現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

テキスト

【AT20170901 技術テキスト】 『電子レンジ包装・容器の最新動向、電子レンジ対応食品・パウチの開発における問題とその解決のヒント、採用例』
  • NEW
  • 限定品

【AT20170901 技術テキスト】 『電子レンジ包装・容器の最新動向、電子レンジ対応食品・パウチの開発における問題とその解決のヒント、採用例』

本セミナーは、2017年9月25日に実施したセミナー資料です。

本講演前半では電子レンジ対応包材の基礎的な部分から、スリットタイプの機能や採用事例紹介、今後の課題や未来像について説明する。本講演後半では電子レンジ食品で起こりがちな問題とその解決に必要なヒントに付いて述べる。
 

価格(税込) 27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170806 技術テキスト】 『押出・混練技術の基礎と安定化技術のポイント』
  • NEW
  • 限定品

【AT20170806 技術テキスト】 『押出・混練技術の基礎と安定化技術のポイント』

本セミナーは、2017年8月31日に実施したセミナー資料です。

二軸押出技術においては、色々な問題が生産現場で発生する。
 本セミナーでは、長年の経験に基づき、ノウハウも含め出来るだけ実践に沿って解説する。
 

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170805 技術テキスト】 『機能性付与のためのイソシアネートの使い方と最適選定方法』
  • NEW
  • 限定品

【AT20170805 技術テキスト】 『機能性付与のためのイソシアネートの使い方と最適選定方法』

本セミナーは、2017年8月31日に実施したセミナー資料です。

本セミナーは、イソシアネートを基礎から学びたい方に最適です。イソシアネートを熟知している講師になんでも質問できる講座になっています。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170804 技術テキスト】 『欧州プラスチック・BPA(ビスフェノールA)の最新規制動向と実務対応のポイント』
  • NEW
  • 限定品

【AT20170804 技術テキスト】 『欧州プラスチック・BPA(ビスフェノールA)の最新規制動向と実務対応のポイント』

本セミナーは、2017年8月31日に実施したセミナー資料です。

欧州の化学品規制において多くの分野で注目されているBPAについて、EFSAのリスク評価、ECHAの分類評価(生殖毒性、内分泌かく乱作用)の最新動向とともに、欧州委員会のプラスチック規則(食品接触材料製品)、REACH(認可、制限ルート)、おもちゃ指令、医療デバイス規則などに係るリスク管理の最新動向を総括的に紹介し、実務対応上のポイントを整理する。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170802 技術テキスト】 『ハードコート剤開発における材料設計、高機能化と耐薬品性の向上』
  • NEW
  • 限定品

【AT20170802 技術テキスト】 『ハードコート剤開発における材料設計、高機能化と耐薬品性の向上』

本セミナーは、2017年8月30日に実施したセミナー資料です。

ハードコート剤は、電子材料、自動車部材やディスプレイ材料の表面保護やガラス代替材料として幅広い分野で益々重要な工業材料となっている。また、各種用途に適した機能化が求められ、高機能ハードコート剤の開発が盛んに行われている。ここでは、種々のハードコート剤の概要、開発の基本的な考え方(開発方針)および材料設計について概説し、代表的なハードコート剤であるUV硬化型ハードコート剤を中心に高機能化技術および最近特に注目されている耐薬品性の向上方法をわかりやすく説明する。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170801 技術テキスト】 『アルミ電解コンデンサの低ESR化・高耐電圧化および耐熱性向上』
  • NEW
  • 限定品

【AT20170801 技術テキスト】 『アルミ電解コンデンサの低ESR化・高耐電圧化および耐熱性向上』

本セミナーは、2017年8月28日に実施したセミナー資料です。

本セミナーでは低ESR化に寄与する導電性高分子の高導電化および高耐電圧化に対する材料面からのアプローチについて最近の技術開発状況を詳細に紹介します

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170705 技術テキスト】『R&D戦略におけるロードマップの考え方と 策定、事例に学ぶシナリオプランニングのポイント』
  • オススメ

【AT20170705 技術テキスト】『R&D戦略におけるロードマップの考え方と 策定、事例に学ぶシナリオプランニングのポイント』

本セミナーは、2017年7月28日に実施したセミナー資料です。

R&D戦略におけるロードマップ策定(TRM、MRM、PRM)の考え方と策定、事例に学ぶシナリオプランニングのポイントについて解説する。

価格(税込) 30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20170704 技術テキスト】 『樹脂発泡技術開発の歴史と最近の動向』
  • NEW
  • 限定品

【AT20170704 技術テキスト】 『樹脂発泡技術開発の歴史と最近の動向』

本セミナーは、2017年7月27日に実施したセミナー資料です。

発泡成形における基礎・成形プロセスと応用展開を中心に述べる。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170703 技術テキスト】『次世代半導体ウェハにおける各種ダイシング技術と低ダメージ化/テープ技術への要望』
  • オススメ

【AT20170703 技術テキスト】『次世代半導体ウェハにおける各種ダイシング技術と低ダメージ化/テープ技術への要望』

本セミナーは、2017年7月26日に実施したセミナー資料です。

コージェネレーション機器の普及に伴いパワーIC需要が拡大し、ワイドギャップ半導体、中でもSiC デバイスの市場ニーズが高まっている。SiCウェーハの抱える技術的・価格的課題も解消されつつあり、大口径化を含め量産設備の検討が始まった。ダイシングの原理から最新技術動向と応用例を、実例を交えて紹介する。

価格(税込) 30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170601 技術テキスト】『化粧品を中心とした包装・フィルム部材の最新規制動向と市場展開 ~化粧品・トイレタリー包材の開発・使用する樹脂の情報開示を求める欧州の動き~』
  • オススメ

【AT20170601 技術テキスト】『化粧品を中心とした包装・フィルム部材の最新規制動向と市場展開 ~化粧品・トイレタリー包材の開発・使用する樹脂の情報開示を求める欧州の動き~』

本セミナーは、2017年6月30日に実施したセミナー資料です。

現在化粧品容器に関する規制はなく、各社が自主的に食品容器に関する規制等を適用している状況である。昨今の安全性や環境影響への企業責任に対する社会の関心を受け、EUでは化粧品容器の組成などに関する情報の開示を化粧品メーカーが容器メーカーへ求める動きが高まっている。今後、容器メーカーから化粧品メーカーへの情報開示は一般的な要求事項となり、情報を伴わない容器素材の流通が社会的に困難になる可能性が考えられる。

価格(税込) 19,440円~32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170702 技術テキスト】『フォトレジスト材料における基礎・技術動向・高感度化と各添加剤の選定』
  • オススメ

【AT20170702 技術テキスト】『フォトレジスト材料における基礎・技術動向・高感度化と各添加剤の選定』

本セミナーは、2017年7月28日に実施したセミナー資料です。

光酸発生剤および光塩基発生剤を用いた感光性樹脂(レジスト、UV硬化)の基礎について述べる。さらに、酸増殖剤や塩基増殖剤を用いた高感度化の手法、硬化不良対策について筆者らの研究を中心に述べる。

価格(税込) 30,240 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数:
【AT20170701 技術テキスト】『ポリウレタンフォーム系断熱材の開発・市場動向・要求特性と性能評価・熱伝導率測定』
  • オススメ

【AT20170701 技術テキスト】『ポリウレタンフォーム系断熱材の開発・市場動向・要求特性と性能評価・熱伝導率測定』

本セミナーは、2017年7月25日に実施したセミナー資料です。

ポリウレタンフォーム系断熱材の特性およびウレタンフォーム系断熱材の開発・市場動向と要求特性への技術的取り組みとその応用例をポリウレタンフォーム系を中心とした断熱材の性能評価・熱伝導率測定などの技術を含めてご紹介します。

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170512 技術テキスト】 『フレキシブル有機ELの研究・開発動向と求められる材料』
  • NEW
  • 限定品

【AT20170512 技術テキスト】 『フレキシブル有機ELの研究・開発動向と求められる材料』

本セミナーは、2017年6月29日に実施したセミナー資料です。

 大きな事業発展へと動き始めている有機ELにおいて、フレキシブル化はさらなる薄型化と軽量化、デザインフレキシビリティなど、商品差別化のキーとなる技術であり、今後の有機EL事業展開に不可欠の技術となろうとしている。
 本講座では、有機ELのフレキシブル化の開発動向を概説するとともに、フレキシブル化に必要な材料技術、中でも特に重要なフレキシブル基板技術とITO代替電極技術について説明する。フレキシブル基板技術としては、バリアフィルム技術だけでなく、超薄板ガラス及び高機能ステンレス箔の可能性と技術レベルについて説明する。ITO代替透明電極技術としては、銀ナノワイヤー技術、透明導電ポリマー、及び印刷配線技術について説明する。

価格(税込) 13,500円~27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170511 技術テキスト】新規事業開発におけるビジネスモデル構築の基本と仮説構築・儲ける仕組みの考え方、成果を上げるポイント
  • NEW
  • オススメ

【AT20170511 技術テキスト】新規事業開発におけるビジネスモデル構築の基本と仮説構築・儲ける仕組みの考え方、成果を上げるポイント

本セミナーは、2015年8月27日に実施したセミナー資料です。

新規事業開発におけるビジネスモデル構築の基本と事例に学ぶ儲ける仕組みの考え方、成果を上げるポイントといった観点で、各講師に詳しく解説いただく予定です。≪事前内容リクエスト受付中≫

価格(税込) 32,400 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
個数:
【AT20170510 技術テキスト】 『各種フィラー・樹脂を用いた高熱伝導・放熱材料における設計・開発動向と応用展開』
  • NEW
  • 限定品

【AT20170510 技術テキスト】 『各種フィラー・樹脂を用いた高熱伝導・放熱材料における設計・開発動向と応用展開』

本セミナーは、2017年6月28日に実施したセミナー資料です。

放熱材料の開発動向と今後の課題についてじっくり学べる講座でございます。

価格(税込) 27,000 円 詳しくはこちら

テキスト形式:
発送費:
個数: