現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

書籍

【AND023】 『IoT時代のセンサ技術の仕組みと種類・課題、産業界別用途例、 周辺機器・材料動向、将来展望』
  • NEW
  • 限定品

【AND023】 『IoT時代のセンサ技術の仕組みと種類・課題、産業界別用途例、 周辺機器・材料動向、将来展望』

 本書はIoT時代が注目を浴びる現在、IOT時代のセンサ技術がどうあるのか、また、産業界でのセンサ技術の様々な用途とその課題、これからのセンサ技術のお手本とその将来像についての書籍となっている。

価格(税込) 37,800 円 詳しくはこちら

冊数:
講座セット割引:
個数:
【AND022】 『青果物の鮮度・栄養・品質保持技術としての各種フィルム・包装での最適設計』
  • NEW
  • 限定品

【AND022】 『青果物の鮮度・栄養・品質保持技術としての各種フィルム・包装での最適設計』

 本書は今現在、鮮度保持フィルムや容器開発においてフィルム等を用いる技術者の助けとなる書籍をめざし、企画いたしました。
 本書が鮮度保持フィルム分野の技術において技術課題や最新動向を把握する上で、参考となれば幸いでございます。

価格(税込) 43,200 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND021】 『次世代電子レンジ対応包装・容器の最新開発事例と要求特性・市場動向・法規制』
  • NEW
  • 限定品

【AND021】 『次世代電子レンジ対応包装・容器の最新開発事例と要求特性・市場動向・法規制』

 本書は今現在、電子レンジ包装や容器開発においてフィルム等を用いる技術者の助けとなる書籍をめざし、企画いたしました。
 とりわけ、その開発の将来のキーとなる食品の開発動向や具体的な機構設計、また食文化の変化による要求特性などにフォーカスし、各要求や調整設計などをメインに本分野に詳しい方にご解説いただいております。
 本書が電子レンジ包装分野の技術において技術課題や最新動向を把握する上で、参考となれば幸いでございます。

価格(税込) 54,000 円 詳しくはこちら

冊数:
講座セット割引:
個数:
【AND020】 『進化する誘電エラストマ人工筋肉~人工筋肉アクチュエーター、センサーおよび高効率発電を詳解:原理から最新応用動向まで~』
  • NEW
  • 限定品

【AND020】 『進化する誘電エラストマ人工筋肉~人工筋肉アクチュエーター、センサーおよび高効率発電を詳解:原理から最新応用動向まで~』

  最近、電界等を利用して伸長し、または力や電気を発生するエレクトロアクティブポリマー(ソフトアクチュエータ)を世界中で研究・開発が激化している。これらのデバイスを用いることで、500gのソフトアクチュエータで、80馬力の力が出る人工筋肉エンジンも視野に入り、SFの世界で繰り広げてきた話が俄然現実味を帯びてきた。
誘電エラストマは、各種アクチュエータ、センサ、モータ、ロボット、介護機器、パワースーツ等への応用以外にも、発電現象を利用することで、既存のデバイスでは発電することが難しい、緩やかな運動エネルギーで発電することが可能で、自然エネルギーをはじめ、人や動物・乗り物・建物などの動きから電気が得られることから、幅広い分野への応用が大いに期待されている。
 本書が誘電エラストマにおいての技術課題や最新動向を把握する上で、参考となれば幸いである。

価格(税込) 37,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND019】 『機能性ハードコートにおける最適調整・設計・評価と将来展望~高硬度・高屈曲性の両立・三次元成型/フィルム用途に向けた多機能化~』
  • NEW
  • 限定品

【AND019】 『機能性ハードコートにおける最適調整・設計・評価と将来展望~高硬度・高屈曲性の両立・三次元成型/フィルム用途に向けた多機能化~』

 本書は今現在、フィルム等を用いる技術として期待されている「ハードコート」を中心とした技術動向を把握する上で、本テーマに携わる技術者の助けとなる書籍をめざし、企画いたしました。
 とりわけ、その開発の将来のキーとなる加飾フィルムやフレキシブルディスプレイ、3次元加工に対応できる技術として各要求や調整設計などをメインに本分野に詳しい方にご解説いただいております。
 本書がハードコート分野の技術において技術課題や最新動向を把握する上で、参考となれば幸いでございます。

価格(税込) 54,000 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND018】 『フィルム成形のプロセス技術』
  • NEW
  • オススメ

【AND018】 『フィルム成形のプロセス技術』

本書はフィルム成形の成形技術を中心に、この分野を専門にしている方々にフィルムの基礎技術を修得できるように、押出機、ダイ、Tダイキャスト法、インフレーション法、二軸延伸法であるテンター法およびチューブラー法、さらに二次加工、添加剤や物性を考える上で重要な高次構造の解析に関する内容について、各部門の一線で活躍されている方々に執筆をお願いした。フィルム成形の基本的な考え方と実際の製品を製造するための成形技術・材料の両方を理解することにより、さらに興味と理解が深まると思っているので、これらの観点から本書を活用してもらえたら、幸いである。

価格(税込) 64,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
『ポストリチウムに向けた次世代二次電池の最新技術動向と材料技術』【AND017】
  • 限定品

『ポストリチウムに向けた次世代二次電池の最新技術動向と材料技術』【AND017】

本書は再生可能エネルギー、EV・HEVなどでニーズが高まるリチウムイオン二次電池に代わる次世代電池として開発がすすむ”ナトリウムイオン二次電池”、”金属空気二次電池”、”マグネシウムイオン二次電池”など各種電池の開発動向を詳解します

価格(税込) 18,900 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND016】 『PET系フィルムの技術開発と成形加工技術、 評価、高機能化、環境対応技術、市場及び規制動向』
  • NEW
  • オススメ

【AND016】 『PET系フィルムの技術開発と成形加工技術、 評価、高機能化、環境対応技術、市場及び規制動向』

本書は「PET系フィルム」をテーマに、これまで、「PET系フィルム」に長く携わってきた複数の企業研究者・技術者によって執筆された専門書である。各章を「PET系フィルム」に携わるうえで、知り得たい情報である”技術開発””成形加工”” 評価””高機能化””環境対応技術””市場動向””規制動向”によって、企画構成されている。本書が「PET系フィルム」に携わる業界関係者、研究者、開発者、生産管理者、マーケティング担当者にとって、”これまでとこれからの「PET系フィルム」”を知る上で、参考となる1冊になれば幸いである。

価格(税込) 59,400 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND015】 『ポリ乳酸における基礎・開発動向と改質剤・加工技術を用いた高機能化』
  • NEW
  • 限定品

【AND015】 『ポリ乳酸における基礎・開発動向と改質剤・加工技術を用いた高機能化』

 本書は今現在、植物由来樹脂の代表格であるポリ乳酸技術の将来技術や現状の技術動向を把握する上で、本テーマに携わる技術者の助けとなる書籍をめざし、企画いたしました。
 とりわけ、課題が多数ある樹脂であるポリ乳酸の高機能化のキーとなる各種添加剤や成形法、また最新のポリ乳酸を取り巻くマーケット動向など、本分野の最前線に携わる方々にご解説いただいております。
 本書が植物由来樹脂の適用技術の拡大、また化石由来原料との複合化などにおける技術課題や最新動向を把握する上で、参考となれば幸いでございます。

価格(税込) 64,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND014】 『塗装代替・塗装レスを中心にした加飾フィルム・材料・加工技術の最新開発と自動車用途展開』
  • NEW
  • 限定品

【AND014】 『塗装代替・塗装レスを中心にした加飾フィルム・材料・加工技術の最新開発と自動車用途展開』

 本書は今現在、フィルム等を用いる加飾技術の将来技術として期待されている「塗装代替用途」を中心とした技術動向を把握する上で、本テーマに携わる技術者の助けとなる書籍をめざし、企画いたしました。
 とりわけ、その開発の将来のキーとなる加飾フィルム・転写技術、3次元加工技術、自動車メーカーからの要求などを本分野に詳しい方にご解説いただいております。
 本書が自動車の加飾分野の技術、また自動車部材への更なるシェア獲得などにおいて技術課題や最新動向を把握する上で、参考となれば幸いでございます。

価格(税込) 68,040 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND013】 『燃料電池自動車に向けた高圧水素タンクの最新技術・規制動向と機能性向上』
  • NEW
  • 限定品

【AND013】 『燃料電池自動車に向けた高圧水素タンクの最新技術・規制動向と機能性向上』

 本書は燃料電池自動車の市販化や高圧ガスタンクにかかる規制緩和を受け企画しました。
 これまで水素貯蔵、輸送技術に関しての書籍は市場に出ていたが、現在最も注目を浴びる水素タンクに関して特化した書籍は発刊されておりませんでした。
 皆様のご期待に沿うべく、燃料電池高圧水素タンクに特化し、規制動向や要求される仕様や技術基準、今後の技術動向までをご覧いただける書籍となっております。

価格(税込) 49,680 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND012】 『自動車を中心としたヘッドアップディスプレイの最新技術・市場動向と高機能化・将来展望』
  • NEW
  • 限定品

【AND012】 『自動車を中心としたヘッドアップディスプレイの最新技術・市場動向と高機能化・将来展望』

 本書は今現在、再度の注目が高くなっている「ヘッドアップディスプレイ」を中心とした技術動向を把握する上で、本テーマに携わる技術者の助けとなる書籍をめざし、企画いたしました。
 とりわけ、その開発の将来のキーとなるレーザープロジェクション技術、投影技術、自動車メーカーからの要求などを本分野に詳しい方にご解説いただいております。
 本書がHUD分野の技術、ひいては自動車の安全性と高性能化においてさらなる進展にむけ、参考となれば幸いでございます。

価格(税込) 64,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND011】 『国内外の農業用フィルム・被覆資材・園芸施設の技術開発と機能性・評価、市場および政策動向』
  • オススメ
  • 限定品

【AND011】 『国内外の農業用フィルム・被覆資材・園芸施設の技術開発と機能性・評価、市場および政策動向』

 これまでに施設被覆資材に関する書籍はいくつか出版されているが、その多くは各種フィルムの特性についての記述である。しかし本書は、その特性を作り出しているフィルムの添加剤とその効果、新しい機能性農業用フィルムのメカニズムと施設への利用、植物工場への応用、さらに近年の市場の動向など、産官学が協力してその道の専門家が様々な面から詳細に解説している。本書は、農業被覆資材を現在利用している方や利用を考えている方のみならず、フィルム開発・利用に携わっている企業、研究者の方にもぜひ一読していただき、今後の研究開発、普及の一助となることを期待する。

価格(税込) 64,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND010】 『導電性高分子の最新開発・市場動向と技術ノウハウ集』
  • NEW
  • 限定品

【AND010】 『導電性高分子の最新開発・市場動向と技術ノウハウ集』

 本書では導電性高分子の新たな展開が始まっている技術開発状況を中心に,新展開のベースとなっている開発テーマも含めて紹介している。
 また,用途によっては導電性高分子と競合する共役系低分子有機化合物,カーボンナノチューブおよびグラフェンなどとの優劣の比較も行った。さらに,本書では詳細に紹介しきれなかった用途に関しては,関連文献を記載して読者の便を図った。最終章では導電性高分子の最近の市場動向についてまとめた。

 本書が有機エレクトロニクスの開発に従事あるいは興味を持っておられる技術者および研究者の方々の有益な情報源となればこの上ない喜びである。

価格(税込) 39,960 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND009】 『リチウムイオン二次電池電解液/電解質の安全性・長寿命・高出力化および添加剤の作用効果・技術動向』
  • NEW
  • 限定品

【AND009】 『リチウムイオン二次電池電解液/電解質の安全性・長寿命・高出力化および添加剤の作用効果・技術動向』

 本書は今現在、再度の注目が高くなっている「電解液・電解質」を中心とした技術動向を把握する上で、本テーマに携わる技術者の助けとなる書籍をめざし、企画いたしました。
 とりわけ、その開発のキーとなる添加剤技術、また電解液中のメカニズムなどを本分野に詳しい方にご解説いただいております。
 本書が電解液分野の技術、ひいてはリチウム電池の安全性と高性能化においてさらなる進展にむけ、参考となれば幸いでございます。

価格(税込) 49,680 円 詳しくはこちら

冊数:
個数: