現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

テキスト

【AT20180304  技術テキスト】 『軟包装分野におけるデジタル印刷機の開発動向、今後の課題と展望』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180304  技術テキスト】 『軟包装分野におけるデジタル印刷機の開発動向、今後の課題と展望』

本セミナーは、2018年3月30日に実施したセミナー資料です。

軟包装のデジタル印刷の時代が到来した。パーソナル化対応、新製品の市場投入時間の短縮、レトルト対応可能などまさに今の時代にマッチした商品開発を推進する役割がデジタル印刷にある。デジタル印刷の今後を展望する。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180303 技術テキスト】『フィルムの延伸・成形加工における配向性・構造制御・物性評価と最適化・シミュレーション』
  • オススメ

【AT20180303 技術テキスト】『フィルムの延伸・成形加工における配向性・構造制御・物性評価と最適化・シミュレーション』

本セミナーは、2018年3月26日に実施したセミナー資料です。

繊維・フィルムの延伸工程は、温めて引き延ばすだけの単純な工程であるが、高分子鎖を配向・結晶化させ、製品の物性を大きく左右する重要な工程である。この講座では、延伸の基礎概念から制御原理、形成される構造、および物性との関連について解説する。

価格(税込) 15,120円~30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20180302  技術テキスト】 『包装用フィルムにおけるラミネートプロセスの基礎・基本理論とトラブル対策』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180302  技術テキスト】 『包装用フィルムにおけるラミネートプロセスの基礎・基本理論とトラブル対策』

本セミナーは、2018年3月26日に実施したセミナー資料です。

基本理論を押さえた上で、実用的なラミネート技術とトラブル対策を分かり易く解説する。
ラミネート技術は、ロールtoロールで複数の材料を積層化させる技術として包装材料では勿論のこと、産業資材や工業材料分野でも利用される展開性の高い加工技術である。ラミネート技術を理解するには、何故ラミネートが必要なのかという基本に立ち返り、接着の基礎やラミネートで使われる材料を知った上で、ラミネートプロセスの特徴を理解していく必要がある。また、実生産上ラミネートでは様々な問題が発生するが、トラブル事例を知って予防する必要がある。これらラミネート技術の基本と応用を初心者でも分かり易いよう解説する。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180301 技術テキスト】『電子レンジ用包材における最新開発事例と要求特性・応用展開』
  • オススメ

【AT20180301 技術テキスト】『電子レンジ用包材における最新開発事例と要求特性・応用展開』

本セミナーは、2018年3月23日に実施したセミナー資料です。

電子レンジ調理食品は便利な反面、トラブルも多い。その包装を設計するにあたっては、電子レンジの加熱特性を知った上で、間違いのない過熱方法を検討する必要がある。本講演では、食品包装に現在求められる役割と機能を説明し、電子レンジ調理食品における過去のトラブル事例から抽出される解決すべき課題から、包装技術の将来を展望する。

価格(税込) 15,120円~30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20180203 技術テキスト】『ポリイミドの基礎・フィルム化技術とフレキシブルディスプレイ基板を中心とした応用展開』
  • オススメ

【AT20180203 技術テキスト】『ポリイミドの基礎・フィルム化技術とフレキシブルディスプレイ基板を中心とした応用展開』

本セミナーは、2018年2月21日に実施したセミナー資料です。

ポリイミドは耐熱性や機械特性に優れた高機能樹脂として電気・電子材料分野を中心に幅広く使用され重要な工業材料となっています。また近年、ナノテクノロジーやオプトエレクトロニクスの著しい進展に伴って、さまざまな機能を有する高性能なポリイミドがその要求に応じて開発されています。本講演では、機能化・フィルム化へ向けた機能性ポリイミドをどのように開発していくかを分子・材料設計の観点から、合成、特性、機能化および加工性(フィルム化)について分かりやすく述べる。また、機能向上のための種々の物性制御の考え方、方法などポリイミドを活用するための高機能化技術についてやさしく解説します。

価格(税込) 15,120円~30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20180202  技術テキスト】 『二軸押出機における混練・分散実用技術』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180202  技術テキスト】 『二軸押出機における混練・分散実用技術』

本セミナーは、2018年2月20日に実施したセミナー資料です。

1.プラスチック製品は多種多様な分野で使用されており、各種ニ-ズに対応した樹脂特性、複合化技術、混練・分散技術等が求められている。他方、省エネ、省人・省工程、コンパクト化、リサイクル性等も合わせて要求されているので、これらの市場ニ-ズを考慮した二軸押出機による混練分散実用技術を説明する。
2.同方向と異方向二軸の構造特性と基本押出特性について比較検討し、その特性を活かした混練・分散技術について説明する。混練分散技術については、具体的なスクリュウ形状モデルについて、その形状特性に基づく混練・分散作用と狙いについて述べる。
3.装置のコンパクト化、押出安定性向上、混練・分散性向上等の対策には、供給フイ-ダ、ろ過装置(メッシュ)、ギアポンプ、制御技術等の周辺機器・技術の適正化、システム化等が重要となるので、これらについても具体例をあげて説明する。管理の進め方に関し解説する。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180201 技術テキスト】『食品包装用途を中心としたバリアフィルムの基礎と製造プロセス・応用展開』
  • オススメ

【AT20180201 技術テキスト】『食品包装用途を中心としたバリアフィルムの基礎と製造プロセス・応用展開』

本セミナーは、2018年2月19日に実施したセミナー資料です。

1980年代後半から本格的に登場した透明蒸着フィルムは、脱塩素の波に乗り、急激に使用量が増加した。その後、バリア性能も向上した透明蒸着フィルムは、耐熱性などの高い性能を要求されるレトルト包材にも使用されている。それは日本国内ばかりでなく、海外の透明蒸着フィルムに比べ、格段に性能が優れていることから、輸出も盛んに行われており、海外での生産も行われている。
 本講では透明蒸着フィルムについて歴史から、構成、日本における生産の現状、用途等全般について説明する。

価格(税込) 16,200円~32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180104  技術テキスト】 『セルロースナノファイバの基礎・自動車用途などへの応用展開と製造・産業応用上の課題』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180104  技術テキスト】 『セルロースナノファイバの基礎・自動車用途などへの応用展開と製造・産業応用上の課題』

本セミナーは、2018年1月30日に実施したセミナー資料です。

バイオマス系素材の利用が国全体として推進されており、その中で、木材は生育量が多くカーボンニュトラルな素材として注目されています。木材からセルロースを取り出して紙を作る製紙産業は、木材から紙以外の新素材としてセルロースナノファイバなどの開発を精力的に進めています。本講座では, 木材の構造と構成成分と、その利用の状況、特に製紙産業における現状を解説した後、セルロースナノファイバについて、その各種製造法、特徴とそれを活かした応用開発の状況、中でも使用量の拡大とCO2削減に大きな貢献が期待できる自動車の軽量化と課題、さらに世界動向を解説します。

価格(税込) 27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180103 技術テキスト】『鮮度保持フィルムを用いた青果物の鮮度保持パッケージ技術の基礎と最適設計』
  • オススメ

【AT20180103 技術テキスト】『鮮度保持フィルムを用いた青果物の鮮度保持パッケージ技術の基礎と最適設計』

本セミナーは、2018年1月29日に実施したセミナー資料です。

近年、青果物流通に包装がされるような時代になり、スーパーだけでなくコンビニエンスストアでも青果物を積極的に置くようになった。販売網が広がったことでコールドチェーンだけでなく、青果物の呼吸を妨げないように包材の通気性を上げる取組も重要になってきている。実際、一日でも長く品質を保つことは収益に直結することになるため、各社はこの通気性コントロール技術に余念がない。一般的にフィルムに通気性を持たすためにはレーザー等の小さな穴を開ける技術が浸透しているが、本セミナーでは穴を開けずに通気性を付与した無孔通気性フィルムの原理と他社技術との違いを中心に説明する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180102  技術テキスト】 『≪有機EL・曲面等に向けた≫フレキシブルディスプレイに対応したタッチパネル開発・各種部材動向と要求特性』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180102  技術テキスト】 『≪有機EL・曲面等に向けた≫フレキシブルディスプレイに対応したタッチパネル開発・各種部材動向と要求特性』

本セミナーは、2018年1月29日に実施したセミナー資料です。

有機ELデイスプレイを中心に曲面デイスプレイの発表があいついでいます。これらの曲面デイスプレイに必要なタッチパネルも可とう性を持ったフィルムタッチパネルや、3次元に成型可能なタッチパネルが要望されています。従来のITOをセンサーに用いたタッチパネルでは不可能であり、新しいフィルムセンサが必要です。Cuメッシュタッチパネルを初めとする新しい導電材料について詳しく説明します。 又、光学材料としてのフィルム、カバー材料にも可とう性、成形性が必要で、これらについても説明します。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180101  技術テキスト】 『食品包装の規制動向と国内のポジティブリスト制度化の動き』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180101  技術テキスト】 『食品包装の規制動向と国内のポジティブリスト制度化の動き』

本セミナーは、2018年1月29日に実施したセミナー資料です。

食品の交易増加に伴い、世界中で食品包装規制の整備が進展している。日本は厚労省がPL制度化方針を決めて2018年当初に食品衛生法を改正し、数年後に施行見込みである。一方、溶出試験条件等の改正審議は時期未定であり、国際的には大きく後れを取っている。
EUはプラスチック規則が略完成し、2018年中頃に印刷インキを規制予定であり、今や国際標準となったと言える。米国は独自の製品登録制度が定着し、中国・湾岸諸国・南米南部諸国はEU規則を採用した。韓国と台湾はPL審議中、ASEANは共同基準化を検討中である。
本講では、これらの最新動向及び企業としての対応とリスク管理の進め方に関し解説する。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20171203  技術テキスト】 『量子ドットの基礎・表面修飾・分散技術とディスプレイへの応用』
  • NEW
  • 限定品

【AT20171203  技術テキスト】 『量子ドットの基礎・表面修飾・分散技術とディスプレイへの応用』

本セミナーは、2017年12月21日に実施したセミナー資料です。

高解像度8kの新しい放送規格で広がる色域を実現するために、量子ドットが注目されている。量子ドットとはどのようなものだろうか。ディスプレイにはどのように応用するのであろうか。本講演では、量子ドットの概要を紹介し、これまでの蛍光体や有機ELとの違いについて解説する。また、液晶ディスプレイや量子ドットLEDとしてどのように使われるのか様々な応用方法について説明する。さらに量子ドットの問題点や現在の課題を紹介し、将来を展望する。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20171202 技術テキスト】『有機ELの開発に向けた各種部材・素材の開発動向・評価と要求特性』
  • オススメ

【AT20171202 技術テキスト】『有機ELの開発に向けた各種部材・素材の開発動向・評価と要求特性』

本セミナーは、2017年12月20日に実施したセミナー資料です。

本セミナーでは,気密性に優れる無機シール技術を例に,どうすれば高信頼化・長寿命化が経済合理的プロセスで達成できるか,そのポイントについて解説します。また、企業の成長において、新規事業創出は必須と言われて久しいが、現状どの日本企業も大変悩ましい状況です。こうした中、新商品・新技術を持続的に生み出していくためにはどのようなアプローチが効果的か、イノベーティブ企業の成功要因を例に考察します。

価格(税込) 16,200円~32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20171201 技術テキスト】『フィルムコンデンサの開発・応用と各種部材・製造工程と要求される部材特性 』
  • オススメ

【AT20171201 技術テキスト】『フィルムコンデンサの開発・応用と各種部材・製造工程と要求される部材特性 』

本セミナーは、2017年12月8日に実施したセミナー資料です。

価格(税込) 15,120円~30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20171103  技術テキスト】 『全固体リチウムイオン二次電池の基礎と最新研究動向』
  • NEW
  • 限定品

【AT20171103  技術テキスト】 『全固体リチウムイオン二次電池の基礎と最新研究動向』

本セミナーは、2017年11月27日(月)に実施したセミナー資料です。

不燃性の固体電解質の適用は、安全性の改善だけなく、体積エネルギー密度の向上や使用可能な温度範囲の拡大につながり、リチウム二次電池の可能性を大きく広げる。しかし、従来の電池技術だけでは、この新しい電池を実現することは難しい。本講演では、全固体電池を構成する各部材の開発から電池作製までの各段階について、最近の取り組みと課題を紹介する。また、電池の全固体化によって実現される新たな電池の用途についても言及する。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数: