術テキスト】『青果物における鮮度低下メカニズム・鮮度評価法と品質保持の最新技術・包装設計』
  • オススメ

【AT20180901 技術テキスト】『青果物における鮮度低下メカニズム・鮮度評価法と品質保持の最新技術・包装設計』

本セミナーは、2018年9月20日に実施したセミナー資料です。

本講では青果物と農畜産物の鮮度保持技術について解説する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180803 技術テキスト】『ポリマーアロイの高機能化設計と相溶化剤選択、物性制御、混錬技術、加工条件最適化のポイント』
  • オススメ

【AT20180803 技術テキスト】『ポリマーアロイの高機能化設計と相溶化剤選択、物性制御、混錬技術、加工条件最適化のポイント』

本セミナーは、2018年8月30日に実施したセミナー資料です。

本セミナーでは、ポリマーアロイの高機能化設計と相溶化剤選択、物性制御、混錬技術、加工条件最適化のポイントについて勉強できる講習会です。実用上の課題と各種機能化について知りたい方必見の講習会です。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180802 技術テキスト】 『高分子絶縁材料の絶縁劣化メカニズムと絶縁破壊現象』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180802 技術テキスト】 『高分子絶縁材料の絶縁劣化メカニズムと絶縁破壊現象』

本セミナーは、2018年8月29日に実施したセミナー資料です。

高分子絶縁材料の絶縁劣化メカニズムと絶縁破壊現象の考え方を解説する。

価格(税込) 27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180801 技術テキスト】『形状記憶性ポリマー/シートの開発動向と機能性、用途例、今後の展開』
  • オススメ

【AT20180801 技術テキスト】『形状記憶性ポリマー/シートの開発動向と機能性、用途例、今後の展開』

本セミナーは、2018年8月27日に実施したセミナー資料です。

本セミナーでは、形状記憶性ポリマー(スマートポリマー)・シートの開発動向と機能性、用途例、今後の展開について勉強できる講習会です。実用上の課題と各種機能化について知りたい方必見の講習会です。

価格(税込) 30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20180701 技術テキスト】『イージーピール・フィルム包装の開発動向と製品・市場と要求』
  • オススメ

【AT20180701 技術テキスト】『イージーピール・フィルム包装の開発動向と製品・市場と要求』

本セミナーは、2018年7月23日に実施したセミナー資料です。

食品・医薬品包装において、現在プラスチックを用いた包装が多くなっている。プラスチックのフィルム包装や容器包装において、通常ヒートシールによる密封が行われているが、密封を完全な状態にした場合、内容品を取り出すための容易な機構が必要となる。最近では、ヒートシール部をイージーピールにすることによる方法が普及している。本講演では、イージーピール技法の種類とそのメカニズムおよびイージーピール材の製造技法、適用事例について述べる

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180604 技術テキスト】 『導電性インク・ペーストに用いる銅微粒子・ナノ粒子の合成・コロイド化・耐酸化技術と物性評価と応用展開』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180604 技術テキスト】 『導電性インク・ペーストに用いる銅微粒子・ナノ粒子の合成・コロイド化・耐酸化技術と物性評価と応用展開』

本セミナーは、2018年6月29日に実施したセミナー資料です。

 現在研究が展開される銅ナノ粒子・微粒子について短時間で俯瞰して、理解する半日コースです。当研究室のこれまでの研究成果を十分にわかりやすく皆様にご紹介します。化学法・凝集法を中心にその合成法、サイズや形状の制御に関する考え方と実践について述べます。さらに、耐酸化性の付与の手法についても議論したいと思います。また、耐酸化被膜、表面酸化層の微細構造の解析ついても紹介します。また、当研究室独自のナノ粒子に対する考え方や解析手法などについても一緒に議論しましょう。こうしてナノ粒子の獲得手法を心得ていただいた後、その応用について例を挙げてご紹介。特に、電子部品部材に用いるための低温焼結法などについても、当研究室のものだけではなく、いくつかの例について、その原理や考え方を含めて解説します。

価格(税込) 27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180603 技術テキスト】『各種印刷技術を活用した三次元加飾・インキ技術と各応用展開』
  • オススメ

【AT20180603 技術テキスト】『各種印刷技術を活用した三次元加飾・インキ技術と各応用展開』

本セミナーは、2018年6月27日に実施したセミナー資料です。

スクリーンインキと印刷の特徴を解説し、スクリーン印刷で実現できる加飾表現とその応用事例を紹介する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180602 技術テキスト】 『中国・アジア圏を中心とした食品包装規制の最新動向』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180602 技術テキスト】 『中国・アジア圏を中心とした食品包装規制の最新動向』

本セミナーは、2018年6月27日に実施したセミナー資料です。

食品の交易拡大と人口増大に伴い、中国を初めアジア諸国は食品包装の法整備を推進中である。中国は、EU類似路線へ転換し、法体系は欧米並みとなったが、実効性にはかなり企業差が見られる。韓国と台湾は、事前届出制度を制定し、樹脂のPL化を審議中である。インドとインドネシア、ベトナムは、PL制定済みである。ASEAN10ケ国は、タイを幹事国として共同基準作りを進めている。本講では、日本にとっても大きな関心事であるアジア諸国の法整備の最新動向、及び現在国会で審議中の日本の食品衛生法改正に伴うPL化の進捗状況と企業の対応に関し紹介する。

価格(税込) 27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180601 技術テキスト】 『高分子の耐久性、劣化度の評価、寿命予測』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180601 技術テキスト】 『高分子の耐久性、劣化度の評価、寿命予測』

本セミナーは、2018年6月25日に実施したセミナー資料です。

本セミナーでは、高分子材料・製品の長持ち化のための必須基礎知識から始め、高分子に対する各種劣化要因、各種劣化度評価法について耐久性能との関係を解説いたします。
その中で、材料劣化の極初期を捉えられることから近年、注目されている化学発光(ケミルミネッセンス)法の基本から、高分子材料劣化度評価への応用例までを紹介します。
さらには結晶性高分子の機械的耐久性に関し、構造にも少し踏み込んで、機械的強度に強く関係するタイ分子の制御についても説明を加えます。
プラスチック製品の研究開発、設計、成形、生産管理、生産技術、品質管理、技術営業に携わる方に参考になるような解説をします。

価格(税込) 27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数: