現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

テキスト

【AT20180505 技術テキスト】『大型・曲面・高精細ディスプレイに向けた防眩・低反射加工・フィルムの開発・要求特性と車載・デジタルサイネージ応用』
  • オススメ

【AT20180505 技術テキスト】『大型・曲面・高精細ディスプレイに向けた防眩・低反射加工・フィルムの開発・要求特性と車載・デジタルサイネージ応用』

本セミナーは、2018年5月30日に実施したセミナー資料です。

デイスプレイ・タッチパネルが大型化し、車載用やサイネージ用に利用されるようになると屋外や屋外に近い状況下での視認性の確保が必要となります。 その場合タッチパネル表面の反射防止や防眩性の向上、さらにタッチパネルの内部,デイスプレイとの界面での反射の低減なども課題となります。 本講演ではフィルムタッチパネルのカバー材の選択から その表面処理、あるいはデイスプレイへのダイレクトボンデイングまで幅広く説明します。

価格(税込) 15,120円~30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20180504 技術テキスト】『半導体ウェハにおける各種ダイシングの最新技術動向と低ダメージ化・高速化』
  • オススメ

【AT20180504 技術テキスト】『半導体ウェハにおける各種ダイシングの最新技術動向と低ダメージ化・高速化』

本セミナーは、2018年5月28日に実施したセミナー資料です。

ブレードダイシング法は長らくデバイス個片化の方法として用いられてきましたが、デバイスの進化、多様化に伴い、様々な手法が開発・実用化されています。本講演では、ブレードダイシング法を中心にダイシング技術の基礎と、それらの長所短所について解説し、近年の電子デバイス、パッケージ技術動向に対してダイシング技術がどのように対応しているかを概観します。

価格(税込) 17,280円~34,560 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180503 技術テキスト】『ZEH・次世代住宅の取り組みと真空断熱材料を用いた最新技術と要望・期待』
  • オススメ

【AT20180503 技術テキスト】『ZEH・次世代住宅の取り組みと真空断熱材料を用いた最新技術と要望・期待』

本セミナーは、2018年5月24日に実施したセミナー資料です。

 省エネルギーのみでなく、健康増進等、ZEHが必要とされる背景から、ZEH、NEARLY ZEH、ZEH ORIENTED等の定義、高断熱、高効率、創エネルギー等の構成要素、実例、国(3省)の補助事業について解説する。

価格(税込) 16,200円~32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180502  技術テキスト】 『水性塗料の動向・添加剤の選択・評価・分散不良の解決策』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180502  技術テキスト】 『水性塗料の動向・添加剤の選択・評価・分散不良の解決策』

本セミナーは、2018年5月17日に実施したセミナー資料です。

 水を溶媒とする水性塗料では、水の特性に起因する様々な課題がある。これらの課題解決のため水性バインダー樹脂の設計や添加剤の選択が行われている。水性塗料設計技術の最近の動向を概説する。一方、水性塗料の乾燥過程では液体から固体への状態変化や架橋反応に加えて、水性から油性への相変化が起こる。また多くの場合、バインダーがエマルションなどの不均一系であり塗膜形成過程は非常に複雑である。水性での顔料分散では相変化に伴う凝集や、増粘剤などの添加剤との相互作用など水性特有のトラブルがある。これらのトラブルと解決策の事例を紹介する。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180501  技術テキスト】 『高分子材料の結晶化における構造制御・分子設計の基礎・高性能化のポイント』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180501  技術テキスト】 『高分子材料の結晶化における構造制御・分子設計の基礎・高性能化のポイント』

本セミナーは、2018年5月15日に実施したセミナー資料です。

世界で最も大量に使用されている汎用樹脂;ポリオレフィンの耐久寿命の長期化や衝撃的な機械的強度向上に密接に関連する結晶構造、特にタイ分子に注目した構造制御と、そのための分子構造設計を中心に解説する。瞬間的な衝撃的破壊にも、年単位の長期クリープ破壊に対しても、変形時のタイ分子の配向度と濃度が大きく影響する。タイ分子と結晶構造の均一性、特にラメラ晶厚み分布との関係、およびその機械的強度への影響が重要である。さらにラメラ晶厚みと各種分子構造因子との関係を把握して、触媒を含め、分子構造設計していくことが必要である。ここでは主として、直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)を例にして解説する。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180403  技術テキスト】 『生分解性プラスチックを用いた高機能フィルムの開発と包装用途への応用展開』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180403  技術テキスト】 『生分解性プラスチックを用いた高機能フィルムの開発と包装用途への応用展開』

本セミナーは、2018年4月27日に実施したセミナー資料です。

 本講座では環境対応への関心の高まりから注目される生分解性樹脂を実製品に応用するための機能性や技術動向について詳解します。

価格(税込) 27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180402  技術テキスト】 『欧州プラスチック規制における食品接触容器・包装材料・BPAの最新規制動向と対応実務のポイント』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180402  技術テキスト】 『欧州プラスチック規制における食品接触容器・包装材料・BPAの最新規制動向と対応実務のポイント』

本セミナーは、2018年4月26日に実施したセミナー資料です。

欧州の化学品規制において多くの分野で注目されているBPAについて、EFSAのリスク評価、ECHAの分類評価(生殖毒性、内分泌かく乱作用)の最新動向とともに、欧州委員会のプラスチック規則(食品接触材料製品)、REACH(認可、制限ルート)、おもちゃ指令、医療デバイス規則などに係るリスク管理の最新動向を総括的に紹介し、実務対応上のポイントを整理する。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180401  技術テキスト】 『全固体リチウムイオン電池の実用化へのステップ、製造工程、安全性と用途分野』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180401  技術テキスト】 『全固体リチウムイオン電池の実用化へのステップ、製造工程、安全性と用途分野』

本セミナーは、2018年4月23日に実施したセミナー資料です。

全固体(電解質)リチウムイオン電池は、現行の液系電解液電池よりも研究の歴史が深く、今となって安全性の問題解決の有力な候補となった。しかしながら、多くの全固体系の研究を実用化するには、現在のリチウムイオン電池が求める余りに広範囲で、求める性能レベルは高度である。
 本セミナーでは、現行の液系リチウムイオン電池(セル)の技術レベル、構成と性能を紹介しつつ、全固体リチウムイオン電池が実用化するにはどの様な課題と問題解決があるかを考察したい。左記の点で、全固体電池を否定的に見ることは容易であるが、全固体ならでのメリットと新たな用途の創生が実現することを期待したい。

価格(税込) 27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180304  技術テキスト】 『軟包装分野におけるデジタル印刷機の開発動向、今後の課題と展望』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180304  技術テキスト】 『軟包装分野におけるデジタル印刷機の開発動向、今後の課題と展望』

本セミナーは、2018年3月30日に実施したセミナー資料です。

軟包装のデジタル印刷の時代が到来した。パーソナル化対応、新製品の市場投入時間の短縮、レトルト対応可能などまさに今の時代にマッチした商品開発を推進する役割がデジタル印刷にある。デジタル印刷の今後を展望する。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180303 技術テキスト】『フィルムの延伸・成形加工における配向性・構造制御・物性評価と最適化・シミュレーション』
  • オススメ

【AT20180303 技術テキスト】『フィルムの延伸・成形加工における配向性・構造制御・物性評価と最適化・シミュレーション』

本セミナーは、2018年3月26日に実施したセミナー資料です。

繊維・フィルムの延伸工程は、温めて引き延ばすだけの単純な工程であるが、高分子鎖を配向・結晶化させ、製品の物性を大きく左右する重要な工程である。この講座では、延伸の基礎概念から制御原理、形成される構造、および物性との関連について解説する。

価格(税込) 30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20180302  技術テキスト】 『包装用フィルムにおけるラミネートプロセスの基礎・基本理論とトラブル対策』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180302  技術テキスト】 『包装用フィルムにおけるラミネートプロセスの基礎・基本理論とトラブル対策』

本セミナーは、2018年3月26日に実施したセミナー資料です。

基本理論を押さえた上で、実用的なラミネート技術とトラブル対策を分かり易く解説する。
ラミネート技術は、ロールtoロールで複数の材料を積層化させる技術として包装材料では勿論のこと、産業資材や工業材料分野でも利用される展開性の高い加工技術である。ラミネート技術を理解するには、何故ラミネートが必要なのかという基本に立ち返り、接着の基礎やラミネートで使われる材料を知った上で、ラミネートプロセスの特徴を理解していく必要がある。また、実生産上ラミネートでは様々な問題が発生するが、トラブル事例を知って予防する必要がある。これらラミネート技術の基本と応用を初心者でも分かり易いよう解説する。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180301 技術テキスト】『電子レンジ用包材における最新開発事例と要求特性・応用展開』
  • オススメ

【AT20180301 技術テキスト】『電子レンジ用包材における最新開発事例と要求特性・応用展開』

本セミナーは、2018年3月23日に実施したセミナー資料です。

電子レンジ調理食品は便利な反面、トラブルも多い。その包装を設計するにあたっては、電子レンジの加熱特性を知った上で、間違いのない過熱方法を検討する必要がある。本講演では、食品包装に現在求められる役割と機能を説明し、電子レンジ調理食品における過去のトラブル事例から抽出される解決すべき課題から、包装技術の将来を展望する。

価格(税込) 15,120円~30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20180203 技術テキスト】『ポリイミドの基礎・フィルム化技術とフレキシブルディスプレイ基板を中心とした応用展開』
  • オススメ

【AT20180203 技術テキスト】『ポリイミドの基礎・フィルム化技術とフレキシブルディスプレイ基板を中心とした応用展開』

本セミナーは、2018年2月21日に実施したセミナー資料です。

ポリイミドは耐熱性や機械特性に優れた高機能樹脂として電気・電子材料分野を中心に幅広く使用され重要な工業材料となっています。また近年、ナノテクノロジーやオプトエレクトロニクスの著しい進展に伴って、さまざまな機能を有する高性能なポリイミドがその要求に応じて開発されています。本講演では、機能化・フィルム化へ向けた機能性ポリイミドをどのように開発していくかを分子・材料設計の観点から、合成、特性、機能化および加工性(フィルム化)について分かりやすく述べる。また、機能向上のための種々の物性制御の考え方、方法などポリイミドを活用するための高機能化技術についてやさしく解説します。

価格(税込) 15,120円~30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20180202  技術テキスト】 『二軸押出機における混練・分散実用技術』
  • NEW
  • 限定品

【AT20180202  技術テキスト】 『二軸押出機における混練・分散実用技術』

本セミナーは、2018年2月20日に実施したセミナー資料です。

1.プラスチック製品は多種多様な分野で使用されており、各種ニ-ズに対応した樹脂特性、複合化技術、混練・分散技術等が求められている。他方、省エネ、省人・省工程、コンパクト化、リサイクル性等も合わせて要求されているので、これらの市場ニ-ズを考慮した二軸押出機による混練分散実用技術を説明する。
2.同方向と異方向二軸の構造特性と基本押出特性について比較検討し、その特性を活かした混練・分散技術について説明する。混練分散技術については、具体的なスクリュウ形状モデルについて、その形状特性に基づく混練・分散作用と狙いについて述べる。
3.装置のコンパクト化、押出安定性向上、混練・分散性向上等の対策には、供給フイ-ダ、ろ過装置(メッシュ)、ギアポンプ、制御技術等の周辺機器・技術の適正化、システム化等が重要となるので、これらについても具体例をあげて説明する。管理の進め方に関し解説する。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20180201 技術テキスト】『食品包装用途を中心としたバリアフィルムの基礎と製造プロセス・応用展開』
  • オススメ

【AT20180201 技術テキスト】『食品包装用途を中心としたバリアフィルムの基礎と製造プロセス・応用展開』

本セミナーは、2018年2月19日に実施したセミナー資料です。

1980年代後半から本格的に登場した透明蒸着フィルムは、脱塩素の波に乗り、急激に使用量が増加した。その後、バリア性能も向上した透明蒸着フィルムは、耐熱性などの高い性能を要求されるレトルト包材にも使用されている。それは日本国内ばかりでなく、海外の透明蒸着フィルムに比べ、格段に性能が優れていることから、輸出も盛んに行われており、海外での生産も行われている。
 本講では透明蒸着フィルムについて歴史から、構成、日本における生産の現状、用途等全般について説明する。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数: