現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品検索

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

&Techのサービス

書籍

【AND016】 『PET系フィルムの技術開発と成形加工技術、 評価、高機能化、環境対応技術、市場及び規制動向』
  • NEW
  • オススメ

【AND016】 『PET系フィルムの技術開発と成形加工技術、 評価、高機能化、環境対応技術、市場及び規制動向』

本書は「PET系フィルム」をテーマに、これまで、「PET系フィルム」に長く携わってきた複数の企業研究者・技術者によって執筆された専門書である。各章を「PET系フィルム」に携わるうえで、知り得たい情報である”技術開発””成形加工”” 評価””高機能化””環境対応技術””市場動向””規制動向”によって、企画構成されている。本書が「PET系フィルム」に携わる業界関係者、研究者、開発者、生産管理者、マーケティング担当者にとって、”これまでとこれからの「PET系フィルム」”を知る上で、参考となる1冊になれば幸いである。

価格(税込) 59,400 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND011】 『国内外の農業用フィルム・被覆資材・園芸施設の技術開発と機能性・評価、市場および政策動向』
  • オススメ
  • 限定品

【AND011】 『国内外の農業用フィルム・被覆資材・園芸施設の技術開発と機能性・評価、市場および政策動向』

 これまでに施設被覆資材に関する書籍はいくつか出版されているが、その多くは各種フィルムの特性についての記述である。しかし本書は、その特性を作り出しているフィルムの添加剤とその効果、新しい機能性農業用フィルムのメカニズムと施設への利用、植物工場への応用、さらに近年の市場の動向など、産官学が協力してその道の専門家が様々な面から詳細に解説している。本書は、農業被覆資材を現在利用している方や利用を考えている方のみならず、フィルム開発・利用に携わっている企業、研究者の方にもぜひ一読していただき、今後の研究開発、普及の一助となることを期待する。

価格(税込) 32,400円~64,800 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND010】 『導電性高分子の最新開発・市場動向と技術ノウハウ集』
  • NEW
  • 限定品

【AND010】 『導電性高分子の最新開発・市場動向と技術ノウハウ集』

 本書では導電性高分子の新たな展開が始まっている技術開発状況を中心に,新展開のベースとなっている開発テーマも含めて紹介している。
 また,用途によっては導電性高分子と競合する共役系低分子有機化合物,カーボンナノチューブおよびグラフェンなどとの優劣の比較も行った。さらに,本書では詳細に紹介しきれなかった用途に関しては,関連文献を記載して読者の便を図った。最終章では導電性高分子の最近の市場動向についてまとめた。

 本書が有機エレクトロニクスの開発に従事あるいは興味を持っておられる技術者および研究者の方々の有益な情報源となればこの上ない喜びである。

価格(税込) 39,960 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND005】『カーボンナノチューブの材料開発と分散・複合化技術、高機能化、市場・技術の新展開』
  • NEW
  • オススメ

【AND005】『カーボンナノチューブの材料開発と分散・複合化技術、高機能化、市場・技術の新展開』

本書は,カーボンナノチューブの「材料開発」とその要素技術である「分散・複合化」に主題をおき、最新のトレンドである機能性、市場に着眼点をもって,まとめたものである。この書籍が、カーボンナノチューブに携わる関係者の皆様にとって、新たな展開へと担う一助となることを祈る次第である。

価格(税込) 70,200 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND004】 『MRの生産性アップと最適配置戦略』
  • NEW
  • 限定品

【AND004】 『MRの生産性アップと最適配置戦略』

 本書は、これまで十数年間、製薬企業の営業・マーケティングのコンサルティングに携わってきた内容を体系的にまとめたものです。「効果があり、しかもシンプルな手法」にこだわって研究や実践を続けてきました。本書は、現在日本の製薬企業が直面している、「いかにMR活動の質を高め、継続的に生産性をアップしていくか」への処方せんです。是非ご活用ください。

価格(税込) 66,960 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND003】 『透明断熱・遮熱ウィンドウフィルム・素材の最新技術開発動向・機能性向上と将来展望』
  • NEW
  • 限定品

【AND003】 『透明断熱・遮熱ウィンドウフィルム・素材の最新技術開発動向・機能性向上と将来展望』

 2011年3月に発生した東日本大震災の影響による電力不足により、建築用途向け市場が1・5倍と急伸し、今後も成長を見込む窓用・ウィンドウフィルム。
 本書は【遮熱・断熱フィルム、ガラス・コーティング】をキーワードとし、フィルムをはじめとするガラス・コーティング材料、製造、プロセス技術、建材等としての評価、規格動向や機能性向上、応用展開、将来市場まで含めた類例のない書籍であり、特に建築資材製品として必要なの技術課題をポイントを絞って網羅している。また、次世代環境である、EV・電気自動車などにおいても、エアコン等の冷暖房効果の向上が急務とされ、特に影響が大きいとされる開口部での遮熱・断熱に効果的な塗料・ガラス材料も掲載している。

価格(税込) 66,960 円 詳しくはこちら

冊数:
個数:
【AND001】 フィルムの機能性向上と成形加工、分析・評価技術
  • オススメ
  • 限定品

【AND001】 フィルムの機能性向上と成形加工、分析・評価技術

本書は、【機能性フィルム】をキーワードとし,材料,プロセス技術、分析評価、機能性向上、応用展開、市場を含めた“新しいフィルムの可能性”をテーマとした国内でも類例のない書籍である。この分野において第一人者である出光興産株式会社の金井俊孝氏を監修に仰ぎ、TOPクラスの研究者の方々によって執筆された最先端のフィルム技術書と言える。この書籍を通して、フィルムに携わる全ての関係者にとって、次世代フィルムを生み出す手助けとなればと期待している。

価格(税込) 70,200 円 詳しくはこちら

冊数:
発送費:
個数: