現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

テキスト

【AT20170705 技術テキスト】『R&D戦略におけるロードマップの考え方と 策定、事例に学ぶシナリオプランニングのポイント』
  • オススメ

【AT20170705 技術テキスト】『R&D戦略におけるロードマップの考え方と 策定、事例に学ぶシナリオプランニングのポイント』

本セミナーは、2017年7月28日に実施したセミナー資料です。

R&D戦略におけるロードマップ策定(TRM、MRM、PRM)の考え方と策定、事例に学ぶシナリオプランニングのポイントについて解説する。

価格(税込) 30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20170704 技術テキスト】 『樹脂発泡技術開発の歴史と最近の動向』
  • NEW
  • 限定品

【AT20170704 技術テキスト】 『樹脂発泡技術開発の歴史と最近の動向』

本セミナーは、2017年7月27日に実施したセミナー資料です。

発泡成形における基礎・成形プロセスと応用展開を中心に述べる。

価格(税込) 17,280円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170703 技術テキスト】『次世代半導体ウェハにおける各種ダイシング技術と低ダメージ化/テープ技術への要望』
  • オススメ

【AT20170703 技術テキスト】『次世代半導体ウェハにおける各種ダイシング技術と低ダメージ化/テープ技術への要望』

本セミナーは、2017年7月26日に実施したセミナー資料です。

コージェネレーション機器の普及に伴いパワーIC需要が拡大し、ワイドギャップ半導体、中でもSiC デバイスの市場ニーズが高まっている。SiCウェーハの抱える技術的・価格的課題も解消されつつあり、大口径化を含め量産設備の検討が始まった。ダイシングの原理から最新技術動向と応用例を、実例を交えて紹介する。

価格(税込) 17,280円~30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170601 技術テキスト】『化粧品を中心とした包装・フィルム部材の最新規制動向と市場展開 ~化粧品・トイレタリー包材の開発・使用する樹脂の情報開示を求める欧州の動き~』
  • オススメ

【AT20170601 技術テキスト】『化粧品を中心とした包装・フィルム部材の最新規制動向と市場展開 ~化粧品・トイレタリー包材の開発・使用する樹脂の情報開示を求める欧州の動き~』

本セミナーは、2017年6月30日に実施したセミナー資料です。

現在化粧品容器に関する規制はなく、各社が自主的に食品容器に関する規制等を適用している状況である。昨今の安全性や環境影響への企業責任に対する社会の関心を受け、EUでは化粧品容器の組成などに関する情報の開示を化粧品メーカーが容器メーカーへ求める動きが高まっている。今後、容器メーカーから化粧品メーカーへの情報開示は一般的な要求事項となり、情報を伴わない容器素材の流通が社会的に困難になる可能性が考えられる。

価格(税込) 19,440円~32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170702 技術テキスト】『フォトレジスト材料における基礎・技術動向・高感度化と各添加剤の選定』
  • オススメ

【AT20170702 技術テキスト】『フォトレジスト材料における基礎・技術動向・高感度化と各添加剤の選定』

本セミナーは、2017年7月28日に実施したセミナー資料です。

光酸発生剤および光塩基発生剤を用いた感光性樹脂(レジスト、UV硬化)の基礎について述べる。さらに、酸増殖剤や塩基増殖剤を用いた高感度化の手法、硬化不良対策について筆者らの研究を中心に述べる。

価格(税込) 30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20170701 技術テキスト】『ポリウレタンフォーム系断熱材の開発・市場動向・要求特性と性能評価・熱伝導率測定』
  • オススメ

【AT20170701 技術テキスト】『ポリウレタンフォーム系断熱材の開発・市場動向・要求特性と性能評価・熱伝導率測定』

本セミナーは、2017年7月25日に実施したセミナー資料です。

ポリウレタンフォーム系断熱材の特性およびウレタンフォーム系断熱材の開発・市場動向と要求特性への技術的取り組みとその応用例をポリウレタンフォーム系を中心とした断熱材の性能評価・熱伝導率測定などの技術を含めてご紹介します。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170512 技術テキスト】 『フレキシブル有機ELの研究・開発動向と求められる材料』
  • NEW
  • 限定品

【AT20170512 技術テキスト】 『フレキシブル有機ELの研究・開発動向と求められる材料』

本セミナーは、2017年6月29日に実施したセミナー資料です。

 大きな事業発展へと動き始めている有機ELにおいて、フレキシブル化はさらなる薄型化と軽量化、デザインフレキシビリティなど、商品差別化のキーとなる技術であり、今後の有機EL事業展開に不可欠の技術となろうとしている。
 本講座では、有機ELのフレキシブル化の開発動向を概説するとともに、フレキシブル化に必要な材料技術、中でも特に重要なフレキシブル基板技術とITO代替電極技術について説明する。フレキシブル基板技術としては、バリアフィルム技術だけでなく、超薄板ガラス及び高機能ステンレス箔の可能性と技術レベルについて説明する。ITO代替透明電極技術としては、銀ナノワイヤー技術、透明導電ポリマー、及び印刷配線技術について説明する。

価格(税込) 18,900円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170511 技術テキスト】新規事業開発におけるビジネスモデル構築の基本と仮説構築・儲ける仕組みの考え方、成果を上げるポイント
  • NEW
  • オススメ

【AT20170511 技術テキスト】新規事業開発におけるビジネスモデル構築の基本と仮説構築・儲ける仕組みの考え方、成果を上げるポイント

本セミナーは、2015年8月27日に実施したセミナー資料です。

新規事業開発におけるビジネスモデル構築の基本と事例に学ぶ儲ける仕組みの考え方、成果を上げるポイントといった観点で、各講師に詳しく解説いただく予定です。≪事前内容リクエスト受付中≫

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170510 技術テキスト】 『各種フィラー・樹脂を用いた高熱伝導・放熱材料における設計・開発動向と応用展開』
  • NEW
  • 限定品

【AT20170510 技術テキスト】 『各種フィラー・樹脂を用いた高熱伝導・放熱材料における設計・開発動向と応用展開』

本セミナーは、2017年6月28日に実施したセミナー資料です。

放熱材料の開発動向と今後の課題についてじっくり学べる講座でございます。

価格(税込) 27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20170509 技術テキスト】『MA包装/鮮度保持フィルム・部材を用いた青果物の鮮度保持パッケージ技術の基礎・最新動向と青果物の生理現象』
  • オススメ

【AT20170509 技術テキスト】『MA包装/鮮度保持フィルム・部材を用いた青果物の鮮度保持パッケージ技術の基礎・最新動向と青果物の生理現象』

本セミナーは、2017年6月28日に実施したセミナー資料です。

MAP・鮮度保持包装の開発動向と今後の課題についてじっくり学べる講座でございます。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170508 技術テキスト】 『スパッタリングによる実務トラブル対応と膜の密着性・信頼性確保 』
  • NEW
  • 限定品

【AT20170508 技術テキスト】 『スパッタリングによる実務トラブル対応と膜の密着性・信頼性確保 』

本セミナーは、2017年6月23日に実施したセミナー資料です。

スパッタリングは、エレクトロニクスをはじめとした様々なシーンで用いられる重要な成膜技術です。しかし、量産技術をどのように確立し、改善するか?についてのノウハウはあまり知られていません。本講義では、スパッタリングの基礎から、膜の密着性改善、トラブル対応、生産性向上まで、実務上の重要ポイントを網羅的・具体的に解説します。基礎を学びたい方から実務エキスパートを目指す方まで、大変お勧めです。

価格(税込) 27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20170507 技術テキスト】 『光学ガラスの基礎と応用、技術トラブル対策 』
  • NEW
  • 限定品

【AT20170507 技術テキスト】 『光学ガラスの基礎と応用、技術トラブル対策 』

本セミナーは、2017年7月21日に実施予定でしたセミナー資料です。

光学ガラスの基礎と応用、技術トラブル対策について、わかりやすく説明します。

価格(税込) 13,500 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20150901 技術テキスト】『自動車室内ディスプレイ搭載環境の最新技術動向と安全性向上・要求特性・将来展望』~ヘッドアップディスプレイを中心とした運転支援HMI・快適性・安全性向上~
  • NEW
  • オススメ

【AT20150901 技術テキスト】『自動車室内ディスプレイ搭載環境の最新技術動向と安全性向上・要求特性・将来展望』~ヘッドアップディスプレイを中心とした運転支援HMI・快適性・安全性向上~

本講演では、車室内に設置されている各ディスプレイを紹介すると共にその中でも普及に対する期待値の高いメーター、ヘッドアップディスプレイ、センターディスプレイの各市場を取り上げ、将来の自動車に採用されるディスプレイ市場における拡大要因や求められる製品仕様等を解説する。また自動車メーカーや研究者の視点から生理学的な観点からの安全性の高いディスプレイとは?

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170506 技術テキスト】 『ラミネート型リチウムイオン二次電池/外装材の構造・特性・開発と応用例、安全性・技術上の課題、市場動向、今後の用途展開』
  • NEW
  • 限定品

【AT20170506 技術テキスト】 『ラミネート型リチウムイオン二次電池/外装材の構造・特性・開発と応用例、安全性・技術上の課題、市場動向、今後の用途展開』

本セミナーは、2016年6月30日に実施したセミナー資料です。

価格(税込) 30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20170505 技術テキスト】 『自己ドープ型導電性高分子の高導電化と課題』
  • NEW
  • 限定品

【AT20170505 技術テキスト】 『自己ドープ型導電性高分子の高導電化と課題』

本セミナーは、2017年5月30日に実施したセミナー資料です。

自己ドープ型導電性高分子(SDP)は水溶性の導電性高分子で,電子線リソグラフィー用帯電防止材料として事業化されています。また,SDPは通常の導電性高分子とは異なり,外部ドーパントと必要としないので,耐熱性に優れる等の特長を持っています。しかし,その電気伝導度は100 S/cmに届かず,用途が帯電防止などに限定されていることから,より高い電気伝導度を持ったSDPの開発が望まれています。電気伝導度はキャリア数(ドーピング率)と移動度の積で表され,キャリア数を増やし,移動度を向上させることにより,より高い電気伝導度を有するSDPの開発がです。本講座では,SDPの高導電化に的を絞って,その現状とより高い電気伝導度を持ったSDP開発の考え方を紹介します。 

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数: